ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

食は辺境にあり

a0103335_6545320.jpg
 リスボンから車で約3時間の山あいの小さな町トンデラから、更に山に向かうくねくね曲った街道を登って行くと、キンタ・デ・ビスポスと言うファームホテルがある。見晴しの良い斜面には可愛い白いコテージが 5、6棟あり、その間にラランジャル(オレンジ畑) というレストランがある。太い松の梁が支える広々とした空間、大きくとったガラス窓からはトンデラの町と雪を抱くエストレラ山脈が見える。すばらしい眺めを見ながらの食事は、リスボンの中心部のホテルのレストランと比べても見劣りしない充実した内容と味である。
              ↓この白い線が雪です
a0103335_6471216.jpg
 給仕は、あいにくオリーブを切らしております、と申し訳なさそうに言いながらパンを運んで来た。ポルトガルではどんな安食堂も高級レストランもお通しはパン、バター、オリーブの実の3点セットが基本である。おそらく自家製のオリーブの漬物を出すはずだったがストックがなくなってしまったのだろう。しかし4種類のパンに手作り風ハーブ入りバターとツナペーストは前菜として十分な量。どれも試さずにはいられない。もしオリーブもあったら料理が来る前にワインが空になり、お腹の空きスペースはかなり少なくなっていたはずだ。この地方のワインは檀一雄の愛したダンワイン。代表的な銘柄は「キンタ・デ・カブリス」、スーパーで3~4ユーロで買える大衆的なものであるが、産地で飲むとなんとなく味がグレードアップしたように感じる。

a0103335_648379.jpg
 この地方の代表的な料理は「タコのオーブン焼き(ポルヴォ・ア・ラガレイラ)」だそうだ。こんな海から離れた場所でタコ料理?と不思議に思われるが、名物をはずす訳にはいかない。リスボンでタコを注文するとイカの足みたいな細いのが出てくることもあるが、これは刺身にできそうな立派なものだ。どうせ冷凍だろうとさほど期待せず食べてみると、食べやすい柔らかさながらプリッとした弾力があり、とてもジューシーである。付け合せは海老、トウモロコシパンに色とりどりの野菜を混ぜたそぼろ、オーブンで焼いた皮付きジャガイモ、と見た目も楽しく様々な食感が楽しめる。

a0103335_6493075.jpg
 このベイラ地方の郷土料理としては山羊肉をじっくりとワインで煮込んだシチュー 「シャンファナ」が有名だが、オーダーは二人前から。これだけで満腹必至である。色々な料理を試してみるという我々のミッションを遂行するため選ばれたのは仔山羊のオーブン焼き。山羊や羊は臭いがあるのではという先入観が頭をよぎるが、この仔山羊のローストは下味に何のスパイス(カルダモンかナツメグ?)が使われているのか、爽やかな香りが感じられる。肉には脂肪がたっぷり乗っているが、この下味のおかげでそれほどしつこさ油っこさが感じられず、とても美味しい。付け合せは鮮やかな青菜の炒め物と皮付きジャガイモ。バターのような甘みのある青菜と肉汁の絡んだジャガイモは山羊と互角のうまさ。

a0103335_6501612.jpg
 ラムのはちみつマスタードソースなどという洒落たものもある。ポルトガル料理はトマトやニンニクで味つけしたものが多いので珍しい。九本もの骨付きのラム肉が辛うじて繋がっている状態で切れ目を入れられ、ピンクの断面をチラッと覗かせている。肉はとても柔らかく、羊臭さは全く感じられない。牛肉よりもクセがなく、あっさりした上品な味だ。西洋・中近東の宗教的な儀式やお祭りのごちそうは羊。羊と共に長い歴史歩んできた彼らは羊を美味しく料理する術を知っている。

a0103335_6505837.jpg
 楽しい食事の締めくくりは自家製ママレードを使ったパイと、フォンダンショコラ・アイスクリーム添え。庭のオレンジから作ったママレードは甘さ控えめの自然風味でパイ皮も薄く軽く油っこさを感じさせず、たらふく食べた後のデザートへの罪悪感を和らげてくれる。天使と悪魔のコンビ、フォンダンショコラとアイスは明日からのダイエットへの新たなモチベーションと、食後約10時間は補充の必要がない十分なカロリー供給を約束する。
a0103335_6513566.jpg


