ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

セトゥーバルの市場

a0103335_624492.jpg
市場は派手なピンクの建物

うららかな春の日曜日、久しぶりにリスボンの南にあるセトゥーバルでサイクリングをした。リスボンのスペイン広場から出るTSTバスに自転車を積み込み、4月25日橋の上からテージョ河とリスボンの町並みの美しさに息を飲み、幾つかのベッドタウンを通過して、ブドウ畑やコルクの木があちこちに見えはじめるとセトゥーバルに到着である。
a0103335_624567.jpg
花も市庁舎も愛車も皆ピンク

この町でも自転車専用レーンが設けられるようになり、老若男女ペダルを漕ぐ人が多くなった。

a0103335_624540.jpg
今回のセトゥーバル訪問の目的は市場を見ることだった。リスボンのレストランの中にはセトゥーバルから仕入れた魚をメニューに入れている店もある。それだけ新鮮というイメージが定着しているのだろう。セトゥーバルのリブラメント市場は日曜も営業し、家族連れで買い物に来る市民や、仕入れに来た業者らしきおじさんたちで大いに賑わっている。私もこんな市場のすぐそばに住みたい!と一瞬思った。魚も野菜も果物もどれも美味しそうで、皆持ち帰りたくなる。どれか一つだけ選べと言われても不可能だ。こういう場合、私はどのような決断をするか…何も買わない。
a0103335_624652.jpg
もうスイカ
a0103335_624727.jpg
春の味覚、ソラマメ
a0103335_624810.jpg
銀と黒の太刀魚
a0103335_624911.jpg
ホシガレイ、タイ、クエ等高級魚が無造作に
a0103335_624921.jpg
エビカニ貝専門
a0103335_624109.jpg
なぜこんな小さい鰻を…
a0103335_6241135.jpg
小さいサメ
a0103335_6241291.jpg
小さな貝ばかりでなく山伏が吹くような大きな法螺貝もあった
a0103335_624121.jpg
寿司ブームでマグロも需要が高い

しかし我慢できなくなって買ったものがある。近郊のアゼイタンという町の名物のトルタ(ロールケーキ)と、柔らかいクッキー状のものにアーモンドをまぶした小さなお菓子。シナモンの香りのクリーミーなトルタを頬張りながら市場見学を続行すると、さらにうまそうなものが次々現れて、あ〜こっちにすれば良かったと後悔することしきりである。
a0103335_6241377.jpg
ズシンと来そうなお菓子
a0103335_6241465.jpg
香草を混ぜたヤギのチーズと羊のチーズ
a0103335_6241578.jpg
ヤギやヒツジのバターもあり
a0103335_6241514.jpg
ビニールのレジ袋に税金がかかるので、買い物かごが復活の兆し

市場にはあんなに様々な種類の魚介類が揃っているのに、レストランにあるものはリスボンと変わらない、アジ、スズキ、クロダイ、太刀魚などの平凡なメニューばかり。結局セトゥーバル名物のショコス・フリットス(モンゴウイカフライ)になった。本当は色んな魚を使ったセトゥーバル風カルデイラーダ(ブイヤベース)が食べたかったのだが、注文は2人前からということで断念。今度来るときは1人前のカルデイラーダを出す店を探しあてるつもりだ。
a0103335_6241669.jpg

