ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リスボンの春

a0103335_750382.jpg
エドワード7世公園の上の裁判所。お世話になる予定はないけどカッコイイ建物。

今年の冬は長かった。特に2月は雨が多く、出番が多かったゴム長に穴があき、傘は3本とも修理に出した。ウールのセーターをしまおうか未だに迷っている。唯一良かったことは、雨で植物の花粉の飛散が抑えられたのか、アレルギーが例年ほどひどくなかったことだ。ともあれ、4月に入り新芽や花が一気に噴き出したような野原を見ると、これからが要注意の時期のようだ。
a0103335_7503965.jpg
a0103335_7504096.jpg
a0103335_7504135.jpg
ケシしか名前がわかりません

古代の春祭りをキリストの復活に換骨奪胎したイースター(パスコア)は、今年は4月20日。ようやく暖かくなりかけたところで雨の少し肌寒い朝である。昔のユーミンの曲に「ベルベット・イースター」という歌があった。当時はイースターって何なのか全く知らずに聞いていたが、今日のような日を歌ったのだと気が付く。
a0103335_7504388.jpg
後ろに水道橋

a0103335_750448.jpg
後ろにロボットの頭みたいなアモレイラス・ショッピング

a0103335_7504685.jpg
鬼太郎の目玉親父みたいなグラフィティが描かれた民家

去年まで復活祭の時期は騒音から逃れてアレンテージョやアルガルヴェに行っていたが、今年はその必要もなくなった。田舎には住民が参加するお祭りがあって復活祭に遠出するのは楽しいが、リスボンでは特にこれといった大きな行事はなく、静かな休日だ。唯一賑やかなのは復活祭用のお菓子を並べたカフェ。休日と日曜の重なるこの日は早仕舞いする店も多い。
a0103335_7504761.jpg
復活祭のお約束、卵のパンとケーキ。元祖カステラのパン・デ・ローも

a0103335_7504842.jpg
キリストが磔になった金曜日は肉断ち、復活した日曜は肉入りパン

a0103335_7504930.jpg
無愛想な職人の店、サーブもこんなです

しかし夕方になると、まだ営業しているカフェがどこも赤いシャツやマフラーを着けた男女で満員になっている。店のTVでは人気サッカーチームのベンフィカの試合を中継している。キリストの復活よりベンフィカの方が大事なのかい⁈


優勝したらしいです
[PR]
by caldoverde | 2014-04-21 07:20 | 動植物 | Comments(4)

猫の舌

a0103335_8472424.jpg
僕は小鳥と虫がいいなあ(ガト氏談)

ポルトガルのお土産に何が良いですか、と聞かれると正直答えに詰まる。お菓子は生ものが多く、日本のようにしっかり包装されているものが少ない。ベレンのエッグタルトなどはその場で食べるべき名物の代表である。
しばしば金平糖はどこで売っているか聞かれるが、金平糖はコインブラやアソーレスでわずかに作られている程度で、日本人の想像する金平糖はリスボンには無い。金平糖は無いんです!もうガイドブックから抹消して欲しい。
また名物にうまいものなしと言われるように、シントラのケイジャーダは正直うまいとは思わない。京都の「八つ橋」が皆好きかと言うとそうじゃないように。

a0103335_8472552.jpg
手前のお菓子はガトーキャラメルというんでしょうか、中がとろけるキャラメル状です。
a0103335_3352674.jpg

キンディンという卵黄とココナッツの生菓子もある。味は6種類、これはパッションフルーツ。
a0103335_3352836.jpg


何が一番喜ばれたか、それはどこの空港にもある「ゴディバ」のチョコだ。外れがないし、私も貰ったら嬉しい。しかし、ポルトガルに行ったという証拠を、お餞別を頂いた人や年休を取った職場に持ち帰らなくてはならないという重責はよおく理解できる。

a0103335_8472796.jpg
「アルカディア」直営店で売っている

最近、その問題を解決してくれるお店がリスボンのあちこちにできた。ポルトに本社を置くチョコレートメーカー「アルカディア」の直営店が、エッグタルトの元祖パスティス・デ・ベレンの向かい側、カンポ・デ・オリークやローマ通り、シアードにある。上品なパッケージに様々な形のチョコレートを詰めたセットや、ご当地名物ポルトワイン入り、最高級のアグアルデンテと組み合わせたの贈答用など種類も様々。自分で好きなチョコを選んでオリジナルの詰め合わせを作ることも可能だ。もちろん1個から買える。

配り用、義理チョコ用なら「リングァス・デ・ガト」(猫の舌)という名の薄い一口サイズのチョコレートはいかが?ミルク、ブラック、シュガーレスなど甘さが選べる200gの箱入りが10€〜11€、箱やセロハン袋などに小分けにしてもらうことも。
a0103335_8472882.jpg
左はミルク、右はシュガーレス


ポルトガルにしてはしっかりした箱の中に並んだ薄手のチョコは、なかなか高級感があり、オーセンティックなポルトガルのメーカーものであるので、堂々と贈ることができる。しかもゴディバほど高くない。
しかしポルトガルらしいユルさもある。無理して模様など入れなければもっと高級そうに見えるのに…
a0103335_8472934.jpg
可愛くない。
[PR]
by caldoverde | 2014-04-08 08:30 | お菓子・カフェ | Comments(4)