ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0103335_06011634.jpg
先日食べた「引き出し」のちらし寿司

寿司で満腹したいという欲求を、三度目の正直で叶えてくれた「引き出し」で、今度は料理上手で味に厳しいスーパーコメンテーターのMoreiaさんと一緒に夕食をとった。この店では、昼にシェフのおまかせコースが2種類あり、色んなものを楽しめるのだが、夜はアラカルトのみになる。しかし我々食いしん坊の女二人は、そこをなんとかと頼み込んで、ディナーで特別コースを作ってもらった。通された席(と言ってもカウンターしかないが)は魚の並ぶケースの前だった。ひょっとすると日本人にネタの新鮮さを自慢したかったのかもしれない。大トロやサーモンのサクを目の前に、ブラジル人の板さんが刺身や寿司を作るのを見ながら、インターナショナル和食を楽しむこととなった。
a0103335_06011791.jpg
セビッチェの器も凝ってます。

この日のコースは、ワカメとキュウリの酢の物(暑い日に…最高)、サーモンのセビッチェ(ライム果汁の酢の物)、餃子、寿司、刺身で、刺身は魚を選ぶことができる。マグロ、大トロ、サーモン、黒鯛、スズキ、ヒメジ、ヒラメ、そしてどうしても名前が頭に入ってこない白身の魚。種類は多くはないが、エッセンシャルなネタは揃っている。
a0103335_06011719.jpg
餃子と巻き寿司。シャリが光っている
a0103335_06011782.jpg
このマグロの握りは美味しかった!
a0103335_06011774.jpg
刺身はトロを除き好きな魚が選べる

ガラスケースに入っている赤いヒメジに食指がうごくので、1匹お造りにしてもらった。皮をつけたままの刺身は味も姿も上品だ。しかし頭や尻尾、骨の周りについた身が下げられてしまうのがどうにももったいなく、ダメ元で残りを煮るか揚げるかしてくれと板さんに頼んだところ、願いは聞き届けられ、身を食べられたヒメジは今度はあら汁となって骨までしゃぶられる羽目になった。
a0103335_06011752.jpg
ポルトガルで初めて食べたヒメジの刺身
a0103335_06011891.jpg
ホタテの刺身はピリ辛ソース

メニューに無いものをバンバン頼んで会計がどうなるのか不安を感じる頃、隣の客は美味しそうにゴマのアイスクリームを食べている。満腹でも甘いものは別腹、ましてやゴイアバソースのかかった抹茶のチーズケーキもあると聞いた時点で、ダイエットや節約は後日検討する事項に追いやられた。
a0103335_06011869.jpg
国際色豊かなチーズケーキ。意外に調和しています。

[PR]
by caldoverde | 2015-06-29 05:47 | インターナショナル料理 | Comments(4)

豚もん屋で一杯

a0103335_02405856.jpg


中央の今にも崩れ落ちそうな小さな建物が会員制クラブ

近所に謎の立ち飲み屋がある。店名を記す看板はなく、何時でも開いていて、所在無さげな親父たちが昼から一杯引っ掛けている。さえない店だが、安いに違いない。ある日そこでグラスのワインを飲もうとしたら、「ここは会員だけだ」と言われ、たまげた。
ボトルのワインを買うまでもなく、ちょっと飲みたいだけの時、家まで数mしか離れていないこの店は、極めて理想的な店なのだが、会員でないとダメなのか。こんなショボい店が一体何の会員専用なのか??

a0103335_02405866.jpg


ところがその変な立ち飲み屋の数10m先に、お洒落なタスカ(居酒屋)がオープンした。名前はPIGMEUという。ピグメウとはポルトガル語でピグミー族だが、分解すると「私の豚」という意味になる。この店名が政治的に正しいかどうか疑問であるが、メニューが豚肉料理だけというのが売りである。レストランを紹介するサイトによると、ポルトガル初の「豚もん屋」(porcaria)である。
ポルトガル語では、お菓子屋はpastelaria、魚屋はpeixaria、文具屋はpapelaria、という風に、名詞にariaをつけると、何々専門店という意味になる言葉が多い。ところが豚のporcoにariaをつけた単語 porcaria は、(豚のような)下らないもの、汚いものを意味する。しかしユーモアのあるオーナーは「豚の店」という解釈を与え、国内初の豚専門店 porcaria と称している。ポルカリア、と人々がいう時は必ず侮蔑や嫌悪の感情が含まれているが、カンポ・デ・オリーク地区に関しては、好意を持って受け止められる言葉になるかも。
a0103335_02515551.jpg

「豚もん屋」は、謎の立ち飲み屋よりも若々しくシンプルで清潔な印象だ。紙のテーブルクロスの模様は可愛いどんぐり模様。そう、イベリコ豚の餌となるどんぐりである。女性一人でも、非会員でもOK。グラスワインは2€から、前菜は3€から。夜小腹が空いた時、ちょっとだけ飲みたい時に丁度良い。
a0103335_02405918.jpg

生ハムとヤギのチーズのサラダ。

a0103335_02405936.jpg

可愛いサイズの豚の頬肉のコロッケ。

この店のメインディシュは、豚肉を挟んだサンドイッチ。数時間低温でじっくり調理したロース肉のスライスや、レイタン(子豚の丸焼き)肉、上等な生ハム等、中身は豚肉がメインだが、一つだけベジタリアン用のものもある。サラダやフライドポテトなどの付け合せと飲み物が付くので、軽い食事にぴったり。

a0103335_02473823.jpg


近所には、おじさん達に人気のニンニクのピリッと効いた美味しい豚サンド(ビファナ)の店があるが、この豚もん屋は、ポルトガルの伝統をしっかり受け継ぎながらも、スマートでヘルシーなメニューとリーズナブルな値段、親しみやすい店づくりで、若者や女性の共感を得られるだろう。



[PR]
by caldoverde | 2015-06-12 02:05 | 肉料理 | Comments(7)