ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アンコウ(タンボリル)

a0103335_23182454.jpg

 市場やスーパーの鮮魚コーナーにいくと、世の中には自分を凌ぐ容貌の生き物がたくさん存在することを確認し安堵する。ギザギザの歯をむく黒太刀魚、ピカソの絵のような平目系、そしてだらしなく開けた口から内臓が飛び出して、体全体がべったりと潰れたような格好のアンコウ。数ある魚の中でも、とりわけ私に自信を持たせてくれる顔をしているのがこのアンコウである。

 日本ではアンコウは捨てるところがないといわれ、特に肝は美味とされている。私は魚も動物も肝臓は得意ではないので積極的に食べないが、昔ナザレの魚市場でアンコウをさばく人が皮とかヒレと一緒に大きなアン肝を惜しみなくバケツに捨てているのを見て、あ~もったいないと思ったものだ。ところが最近はポルトガル人の間でも、アン肝のおいしさが認知されてきたようである。市場でひっくり返っているアンコウは、腹の真ん中に穴が開けられ、大きな肝を見せびらかしている。アン肝だけを使った料理があるのかどうかは知らないが、ポルトガル料理の人気者アンコウのリゾット(アロース・デ・タンボリル)は(本格的なレシピでは)アン肝を白ワインと混ぜたものを味付けに使う。一般的なレストランでは多分そこまで凝っていないと思うが、ぷりっと弾力のある淡白なアンコウが入ったリゾットは、ポルトガルの米料理の御三家に入れていいと思う。
マッサーダ・デ・タンボリル(アンコウとパスタの煮込み)小さく切ったピンク色のものがアン肝。スープが美味い!
a0103335_2211386.jpg

 他にアンコウの料理というと魚介類のシチューであるカルデイラーダやカタプラーナなど、トマト系の味付けで煮込んだものが主だ。日本風に刺身やしゃぶしゃぶや水炊きにしてもおいしいと思うのだが、日本料理店でも見かけない。でもポルトガルにあって日本になさそうな食べ方は、アンコウのバーベキューである。世界遺産の町シントラから少し離れたところにある田舎風の一軒家のレストラン、クラル・ドス・カペリーノスでは牛肉、豚肉の他にイカや海老、そしてアンコウを野菜とともに炭火で焼いたエスペターダ(串焼き)が名物である。給仕がテーブルにやってきて特殊な台に50cmはありそうな長い金属製串を吊るして、刺された肉、魚、野菜をめいめいの皿にサービスする。表面は香ばしい焦げ目がついて、中身はジューシーな肉や魚の炭火焼は単純にして美味しい。アンコウ本来のあっさりした味が楽しめて、トマト味に飽きた舌には新鮮だ。
[PR]
Commented by OvosMoles at 2008-06-02 21:16 x
魚はブサイクな奴が多いけど、アンコウは特にそうよね。私は、アンコウが並んでるのを見ると、多少可愛げある子がいないか、全員見比べてしまいます。でも、やっぱりみーんなブサイクなのよね。肝が出て自分でもビックリ!って顔。アンコウに生まれなくてよかった。
Commented by おっちゃん at 2008-06-02 22:50 x
今やコラーゲン豊富とかで、アンコウは皮なんかも人気ですもんね。しかし、昔の人はなんでも食べてみて偉いね。そちらじゃフグなんかも食べるんですかい?
Commented by ちゅんち at 2008-06-03 00:52 x
前に近所のスーパーで、半分残っていたアンコウの(こっちじゃ、アンコウは半身は縦割りにして売るんですねぇ)キモだけ売ってくれと言ったら、却下されました。やっぱり、こっちのヒトもアンコウは吊るして切るのでしょうか。
Commented by caldoverde at 2008-06-03 06:06
近所のスーパーに縦割りにされたアンコウと肝丸ごと1匹分売っていて、買おうかな、どうしようかなと3秒ほど考えましたが、一人暮らしなのでやめました。5人くらい集まればアンコウ鍋ができるのに。
この写真を見てうまそうだと思ったのは実は自分だけで、あまりにもグロいのでコメントがつかないのかなと思っていました。今度ステキなアンコウ料理を食べたら差し替えます。
フグは食べませんよ~日本人だけじゃないですか、死の危険をかえりみず毒のある魚を食べるのは。フグの仲間のマンボウは水族館で飼われていますが、食べません。気仙沼あたりでは、捕れたら食べるみたいですが。
Commented by Moreia at 2008-06-03 06:55 x
以前は肝だけ売ってくれてたんですよ、400エスクードで一本買った覚えがあります。生姜汁とお酒振って蒸すと最高ですね。
最近は小さいアンコウを見かけませんな、高く売れるのしか仕入れないんでしょう。新鮮な白身は刺身で食べられますよ。湯引きしたほうがいいらしいけど・・・酢味噌で食べました、ちゅんちさん、チャレンジしてみてよ!
Commented by jojo at 2008-06-03 18:23 x
アンコウの肝、肝だけ一度だけ売ってくれたことありました。
お鍋に入れたんだけどなんだか匂いがあってあまりおいしく
なかったなぁ。ものすごーく期待してただけに、大がっかり。
すっごくおいしいんだから~なんて言ってたのに、一緒に食べてた
友人も「・・・」違うよ!ほんとはもっとおいしいんだよ!
Commented by ちゅんち at 2008-06-03 22:03 x
うぅーむ。夏の課題は色々と。
そう、昔、高級デパートでダンナが肝だけ買ってきたような?

やはり、キモはなべよりもニオイ消しの酒振って、ラップで包んでチンが簡単で手軽なような気がします。

この夏は、魚さばき修行ですかねぇ。一応、実家の母は父が釣ってきたふぐも無免許で裁いてくれたのですが...
その能力は姉が独占的に受け継いだみたいなのですが。
Commented by caldoverde at 2008-07-27 02:34
近所のCasa dos Passarinhosでアンコウマカロニを食べたので貼っておきます。あん肝自体はそれほど美味しいものではないけど、あん肝を溶かしたスープは激うま。フォークとナイフで食べるものだけど、店の人にスプーンを持ってきてもらいスープまできれいに食べました。
by caldoverde | 2008-05-30 23:29 | シーフード | Comments(8)