ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

追憶の酒場 PART2

 年末に見慣れないアドレスからのメールを受け取った。送り先を間違えたのではないかと思うほど親しげな文面で、また一月にリスボンに行くことになったので、一日お付き合い下さいという内容だった。しばらくして、もしや一年前に会ったあの元船員さんではないかと思い出した。35年前1ヶ月間のリスボン寄港中に毎日通っていた居酒屋を探す目的でやって来たあの男性だ。あの時はおぼろげな記憶を頼りにやみくもに歩き回ったが、今度は思い当たる場所があるという。私も35年、いや36年ぶりの感動の再会の場面に立ち会いたくて、再び瞼の酒場の探索に付き合うこととなった。

 好奇心と体力に溢れていた若い船員は、その後に続く明け方までの勤務もなんのその、アルカンタラ港からサンジョルジェ城にほど近い居酒屋まで徒歩で毎晩通っていた。アルカンタラから城のある丘までは約5km、1時間はかかる距離だ。しかし川沿いの平らな道なので、酔いを醒ましながらぶらぶらと散歩する感覚だったのだろう。昔は平和だった。今はもっと物騒なはずだ。
a0103335_0481424.jpg
アルカンタラ地区から見た4月25日橋

 問題は丘のどこかにあるその居酒屋だ。元船員さんが細かく説明すればするほど、ますますどこにでもありそうな平凡な店、リスボンのどの地区でもみられるありふれた風景に思えるのだ。

1、建物に同じような店が二軒並んでいる。
2、入り口は立ち飲みのカウンターがあり、奥行きは深く、テーブル席がある。
3、丘の中腹にあり、サンジョルジェ城へは歩いてすぐの距離。
4、展望台のように、街の景色がよく見える場所にある。
5、そばに木が何本か植えられた三角形の小さな広場がある。
6、急な坂の突き当たりにその店のある建物の後ろ側が見える。実は行き止まりではなく、その手前に曲がり角があり、ジグザグの坂道を登ると店の前に出る。知っている人しか車で入れないような狭い道。
7、店の前の通りは緩やかなV字型の坂道で、店はその真ん中の谷に位置している。
8、観光客のあまり来ない住宅地にある。

 これだけ特徴を挙げると見つかりそうなものなのだが、何しろリスボンは7つの丘の街、そのうちサンジョルジェ城に歩いていける距離の丘は2つ、それぞれの丘にはびっしりと建物がへばりついている。丘のどの斜面にもこのような地形があり、たくさんの飲食店がある。彼も私もインターネットの地図やグーグルアースで調べてはいたのだが、30年以上前のリスボンと今とでは、だいぶ変わっているはずだ。
a0103335_0444035.jpg

 昼食前の十二時半、お城の見えるフィゲイラ広場で待ち合わせをした。彼は午前中すでに見当を付けたところは歩いていた。昨年私と行かなかった場所も訪れていた。それでもまだあの酒場を見つけられずにいた。軽く腹ごしらえをした後1日フリー切符を買い、狭い路地まで入り込む市電12番や28番に乗り込み、途中スリ団の標的になりながら、思い当たる景色を見たらそこで降りては探すを繰り返した。

 私はグラサ地区ではないかと思ったが、彼によるとこれほど賑やかではなかったと言う。一方、彼のイメージに最も近いという場所は、お城の南斜面コスタ・ド・カステロ通りにあるピンクの建物だった。確かに二つ飲食店が並び、その前の通りの両端は緩やかに上っている。入り口の前はバイシャ地区の眺めがよく見える小さなテラスというか、極小展望台といったスペースがあり、真下を見下ろすと斜面の狭い敷地に無理やり作った建物の下部と急な階段がある。しかし、彼は良く似ているけどここではないと断言した。
a0103335_051636.jpg

 日も傾きかけ、朝から歩き回っていた元船員さんはさすがに疲労の色が見えてきた。ポツリと「あきらめましょう。」と言った。私はどこか見落としている場所はないか考えたが、もう思いつかなかった。空振りに終った2度目の探索の後、彼の泊まっているホテルで別れた。帰り際に、私へのずっしり重い日本食と居酒屋の主人に渡すはずだったお土産を手渡された。ポルトガル人のお友達にでも差し上げて下さいと言われたが、これは次回の捜索まで預かることにしよう。
a0103335_054781.jpg


 翌日は彼がリスボンに滞在する最後の日で、夕食に招待されていたが、あいにく夜に仕事があったため辞退した。夜、家を出るまでの時間をインターネットでリスボンの地図や航空写真を見て過ごしていた。すると、あの条件にぴったり合致する通りがあるのに気が付いた。もう日は落ちていたが、空港へお客さんを迎えに行く時刻まではまだ間がある。急いでコートを引っ掛け、家の近くから出る市電28番に乗り込んだ。大聖堂前で降り、聖アントニオ教会の手前にある坂道を登っていった。しばらくすると三角形の広場が現われた。さらに上るとジグザグに曲がった坂道になる。きっとここだ!ここに違いない!急坂の上に背を向けた建物の前に回りこんだ。建物の隣ではバイシャ地区の灯りがキラキラ輝いていた。
 その建物は、元船員さんが似ているけれど違うと断言したあの建物だった。

