ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

年末年始の仕事がキャンセルになり、たまたま安い切符が売られていたので、今年の最後もアソーレスで過ごす事になった。フローレス島(花島)とコルヴォ島(烏島)は2010年の夏にパッケージツアーで訪れた時は非常に楽しめたが、コルヴォ島はフローレス島からボートでの日帰りだったので、ぜひ宿泊してみたいと常々思っていた。最近はポルトガルは異常なほどの観光ブームで、ユネスコの自然遺産に指定されたコルヴォ島のカルデイラン(火山噴火口)も、このまま観光客が増え続ければ入山が制限されるかもしれない、その前に、という危惧も大きな理由だ。

a0103335_04220726.jpg
烏島ことコルヴォ島

リスボンとフローレス島、コルヴォ島を結ぶ直行便はない。サンミゲル島あるいはテルセイラ島での乗り換えとなる、今回はテルセイラ島で約6時間のトランジットがあるので、ユネスコ世界遺産にも指定されているアングラ・ド・エロイズモの町を散策する事にした。

以前訪れた時は、世界遺産にしては、派手な描き割のような街だなあという印象だったが、現在は更にポップ感が増している。

a0103335_04291067.jpg
窓から大きな瞳で見つめられる
a0103335_04291915.jpg
壁だけ残った建物はカラフルにペイントされ、内側が駐車場になっている
a0103335_04295837.jpg
コマドリが至近距離までやってきた

公園で小鳥と仲良くなり、猿の腰掛けやら苔などリスボンでは滅多に見ない植物を観察した後、隣接の博物館を見学した。建物は18世紀のフランシスコ会の教会で、白壁に濃いピンクの縁取りというテルセイラ島ならではのデザインだ。他の島の建物は白壁に黒い溶岩の縁取りというモノトーンがほとんどである。色彩の派手さはかつての島の繁栄を表しているのだろう。オレンジや小麦の輸出、それに付随する運送業などで財を成したヴァスコンセーロス家という島の有力者についての展示コーナーもあった。


a0103335_04252667.jpg

空港からアングラまで運んでくれたタクシーの運転手は、2軒のお勧めレストランを紹介してくれたが、クリスマス時期なのでどちらも閉まっていた。仕方がないのでその辺の開いている喫茶店兼食堂で、ビュッフェの昼食を食べた。好きなものを好きなだけ取って量りで料金を取るシステムで、豚肉の薄切り(ビファナ)にご飯と野菜、グラスワインで5.55€だった。味は悪くなかった。

a0103335_04260799.jpg


アソーレスの島々を結ぶコミューターは、ボンバルディア社のプロペラ機で、フローレス島までの飛行時間は約1時間。座席は自由席である。窓から見るテルセイラ島は緑の格子模様の敷物をふんわり広げたような、なだらかで穏やかな地形なのに、フローレス島は周りが黒い溶岩の切り立った崖で、海岸線からさほど離れずに急に起き上がったような山が迫る。


今回はまずフローレス島で一泊し、翌日コルヴォ島に飛び2泊し、再びフローレス島に戻り2泊というスケジュール。冬は気候が不安定なので、欠便になった場合も考えて、1月の初めの週は仕事を入れていない。最初の宿泊は、空港から徒歩5分、海が目の前というロケーションは最高であるが、設備はイマイチの3つ星ホテルである。一泊だけなら、以前泊まった4つ星のオーシャンビューの部屋をとりたかったのだが、年末年始は休業ということで、必然的にイケテない方を選んだ。現在は民泊も増えたようだが、やはりクリスマス時期は選択肢がせばまる。

a0103335_04361197.jpg
カリッと熱々のアソーレスの白身魚のフライ

フローレス島に着いたのは午後4時過ぎだったので、ミュージアム関係は翌日以後に回し、周辺を散歩しながら夕食をとるレストランを探したが、閉まっている店が多く、結局ホテルで食事する事にした。何の期待もせずアブロテイアという魚のフライを頼んだ。冷凍と思われるが調理や盛り付けがホテルのレストランらしく上品かつ美味しく仕上がっていて、付け合わせがさつまいもという地方色もプラスされ、大いに満足した。



[PR]
by caldoverde | 2017-12-29 04:20 | ポルトガルの旅 | Comments(0)

a0103335_23510864.jpg

装飾品、什器、商品は皆イタリアもん

最近リスボンは景気が良いらしく、あちこちで新装開店ラッシュの様相を呈している。私の住むカンポ・デ・オリーク地区も例外ではない。特に最近はポルトガル以外の国のものを扱う店が目立つ。


メインストリートのフェレイラ・ボルジェス通りに最近開店した「ガリバルディ」は間口3mもないような小さなカフェだが、足を踏み入れると(行ったことはないけど)ナポリの下町にワープする。壁にはマルチェロ・マストロヤンニやロベルト・ベニーニのポスター、イタリア語で書かれたメニュー、イタリアのお菓子の缶やリキュールなどがぎっしり並び、アズレージョを除けば徹底的にイタリアンな内装だ。

a0103335_23521309.jpg
もっと種類があるそうです

プチフールの並ぶウィンドウ越しに通りを眺めると、なんだか本当にイタリアにいるような気分になる。BGMはクラシックで、これも環境音楽は基本なしかTVであるポルトガルのカフェと一線を画している。現在は狭いカウンターと道路に置かれたテーブル席のみの営業だが、近日中に地階にも部屋を設けるそうだ。そうなると軽い食事もできるようになるだろう。

a0103335_23525657.jpg
オレンジ味のカスタード入りのバリバリのナポリのパイ

しかし今まで見聞したところでは、このような特殊な飲食店だと、初めは物珍しさからやって来るお客さんが固定客に変わるまで持ちこたえる店は少ない。特に初めのうちの好調に気を良くして拡張したら初めのスタッフだけでは間に合わなくなり経費がかさんだり、お客さんが珍しいものに飽きてしまったり(ポルトガル人は保守的だ)することもままある。


幸い、人通りの多い場所で、右隣には成功した八百屋があり、左隣には同じ時期に開店したばかりのフランスチーズ専門店があるので、懐に余裕のある住民が、ちょっと変わったものを食べたいと思った時には格好のロケーションだ。いつかイタリアに行ってみたいと思いながらもなかなか実現しないが、旅人気分を味わいたい時に「ガリバルディ」に立ち寄ろうと思う。


a0103335_23534398.jpg
パンに挟まれたハムも美味そう…

[PR]
by caldoverde | 2017-12-23 23:49 | お菓子・カフェ | Comments(0)