ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タヴィラで焼魚三昧

a0103335_2316211.jpg
水の町タヴィラにはこのローマ橋の他にも3つの橋がある。

 タヴィラは川と海が作り上げた広大な潟と山に挟まれた土地に、ローマの遺構とイスラムの伝統、カトリックの壮麗さがモザイクのように入り組んだ歴史の町。近代はマグロ漁でも栄えた。ジラオン川を挟んで市街は二つに分かれ、いずれも水面に美しい影を映す。赤い汽車ぽっぽ型の観光バスが町と塩田の広がる潟、そしてタヴィラ島行きのフェリー乗り場を巡る。旧市街の小さな箱型の家々や、潟に集う野鳥を見るのも楽しい。バスは一回の乗車3.5ユーロだが、5ユーロで1日何度も乗り降りできる。
a0103335_23181069.jpg

 そんな町に何か特別な食べ物がないか注意して歩いたが、旧市街にはなぜかインド料理屋ばかり目立った。カフェにはアルガルヴェ名物のマジパン菓子があるけど、特別美味しいというほどのものでもない。地元の人達で賑わうレストランは見当たらない。メニューを見てもどうもピンと来ない。観光客向けのカタプラーナ2人前28ユーロ等、予算も量も一人ではオーバーだし、何となく美味しそうでない。

 フェリー乗り場付近には大きなレストランが何軒かあるが、半分は閉まっていた。タヴィラ島にはキャンプ場があり、自炊することができる。またレストランも沢山ある。夏は相当混み合うのだろうが、4月の始めは閑散としていて、少ない観光客に盛んに営業をかける店も、はたして新鮮な食材があるのか疑問である。そういう偏見が働いて、人のいない綺麗なビーチのそばでシーフードを食べるのは見合わせて、ビールだけ飲んで島を出た。
a0103335_23193558.jpg
こんな景色ならビールだけでも十分

 フェリーのおじさんに、美味しい店を教えてくれと尋ねると、何で島で食べなかったんだと半ば呆れ顔で言われた。確かに島にいたのは昼時だった。彼は2軒の店を紹介してくれた。ひとつは新しいショッピングセンターのそばの魚の炭火焼専門店で、もう一つは旧市街のレストランだった。

 3時ごろ魚の炭火焼専門店に行ってみると既に昼のオーダーは終了し、火の消えたグリルのそばに無造作に積み上げた焼き魚は種類もなく、これしかありませんと言われたので、夜に旧市街のレストランに行くことになった。そこはアルガルヴェ名物のマテ貝のリゾットが一人前から注文でき、値段もそれほど高くはない。リゾットはトマトで調味され、必須の生のコリアンダーがあしらわれている。貝はマテ貝かどうか判らない程に切ってあるが良しとしよう。見た目は美味しそうだ。ところが食べてみると何の味もしない。しょっぱくも酸っぱくもない。3月に風邪と花粉症で鼻の奥が思いっきり腫れて、一時味や臭いが分からなくなったが、徐々に回復しつつあった。まだ治っていなかったんだろうか?首をかしげながら食べた。米は茹ですぎて割れた状態だったので、炊いたご飯を使ったのだろう。コメ料理は注文してから作ったものは、汁気が多くてかさが増えるので普通2人前からだが、あらかじめ茹でたご飯を汁に入れる方法なら1人前を作るのは容易である。しかし米の香りや弾力が減少する。このマテ貝のリゾットはそれっぽい。お客さんを見ると、何と全員外国人、しかも世界で最も料理がまずいと言われるイギリスの人ばっかりだった。失敗…
a0103335_23223385.jpg
自分で作ったマテ貝のリゾットの方がうまかった

 翌日の昼は、今度こそ魚の炭火焼を食べようと、町はずれにある3本の椰子の木以外何の飾り気もない「トレス・パルメイラス」(三本椰子)に行った。この店はオフシーズンは昼しか営業しないので、夏以外に行く時は注意。実は昨日それを知らずに夜行ったら閉まっていたので、味のないマテ貝のリゾットを食べる羽目になったのだ。
a0103335_2326213.jpg

 隣を見るとカップルが何か大きめの魚を2人で分け、ぷっくり焼かれたモンゴウイカと太刀魚の切身の皿、山盛りのサラダと茹でじゃが芋でテーブルが一杯になっている。どの魚を焼いてもらおうか迷っていると店のお姉さんがサラダとじゃが芋を持って来て、大きい魚がいいか小さな魚がいいかという大雑把な注文だけ取って行った。私は小さい魚を色々食べたいと答えた。
 しばらくすると、もう少し年嵩のお姉さんが、大皿に焼きあがった魚を山盛り載せて各テーブルを周り、客の皿に次々と配って行った。この店のシステムは魚を種類ごとにまとめて焼いて、焼き上がったらテーブルに持って行き、客は好きな魚を好きなだけ取って食べる、という方式らしい。
a0103335_23251173.jpg
こういう組み合わせは普通ではない

