ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
a0103335_05141749.jpg

羊の揚げ餃子とトマトご飯

残念ながら閉店してしまったフランス菓子店「サランボー」のあった通りに、何だか洒落た店ができていた。「ア・シャルクタリア(腸詰屋)」という店名は、以前カンポ・デ・オリーク市場と同じ並びにあったアレンテージョ料理屋と同じだ。あそこは鴨のパテが美味しくて、見ただけで歯が疼くような伝統菓子のデザートが並ぶ、ちょっと高級そうな小さなレストランだった。市場の盛況に押されて閉店したのかと思ったら、こんな通りの奥まったところに引っ越していた。郷土料理の店はその地方らしさをアピールした置物や家具を使うところが多いが、こじんまりとした店内は何の飾りもなくシンプルで都会的だ。

a0103335_05141827.jpg


小さな容器に入った鴨のパテは、以前別の場所の同名の店で食べたのと同じ味、やはり同じスタッフがやっているようだ。パンに塗って食べると止まらなくなる。両隣のテーブルではお店の人の勧める小アジのマリネを食べている。丁寧に皮や内臓を取った小アジもオリーブオイルの色も綺麗だ。色鮮やかな焼きピメントのサラダはキリッと酢がきいて夏の暑い日にはぴったり。

a0103335_05173030.jpg


この日のお供はMoreiaさんで、彼女は鮫のスープと白ワイン、私は羊の揚げパイと赤ワインをメインに頼んだ。自分でも鮫のスープを作るというMoreiaさんは、全く臭みのない上品な味と絶賛。白ワインによく合ったのだろう。羊の揚げパイは、付け合わせのトマトご飯共に、もうちょっと素朴な田舎料理らしい味だ。軽く冷やした赤ワインが一層素朴さを引き立てる。夏は赤も冷やすと美味しい。

a0103335_05173040.jpg


人通りの少ない道の奥に作ったフランス菓子屋さんは潰れてしまったが、この「シャルクタリア」は、不利な場所にもかかわらず前の店からの顧客がしっかりついているようで、親しげに店の人と話していた。値段はその辺のカフェの昼定食並というわけにはいかないが、清潔な店構えと少数精鋭のメニューは、より洗練された昼食を食べたい時にいい。カンポ・デ・オリーク地区のもう一つの有名なアレンテージョレストラン「マガーノ」もそうだが、前菜の種類が豊富で、メイン無しで小皿料理とワインだけで食べたくなる。この日は小さなミートパイはパスしたが、次回はぜひ他のエントラーダ(前菜)とともに賞味したい。

a0103335_05173135.jpg


[PR]
# by caldoverde | 2017-07-10 05:12 | 話題の店 | Comments(0)

蟹バーガー

パダリア・ポルトゲーザ(ポルトガルパン屋)がカンポ・デ・オリーク地区に2号店を出したのは6年前になるだろうか。今はリスボンを中心に40店舗を数えるまでになり、地域に一つは同じ構えの、茶色とオレンジを基本色とした内装の、同じパンを提供する「パダリア」が見られるようになった。成功の要因は、どの店も変わらぬ品質や味、店舗イメージの統一、定期的な新製品など、アメリカ発祥のファストフード店のノウハウを取り入れながら、メニューは店名のごとくバリバリにポルトガル風を大事にしたからではないかと思う。サービスまでポルトガル風を踏襲し、モタモタしている。ついでにポルトガルのマクドナルドも日本と比較すると3倍は時間がかかる。

いつでもどこでも同じものが食べられるということは、目新しさがなくなる事だ。私はとっくの昔に飽きてしまったのと、お気に入りのメニューがなくなったので「パダリア」からしばらく足が遠のいていたが、先日近所で見たポスターに目が釘付けになった。

a0103335_06063294.jpg

ハンバーガーから足が生えている⁈ キモい‼︎

2017年パダリア・ポルトゲーザ夏の新製品、新味覚ディスカバリーの時来たれり!ソフトシェルクラブバーガー。

脱皮したてのフニャフニャの殻の蟹を丸ごと揚げたものをパンに挟んだものだ。蟹全体がパンの中に収まっていれば何の変哲も無いハンバーガーの一種に過ぎないが、パンからはみ出した脚のビジュアルは相当なインパクトがある。その上、蟹は俎板に載せてプラスチックのトンカチでガンガン甲羅を割って食べるものだという認識がある。果たしてこれは保守的なポルトガル人にどこまで受け入れられるのだろうか…