 小さな田舎町の更にはずれの山の中にあるファームレストランは、都会の有名シェフのレストランにひけをとらないような良質の味を田舎の値段で提供してくれる。しかしここまで来るのにリスボンから幹線高速道路を2時間、カーブの多い山中のトラック街道を1時間、途中地元の人に道を尋ねること三度という長い道のりであった。付近にカラムーロというミネラルウォーターと温泉で有名な町があるので、コインブラからそこを目指したほうが分りやすいだろう。カラムーロには行ったことがないが、クラシックカーの博物館があるらしい。車とドライブが好きな方には楽しい旅になると思う。

http://www.quintadebispos.com/
[PR]
by caldoverde | 2010-04-15 07:11 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

バルセロナ菓子店

 地下鉄ピコアス駅やサルダーニャ駅周辺は様々な会社が集まるオフィス街で、サラリーマンやOLが仕事前や昼に腹ごしらえするための気軽な飲食店が多い。またショッピングセンターもいくつかあり、流行に敏感な若い人やちょっと余裕のある奥様などがお友達とお茶をするところには事欠かない。しかしそのような人たちがまだ気付いていないらしい店を、シェラトンホテルのそぐそば、ポルトガルテレコム社の脇に発見した。
a0103335_7453191.jpg

a0103335_538036.jpg
「バルセロナ菓子店」は一見ファストフード店みたいな外観だが、よく見るとガウディの建物の一部をイメージに使い、オレンジとブラウンを基調とした60年代風モダンのシンプルでお洒落なインテリアだ。壁のテレビはサッカー中継ではなく自社製品の写真を大きく映し出している。お茶の時間は過ぎてもうすぐ昼食という微妙な時間だったせいか、客は誰もいない。小奇麗な店なのに不思議だなと思いながら入ってみると、ショーケースの中には色とりどりの直径5cmほどの小さなケーキがきれいに整列し、まるで日本の洋菓子店のようである。ポルトガルの菓子屋にしては相当凝っている。昼食前なのでコーヒーだけ飲んで出るという決意は瞬時に消滅し、気がつくとプチフールを三個も選んでいた。
a0103335_7461899.jpg
白黒のチョコムースのプチフールとコンデンスミルククリームのシュー。甘い!

 店名が示すとおり、オーナーはバルセロナ出身で、かの地の影響をうけたオリジナルなお菓子を作っている。バルセロナのお菓子の特徴はコンデンスミルクを使うことだそうだ。キャラメル状になった濃厚なコンデンスミルククリームを使ったパイは、リスボンではたぶんこの店にしかないだろう。
a0103335_742225.jpg
カロリー高そう。

 サンドイッチなど食事系のものも、そこいらのカフェにあるようなごつい丸パンに無造作にハムやチーズを突っ込んだようなものではなく、味や色合いのバランスを考えてパンや中身を選び、ひとつの料理として作ろうとしている姿勢が伺われる。
a0103335_7465350.jpg
チーズ、肉、鱈、野菜などの小さなパイ。

 まだお客が少ないのは4ヶ月前にオープンしたばかりという事情もあろうが、ポルトガル人は食に関しては保守的なので、慣れ親しんだものばかり好んで食べるため、あるいはひそかに自分たちの食べ物が最高であると自負しているのでスペインのものなんか、という偏見やライバル意識が働いているのかも知れない。今はポルトガルのお菓子も甘さ控えめになりつつあるが、小さいながら強烈な甘さのバルセロナ菓子店のケーキが、変にポルトガル人の好みに迎合せず個性や創造性を保ち続けてくれるといいのだが。
a0103335_750362.jpg

[PR]
by caldoverde | 2010-04-09 07:57 | お菓子・カフェ | Comments(5)