ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

黄金海岸のバカンス 2


a0103335_05595223.jpg


大西洋に日が沈むのは午後8時15分頃。その頃は既にアルモグラーヴェ村のレストランはそこそこ賑わって、なかなか一人客のテーブルも空かなければ、うまく席を確保してもすぐに注文を取りには来ない。ここはアレンテージョなんだから、別に急がないのだからゆったり構えるべしと自分に言い聞かせそこは我慢できるが、一年のうちの2ヶ月だけ忙しい海岸の村のレストランでの夕食は、どうも今ひとつであった。冷凍食品の疑い濃厚なモンゴウイカのフライや、リスボンの近所の店でも良いのが食えるビトックを選んでしまったのは、あんまり地方色を感じないものしかメニューになかったからだ。夏は黙っていても客は来るからね…

a0103335_05595222.jpg

香ばしく焼いたクロダイにコリアンダーとニンニクがたっぷり

2泊3日の短いバカンスの最後の昼食は、隣村のロンゲイラのもう一つのレストラン、「ジョアン・ダ・ロンゲイラ」でようやく郷土食らしいものを食べることができた。メニューは基本的に前日行った「ジョズエ」とほとんど同じだが、ちょっと違うのが、魚のグリルがコリアンダーまみれ(コエントラーダ)になっている点だ。店の女の子お勧めのクロダイのグリル・コリアンダーソースとハーフボトルのヴィーニョ・ヴェルデを注文した、昨夜の店のカラフに入ったハウスワインが不味かったので、信頼の置けるメーカーの瓶入りのワインを選んだ。正解であった。

a0103335_05595202.jpg

カップ入りのブルーベリーチーズケーキ

砂浜と輝く太陽を求め海にやって来る人達は、砂や岩場に生きる動植物にあまり目を向けることはない。夕日に何の感慨もないのか、皆、赤く染まった海を振り向きもせず家や宿やレストランに向かう。夕涼みでビールを片手におしゃべりに興じる人々の頭上には都会では見えない天の河や様々な星座が展開する。食事は期待外れでも、それを補うのに十分な自然の魅力がたっぷりなのだが、関心を持つ人は少なく思える。最近はアレンテージョの海岸がモードになっているようだが、遅かれ早かれアルガルヴェ化してしまうのではないかと心配だ。

a0103335_05595351.jpg

a0103335_05595498.jpg

とても変わった形の花弁

葉はなく砂中から重そうな蕾を付けた茎が出て、妖精のような美しい花を咲かせる不思議な植物は砂ユリ。砂丘にはハマカンザシの株があちこちに見られ、春の砂丘は白やピンクのぼんぼりが風にそよいでさぞかし綺麗だろう。3月から6月にかけて砂丘は様々な花で彩られる。アルモグラーヴェ海岸は独特な植物の宝庫らしいので、その時期にぜひまた訪れたい。

a0103335_05595438.jpg

群生するハマカンザシ

地層も興味をそそる。いかなる大地の動きがこのような形や模様を作り出したのか不思議である。まるで古代ローマの遺跡が海に沈んでいるかのようだ。

a0103335_05595455.jpg

渦を巻いたりアーチを描く地層

夏のポルトガルのビーチでは、Tシャツと長いズボンというスタイルは相当な厚着で、フランスで問題になっているブルキニ並みにビーチで浮くことこの上ない。目立たないようにするには、露出度の高い服装で。水着は女性はぜひビキニを。ワンピース水着はおばあちゃんと子供しか着ていない。太っていても全然平気、誰も気にしない。かなり日差しが強いので、UVローションで十分プロテクトしよう。午前中と午後の日没に近い時刻は日射も強すぎず人も少ないのでお勧め。日射病にならないよう必ず帽子かパラソルを用意しよう。砂に寝ころんでいると混み合う時間帯は案外人の話し声が響く(特に子供)ので、ヘッドフォンを持って来れば良かったと少し後悔。バスの中で30分も携帯で話す迷惑野郎対策にも役立ったのに。



[PR]
# by caldoverde | 2016-08-30 05:45 | ポルトガルの旅 | Comments(2)

