ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:スポーツ( 2 )

祝バロンドール賞!CR7

a0103335_10000431.jpg

ママは永遠の恋人

12月11日は今年最も活躍したサッカー選手に贈られるバロンドール賞の発表が行われた。当然のようにクリスチアーノ・ロナウドが受賞した。四度目である。今年はポルトガル代表の主将としてユーロ杯で開催国フランスを下し優勝、スペインではリアルマドリードで最多得点を記録し、その活躍は止まることを知らない。もう31歳、体力的に陰りが見えてもおかしくはないのだが、選手としてのピークから下降どころか、円熟の域に入っている。

授賞式にはお母さんのドローレスと息子のクリスチアーノ・ロナウド・ジュニアが列席した。前のバロンドール授賞式に一緒にいた恋人のイリーナとは別れて、今は別の彼女がいるらしい。育児はおばあちゃんと叔母さんたちに任せ、次々と美女と浮名を流す彼が、やっかみの対象にならぬわけがない。スペインではクリロナの脱税疑惑が浮上したが、自分は潔白であると言い切った。イケメンの彼は色んな企業のイメージキャラクターに引っ張りだこで、2015年に申告した収入は270億円だということだ。90%を税金にとられたとしても、27億円もある。最近はリスボンのホテルのオーナーにもなった。引退後は実業家の道も視野に入っているのであろう。彼が大統領選挙に出馬したら当選するんじゃないだろうか。トランプさんも当選したことだし。ロナウドという名前は元俳優のアメリカ大統領のロナルド・レーガンに由来するそうだ。

出身地のマデイラ島のフンシャル空港は、今年からクリスチアーノ・ロナウド空港に名前を変えた。この空港は昔から着陸の難しい空港で有名だったが、今後はその名前で有名になるだろう。今年の春にマデイラ島に遊びに行く予定だったが、足首骨折のため断念した。今度行くときは、クリロナ博物館にまたトロフィーが増えているはずだ。

ポルトガルのお土産にクリスチアーノ・ロナウドのユニフォームを求める人も少なくない。正規のユニフォームはスポーツ用品専門店か、デパート、空港の免税店で売っている。シャツが大人用で80€くらい、ナンバーや名前はまた別料金で貼り付けるので、30分ほど時間が必要になる場合もある。購入する場合は予算と時間に余裕を持って。観光地にたくさんある吊るしのユニフォームは、微妙にデザインが違ったり、クリロナ本人の写真入りだったりと、ニセモノであるが値段はだいぶ安くなる。今の所、ポルトガルサッカー連盟や警察が偽ユニフォームに対する摘発を行なったとは聞かないので、ジョークでお土産に買って、クリロナの腹筋目指して頑張ってもらうのも良いのではないだろうか。
a0103335_10000459.jpg

1日300回腹筋運動するとこうなる。
ただし億万長者にはなれない。

[PR]
by caldoverde | 2016-12-14 09:53 | スポーツ | Comments(2)

謹賀新年2015

だいぶ遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
a0103335_22252192.jpg
バカリャウ(干し鱈)、白菜、ポロ葱、クレソンでなんちゃってお雑煮

2015年の元日は、初日(と言っても登り切った後)を見ようと愛車bromptonでテージョ河沿いの自転車道目指し、坂を下り始点のカイス・ド・ソドレ駅に到着。なんと向かいのリベイラ市場のフードコートは元日も営業!市場をぐるりと一回りし、いざサイクリングと思いきや、後輪がパンクしている…大晦日は外でビールなどを飲んでどんちゃん騒ぎをする若者が多く、道路に落ちていたガラス瓶のかけらを踏んだらしい。あえなく初乗りは頓挫し、bromptonを折り畳んでバスで家に帰った。

元日営業している飲食店は非常に少く、ほとんど開いているお店はありません、と観光客には伝えているが、リベイラ市場の他に、アモレイラス・ショッピングセンターのフードコートの幾つかの店は営業していた。ショッピングセンターには映画館があり、元日から上映しているので、それに合わせて開く飲食店が若干ある。ひょっとすると他のショッピングセンターも同じ事情だろうか。最近は規制緩和が進んでいるし。

私の住んでいるカンポ・デ・オリーク地区では、以前はXマスも元日も開けているのは「カーナス」位だったが、今年はその向いにある老舗のカフェ「テンタドーラ」も元日営業している。ここのテラス席は日当たりも良く、坂道を登ってくる市電を眺めることができてなかなか気持ちの良い場所だ。

a0103335_215544.jpg
「サムライの一撃」「ラスト・サムライ」などの見出しが

ポルトガルでは年が明けるといろんなものが値上がりしたり、税金が上がったりと全くめでたくもなんともない。しかし、今日はちょっと良いニュースが。各新聞の第一面を日本人が飾った。1月11日のスポルティング対ブラガの試合で、田中選手がフリーキックを決め、スポルティングを勝利に導いた。きれいな弧を描く見事なシュート。2015年はさらなる活躍で、ポルトガルのサッカーファンを沸かせて欲しい。



前の動画が著作権の問題で削除されたので、観客が撮った臨場感あふれる動画を貼り付けます。しっかり見たい方はこちら

同じ日にはクリスチアーノ・ロナウドが2014年度のバロン・ドールを受賞のニュースも。何と3度目だ。最近故郷のマデイラ島に彼の巨大なブロンズ像が建てられ、新たな観光名所になっている。体の一部が強調されすぎだという意見もあるけど…
a0103335_215585.jpg

[PR]
by caldoverde | 2015-01-12 21:41 | スポーツ | Comments(13)