ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

食欲の秋

ご無沙汰しています。暇つぶしに始めたブログですが、最近あまり暇がなくなってしまいました。いや、暇があるにはあるのですが、ネットを見たりソファで昼寝してそのまま夜に突入したり…

a0103335_19191435.jpg

適当な和食を作るのさえ億劫で(アボカドとマグロの漬け丼)

a0103335_19191532.jpg

こんな夕食をとったり(ロブスターに似せたカニカマ)

a0103335_19191594.jpg

「小鳥の家(カーザ・ドス・パッサリーニョス)」での外食も増え(鴨煮込み、ドライフルーツ入り御飯添え)

a0103335_19191692.jpg

「美徳屋(オ・ビトック)」で茹で牛タンを食べたり

a0103335_19191786.jpg

すっかり国際的に有名になったモランゲイロ(イチゴワイン)の居酒屋で肋肉の炭火焼きを食べて、リスボンは良くも悪くも変わったなあと思ったりの今日この頃です。
[PR]
Commented by Moreia at 2017-10-01 06:31 x
久々に覗きに来て見ました。うちの近所の鴨オレンジ煮の美味しかった店は閉店し、徒歩圏内である市場の周りには、シリア料理(美味しい)、以前ご一緒したポルトガルのタパスの店(今ではトリップアドバイザーで一位です)、パタニスカの店、手延べ中華麺、窯焼きピザ、マラバールカレーと新しい店が雨後の筍の様に現れ、外国人観光客のお陰で皆繁盛しています。いっぽうで、ビカやアルファマなど、ゴミとゲロと騒音でクオリティオブライフを奪われてる地区もありますね。喜んでいられないと思います。
Commented by caldoverde at 2017-10-01 06:42
> Moreiaさん
シリアというと、ポルトガルも難民受け入れしてましたが、あまり希望者いませんでしたね、皆ドイツに行きたがって。良いところなのにね。
Commented by pato at 2017-10-08 15:42 x
牛タンはJoao de Graoで食べる事が多いのですが、9月の初めにあの通りで「Joao de Graoを探してるのか?こっちだよ。」と客引きに別の店に連れ込まれそうになりました。
なんだか殺伐としておりますな。
Commented by caldoverde at 2017-10-08 15:55
何度もポルトガルに来ている添乗員さんも、リスボンはきれいになる一方で昔ながらの店がなくなり寂しいと言っていました。そのうち何処かの国のようにアコギな商売するようになるんじゃ…
Commented by caldoverde at 2017-10-08 15:55
何度もポルトガルに来ている添乗員さんも、リスボンはきれいになる一方で昔ながらの店がなくなり寂しいと言っていました。そのうち何処かの国のようにアコギな商売するようになるんじゃ…
by caldoverde | 2017-09-21 18:54 | 話題の店 | Comments(5)