ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イヴは食べるな

a0103335_02511065.jpg
タイルや絵皿が楽しいインテリア

今年の(も)クリスマスイヴは一人暮らしの女三人の女子会となった。このブログに時々コメントを寄せてくれるOvosMolesさんによると、リスボンから車や電車で1時間ほどのサンタレンに美味しい店があり、24日も昼は営業しているという。サンタレンの商店街にある「オ・バルカン」は伝統的な小さな建物の小さなタベルナ(大衆食堂)であるが、流行のレトロ感覚のお洒落な内装と、地元の食材を活かしたちょっと変わったメニューで、若い人にも年配の人にも人気のお店。
a0103335_02511117.jpg
ハウスワインはお店の名前入りで、4つのメダルのシールが貼られた立派なもの

ポルトガルにスペインのバルやタパスみたいなものはないのですかと訊かれることがある。バルに相当するのが「タベルナ」や「タスカ」と呼ばれる飲食店、メニューに「ペティスコス」と分類されているのが、酒のつまみになるような小皿料理(タパス)に近いと思う。それほどお腹が空いていない時や、色んなものを試したい時は「タベルナ」や「タスカ」で「ペティスコス」を何皿か頼むのも楽しい。
a0103335_02511115.jpg
おなじみのマッシュルームのソテー
a0103335_02511166.jpg
熱々のフライドポテトとピメントに卵を落として、その場でわしわしかき混ぜる

ペティスコスの種類はコロッケ、卵料理、サラダ、フライなど様々でどれを選ぼうか迷うほど。イブなので限定メニューしかないと思っていたら、ほとんど注文可能ということだった。3人で一つづつペティスコスを注文し、メインは肉と魚の料理を一品づつ頼むことにした。
a0103335_02511297.jpg
ピンぼけですみません。こんがり焼けた豚脚
a0103335_02511260.jpg
スプーンでバラバラになりました

肉料理は豚の骨付き脚肉のロースト(ペルニル)に、さっぱりしたレモン風味のクリーミィなリゾットを添えたもの。
a0103335_02511227.jpg


魚料理には聞いたことのない名前の魚のメニューがあった。すぐそばのテージョ河で採れる川魚だろうか、どんな味か興味があったが、その日は無かったのでお店の人お勧めのマテ貝のリゾットを選んだ。
a0103335_02511288.jpg
磯の香りたっぷり

デザートは、クッキーを砕いたものとクリームを交互に重ねた「ドース・デ・カーザ」(お店のデザート)と「マルメロのコンポートとイチジクのアイスを添えたカリカリしたメレンゲ状の菓子」
a0103335_02511252.jpg


料理も内装も、昔からあるものを大事にしながら若々しい感覚に溢れている。リスボンのタスカやタベルナよりもずっとセンスが良い。サンタレンという田舎にこんなお洒落な食堂があったんだと大いに感心した。

美味しい食事を更に盛り上げたのは、もう一人の参加者patoさんのこんにゃく作りの話題である。手造りこんにゃくの素を頂いて、説明書に沿って作ろうとしたがどうもうまくいかない、説明書によく解らない文章があり、どう解釈したらいいのだろうかと相談を受けた。私にも想像がつかない。こんにゃくがキョロキョロするなんて…心配する必要はないんだそうだが。
a0103335_02511360.jpg





[PR]
by caldoverde | 2015-12-28 02:22 | 話題の店 | Comments(4)
a0103335_22302549.jpg

堂々たる村の門。でもアーチをくぐると石の壁にぶちあたるので敵も味方も入れない変な門。

翌日はモンサントの宿の人に9時にタクシーを手配してもらい、イダーニャ・ア・ヴェーリャに行った。日本のガイドブックには載っていないが、ユネスコ世界遺産への登録を目指している古い村である。ローマ帝国時代に集落が造られ、西ゴート族、アラブ人、レコンキスタ、と古代から中世にかけてのイベリア半島の民族の衰亡史がこの小さな村でも綴られ、色んな時代の重層的な遺構と、農業を営む人々の日常が共存している。
a0103335_22302555.jpg