 はじめにやって来たのは、鯛系のサルゴとファネッカという赤い魚で、どちらも淡白でとても美味しい。やっぱり鼻は麻痺していなかった。ピメントでアクセントをつけたニンニクトーストも来た。
a0103335_2327811.jpg
普通のパンもある。パンは美味しいけど食べるとメインが入らなくなるし

 リスボンでは高い、美味なヒメジが2匹。この時点で既に十分に満足していたが、やはり隣のモンゴウイカが気になる。しかしその前に立派なスズキがやって来た。普通はこれ1匹で十分な大きさだ。スズキはどこでも食べられるので、特に食指は動かないのだが、香ばしく焼けていて、半分だけ食べるつもりが全部平らげてしまった。さすがにモンゴウイカの入る余地は無くなった。デザートは果物が入ったカゴがどーんとテーブルに置かれて、好きなものを選ぶ。私はもうコーヒー以外は必要なかった。お勘定にはワインやサラダやコーヒーなどの品別の値段はなく、ただ13ユーロとしか書いていない。全部込みでセットの料金らしい。
a0103335_23283997.jpg
頭がどっちだろうがかまいません

 客は地元の家族連れが多く、次々運ばれてくる魚もすぐに骨だけになり、お代わりを頼む声が聞こえる。イギリス人の観光客に一生懸命英語で話しかける隣の夫婦。夕べの静かで上品な、しかし味のないレストランとは雰囲気が全然違う。道理でポルトガル人は一人もいなかった訳だ。しかしなぜフェリーのおじさんがあの店を推したのか謎である。昔は美味しかったのだろうか。
a0103335_23294642.jpg
皿からはみ出る鈴木君
[PR]
by caldoverde | 2013-04-17 00:02 | シーフード | Comments(7)

オリャオンの白い島

a0103335_23465355.jpg
クラトラ島からオリャオンの町を望む

 アルガルヴェのオリャオンという町は元は貧しい漁村で、貧乏で結婚できない男たちは娼婦を買っていた。また女性はおそらくそれでしか稼ぐ手段がなかった。「このドアはsim(yes)、このドアはnão(no)」という表現は、オリャオンの至る所で買春が行われていたことを意味するそうだ。
 漁師と娼婦の出会いの場として使われていたバールに、初めて「普通の主婦」が足を踏み入れたのが、この町に17年住む日本人の青目海さん。サッカーチームのマフラーやポスターでデコレーションされ、テレビは試合の中継を流し、カウンターの奥にワインの樽があってその蛇口からコップにワインを注ぐ、ポルトガルのごく普通の居酒屋だが、この店に出入りする女性は娼婦と決まっていた。そのせいで青目海さんに絶交を言い渡した友人もいたそうだ。
a0103335_23342223.jpg
 しかし往々にしてこのような店は安くてうまい。この日のメニューは小イカの煮物で、日本人にとっては正に居酒屋料理。生ハムとチーズの盛り合わせはとても2人では食べきれない量で、お持ち帰りとなった。ワインも飲んで2人で10ユーロというのはリスボンではけっして高くないが、ここでは青目さんのご主人が「とうとうあの店もぼるようになったか」と苦笑した値段である。
a0103335_23352521.jpg

 海沿いの通りにはシーフードレストランがずらりと並んでいるが、青目海さんは美味しい店は1軒もないと断言する。彼女の ご主人は漁船員で、お二人とも魚の鮮度には厳しいが、魚の見たての判らない私の目から見ても確かに生きのいいものはない。アルガルヴェはヨーロッパの移住者が多く、本当の魚の味を知らない外国人ばかりなのでこのような商売が成り立つ。またこれらの店はマフィアが取り仕切っており、一軒だけ新鮮な魚を出す店があったが、マフィアの配下でなかったので続けることができなかったそうだ。従ってオリャオンの町で旨いものを食べるなら件の酒場とか一般家庭となる。青目海さんの家でご馳走になったヒメジとラタトゥイユのオーブン焼きは、その辺のレストランよりもよっぽど洗練された手の込んだ料理であった。
a0103335_23371862.jpg

