ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0103335_3255913.jpg

皆様は2月14日の聖ヴァレンタイン・デーはいかがでしたか?
ポルトガルではこの日を「恋人の日」と呼んでいるので、プレゼントは男性から贈っても女性から贈ってもかまわないのだが、今年は生まれて初めて年下のイケメンからハート型のチョコレートを贈られた。亜麻色の髪、薔薇色の頬の美形の彼の愛に応えたいが、体力がついていかない。彼の若さが眩しい。何しろ8歳だから…
a0103335_3255435.jpg

近所にChocolate, Café & Cultura (チョコレート、カフェ&カルチャー)と称する茶店がオープンした。経営者は2人の男性。多分恋人どうしである。ホットチョコレートや、チョコレートを使ったスイーツを、落ち着いたインテリアと心地よい音楽の流れる環境で楽しんでもらおうという趣向で、地下のサロンでは展覧会や講演会も行われる。なかなかアンビシャスなプロジェクトなのだが、一般的には、個人の趣味や理想を追求したお店はあまり長続きしない。居心地が良いと私のように長っ尻の客が常連になり回転率が落ちる。このカンポ・デ・オリーク地区ではカフェは飽和状態だし、住民は大体行きつけの店を持っている。変わった趣向のお店ができると一度は覗いてみるものの、また元の古巣に戻るのである。
a0103335_326067.jpg
パッションフルーツのムース。お皿も美しい。

私の好きだった茶店はどれもセンスの良いインテリアで、新聞や雑誌が読め、スイーツもその辺のカフェとは違ったものがあったので、よく通っていたのだが、どこもさっぱり新しいお客さんは来なくて潰れてしまった。不思議である。ポルトガル人はダサくて、何十年も代わり映えしない菓子を並べ、知り合いがいそうなところにしかコーヒーを飲みに行かないのかもしれない。

a0103335_3255623.jpg
野菜とカマンベールチーズのキッシュ、フムスというひよこ豆のペースト。パリざます。

別の通りにはフランス人の旦那さんと旧ソ連何とかスタン(すみません、国名忘れました)人の奥さんのカップルによるフレンチ・ペストリー・ショップ La Patisserie Salambôが出来た。パリパリのパイ菓子や本格的なクロワッサンやバゲットのある小さな店だ。店内には馥郁としたバターの匂いが漂い、私の後に入ったマダムはフランス語で注文し、リスボンに小さなパリが出現したみたいだ。テーブルが4つ程しかないので、ゆっくりコーヒーを飲みながら読書を楽しむ余裕はなく、テイクアウトが主体となる。ここではフランス人が作る本格的なキッシュの他に、ロシア南部の何とかスタンの肉入りパイもスペシャリティだ。繁盛すればもっと客席のある物件に引っ越すべきだ。ヴァレンタイン・デーに恋人たちが仮想パリの小粋なビストロでおしゃれな食事をとりながら愛を語らえるように。
a0103335_326142.jpg
焼鳥もおしゃれです。

容赦ない甘さの本格的ポルトガル菓子の店 Doc&Mel は開店して2年目だが、斜め向かいに既に長年の顧客を獲得しているカフェがあるので、あまり忙しそうではない。ここには探すと以外と見つからない生クリーム(植物性に非ず)系のケーキがあるので、猛烈に生クリームが食べたくなると行くのだが、普段はあまりお客さんが入っていない。そこそこ人がいるときは、サッカーの試合のある日曜日などで、行きつけの店が閉まっているのでここに来たという雰囲気がありありである。そういうお客はこの店自慢のケーキなどは食べず、ビールばかり注文する。
a0103335_3255747.jpg
いい仕事をしているのだが…
a0103335_3255881.jpg


プリンシペ・レアル地区には本格的なフランス菓子店があったのだが、ポルトガル人には高すぎたのか、残念ながら潰れてしまった。どうもポルトガルで商売を始めようとする人々は、マーケティングが不十分だったり、開店資金だけで店を開いて運転資金は考えていないのではないかと思われる。人口60万の中都市リスボンで生き残るには、既にある繁盛店とそっくり同じものを隣に作って従業員もそっくりな人を雇い、客が間違って入るように誘導した方が良い、と私は思う。
[PR]
by caldoverde | 2015-02-18 02:45 | お菓子・カフェ | Comments(10)

パンそぼろ

a0103335_21364855.jpg
右の小さなタンクはオリーブオイル、他の2つはワインのタンク

近所にワインを計り売りする酒屋ができた。1L、2L、5Lの単位で、リスボン、パルメラ、アレンテージョ、トラス・オス・モンテス各地方のワインが買える。専用瓶は50セントで、何回かリサイクルできるので、家に空瓶がたまらずにすっきりするし、試飲して好みのワインを選ぶことができるので、何度か足を運んだ。
a0103335_21365034.jpg
牛ハム、チョリソー、サラミ、オリーブ、パンなどつまみもあり

この店では様々なイベントも催される。先日はミガスというアレンテージョ地方の郷土料理と肉加工品の試食が行われた。ミガスとは、硬くなったパンを再利用して生まれた料理で、アレンテージョ地方にはそれぞれの村ごとに違うミガスがあり、またそれぞれの家庭でもおふくろ味のミガスが作られる。
a0103335_2136531.jpg
ニンニクの香りが腹の虫を刺激

基本材料は3つ。パン、ニンニク、オリーブオイルである。オリーブオイルにニンニクを入れて香りをつけ、細かく千切ったパンを入れ、中華料理のようにコンロの上で揺すりながら炒める。これにアスパラガスを加えたのがこの日紹介されたミガスだった。皿に盛ったミガスに数枚のチョリソーを添えればローコストでお腹が膨らむ一品料理となる。
a0103335_21365223.jpg

アレンテージョレストランではミガスは肉料理の付け合わせとして出されることが多い。豚肉をラードで揚げ、その脂でパンを炒めたミガスを添える。オリーブオイルを使ったものより風味が豊かで、肉が黒豚ならなお美味しい。でもカロリーは知らない。これも材料を余すことなく活用した料理だ。
a0103335_21365350.jpg

ミガスは写真のようなそぼろ状のものもあれば、水を加えてねっとりとしたものもある。もっと水分を加えておかゆ状にしたものはアソルダとなる。そろそろ野生のキノコやアスパラガスの季節だ。春の香りを楽しみに、キノコやアスパラガスの入ったミガスやアソルダを食べにアレンテージョに行きたい!
[PR]
by caldoverde | 2015-02-05 21:14 | パン・ご飯 | Comments(4)