ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
a0103335_05280011.jpg

フルナスの朝は、村を環状に囲む山や森に霞がたなびき、まるで日本の山村のようだ。通りに出ると道の奥は特に霧が深く立ち込めている。歩いていくうちにそれは霧ではなく湯気であることに気が付いた。道路のマンホールや排水溝の隙間から白い蒸気が立ち上り、硫黄の臭いが漂う。ついに湯気の大元に行き着いた。そこには黄色がかった白い地面にいくつかの石の輪があって、輪の中からほんわか湯気が立ち上り、あるいは煮えたぎった湯が恐ろしい音と共に噴出する。そばには川が流れ、河原の至る所でもうもう湯気が吹き出している。現地ではカルデイラス(ボイラー)と呼ばれているが、日本なら地獄釜とか地獄谷と名付けられそうな場所だ。怒り狂ったように吹き上げる熱湯の泉の合間に置かれた、中世の城や聖家族やラクダに乗った東方の三博士の書き割りがなんともミスマッチだ。閻魔様や鬼の方が断然似合う。

a0103335_05280115.jpg

昔の湯治場だった小さな建物は、今は温泉に棲息する微生物を紹介する科学館となっている。髪の毛の30分の1の細さの藻のような生物や、100度を超える温泉に存在するバクテリアなどが展示されている。中には地中の350度の高温を生き延びることのできる種もあるそうで、そんなのが人類を襲ったら大変なことになる。微生物センターでは温泉の水を使ったお茶やコーヒーも飲むことができる。

a0103335_05280124.jpg

そのあと、愛車のブロンプトンでフルナス湖畔のサイクリングに出かけた。初めてフルナスにきた時は、紫陽花の綺麗な、しかし車がビュンビュンとばす国道から外れて牧場に入り、そこからぬかるんだ細い登山道を歩いて湖に出たと記憶している。あれから9年、ひょっとして起伏の少ない舗装された遊歩道やサイクリングコースができていないかと期待したが、結局同じ山道を自転車を引いて歩くことになった。峠を越えるとき、別の道から来たイギリス人らしき女性に「ユーアークレイジー」と笑われた。

a0103335_05280216.jpg

a0103335_05280368.jpg

しかしその苦労は、フルナス湖畔を自転車で半周し美しい景色を大いに楽しんだことで報われた。以前来た時に温泉の地熱でコジードを作っているのを見たのはここだった。レストランの立て札がつけられた砂山の下で、肉や野菜たちはじんわりと茹でられ互いの味がしみていく。水辺では鴨やガチョウのような鳥が、観光客から売店で販売している餌を貰っている。もう家禽化しているので、こいつらも温泉で茹でたら美味いのでは…と不謹慎ながら思った。

a0103335_05280372.jpg

コジードを作る温泉から湖沿いに5km位先にある、フルナス湖自然保護観察センターを訪れた。近年は牧場が原因の水質の富栄養化や、外来植物の繁殖が問題になっているので、フルナス湖を本来の姿に戻すのがセンターの目標である。観光や農業の振興と自然保護をいかに調和させるかが、アソーレスの大きな課題である。格安航空会社の就航に伴い大幅に観光客が増えたのは良いが、観光開発が自然を破壊しては本末転倒だ。今のうちにアソーレスに行けと警告する旅行サイトもある。ブームになる前に(もうなっているかもしれないが)是非とも訪れるべき場所だ。

a0103335_05280460.jpg

ようやく前日食べたコジードが1日半かかって消化された。夕食は同じ店「Tony's」でカサガイのグリルとアブロテイアという白身の魚のフライを食べた。アブロテイアはサン・ミゲル島ではよく食べられる魚で、鱈系の癖のないあっさりした味だ。飲み物はモランゲイロ(イチゴワイン)。酸味が強く、やや濁った、イチゴの香りのするワインははっきり言ってそんなに美味しいものではないが、地酒ということでアソーレスに来たら一度は飲んでみるのも良いだろう。

a0103335_05280559.jpg

a0103335_05280558.jpg


[PR]
# by caldoverde | 2016-12-27 03:40 | ポルトガルの旅 | Comments(0)
a0103335_00072686.jpg