 オリャオンには砂が堆積した細長い島があり、淡いベージュの長大な砂浜に囲まれている。島には漁師たちが作業用の小屋を作りそこに定住してできたクラトラ島、もう一つは島の端の灯台の付近に別荘が集まったファロル(灯台)島という2つの集落がある。どちらの村も「島」と呼ばれているので、昔は2つの島に分かれていたのかもしれない。オリャオンと2つの村を結ぶフェリーで、まずファロル島に行ってみた。そこで唯一営業していたレストランでマテ貝のソテーと白ワインを注文した。ニンニクとコリアンダーで風味をつけたマテ貝は汁もパンにつけて食べるとこれまた美味しい。値段は小さな皿で10ユーロと、まあ観光地値段である。請求書には食べていないオリーブやバターの値段が入っていたので訂正してもらった。観光地ではありがちなことである。
a0103335_23403859.jpg


a0103335_2342686.jpg

 食後の運動がてら大西洋と地中海を結ぶ砂浜を30分程歩いて、漁師村のクラトラに向かった。さらさらの白い砂の海岸でたった一人働いていたのは赤いビニールの合羽をきた漁師で、様々な種類の貝からコンキーリャという白くて平べったい小さな貝を選別していた。この貝は味が良く値段も高いが、売れる程の量を集めるのはかなりの時間と忍耐が要りそうだ。
a0103335_23443664.jpg

a0103335_23584681.jpg

 小さな倹しい家の集まったクラトラには意外なことに小学校や公民館もあり、地域のルーツを誇り後世に伝えようとする気概が感じられる。独裁政権時代、女に教育は不要という当時の政策に反発し、あるお金持ちの女性が密かに村人に読み書きを教えていたので、この島の女性の識字率は群を抜いて高かったそうだ。
a0103335_235012100.jpg

a0103335_2351134.jpg

a0103335_025654.png

 ポルトガルの女流画家マルーダはオリャオンを白い矩形の家と青い空の対比の美しいエキゾチックな町として描いたが、実際のオリャオンは、売りに出されている朽ちかけた家が多い一方で、バブリーなマンションが建ち並び、漁港なのに海沿いのレストランは不味いというアンバランスな現況だ。物価の安さや気候の快適さ、自然公園にもなっている島のビーチの美しさに惹かれてやってくる移住者や観光客はお金を落とすかもしれないけど、町をより良く美しくするのに貢献しているとは思えない。残念ながら…
[PR]
by caldoverde | 2013-04-10 00:04 | ポルトガルの旅 | Comments(6)

ロバと歩くアルガルヴェ

 アルガルヴェ地方の絵葉書や民芸品にはしばしばロバが登場する。荷車をひいたり井戸水を汲み上げたりとロバは人々の生活に欠かせない動物だった。辛抱強いが強情なロバはポルトガル語では「馬鹿」という意味にも使われるが、全く失礼な話だ。実はロバは賢い動物であることを身を持って知る機会があった。
a0103335_781742.jpg

 サン・ブラス・デ・アルポルテルの復活祭の翌日、町の文化センターでたまたまドンキーライディングのチラシを見つけた。すでに夕方ではあったが、電話とメールで連絡して翌日の午前中の予約を取り付けた。場所は町の中心から少し離れた山の中で、1日(8時間)・半日(4時間)・1時間半の3つのコースがあり、私はお試しの1時間半30ユーロのコースを選んだ。スタッフはポルトガル人夫婦と雄のロバが2頭。夫のフラヴィオさんがジープでサン・ブラス・アルポルテルのバスターミナルまで迎えにきてくれた。

 茶色のロバはペペ、白っぽい方はアスーカル(砂糖)といい、25才と30才。以前のオーナーは英国人とフランス人で、散歩用に飼っていたそうだ。ロバはアルガルヴェ地方の伝統的な鞍や手織の敷物で盛装する。乗る時は鞍を付けるか鞍なしかを選ぶことができる。
a0103335_710426.jpg
鞍の上に大きなポケット状の手織りの敷物をかけドレスアップ

 初めは乗らずに手綱を引いてロバをコントロールする事を学ぶ。私が選んだペペというロバは、文字通りしょっ中道草をしては歩みを止めるので、その度に綱引きをして方向転換をしなくてはならない。ロバはどうも人を見るようだ。
a0103335_7161245.jpg
樹齢約500年の木

 フラヴィオさんと奥さんのソニアさんは、ロバの性質や、アルガルヴェ地方の自然や農業、植物の名前などを説明しながら、山路や畑の中をのんびりとしかし慎重にロバを牽く。花を摘んでロバに飾り、鳥の声や小川のせせらぎに耳をすませ、山火事の跡から新芽が萌えるのを確認し、泉で喉を潤し、おやつにアルガルヴェの名産品の干しイチジクをロバに与え、地面に落ちていた生のアーモンドの実を食べたりしながら、スタート地点の井戸に戻ってきた。