古い城や教会は民家の材料にされてしまったと思われる

古い桑の木のある広場には村に一つしかないカフェがあり、小学生の兄弟が村のじいさん達にコーヒーやワインを出すのを手伝っていた。広場には人間だけでなく犬や猫も集まってくる。リンゴや梨を積んだ果物の移動販売のトラックも来る。

a0103335_22302537.jpg


ぶらぶら歩いていると中年の男に店と呼ぶにはあまりにも普通の家に呼び込まれ、ヤギと羊のミックスのチーズとビスケットを買うことになった。特別価格にするからと必死に営業されるも、財布には50€札1枚しかなく、タクシーや路線バスのお金は確保しなくてはいけない。小さい方のチーズ10€とビスケット5€で計15€。残り35€からタクシー代やバス代を払うとギリギリ。リスボンではキャッシュレスでもOKだが、ATMのない田舎はやはり現金が必要だ。

a0103335_22302627.jpg

ジャガイモとベーコンと買ったチーズをオーブンで焼いてみたら…ほっぺた落ちた
a0103335_22302641.jpg

左はイダーニャで買ったオリーブオイルのビスケット、右はモンサントで買ったココナッツ入り甘食。田舎の駄菓子と侮っていたら、意外と美味い!

村を囲む城壁の上に鉄製の遊歩道が架けられ、ローマ時代の墓碑を展示するミュージアムが設けられ、昔のオリーブオイル製造所が再現され、廃墟となっている屋敷はホテルに改装されるプロジェクトが進行中で、世界遺産に向けた準備が着々と進んでいる様に見える。オフシーズンは空き家が目立ちゴーストタウン化しつつあるモンサントに比べると、イダーニャはまだ普通の人々の暮らしが残っているようだ。村の共同パン釜で焼かれるオリーブオイルのパンを買いたかったが、日曜日のためか焼く人はいなかった。村の周りは古いオリーブの木、牛の鳴き声の聞こえてくる牧場、ローマ時代の橋の掛かった小川など、のどかな田舎の風景が広がる。モンサントのような奇観はないが、絵になる村だ。
a0103335_22302618.jpg


2時間もあれば村は十分に見て回れるので、11時頃にまた村に迎えに来るようタクシーに頼んだ。モンサントの先にあるペーニャ・ガルシアの村にも行ってみたかったが、手持ちの現金が少なくなったので、モンサントで降りてカードの使えるレストランで昼食をとる。昨日観光案内所で紹介され、タクシーの運転手も勧める「オ・クルゼイロ」で今度こそキノコを食べるのだ!モダンな建物の窓からは素晴らしい眺望が楽しめ、値段も比較的手頃だ。日曜日は山は霧に包まれ、景色は幽玄な墨絵のようでこれはまた別の美しさである。
a0103335_22302751.jpg


店に入った時から、キノコのいい香りがしていたが、前菜の中にマッシュルームのソテーがあった。パンは地元の平べったく焼いたオリーブオイルパン。マヨネーズにツナやピクルスを混ぜたパテをつけて食べるととても美味しい。
a0103335_22302773.jpg


メインはポークのヒレ肉のソテー、キノコ添え。きれいな焼き目をつけたジューシーなヒレ肉の上にこんもりと盛られたキノコは、さっきのマッシュルームとはまた違った香りだ。山で採れたキノコだろうか?でも嗅いだことのある臭いだ。以前リスボンのイタリアンレストランで食べたポルチーニ茸に似ているなあ…。給仕のお兄さんに、これは何というキノコですかと聞いたら、袋に内容物の名前が書いてあるので調べればわかりますと。この辺の山で採れたものではなく冷凍ものだった。でも美味しいし、そんなに高くないので良しとしよう。
a0103335_22302708.jpg