飛行機から見たロカ岬

かねがね春に骨折した足首の養生を兼ねて、12月は温泉に行こうと漠然と考えていたが、ネットでたまたま格安航空会社イージージェットのリスボンーポンタ・デルガーダ往復56€の航空券を見つけたので、冬のアソーレスも体験してみようと切符を押さえた。ローコストキャリアはちょっと考えていると値段がすぐに変わる。

a0103335_00072702.jpg

テーラ・ノストラ・ガーデンホテルの温泉プール。赤い水は水着を一つダメにした。

それからサン・ミゲル島の温泉を探したら、以前訪れたフルナスに天然温泉の公衆浴場があるではないか。昔行った時は気付かなかったが、地元ではよく知られた温泉で、数年前に新装開店し、なんと朝は7時から夜は23時まで一年中営業しているという。また最近フルナスのテーラ・ノストラ・ガーデンが、世界の名庭ベスト100の内ポルトガルから選ばれた5つの庭園のひとつとなったので、再訪したいと思っていたのと、地熱で作るフルナス名物のコジードももう一度食べたかったのもあり、今回のアソーレスの旅はあちこち移動せずにフルナスに連泊することにした。

a0103335_00072858.jpg

中央の白い家がポエムの家 (Casa do Poema)

フルナスの代表的な宿泊施設は何と言っても大きな温泉プールと素晴らしい庭園のあるテーラ・ノストラ・ガーデンホテルなのだが、シングルの部屋は狭いし冬でも結構高い。オフシーズンにもかかわらず温泉に近いホテルやペンションはほとんど満室で、唯一残っていたのが「ポエムの家」というポエマーな名前の築4年の小さな一軒家で、料金は4泊200€に清掃代35€。台所や洗濯機など長期滞在も可能な設備が全て揃い、リスボンのおしゃれなアパートのような内装だ。
a0103335_00072832.jpg

小さな家だが吹き抜けがあり、広々とした印象

自転車でフルナス湖の周辺を散歩したいと思い、後から自転車の積載を追加したら、料金が驚きの98€で、人間様より高い。格安航空会社の最安チケットで持ち込める荷物はキャビンに積める手荷物一つのみで、女性のハンドバッグや土産物の紙袋まで追加料金の対象になる。ケチ!
朝7時出発の便が10時半に遅れるとアナウンスがあり、結局9時半ごろリスボンを離陸した。一応お詫びの4.50€のミール券を貰った。この会社の機内食は有料なので、少しばかり得をしたような?
昼頃にポンタ・デルガーダの空港に着くと「ポエムの家」のオーナー、ルイスさんが迎えに来た。時間の都合がつけば、送迎や観光案内もしてくれるので、帰りも空港までのトランスファーを頼んだ。北回りの幹線道路をドライブしながらフルナスに到着し、早速宿の近くのレストラン「トニーズ」でフルナス名物温泉コジードを久々に食べることができた。
a0103335_00072902.jpg

3種の肉と芋+2種類の腸詰とキャベツ+人参+ご飯で限界の満腹度

昼食の後は、テーラ・ノストラ・ガーデンを散歩した。広大な庭には湯気の立つ小川が流れ、水辺には里芋が群生し、地面は苔で覆われ、赤や白の椿が咲き、銀杏が黄金色の落葉を歩道に敷き詰め、杉の巨木の下には季節外れのツツジもぽちぽち咲くかたわら、ジュラシックパークに出てきそうな巨大なシダが大きく葉っぱを広げ、見慣れないトロピカルな植物もありといった具合の、日本とヨーロッパと古生代の混じったなんとも不思議な庭園である。
a0103335_00073047.jpg

a0103335_00073197.jpg

a0103335_00073260.jpg

a0103335_00073246.jpg

a0103335_00073368.jpg

庭園の里芋の収穫。煮物が食べたい!

庭園の後は、天然温泉の「ポッサ・ダ・ドナ・ベイジャ」に出かけた。勢いよく流れる赤茶色の小川を挟んで、5つの異なった深さと温度の露天風呂があり、地元民や外国人のカップルや家族連れがまったりと湯に浸っている。水温は28度の一つを除き、他は39度の熱くもぬるくもなく、長時間浸れる湯加減である。お湯から出る度に冷たい空気に当たっては体を縮めたが、5つの浴槽を一巡りした頃には、身体がぽかぽか温まっていた。


[PR]
# by caldoverde | 2016-12-25 20:56 | ポルトガルの旅 | Comments(2)

祝バロンドール賞!CR7

a0103335_10000431.jpg

ママは永遠の恋人

12月11日は今年最も活躍したサッカー選手に贈られるバロンドール賞の発表が行われた。当然のようにクリスチアーノ・ロナウドが受賞した。四度目である。今年はポルトガル代表の主将としてユーロ杯で開催国フランスを下し優勝、スペインではリアルマドリードで最多得点を記録し、その活躍は止まることを知らない。もう31歳、体力的に陰りが見えてもおかしくはないのだが、選手としてのピークから下降どころか、円熟の域に入っている。