 その場で今夕食中であろう彼に電話をした。この店が探していた居酒屋だったのではないですか、周りが変わってしまったので、違うと思われたのではないですか、夜はまた印象が違いますよ、と興奮気味に話した。すると彼は「いや、もういいですよ。」と穏やかに答えた。

 彼は完全に諦めた訳ではないだろう。いや本当はあの居酒屋は見つかって欲しくないのだ。なぜなら昔お世話になった店を探すという大義名分を失くしては、またリスボンに来る理由がなくなってしまうではないか。
[PR]
by caldoverde | 2011-01-23 01:06 | ポルトガルの旅 | Comments(7)

世界遺産スイーツ

a0103335_20194551.jpg
 ユネスコ世界遺産の町エヴォラには数々の歴史的建造物があり、文化財的食べ物がある。フレッシュチーズを使った焼き菓子ケイジャーダもその一つである。エヴォラのケイジャーダはしっとりとして優しいミルクの味がする。マデイラ島やアソーレス諸島を含めたポルトガル全国にケイジャーダはあるが、エヴォラのそれは世界遺産級に美味である。町の中央ジラルド広場の一角にある「アルカーダ」という菓子屋のケイジャーダは私のお気に入りであったが、最近この店を凌駕するケイジャーダを見つけてしまった。
a0103335_2020107.jpg
カラサ通りを過ぎたところにある

 ジラルド広場のアーケードの緩やかな坂を下り、アーケードが終ったところで左に曲がり、小さな広場を二つほど通り過ぎながら奥に進むと右側に目立たない菓子屋がある。その名は修道院菓子処Pão de Rala という。Pão de Ralaとは直訳すると粗挽き小麦粉のパンという意味だが、粗挽き粉のパンとは対極にアンチヘルシーなウルトラヘビー級の重~~~く甘~~~い巨大な饅頭のようなアレンテージョ地方の郷土菓子である。
a0103335_2028191.jpg

 オリーブの実を象ったという真ん中に1本の筋を入れた丸いマジパン(アーモンドペースト)のかたまりの中に、鶏卵そうめん、糸かぼちゃのジャム、黄身クリームなど、色も甘さも強烈な材料を混ぜた餡を入れたもので、切り口を見るとねっとり目の詰んだ粘土のようなマジパンの中に、真っ黄色の糸と蜂蜜色の糸が蜜に絡み合ったものが挟まっている。昔は貴重品であった砂糖をこれでもかこれでもかと使った、血糖値の限界への挑戦を挑むような、形がボクシングのグローブに見えてくるような、そんなお菓子である。大食い大会でこの菓子が出されたら、どれだけの選手がお茶を飲まずに完食できるだろうか。
a0103335_20113547.jpg

 このお菓子には古い言い伝えがある。16世紀の若き国王セバスチャンが突然エヴォラを訪れ、ある尼僧院に泊まることになった。6月のうだるような暑い日にやって来た王様ご一行をもてなすために、貧しい尼僧院が用意できたのは、わずかなパンとオリーブの実と水のみであった。それでも長旅と灼熱の暑さに疲れた王と廷臣たちにとっては十分なごちそうであった。王はリスボンに帰った後、感謝の印にオリーブの形の菓子を尼僧院に賜った。それがこのPão de Ralaであったという。
a0103335_2013124.jpg
手前は胡桃の入った薄いスポンジと黄身クリームを交互に重ねたケーキ
a0103335_20212376.jpg
チーズのようですが中身は鶏卵そうめん
a0103335_20221493.jpg
ボーロ・レイはリスボンのものより豪華
a0103335_20215350.jpg
そのまんま卵です

 そんな由緒のあるお菓子を看板としたこの店のその他のラインナップは、マジパンで作ったチーズの形をしたケーキだとか、プラムの砂糖煮とか、卵黄を砂糖で煮詰めたプチフールとか、見ただけで歯がうずき胃酸の分泌が活発になる伝統菓子が中心であるが、その中で現代のしこうに合わせ?甘さがしつこくないものが、ケイジャーダとアーモンドタルトだ。
a0103335_20143425.jpg
手前がケイジャーダ。奥がアーモンドタルト

 花形のビスケット生地にフレッシュチーズ、砂糖、卵、小麦粉を混ぜたフィリングを入れて焼いたケイジャーダは、大きさはエッグタルトとほぼ同じ。甘党なら2個は楽勝の量と糖度である。初めてこの店のケイジャーダを食べたときは、しばらくこの手のものから遠ざかっていたせいか、今まで食べていたのは何だったのかと思えるほどの衝撃的な美味しさだった。それはまさしく新鮮な絞りたてのミルクの味だった。
 アーモンドタルトはさくさくとした感触と軽く焼いたアーモンドの香りが、田舎の菓子屋のものにしては洗練されていて、上等な紅茶が欲しくなるようなスイーツである。
 どちらも一個1ユーロとお土産に手ごろな値段ではあるが、やはりその日に作られた新鮮なものが美味しい。一方伝統のパン・デ・ラーラは一年間もつという店の人の話であるので、日本に持ち帰っても品質に影響ない。いや、360度に分けて毎日1度分づつ薄く切って食べて一年間楽しめると言うことか。この甘さなら食べ切るのに一年かかるだろう。
a0103335_2023172.jpg
黄色い町、うまい町エヴォラ
[PR]
by caldoverde | 2011-01-06 20:18 | お菓子・カフェ | Comments(4)