[PR]
Commented by pato at 2015-04-20 09:42 x
大きなほら貝が大好きなんですが、なかなか見かけなくなったのと身を外すのが大変で。
やはり、日本で食べる方がいいのかしら。
Commented by caldoverde at 2015-04-20 16:18
長さ30cm弱の巨大な法螺貝、採っていいのか?と思いました。これは生で食べるのですか、それとも煮たり焼いたりするのですか?次回はサイクリングを先にして、その後で市場で買い物をしてから直ぐにリスボンに戻ろうと思います。バスはキャンペーン料金で3.95€、セトゥーバルまでは30〜40分でした。
Commented by pato at 2015-04-21 08:50 x
逆に大きい方が採っても良いのじゃないかな?生態系を守るためにJoaquinzinhosの小鯵とかはダメになったし。
釣りも持って帰って良いのは私の足のサイズと同等以上なのよ。
日本だと刺身ですがこちらで買った時は茹でてスライスしてました。ほら貝はツブ貝、こちらで小さいのはBuzioで大きいのはBuzinaと言ったかな?
1997年位まではレストラン彩で吉武さんが出してたけど、当時の何かの条例?にひっかっかって出せなくなった経緯があったと思います。
Commented by caldoverde at 2015-04-21 15:49
茹でる時は身を殻から引っ張り出して茹でるの?かわいそう&気持ち悪いー
それともカタツムリのように殻ごと茹でるの?鍋に収まらないなあ…
Commented by Moreia at 2015-04-22 05:59 x
へええ、セトゥーバルの市場に行くのも名案だな。私は骨貝が好きだな。セトゥーバルの名物はやっぱり牡蠣だと思うんだけど、オイスターバーとはいわないが、その場で剥いて食べさせてくれるような牡蠣小屋があってもよさそうなもんだよなあ、ショコフリトとあわせて8観光客もっと呼べるよね。
Commented by pato at 2015-04-22 07:32 x
殻ごと茹でましたよ。
熱湯に入れると貝が「キューン」と泣くのですが美味しく食べてあげるからねぇと答えてました。
で、茹で上がった物を殻から外すのが一苦労でした。
寸胴ナベと言うのかな?あのヘンなら上手く収まります。
Commented by caldoverde at 2015-04-22 09:55
セトゥーバルの市場で探したものは、セトゥーバル産オレンジでした。とても甘くて美味しいと聞いたのですが、アルガルヴェ産かスペイン産のものしか見当たらなかった。ポルトガル産と大雑把に表示された不揃いなのがセトゥーバル産だったのかもしれません。
法螺貝は焼くとうまそうと思いましたが、あの美しい殻を黒焦げにするのは忍びないです。
Commented by jojo at 2015-04-22 18:37 x
おっ、最近はまっているセトゥーバル市場だ。
買ってよかったと思ったのは、牡蠣とBurrie。新鮮さが全然違う!それと、カワハギとホウボウ。生で食べるならやっぱり市場で買わないと不安だし、カワハギはこのあたりのスーパーにはないでしょう。肝もちゃんと取っておいてくれるよ。あとタコはいつも大体7ユーロしないので、お得です。帰りにショコ専門店でお昼を食べて帰るまでがワンセットになっています。
今度はあの巨大貝も試してみようかな。
Commented by caldoverde at 2015-04-22 22:12
カンポ・デ・オリーク市場ややリベイラ市場のようにオシャレでなくていいから、その日に採れた魚を刺身にしたり炭火で焼くような店が市場にあるといいなあ。
Commented by jojo at 2015-04-23 18:30 x
それ名案!沖縄のなんとか市場のような。下で賄って、上で調理してもらう。しかし市場は商売にするにはスケールが大きすぎるわね。。caldoverdeさん銀行でお金借りてきて下さい。
Commented by Moreia at 2015-04-24 20:05 x
>jojoさん、カワハギはPeixe Galoのことですよね?刺身になるクオリティですか?カワハギの刺身、肝合えで食べたくなりました。
米国ボストンの市場は、貝スタンドや魚フライスタンドがあったのをおぼろげに覚えてる。NY中央駅にはオイスターバーある、アメリカ人は食音痴だといわれるけど、商売の仕方は知ってるな。ボストンにはポルトガル人移民が多いんだからアイデアを持ち帰ってくれよ!と思うね。
Commented by caldoverde at 2015-04-25 01:34
カワハギはpeixe porco と書いてあったと思います。みんなでバーベキュー台や七輪、炭を持ってセトゥーバルに行き、市場で魚を買って海で焼いて食べましょう。そうすれば銀行でお金を借りなくとも大丈夫。
Commented by Moreia at 2015-04-25 06:26 x
Peixe porco ですか。しかし、これだけ魚が豊富なのに、どうして安い寿司はサーモンとペイシェ・マンテイガ(げろげろ)ばかりなんだろうね?もっと消費すれば安くなるのに。
アラビダ山脈では、猪が海岸のカフェまで来るそうです。うちの隣人の猟師に声をかければ、ぼたん鍋も作れるかもww
Commented by caldoverde at 2015-04-25 14:45
peixe manteiga(バター魚)って何なんでしょう?切り身は本当にバターみたいで透明感がなく、不気味で食べたことないですが、美味しいの?
Commented by pato at 2015-04-27 16:08 x
バターフィッシュで検索すると何やら出てきますが、ナゾですね。
そのものは、口の中でとろける食感なのでバターフィッシュなのかと思ってました。
去年位から義理兄がパリやブリュッセルによく出張に行くようになって、あちらで連れて行かれる日本食屋でも出てくるそうです。
Commented by caldoverde at 2015-04-27 17:17
バターフィッシュとはマナガツオのようです。関東ではあまり見ないが、関西では西京漬けにする魚としてポピュラーだそうです。私も味噌に漬けて焼いたのが食べたい。
Commented by pato at 2015-04-29 04:54 x
いずれにしてもたまに偽装されてニュースになるアブラソコムツとかバラムツのような危険は無さそうです。
Commented by jojo at 2015-05-06 20:07 x
>Moreiaさん
完璧に遅くなっちゃいましたが、caldoverdeさんのおっしゃる通り、Peixe Porcoです。でもね、この間行ったLagosの市場では、どうみてもカワハギなんですが名前が違ってました。carapau とchicharroのようなもんですかね。
そうそう、Moreiaさんと言えば、Sagresで念願のMoreia Frita食べてきましたよ!家で作ったことはあったんだけど、Sagresのタスカのは、ちょうど川魚のフライのように、細切りにしたものをかりっと揚げたものでした。caldoverdeさんが以前Moreia Frita のサンドイッチ食べたと言うのを聞いてからずーっと食べたかったの。いや、美味いもんですね~~~。
Commented by jojo at 2015-05-06 20:09 x
追記です。
Peixe Porco、刺身で全く問題ないです。サイズも大きいし肝もしっかりあって、仰るとおり、肝和えで頂きました!
by caldoverde | 2015-04-20 05:44 | シーフード | Comments(19)