ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ペルニル

a0103335_21452484.jpg

家の前の坂道を降りて行くと、リスボンで最も番地の多い通りであるマリア・ピア通りに出る。19世紀にポルトガルにお嫁入りしたイタリア出身の王妃様は、有名なポルトの橋の名前にもなっているのだが、リスボンのこの王妃通りはあまり品が良くない。

昔は悪名高いバラック地区があり、今も昼間からカフェにたむろしている職業不詳の男性が多く、女性はもちろんその連れである。

そんな人たちが出入りするレストランはあまり入る勇気はないのだが、最近同じ通りにある「地震階段」の向かいをたまたま通りかかったら、ある食堂の中から顔見知りの内装屋さんが出てきて、ここは良いぞ、と薦めた。入ってみると客筋はマリア・ピア通りの住民とガテン系の男であるが、中は意外と明るく清潔な感じだ。


a0103335_21302719.jpg

紙のテーブルクロスに書かれた本日のメニュー


現在の国連事務総長である元ポルトガル首相のグテーレス氏にちょっと似た恰幅の良い兄さんとその多分ファミリーが切り盛りする「タスキーニャ(小さな居酒屋)」の本日のメニューは、豚の骨付腿肉のグリル(ペルニル)であった。こんがり良い色に焼けて、脂肪や軟骨の部分も柔らかくカロリーを忘れて食べた。付け合わせは菜の花の炒め物と皮付きのジャガイモで、どちらも美味い。夜までお腹いっぱいになった。


a0103335_20595737.jpg
豪快です

軽いものを食べたい時に選んだメニューはアンコウのリゾットで、普通に美味しい。スープは要るかと聞かれ、汁物が重なるので断ったが、リゾットを食べた後に野菜が欲しくなったので、サラダを注文した。


a0103335_21313267.jpg

サカナ(変態)という名のピリピリソースを数滴入れると更に美味しく



牛・豚・鶏・ソーセージのグリル

3回目に行った時は、ペルニルを食べるつもりだったが既に売り切れだったので、現場のおじさんたちが食べていた焼肉盛り合わせを頼んだ。私も現場で働けるのではないかと力がみなぎってきたが、500mlの赤ワインの酔いの方が力よりも早く体に回った。

a0103335_21270423.jpg
ラクダのよだれ(ババ・デ・カメーロ)というどろどろのデザート

メインの料理の他に、ワインやビールなどの飲物、追加のサラダやデザートやコーヒーも頼み、10ユーロで間に合うかなと思いながら勘定を頼むと、いつも7ユーロ幾らしかかからない。セットメニューのようだ。だったら安い。でも毎日この店に通っていたら国連事務総長のようになってしまう可能性があるので、気を付けないと。


a0103335_21324155.jpg
世界の平和のために働くタスキーニャの主人

a0103335_18454206.jpg

ペルニルを食べたくて行ったらこの日も空振り。でも本日のメニューのドブラーダ(白豆とモツの煮込み、ポルトのトリパスとほぼ同じ)も美味かった!看板に「ポルトガル伝統料理」と銘打っているだけある。最近流行りのオシャレ系よりやっぱりこっちだね。

[PR]
by caldoverde | 2017-11-26 20:58 | 肉料理 | Comments(7)


a0103335_03443398.png
コルクでできたお勘定入れとロゴが洒落ている

以前住んでいた下宿の近くに「ストップ・ド・バイロ」という食堂があった。店内にはサッカーチームのマフラーが壁ぎっしり飾り付けられ、試合があればもちろん盛況で、普段もそこそこ客が入っていたが、久しぶりに通りかかったら看板が外されていた。最近ようやく景気回復の兆しが見えてきたとはいえ、次々と新しいレストランが開店するこのカンポ・デ・オリーク地区で生き延びるのはなかなか容易では無いんだなあと少し寂しく思っていたら、実は家賃が高いのでもっと安くて広いカンポリーデ地区の物件に移転したそうだ。移転先は以前「カババヤン」というフィリピン料理屋があった場所で、ビュッフェが安かったので何度か行ったことがあったが、高齢地元民がかなりの割合を占めるカンポリーデ地区では、毛色の変わったアジアンレストランは根付かなかったようだ。

新装開店となった「ストップ・ド・バイロ」は小綺麗になり、この道何十年のおじさん達が若者向けの服をきたようなぎこちなさが感じられたが、開店時は私一人しかいなかった店内も食べ終わる頃には昔からの馴染みの客で一杯になっていた。

a0103335_03451788.png
イカ釣り船をイメージした?店内

一方「ストップ」が移転した後の店舗は、最近モンゴウイカフライ専門店になった。店名は地元の人に慣れ親しまれた前の店の名前の一部を取って、「ショコス・ド・バイロ」(地区のモンゴウイカ)となった。店主が「ストップ」と関係あるのかどうかは知らないが、良い選択だと思う。モンゴウイカフライはリスボンの南にあるセトゥーバルの名物だが、カンポ・デ・オリーク地区のレストランでもメニューに入れているところがある。しかし本場に比べると数や厚さでやや劣るのは否めない。しかし店の名にショコス(モンゴウイカ)と入れている以上は、客はセトゥーバル並みの味を期待して来るはずであり、店もそれに答える義務がある。

a0103335_03453767.png
プリプリシコシコのショコス・フリットス

揚げたてのモンゴウイカフライと山と盛ったフライドポテトにサラダが添えられて9ユーロ。モンゴウイカは期待通りの肉厚で、衣には軽く味がついてそのままでもいけるが、レモンを絞ったりマヨネーズをつけるのも良い。カリッとした薄い衣の下の真っ白なモンゴウイカの肉は硬すぎずプリッと弾力があり、熱々でジューシーで美味しい。できればポテトを減らしてモンゴウイカを増やして欲しい。ポテトは塩気がなく、マヨネーズをつけるとかなりの高カロリーになるので自粛し、3分の1位残した。もしこれに天然の塩やハーブ・スパイスなどがまぶされていたら全部平らげていた危険性がある。飲み物はセトゥーバル地方のフルーティでキリッとした白ワインを頼んだ。


「ショコス・ド・バイロ」にはモンゴウイカのフライの他に、モンゴウイカと白豆の煮込み、モンゴウイカの卵のフライなどがある。モンゴウイカの卵のフライはどんなものか興味はあるが、イカはただでさえコレステロールが高いのに更に卵となるともっと凄いに違いない。モンゴウイカのは善玉か悪玉か知らないが、何れにせよフライ系はたまの楽しみにした方が健康にはよさそうだ。



[PR]
by caldoverde | 2017-11-17 03:43 | シーフード | Comments(6)