ロバの背に揺られて・・・


 1時間半のコースは終了したが、フラヴィオさんが、ついでに別の古い井戸で昔どんなふうに水を汲んでいたかをお見せしましょうかと言うので、せっかくの好意を受けることにした。ところがペペはいつもの終点場所から動こうとしない。古い井戸に連れて行かれると、今度は引き綱を大きな歯車を回す鉄棒の先に結ばれて井戸の周りを歩かされる。彼はそれを知っているので嫌がったのだ。ロバは働き者かと思ったら、人間と同じでサービス残業はしたくないのであった。

も~いいでしょ。これで。


 ロバツアーの後、少し多く払うのでサン・ブラス・アルポルテルでなくローマ遺跡のあるエストイまで車で送ってくれるようフラヴィオさんにお願いした。途中小さな村や鉄分の多い水の湧き出る泉、展望台なども見せてもらい、なかなか楽しいドライブとなった。
a0103335_80101.jpg

 この地方に生まれ育ち、アレンテージョ出身のソニアさんと大学で知り合い結婚したフラヴィオさんは、停滞した地域の再興を目指し、祖父母の住んでいた山に戻ってきた。かつてのアルガルヴェの産業や農業に重要な役割を担っていたロバに、自然と人間を結ぶ橋渡しという新しい任務を与えた。海岸ばかりが注目され乱開発気味のアルガルヴェだが、実は内陸の方が固有の伝統や自然が残されていることをロバは旅人に気付かせてくれる。またこのロバツアーは、ストレスや悩みを抱えた人には動物セラピーの効能も期待できる。都会の生活や仕事に疲れた方は、アルガルヴェの山をのんびりロバと歩いて癒されては。
[PR]
by caldoverde | 2013-04-08 08:15 | 動植物 | Comments(4)

花とおじさんの復活祭

 昨年の復活祭はアパートの騒音に耐えかねて、安眠の地を求めてアレンテージョ地方に小旅行に出かけた。今年も聖週間を迎えたがいまだにうるさい。しかし1年以上を経た「快楽」との戦いは大詰めを迎えている(と信じたい)。市はカフェに騒音を無くすための工事を行うよう行政指導した、その期限が4月5日。どうせカフェが何もしない事は確実だが、それまで少し静かなところで休みたい。ほとんどあり得ないが留守の間にカフェが閉店し、帰ったら再び平和が戻っているかもしれない。状況が同じならば一週間後の月曜日に更なる厳罰に処すことを役所に請願しに行くつもりだ。それまで数日間南部のアルガルヴェ地方で待避することにした。

a0103335_1164691.jpg


 サン・ブラス・デ・アルポルテルという町の復活祭はとても面白いらしい。男性が庭や野原で摘んだ花で作った花束を持って行進する、花とおじさん祭りである。正式には「花の松明の祭り」。毎年ブログでこのお祭りを紹介している青目海さんに会う目的もあって、冷たい雨の降る3月31日の早朝、アルガルヴェ行きのバスに乗り込んだ。

a0103335_0295044.jpg
やや若者組。

a0103335_034964.jpg
こちらはご隠居組。

 南部では雨は上がっているだろうかとのわずかな望みは叶わず、地元の人々にとっても近年で最も天気の悪い復活祭だったそうだ。それでもテレビの生中継があるせいか、いつもよりもお洒落をしたおじさんや田舎の若者が、思い思いのデザインの花束を持って続々と教会にやって来る。ごついおっさんが意外と趣向を凝らした美しい花束を持っていたり、適当に間にあわせたのがバレバレだったり、子供が一生懸命努力した跡が見られるものなど、作者と花束を見比べて観客も参加者も微笑まずにいられない。教会の鐘が鳴ると野太い声で「云われたごとく、主は復活せり! ハーレールヤ! ハーレールヤ‼ ハーレールヤ…」と叫びながら男たちは手にした松明=花束をエイエイオーとばかり揺り動かす。行進のルートには花や木の葉が敷き詰められ、沿道の家のベランダからはとっておきのベッドカバーが吊り下げられる。




おっ一人だけイケメンが。
こらこら十字架を担ぐときはケータイは自粛しなさい。


 19世紀から20世紀にかけコルクで財を成したブルジョアがサロンで夜な夜なパーティーを開いていたサン・ブラス・デ・アルポルテルも今はショボい田舎町。しかし復活祭の伝統行事「花の松明の祭り」で年に一度の晴れ姿を妻や娘や彼女に、あわよくばTVの生中継で全国に見せようと、一張羅のスーツを着込んで自作の花束を手にした男たちに、かつての町の栄光の片鱗と伝統を守る心意気が感じられた。
a0103335_0363218.jpg
アルガルヴェのお菓子の主原料は、アーモンド、イチジク、アルファローバ(黒いさやの豆)
a0103335_0393389.jpg
渾身の力を込めた作品のそばでわら細工を実演するおじさん。
[PR]
by caldoverde | 2013-04-07 01:13 | ポルトガルの旅 | Comments(6)