初めてポスターを見てから約1ヶ月後にようやく食べる機会が持てた。蟹バーガーは昼食用にセットメニューが設定され、さつまいもチップスとグラスワインが付いて5.95€。ポルトガルのランチメニューとしては普通の値段である。食べた所は最近開店したマルケス・デ・ポンバル駅のそばの店だ。ちょうど昼時で近隣のOLや勤め人で賑わっていた。

a0103335_06063229.jpg


実物は、SF映画の宇宙探査機のように長い足がパンから伸びている訳ではなく、いかにも「蟹です!」とハサミや目玉を主張するでもなく、オニオンスライスに隠れたそれは、言われなくては何なのか解りにくい地味な外観だ。私も脚の肉やミソでなく殻を食べる蟹など初めての経験で、仮の前歯がまた外れるのではないかと不安を抱えながら、大口を開けて蟹バーガーにかぶりつくと…

懐かしい味覚が口一杯に広がった。おお、これは日本のデパ地下などで売っている贈答用の海老煎餅と同じ味ではないか!芳醇なアミノ酸の旨味、パリッとした甲殻類独特の食感。予想外のうまさにポスター以上の衝撃を受けた。

しかし私の予想では、多分この夏限りの限定品になるのではないかと思う。こんな変な見かけの、しかもポルトガルの伝統とは関係なさそうなものが長続きするとは思えない。なくなる前にもう一度食べておこう。

a0103335_06063399.jpg

限りなくペチャンコの蟹

a0103335_06063423.jpg


容器は経木(きょうぎ)の舟!凝ってる
[PR]
# by caldoverde | 2017-07-04 05:54 | ファストフード | Comments(2)
a0103335_21140704.jpg


まだ6月だというのに、リスボンで40度を超えた。あまり暑がりではない私が暑いと感じるのは、だいたい35度以上の時だが、今日は乾燥したリスボンでさえ日本の真夏のような不快感を感じた。このような時期にはポルトガルではしばしば山林火災が発生するのだが、土曜日に起こり、60人以上もの犠牲者を出したペドロガン・グランデの火事は歴史上稀に見る大惨事だった。数日前ロンドンで起こった高層アパートの大火災の記憶も生々しい中、度重なる悲劇に、人々は大きなショックを受けた。

ポルトガルの夏は高温で乾燥するので、山火事がしばしば起こる。原因は気象条件に由来する天災の要素も放火や失火などの人災の要素もある。今回のペドロガン・グランデの火災は40度を超えるような気温の中、雨を伴わない落雷があり、それが発端となって山火事が起こり、強風で火が瞬く間に広がった。国道を走って逃げようとした車は煙で方向を失い、互いにぶつかったり、立木に衝突したりする間に煙に巻かれ、あるいは猛火に襲われて車の中で亡くなった犠牲者が多いということだ。逃げるための道具であった車が逃げ場を塞ぐ罠になってしまった。灰に近い状態にまで焼けた車は、いかに火の勢いが烈しかったかを物語る。

a0103335_21140793.jpg

1988年にシアード地区が大火災にあったリスボン

基本的には台風、地震、噴火などの自然災害が少ないポルトガルであるが、毎年大規模な山火事が発生している。喉元過ぎれば熱さを忘れるごとく、効果的な山火事対策は遅れており、このように人命を巻き込んだ山火事は、ますます暑くなる今後も起こる可能性は充分にある。人々の防災意識も希薄で、タバコの吸殻を平気でポイ捨てする輩も多い。どこか安全は消防署や警察任せという風潮を感じる。

a0103335_21140870.jpg

老朽化した建物も多いポルト

リスボンやポルトは今や世界で最も人気のある観光地で、歩道や古い建物の改装が進んでいる。しかし街は建物が密集し、道は狭く、路上駐車の車や、道路に張り出したテラス席などの障害物が多い。地震だって100%ないとは言えない(というか、必ず起こるぞと言う人もいる)。ポルトガルに限らず、旅行に来たら、避難場所や避難経路を確認しよう。パニックに陥らず、安全に逃げられるように。また怪我、病気、盗難に遭う方が増えている。お守りとして旅行保険は必ず加入して下さい。お願いです。



[PR]
# by caldoverde | 2017-06-18 21:04 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

ロブスターの夢

a0103335_09410102.jpg

水族館の様にファンタスティックないけす

ある日、目が覚めたら億万長者になっていた。とりあえず家のローンを完済し、まだ動いているiPhone3GSをiPhone7に買い替え、友達に奢ってもらったコーヒーを今度は奢ってあげよう…と日ごろ夢想しているが、今日は銀行残高をよく見たら、本当に入金がある。年末調整で多く払った税金の戻りだ。ローンを完済するにはあまりにも少ないが、思わぬボーナスに気が大きくなった。

a0103335_09410139.jpg

いつもは値段を気にして手を出さないパンと生ハム。今日は腹一杯ロブスターを食べるのでパス。

先日友達に奢るからと大見得を切って一匹100€払ったロブスターを、今度は一人で食べるんだ!その店を紹介した知り合いのファドレストランの支配人に、あそこのロブスターは美味かった〜と言ったら、今度は俺に言え、店主と友達だから特別価格にしてくれる様に頼んでやるぞ、という言葉は心に深く刻み込まれた。ポルトガルはコネがものを言う社会なのだ。