デザートは蜂蜜とシナモンでアクセントをつけたトウモロコシのプリン。激ウマではないが素朴な地元のスイーツ。
a0103335_22302859.jpg


モンサントで一番美味しい飲み物は水道水だと思う。村のあちこちに泉が湧いており、宿の風呂場の蛇口からは勢いよく水が出る。飲んでみるとまろやかで甘い!市販のミネラルウォーターよりもはるかに美味。レストランでワインとともに水道水も持ってきてもらえないかと聞いたら、困った様子。要はミネラルウォーターを買って下さいということだ。だったらお金を払ってもいいから水道水が飲みたい。今度来る時は空のペットボトルを持参しお土産にしよう。

[PR]
by caldoverde | 2015-12-23 21:42 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
a0103335_21461984.jpg
城から見たモンサントの村

最近CP(ポルトガル鉄道)のサイトに、歴史村を訪ねるツアーなるものを見つけた。朝リスボンから中部の町のカステロ・ブランコ行きの列車に乗り、そこから車で3つの中世の村を巡るという内容だ。昼食、軽食、ガイド付き、51€でなかなかお得だ。年間毎週土曜日出発ということが書いてある。駅に行って切符を買おうとしたら、窓口の職員はそのツアーを初めて知った様子だった。あらかじめメールや電話で予約が必要らしく、問合せ先の電話番号のメモを渡された。その番号に電話すると、今の時期はやっていないと言う。人数が30人位集まらないと催行されず、冬は気候もイマイチで日没も早いため申し込むグループは殆ど無いので、行きたかった日のツアーはまず出ないということだった。ある程度まとまった数の申し込みがあれば、それに便乗する形でお一人様参加できるそうな。こんなだからCPはどんどん衰退していくんだと納得である。不便なダイヤ、汚い車両、やる気のないサービス。猫を社長にした方がよっぽど良い。だったら同じコースを自力で行こうと思い立った。
a0103335_21461922.jpg
モンサントの観光振興課課長と係長

行きは腹が立つけどやっぱり電車。車窓からテージョ河の中州にそびえるアルムーロル城が見えるのは大きな魅力である。8時15分にリスボンのサンタ・アポロニア駅を出発し11時ちょっと過ぎにカステロ・ブランコ駅に到着した。最近駅のそばにバスターミナルが移転したので、若干便利になった。CPのツアーでは、カステロ・ブランコ駅から貸切バスでイダーニャ・ア・ヴェーリャに行き、教会などを見た後、モンサントを散策し昼食、その後ペーニャ・ガルシアという村のお城を見学し、駅に戻って電車でリスボンという日帰りコースである。しかしお一人様自力コースとなると、イダーニャ行きの公共交通機関はないので、まず路線バスでモンサントに向かい、そこで一泊し、翌日タクシーでイダーニャやペーニャを訪れ、再びモンサントに戻ってカステロ・ブランコ行きのバスに乗り、電車か長距離バスでリスボンに帰るというルートになった。

a0103335_21462011.jpg


a0103335_21462007.jpg


a0103335_21462045.jpg

どのお家がお好みですか?

モンサントは独裁政権時代「最もポルトガルらしい村」に選ばれた。別の見方では「ポルトガルで最も不便な村」である。標高700mの巨岩のゴロゴロした山の急な斜面に作られた集落で、岩と岩の隙間に人が住んでいるような所だ。巨人が大きな石を屋根に投げ落としたかの様な家もあれば、大きな岩にじわじわと挟まれて縮まった様に見える家もある。内部が一体どんな風になっているのかぜひ見たいものだ。

泊まったホテルはそんな希望を少し叶えてくれた。カーザ・ダ・シャファリス(噴水の家)という名の、18世紀の白壁の建物だが、浴室がこんな事になっている。
a0103335_21462067.jpg


冬は雪が降るというモンサントの村も、今年は暖冬で厚いコートは要らないほど。12月19日は好天に恵まれ、山の頂上の城や村の展望台からは絶景が眺められた。
a0103335_21462198.jpg


