ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リスボンから東北へ

 3月11日の朝、ポルトガルの国営テレビのニュースは衝撃的な映像を流していました。泥の中に沈んだ滑走路、建物の残骸と車を巻き込みながら田んぼや住宅地に押し寄せる濁流。船を飲み込み焔をあげながら港を襲う黒い波。

 これら地獄の様な光景が私の生まれ育った宮城県の現況だなんて信じたくない、悪い夢であってほしいという思いと、これから一体東北は、日本はどうなるのかと途方に暮れる気持ちがぐるぐると空回りしていました。宮城県沖地震や震度5級の地震は何度か体験済みの私ですが、それらを何個も集めた力を遥かに上回る規模で自然は襲って来ました。何の警告もなく。

 3月は旅行シーズンの開幕、多くの日本の方がポルトガルを訪れます。この日も空港にお客様を迎えに行きました。既に空港などでニュースを聞いたお客様に一体どうお声をかけたものか悩みました。「良い思い出を作って下さい。」これが適切な言葉だったのかどうかは分かりません。しかし折角の美しい時期に入ったこの国の印象を僅かでも留めて欲しい、そして東北が神戸のように復興を果たしたら、日本が元気になったら、またあの街を今度はゆっくり時間をかけて見に来よう、そう思って頂けることを切に願いつつ…
 なぜなら、リスボンは大震災から復活した都市だからなのです。
a0103335_6534085.jpg
地震で崩壊したカルモ教会はそのまま保存され、考古学博物館に。

 1755年11月1日午前10時頃、推定マグニチュード8.5という大地震がポルトガル南西のサン・ヴィセンテ岬沖で発生した。当時リスボンはヨーロッパの中でも人口密度の高い大都市だった。街は中世来の細い路地の上に無秩序に建てられた住宅が、サンジョルジェ城のある丘からテージョ河に向かって広がっていた。その日は諸聖人の日、教会にはミサに参列する信者が集まり、家に残っていた者も祭壇にロウソクをともしていた。激しい揺れは10分間も続いた。石やレンガで出来た建物は崩壊し、倒れたロウソクは大火災を引き起こした。生き延びた人々は崩れ落ちる建物と火から逃れるためテージョ河に逃げた。全ての船は満杯になった。そこへ津波が襲いかかり、船も人も飲み込まれた。被害はポルトガルのみならず、北アフリカ、スペイン南部にまで及んだ。

 人類史上、詳細な記録の残る最初の大天災であるリスボン大地震は、その後の災害に対する行政のあり方において、また近代の地震学の発展において、明確な指針を示しました。時の国務大臣であった後のポンバル侯爵ことカルヴァーリョ・デ・メロは独裁的権力を駆使して、市街の再建、治安の安定、必要な物資や人員の確保、疫病の予防のために、数々の、実に有効な法令を発布し、リスボンを瓦礫の山から再び宝石のような街に再興させたのです。敵に対する冷酷残虐な姿勢は、多くの憎しみも生み出したのですが、今は観光名所となっているバイシャ地区やリベルダーデ大通りを通る度、彼の業績の偉大さには感銘を受けざるを得ません。
a0103335_6551024.jpg
めちゃくちゃなリスボンにしては、秩序のあるバイシャ地区の町並み

 もし今日本にポンバル侯爵がいたら、どの様な指揮をとっていただろうか、虚しい空想ではありますが、もっと効率良く事が運んだのではないか、責任者は厳罰を免れなかったのではないかと、歯がゆい想いです。

 今は遠い歴史の出来事として記憶の隅で埃をかぶっている18世紀のリスボン大地震。地球の裏側で起きた災害に心傷める優しい人々よ、あなた方に再びこの様な悲劇が起きないことを祈ると同時に、どうか先達としてその貴重な経験を日本にも伝えて欲しい。人類共通の遺産として。
a0103335_6571134.jpg
廃墟と絶景が眺められるサンタ・ジュスタエレベーターの橋


ブラジルのミュージシャン、イヴァン・リンスが歌う「上を向いて歩こう」7月のポルトガル公演でも歌ってくれるといいなあ。
[PR]
by caldoverde | 2011-03-13 18:51 | カルチャー | Comments(9)

ゴアの誘惑

 喉を痛めて病院に行き、薬の他にプロポリス入り蜂蜜でレモネードを作ったり、大根おろしを食べてみたり、ハーブティや緑茶でうがいをしたり、首に緑色の泥で湿布をしたり、迅速な回復のためにあらゆる方法を試みたが、不快な症状は3週間続き、遂に、小声で話してもお客様に聞こえるように小型拡声器87ユーロを買ってしまった。

 ネットサーフィンで喉の炎症を鎮めるものを探しているうちにターメリックミルクにたどり着き、早速牛乳とターメリックを買いに走った。ほんのりカレーの香りのする黄金色の牛乳を飲むと粘膜が潤うのが感じられ、翌朝はイガイガヒリヒリの不快感は消えていた。これは凄い。悠久の歴史のインドの風邪特効薬だ。ターメリックは漢方のウコンの仲間である。ならば、ターメリックをたっぷり使ったカレーを食べればもっと治りが早くなるのではないだろうか。

a0103335_7181247.jpg
こんな狭い路地にある

 リスボンのカレーのメッカといえば移民の集中するロシオ広場、フィゲイラ広場そしてマルチン・モニス地区である。この辺りには中華だけでなく、インド、ネパール、バングラデシュなどエスニック料理店が多い。その中でもポルトガル旧植民地であるインドのゴア料理に特化した「ゴアの誘惑」という名のレストランで食養生することにした。

 ゴア料理は宗主国ポルトガルの影響を受け、豚肉を使うのが特徴だそうだ。メニューは雑誌で見たゴア風チョリソに決めていた。イベリア半島の典型的な豚肉加工品のチョリソを丸ごと一本どーんとカレーで煮込んだものだ。このチョリソがまたインドのスパイスをふんだんに使ったものすごく辛いものである、と雑誌は紹介している。前菜は海老のサモサを選んだ。揚げたてのパリパリの三角の皮の中身はトロリとした海老カレー。初めはマイルドだがジワジワと辛さが増していく。
a0103335_70240.jpg

 メインのゴア風チョリソは白ご飯と共にやってきた。サラッとしたカレー汁はジャガイモ、玉ねぎ、ピーマン、ゆで卵が入っていてチョリソを除けば外観は日本の家庭で作られるカレーとそう変わりがない。チョリソは豚の血や挽肉に色んな香辛料を混ぜたもので、本当に辛い。ポルトガル人は辛いものが苦手な人が多いので、大げさに書いてあるのだろうと思っていたら予想よりずっと辛い。
a0103335_70794.jpg

 口直しのデザートはココナツミルクとヒヨコマメの餡を固めたお菓子。優しい甘さ。
a0103335_701474.jpg

 食べ終えるとお腹がポカポカあったかくなってきた。確かに風邪には良さそうだ。しかし花粉症に効くかどうかは継続して臨床試験を行う必要があるだろう。

a0103335_7223914.jpg
鉢植えを寄せ集めた極小庭園
a0103335_7233494.jpg
狭い階段の道の脇の家の玄関は低い
[PR]
by caldoverde | 2011-03-09 23:11 | インターナショナル料理 | Comments(4)