授賞式にはお母さんのドローレスと息子のクリスチアーノ・ロナウド・ジュニアが列席した。前のバロンドール授賞式に一緒にいた恋人のイリーナとは別れて、今は別の彼女がいるらしい。育児はおばあちゃんと叔母さんたちに任せ、次々と美女と浮名を流す彼が、やっかみの対象にならぬわけがない。スペインではクリロナの脱税疑惑が浮上したが、自分は潔白であると言い切った。イケメンの彼は色んな企業のイメージキャラクターに引っ張りだこで、2015年に申告した収入は270億円だということだ。90%を税金にとられたとしても、27億円もある。最近はリスボンのホテルのオーナーにもなった。引退後は実業家の道も視野に入っているのであろう。彼が大統領選挙に出馬したら当選するんじゃないだろうか。トランプさんも当選したことだし。ロナウドという名前は元俳優のアメリカ大統領のロナルド・レーガンに由来するそうだ。

出身地のマデイラ島のフンシャル空港は、今年からクリスチアーノ・ロナウド空港に名前を変えた。この空港は昔から着陸の難しい空港で有名だったが、今後はその名前で有名になるだろう。今年の春にマデイラ島に遊びに行く予定だったが、足首骨折のため断念した。今度行くときは、クリロナ博物館にまたトロフィーが増えているはずだ。

ポルトガルのお土産にクリスチアーノ・ロナウドのユニフォームを求める人も少なくない。正規のユニフォームはスポーツ用品専門店か、デパート、空港の免税店で売っている。シャツが大人用で80€くらい、ナンバーや名前はまた別料金で貼り付けるので、30分ほど時間が必要になる場合もある。購入する場合は予算と時間に余裕を持って。観光地にたくさんある吊るしのユニフォームは、微妙にデザインが違ったり、クリロナ本人の写真入りだったりと、ニセモノであるが値段はだいぶ安くなる。今の所、ポルトガルサッカー連盟や警察が偽ユニフォームに対する摘発を行なったとは聞かないので、ジョークでお土産に買って、クリロナの腹筋目指して頑張ってもらうのも良いのではないだろうか。
a0103335_10000459.jpg

1日300回腹筋運動するとこうなる。
ただし億万長者にはなれない。

[PR]
# by caldoverde | 2016-12-14 09:53 | スポーツ | Comments(2)

プレーゴ三昧

豚肉をパンに挟んだサンドイッチはビファナ、牛肉を挟んだものはプレーゴと言うが、どうも混同しやすい。ビファナはビーフに似ているし、プレーゴはポルコ(豚)に似ている。でもビファナは豚、プレーゴは牛である。

a0103335_17543602.jpg
こちらシンプル

ポルトのフェレイラ・ボルジェス市場のグリルレストランのプレーゴは、実に食べ応えがある。肉の大きさ、厚みは、単品のステーキとしても通用するほどの満足感がある。シンプルなのと、トリュフソースを使ったデラックスがある。デラックスはルッコラを添えて彩も良い。どちらも肉に加えてハムとチーズも挟んであり、微妙な味の陰影を与えている。

a0103335_17543754.jpg
こちらはデラックス

リスボンのリベイラ市場は、有名レストランや有名シェフの名を冠した出店の並ぶフードコートが大人気で、観光シーズンはすごい賑わいだった。国会議事堂近くにある「カフェ・サン・ベント」はステーキで有名であるが、政治家の接待用と思われる値段なので入ったことはない。しかしリベイラ市場の支店なら、カジュアルな雰囲気とリーズナブルな値段で、本店の味を体験できそうだ。こういう所で食べているセンセイなら、一票を入れても良いかな。選挙権ないけど。

a0103335_17543832.jpg
ピクルスを添えてハート型に切ったオシャレなプレーゴ

しかし、もっと安くて美味いプレーゴは、うちの近所にある。以前「トンバーガー」として紹介した、カンポ・デ・オリーク地区一美味いビファナを出す「レイタリア・コンデスターヴェル」では、ビファナのいとこのプレーゴもあり、これがまた良い味出している。ここしばらくシェフのローザさんが病気のため休業していたが、最近再開した。店に来る客が異口同音にローザさんの体調を気遣っていて、みんなこの店のビファナやプレーゴを心待ちにしていた様子。私もその一人だった。初めはプレーゴとグラスワイン一杯だけで済ませるつもりだったが、焦げ目のついた香ばしいカスカスのパンに、薄く切ったニンニクの効いた牛肉が美味しくて、もう一個いけるかな…と思ったのを察してか、ローザさんが「マイズ・ウン?(もう一つ?)」と微笑んだ。自営業者が病気や怪我で仕事のできない辛さは経験済みなので、ローザさんの今後の健康と損失の早期回収を祈りつつ、今度はビファナを注文した。入院前と変わらぬ美味しさに安堵した。

a0103335_17543930.jpg
牛肉は薄くパンも軽いけれどウマイ

a0103335_17544016.jpg
ビファナの豚肉はパプリカで味付けしてあるのとニンニクだけのとあるようですが、どっちもイケル。

[PR]
# by caldoverde | 2016-11-27 17:38 | ファストフード | Comments(2)
a0103335_16332869.jpg

