ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

a0103335_20451068.jpg
 宿の主人にマダレーナ村周辺の見所を尋ねると、島の北西部の海岸線、そして村から少し南にあるブドウ畑の景色が素晴らしいと推奨された。ここでもまたタクシーをチャーターし、北西の海岸沿いの道を東に向かって走り、適当なところで島の内部に南下し、Uターンするような形でピコ山の裾野を横切りながら、西部のブドウ畑に立ち寄ってマダレーナに戻る、という島半周ルートで2時間ほどドライブを楽しんだ。料金は60ユーロ。
a0103335_20595498.jpg

 海岸は溶岩が海に流れ込んで固まった黒い石の磯が8kmにわたって続く。伝統的な黒い石造りの家、同じ黒い溶岩を積み上げた石垣に囲まれたブドウ畑が続く海岸沿いの道路は車が少なく道は平坦なので、ウォーキング、サイクリングには素晴らしいコースだ。もしまた来る機会があれば、自転車をレンタルして走ってみたい。黒い石の家は必ずしも古いものばかりでなく、最近建てたものも多い。コンクリートブロック作りの建物を石で覆っているのだそうだ。単なる白壁の家よりずっとお金と時間がかかるのは明らかだが、ピコ島の人は伝統を大事にする余裕があるのだろうか。
a0103335_2104585.jpg

a0103335_2047355.jpg
 18世紀、ピコ山の中腹から流れ出した溶岩は海岸沿いにある村を襲い、村は廃村となった。溶岩は海に流れて固まり、自然の彫刻を残した。この犬の形をした岩にあやかり「子犬の港」と命名された廃墟の村には再び人が戻り、黒い溶岩を積み上げた民家も修復され、地元のワインやリキュールを売る小さな土産物屋になっている。
a0103335_2048063.jpg


 次に立ち寄ったのはかつて鯨で栄えたサン・ロケの村。港には勇敢なホエールマンの銅像が建っている。昔の鯨の加工場は、ファイアル島のオルタ同様、今は鯨博物館になっている。
a0103335_20502731.jpg


 海岸から内陸に入ると冷涼な高原になる。晴れていれば18km先のサン・ジョルジェ島が見える。
a0103335_2113853.jpg


 山の裾野をまっすぐ横断する国道からちょっと入るとカピタン池があり、何組かの家族がドライブの途中休憩を取っていた。
a0103335_20491874.jpg


 島の西半分を横断する道路を突っ切って、西端のクリアサン・ヴェーリャ地区に出る。アソーレス諸島では、テルセイラ島のアングラ・ド・エロイズモ市と並ぶユネスコ世界遺産である。かつて名声を博したピコ島産ワインを造るブドウ畑の景観が、世界遺産に指定されているとは、恥ずかしながら実はこの島に着いてから知った。潮風からブドウを守るため、細かく区切られた石垣で囲まれたブドウ畑は、厳しい自然と闘ってきた人間の知恵と汗の結晶だ。ブドウ畑の中には、絵葉書にもよく登場する有名な赤い風車がある。今はみやげ物屋になっていて、高校生位の男の子が店番をしていた。私は彼の人生で最初に会った日本人だそうだ。
a0103335_20434874.jpg


 その日の夜は、タクシーの運転手に紹介された、マダレーナの隣村にあるレストランで夕食。家計が苦しくなる度に助けてもらうツナ缶メーカーのBOM PETISCOの工場の隣で、ファイアル島や二つの無人島が一服の絵になる素敵なテラス席がある。景色に惹かれテラス席に座ったが、隣席からのタバコの煙がくしゃみを引き起こすので、室内に移動しガラス越しに暮れなずむ海を見ながら、魚のスープ、魚のグリルの盛り合わせ、クルミのムースを食べた。
a0103335_20412586.jpg
 魚のだしがきいている。小エビが入っているが、残念ながら冷凍。
a0103335_2042121.jpg
 イカ、マグロ、クエ、サーモン、海老などの盛り合わせ。新鮮で美味い。
a0103335_2040539.jpg
 珍しい、とろとろのクルミのムース。
a0103335_2125266.jpg
 ちょっとリッチそうなポルトガル人と外国人で一杯だったこの店の一番の売りは、この景色でしょう。
[PR]
by caldoverde | 2009-08-18 21:17 | ポルトガルの旅 | Comments(2)