ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

傘とイワシと仔豚で乾杯

a0103335_08523745.jpg

最近アゲダという町が日本で有名になっているらしい。夏の間の商店街が傘のアーケードで彩られる「傘祭り」が行われ、TVや雑誌で紹介されて「地球の歩き方」にまで載るようになり、今年の夏はこの祭りとコインブラ、ナザレ、オビドスを1日で周る個人向けのツアーが登場し、ポルトガルに居ながらにして初めてアゲダという地名を知った次第である。

a0103335_08523809.jpg

「傘祭り」は現地ではAgitAgueda(アゲダ揚げた、のようなネーミング)と称し、特に7月は傘に加えて様々なストリートパフォーマンスが繰り広げられる。8月は動きのあるイベントは少ないものの、アンブレラに合わせてベンチや街灯も虹色にペイントされた歩行者天国に、若い日本人女性は大喜びである。昔若い女性だった私もストリートの可愛らしさに心躍るが、それよりも心惹かれたのは、通りの入り口にあるカフェの看板であった。傘やイワシや仔豚の形をしたお菓子の写真が店に張り出されている。

a0103335_08523895.jpg
こわもてのおじさんと可愛いお菓子

a0103335_08523953.jpg
傘のクッキー

a0103335_08524022.jpg
同じに見えますがアジとイワシ。中身がアーモンドクリームと糸かぼちゃジャムの違い。

a0103335_08524075.jpg
仔豚の形のレイタンパイ

コインブラからアゲダに向かう途中にメアリャーダという町がある。ここは仔豚の丸焼き「レイタン」で有名で、メインストリートは両側にずらりとレイタン専門店が並ぶ仔豚街道だ。町の入り口のロータリーには、仔豚の彫刻や串刺しにした仔豚を釜に入れて焼く職人を描いたアズレージョのパネルもある。またこの地域はバイラーダというワインの産地でもある。重厚な赤ワインやキレの良い白ワインもあるが、有名なのはスパークリングワイン(エスプマンテ)。辛口、甘口、中辛、白だけでなく赤やロゼもある。街道のキノコ型のコルク栓のオブジェはこの地方が誇る美酒エスプマンテをシンボルしている。

a0103335_08524121.jpg
どうだ‼︎

a0103335_08524293.jpg
付け合わせはポテチとサラダ。
残念ながらエスプマンテのグラスワインはないみたい。

パリッと香ばしく焼けた皮、甘みのあるとろけるような脂肪、柔らかくジューシーな肉、ピリッと胡椒のきいたソースに、爽やかに弾ける香り高い発泡ワインが絡み合い、至福のハーモニーを奏でる。コインブラ、ルーゾ、ブサコ、アゲダの辺りに行ったら、ちょっと足を伸ばしてメアリャーダの仔豚街道でレイタンとバイラーダのエスプマンテをぜひ。大きな専門店は(多分生きた)仔豚の加工から調理まで一貫して自社で行う。広い駐車場が一杯になっている店ならば、間違いないだろう。

[PR]
by caldoverde | 2016-09-02 08:36 | 肉料理 | Comments(2)