リスボンの日本料理店で一人で寿司と刺身の舟盛りを食べているポルトガル人男性を見たことがあるが、女でロブスターを一匹と言うのは有りだろうか。まあいい。別に誰も気にしていないし。

a0103335_09410290.jpg

どーん

何と、ロブスターばかりではなく、あさりのニンニク炒めまで来た。大サービスだ。ワインはヴィーニョ・ヴェルデ(緑ワイン)の中でも評価の高い「ムラーリャス」のハーフボトル。小皿に殻が積み上がれば、給仕がさっと取って新しい皿を置いてくれる。ファドの支配人が「特別にアテンドする様に」と言ってくれただけあって、お一人様の私にもよく気を配っている。

a0103335_09410384.jpg

マヨネーズとバターソース付き
a0103335_09410483.jpg


デザートとコーヒーも済ませ、お勘定を頼んだ。どれだけ特別価格になっているのか期待したら…あれ?101€?定価と変わらないどころかちょっと高くない? よく見たらアサリが14€の値段がついていて、別にサービスでも何でもない。しかしあの盛り付けはどう見てもおまけに付けてくれた様にしか思えないが。まあいい。今日は臨時収入があったのだ。セコイことは言わないでおこう。とレシートをしまおうとしたら、水0.90€という数字に気が付いた。いくら今日は気が大きくなっているとは言え、飲んでないものに払ういわれはない。しかしもう会計は終わっている。悔しいので水の瓶を持ち帰った。



[PR]
# by caldoverde | 2017-06-08 09:27 | シーフード | Comments(5)

黄金海岸のバカンス 3

a0103335_22420329.jpg


ゴールデンウィークの後、再びアルモグラーヴェ海岸に出かけた。去年の8月に初めて訪れ、荒々しくも美しい海岸線と砂丘に生きる不思議な植物に魅せられて以来、春から初夏の花の咲く時期にまた来たいと思っていた。

a0103335_22363058.jpg


特に見たかったのはハマカンザシの群生で、仕事でよく行くロカ岬のは白い花ばかりだが、アルモグラーヴェのはピンクで、とても可愛らしい。ちょうど咲き始めて間もない時期だったようで、まだ蕾の株も多く見られた。

a0103335_22363035.jpg


ナデシコに似た花や、アザミの仲間、ノギクの類いなど、名前の知らない花々。潮風に耐えながら冬をしのぎ、太陽が砂を焼く夏が来る前の、束の間の暖かさと雨露に力を得た小さな命が一斉に目覚め、砂丘は華やかに彩られる。

a0103335_22363184.jpg


わずかなスペースに数種類の植物が寄植えのように固まって生え、その小さな庭は海岸沿いに延々と続いて緑のベルトをなす。サラサラのベージュの砂浜が途絶えると、今度は褶曲した黒い岩に波が砕ける磯が現れる。

a0103335_22363223.jpg


この日は晴天で、水平線に徐々に隠れて行く夕日もバッチリ見えた。

a0103335_22363229.jpg


翌日は海ではなく村と農地の境界辺りを散歩した。この辺は意外と水が多く、せせらぎや鳥の声に耳を澄ませながら、砂丘とは違う草花や、牧場の豚や牛、可愛い民家の庭先を見ながら歩くのも結構楽しい。

a0103335_22363341.jpg


アルモグラーヴェ村で食べたのは、結局去年と同じクロダイ。新鮮で美味しいが、これしかない印象も。別のカフェでは、ランチとディナーの間の軽食にウツボのフライを出す。カリカリに揚げたウツボは脂が強いが、ビールのお供にちょうど良い。

a0103335_22363304.jpg


去年泊まったホテルは満室だったので、Airbnb(民泊紹介サイト)で見つけた家に泊まった。3室あったが、私が滞在中は他には宿泊客がおらず、静かに過ごせた。隣の棟にはオーナーの家族がいて、可愛いおばあちゃんが何かと気にかけてくれた。

a0103335_22363413.jpg


ポルトガル西南に位置するコスタ・ヴィセンティーナ(聖ヴィセンテ海岸)もじわじわ観光化の波が押し寄せ、ポルト・コヴォやヴィラ・ノヴァ・デ・ミルフォンテスなどはすっかりリゾート地になってしまった。今のところアルモグラーヴェ海岸は村の周辺が農地なのと、海と集落が自然保護区の砂丘で隔てられているせいか、他のビーチのように新築の別荘ラッシュは見られないが、休耕地が不動産屋に売られたら、あっという間に小洒落た外人向けの住宅で一杯になってしまうんだろうなと想像する。どうかこのまま素朴な農村の姿を残して欲しいと心から願っている。

a0103335_22363591.jpg

a0103335_22420459.jpg


[PR]
# by caldoverde | 2017-05-10 22:26 | ポルトガルの旅 | Comments(2)