ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

リッチな貧乏料理

 二月はあまりツキがなかった。今年もヴァレンタインデーはおひとりさまだった上に、風邪かアレルギーか知らないが喉をやられてしまい、商売道具である声を失った私は失業状態に陥った。天気は良いので気晴らしに外に出たくても、何かの花粉を捕まえて症状が悪化するのではないかという懸念もあり、家にこもる日が続いた。当然食生活も節約モードになり、冷蔵庫の整理に励むこととなった。二日前に炊いたご飯。薬を処方されたために飲めなくなった赤ワイン。一度使ったきりで冷蔵庫の隅に眠ったままの唐辛子ペースト。芽が出てきたニンニク。1個だけ残った玉葱。これらを復活させ、食べて成仏させなくては。

a0103335_23114760.jpg
アソーレスの料理によく使われる唐辛子のペースト

 ご飯はデパートで買ったちょっと高いバレンシア米で、袋のデザインが日本の農協のマークを連想させるのできっとうまいだろうと試しに購入したのだが、日本のお米が真珠ならばこのバレンシア米は玉砂利であった。きっとパエリャにすれば抜群に美味しいのだろうが、白ご飯向きではなかった。
 ワインは、階下のスーパーで、セレクションとかリザーヴとか書いてあるちょっとお高めのワインを集めたフェアを開催しており、その中で一番安い4ユーロ98セント(約450円)のアレンテージョワインを買ったのである。さすがに普段飲む2~3ユーロのものよりはコクがあってうまい。しかし、ビンに3分の2も残したまま2~3日経っているワインはもう酸っぱくなっているだろう。
 たんぱく質は無農薬ものの食品を扱う高めのスーパーで一番安い鶏手羽4本1ユーロ40セント(約130円)を買い、これを唐辛子ペーストとワインに一晩漬け込んだ。

 翌日漬けた鶏手羽を調味液から取り出し、フライパンで焦げ目が付く程度に焼く。もちろん調味液は捨ててはいけない。その傍ら圧力鍋で薄切りにした玉葱とニンニクをオリーブオイルでしんなりするまで炒める。そこに冷や飯を投入し、パラパラにほぐすように混ぜ、さらに鶏手羽もぶち込む。その上から惜しみなくドボドボと赤ワインを注ぎ、残った調味液も加え、びっちり蓋をして強火にかける。圧力鍋がしゅるしゅるうなりながら蒸気を噴出し始める。10~15分ほど鍋を怒らせたままにし、適当なころあいを見て火を止める。すぐに蓋を開けることはできない。待つこと20分位であろうか、圧力が弱まって蒸気が抜けたのを確認して初めて鍋の中身を見ることができる。いったいどうなっているのだろうか、グチャグチャに溶けていないだろうか、黒焦げになっていないだろうか、味はちゃんと付いているだろうか…期待と不安に胸躍らせながらコックをひねり、重い蓋を開けた。そこには…



a0103335_23173728.jpg


 血のような赤いご飯が炊き上がっていた。ワインのかぐわしい匂いが立ち上った。ポルトガル料理のカビデーラよりも色も匂いも良いではないか。塩も何も加えず、唐辛子ペーストとワインと鶏手羽からのダシだけの味付けでものすごくうまい。残りものや安い材料といえども、それなりに良い素材を使ったせいだろうか。鶏手羽を丸ごと煮込むとそれなりにボリューム感も出る。私ってもしかして天才シェフ?と賛同してくれる相手もなく一人で赤ワイン雑炊を二日にわたって食べたのだった。
[PR]
by caldoverde | 2011-02-28 23:20 | パン・ご飯 | Comments(10)