観光案内所でこの村の名物料理を聞いた所、特にここでしか食べられないというものはないけれど、今の季節はキノコですねという回答。そこで、キノコが食べられそうなレストランを2軒紹介してもらった。その一軒「ペティスコス&グラニートス」で夕食をとった。キノコはなかったが、2人前から事前に予約すれば、ジビエ料理なども食べられる。田舎道を走るバスの窓からたくさん羊を見たので、骨つきラム肉のグリルを頼んだ。昼食を摂らなかったので、いつもは無視するパンや生ハム・鱈のコロッケなどの前菜セットも食べたら、5€もして、さすが観光地だなあと思った。
a0103335_21462129.jpg
これで5€…生ハムもっと欲しい

a0103335_21462189.jpg
羊は柔らかくて普通に美味しい
[PR]
by caldoverde | 2015-12-21 21:27 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

冬の模様替え

a0103335_08275874.jpg
モフモフです

引っ越して2度目の越冬に備え、ワンルームの我が家を模様替えした。まずドアから入る隙間風をシャットアウトするためにスポンジテープを貼った。強風でドアがガタガタ音を立てたり、スウスウ冷たい風が侵入するのは幾分解消された。しかし隙間風の侵入口はドアだけではなく、掃き出し窓もである。窓を覆っていたのは、前の持ち主が残していったペラペラの麻のカーテン1枚だけだったが、擦り切れて穴も開いているので、カーテンを新調した。目隠し用の薄い白いカーテンと、防寒用の厚めのもの2枚で断熱効果を計り、色柄にマッチするようなカーテン留めの飾り紐も見つけた。擦り切れ穴の開いていた前のカーテンに比べると、ちょっとゴージャスになった。
a0103335_17592769.jpg

猫のイラストカレンダーに猫の好きそうなボールの付いた飾り紐です

ソファは合成皮革でヒヤッとするので、去年IKEAで買ったアクリルの毛皮風の敷物を両面テープで春まで留めていた。暖かくなって剥がそうとしたら、合成皮革の表面がボロボロになってしまい、中古でも気に入っていたので泣きたくなった。今年はこのような失敗は繰り返すまいと、カーペット用の滑り止めシートを近所の中華ダイソーで購入した。
a0103335_17592763.jpg

夏はこうでした

食べた後ソファーでくつろいでいると、必然的に横になり、うたた寝して風邪をひくのは毎年恒例化しているので、肌寒く感じたらすぐに引っ掛けられる、しかも出しっぱなしにしても変じゃない毛布のようなものも欲しくなり、アクリルのヒョウ柄の起毛のブランケットと同素材のクッションを2個買った。クッションはそれぞれ違う店で買ったので、色が微妙に違うが、まあいいや。元からあった猫のクッションとともにソファに置くと、だいぶ暖かそうになった。

壁にはアソーレスの魚図鑑のポスターをかけていたが、なんか寒い感じがするので、別の絵を飾ることにした。ポスターや版画などを見て回ったが、どうもコレといったものがない。しょうがないので本物の絵を飾ることにした。ミロ・クレー・カンディンスキー風「皆で渡れば青信号」という題名で、2015年の作品。13€の中国製キャンバスに適当に塗った(描いたではない)私めの超駄作。欲しい方は1000€でお譲りします。
a0103335_18044680.jpg

部屋に合わせて緑色に塗ってもらったが、塗料臭くて参った

インターネットの不用品売買サイトでエクステンションテーブルを買い、ソファの高さに合わせて脚を切ってもらった。広げれば結構大きめの食卓テーブルや作業台になるし、上から毛布をかけたらコタツになるなと満足するのも束の間、脚切りと塗り直しを頼んだ向かいの家具屋のおじさんに、こんな安物は直して使う価値ないよ、とバッサリ言われガッカリ。建前上もらった事にしてるが、実は180€も払ったのだ。デザインは気に入っているが、確かに素材も造りも粗雑だ。売主はフランスから持ってきたと言っていたので、値段は輸送費と考えよう。

これで冬支度は準備万端。しかし、冬が来ない…12月15日のリスボンの気温は20度。半袖で歩いている人がいた。
[PR]
by caldoverde | 2015-12-16 08:18 | 生活 | Comments(7)