シントラの「ピリキータ」のハロウィン版エッグタルト

カトリックの国ポルトガルでも、最近は11月1日の諸聖人の日を押しのけて、異教の祭りのハロウィンの人気が高まり、昔はカーニバルの時期にしかなかった仮装行列やパーティが行われ、仮装用の衣装やハロウィンをイメージしたお菓子なども登場するようになった。ようやく何が商機になるのかポルトガル人も気が付きつつある。

a0103335_16332968.jpg

アメリカンなベーグル屋ではちゃんとパンプキンパイがあった

秋らしからぬうららかな陽気のハロウィンの日の仕事が終わったのは、昼時のアルファマ地区だったので、テージョ河を見ながら昼ご飯を食べたくなった。サンタ・アポロニア駅の向かいの河岸の倉庫街に、美味いピザ屋があるので、久々にピザを食べることにした。

a0103335_16332995.jpg

この倉庫の並びにある。クルーズ船もよく来る。

「カザノヴァ」はワインや高級食材を扱うグルメショップの「デリデラックス」の隣に、こそっと目立たないように入り口がある。入るとすぐにピザの生地を伸ばす職人が作業しているのが見える。川に面したテラス席は、晴れた日はとても気持ちが良い。しかし希望の席を確保するには、早い時間にお店に着く必要がある。カザノヴァでは予約は受け付けないそうで、着いた順に空いている席に案内される。この日は12時40分頃に入ったらすでに満席で、私の前には7〜8人並んでいたが、一人だったので、前に並んでいた人たちを抜かして大きなテーブルの端の席に案内された。隣では職場の仲間らしき男女のグループが楽しそうに銘々ピサやパスタやカルツォーネを注文している。

a0103335_16333088.jpg

一見イチゴの生ジュース

あるテーブルにピンク色のジュースのような液体の入った瓶があるのが見えた。イチゴシェークのような色だ。これはこの店スペシャルのイチゴ酒だ。ポルトガルにはモランゲイロ(イチゴワイン)という名前のワインがあるが、これはイチゴのような香りのワインということで、原材料はブドウである。しかしカザノヴァのイチゴワインは、芳醇な甘みと香り豊かなイチゴから作った本物のイチゴ酒である。発酵の過程で生じるガスが瓶やグラスの上部に泡の層を作り、クリーミィな口当たりだ。少し気温が高い日だったので、一気飲みしたい衝動に駆られたが、ビールよりも度数が高いので、悪酔いしないようにちびちび飲みながらピザを待った。

a0103335_16333106.jpg

ピザが来た頃にはイチゴ酒もほとんどなくなりそうに

2種類のイタリアチーズとポルチーニ茸のピザの、アジアーゴ・チーズはいい塩梅に焦げ目がついて、モッツァレラの方はとろりと溶け、これだけでも十分に美味そうだが、実は小さく切って散らされたキノコの王様ポルチーニ茸の方がピザを制圧している。コリっと歯応えと、なめこのようなヌルヌル感、肉より美味いと言われるコクのある味、そしてふんわりと広がる独特の香り。台はあくまでも薄く。チーズの重さと水分でぐにゃっと曲がるが、パリッと香ばしい焼き上がり。

歳のせいかピザ1枚を完食するのは辛くなって来たが、イチゴ酒があればなんとかいける。いくらでもお代わりしたくなる危険な味だ。しかし勘定書きを見て、ボトル1本に留めて良かったと思った。ピザが11€ちょっとで、イチゴ酒が9€、計20€を超えていた。美味しいし、満腹したし、眺めも抜群だけど、ピザに2300円使ってしまった…その日の夕食は抜いた。

a0103335_16333177.jpg

ハロウィンらしい?チーズをセトゥーバルの市場で発見。臭い羊のチーズにチョコレートをかけたもの。嫌いな人へのプレゼントにどうぞ。

[PR]
# by caldoverde | 2016-11-03 16:15 | インターナショナル料理 | Comments(6)