黄金海岸のバカンス

今年は春に足首を骨折して大損害を被ったので、恒例の夏のアソーレス旅行は諦め、毎年帰省するお盆に仕事をして挽回した。仕事がひと段落した夜中、突然思いついてビーチのホテルを予約した。最後の一部屋だった。アレンテージョのシーネスという町の南にあるアルモグラーヴェという海岸だ。

ポルトガル南部のアレンテージョ地方の海岸はまだまだ自然が残され、知る人ぞ知る美しいビーチが点在する夏の穴場である。コスタ・アレンテジャーナまたはコスタ・ヴィセンティーナと呼ばれ、黄金海岸の異名も持つ。夏の乾燥した気候は草木を金色に枯らし、海岸はさらさらの黄色い砂浜だからだろう。幸いリスボンから路線バスで気軽に行くことができる。グーグルアースで地形を見ると、自転車で散歩できそうだ。久々に愛車ブロンプトンを携えての遠出である。

a0103335_01243221.jpg

ポルトガル最良のビーチと自負するアルモグラーヴェ海岸は、黒い岩礁がベージュの砂浜を抱く様な形をなし、その外側にもまた別のビーチがある。ビーチにはバールや物売りは無く、レンタルのパラソルやチェアもない。トイレはあるが、シャワーは使えなくなっている。この海岸に来るのは、村に宿泊する人か村人であることが前提の様だ。あちこちにこの辺の動植物を紹介する看板があるのだが、すっかり色あせてほとんど読めない。そんな観光客を突き放した姿勢が、逆に自然保護に一役買っているのかも?

a0103335_01243238.jpg

遊歩道の先にも別のビーチが

アルモグラーヴェ海岸から海沿いに埃っぽい道路を小一時間ぶらぶら歩くと、通りの突き当りに漁港がある。漁師小屋とわずかな漁船があるばかりの小さな港だ。そこに発泡スチロールでできた粗末な手漕ぎボートが上陸した。観光客が遊んでいるのかと思ったら、れっきとした漁船で、バケツには色んな種類の魚とタコが満載されていた。漁師がバケツの魚を地面にまけて仕分けし始めると、野良猫がやってきて、魚をせしめた。漁師にどのレストランが良いか尋ねると、ホテルからほど近い「ラヴラドール」と隣村の「ジョズエ」を挙げた。側にいたフランス人夫婦も「ジョズエ」を推したので、昼はサイクリングを兼ねてロンゲイラという隣村に食べに行った。

a0103335_01243226.jpg

今日は大漁だ!

a0103335_01523811.jpg

0.007トンの黄金丸と大西丸

海岸から少し離れたロンゲイラは、街道沿いに平屋の小さな家がくっつきあっている典型的なアレンテージョの村だ。その街道の突き当りに近い場所に「ジョズエ」がある。メニューにウツボがあるのだが残念ながらその日は無かったので、シーフードのパン粥(アソルダ・デ・マリスコス)を頼んだ。先程見た漁師の獲物にはカサゴやヒメジなど色んな魚があったのだが、レストランにあるのはクロダイ、スズキ、ヒラメのみ。2人以上であれば、シーフードリゾットなどもっとチョイスが増えるのだが、おひとり様だと選べるものが限られ、魚のグリル以外では必然的にパン粥になる。コリアンダーやニンニクをたっぷり使った郷土料理であるが、シーフードが冷凍食品なのがマイナスポイント。しかし食後のコーヒーを頼んだら自家製リキュールが3種類もおまけされたので、まあ良しとしよう。

a0103335_01243392.jpg

白壁に青い縁取りの平屋の並ぶ小さな村、ロンゲイラ

a0103335_01523913.jpg

日本でも話題のコリアンダーたっぷりです

a0103335_01523988.jpg

市販の瓶に入っていますが自家製

a0103335_01524083.jpg

鮮やかな色のミントのリキュール



[PR]
# by caldoverde | 2016-08-26 00:56 | ポルトガルの旅 | Comments(2)

ポルトの暑(厚)い夏

猛暑というか激暑というか、バリバリに焼けるような真夏のポルトガルでは、各地で火事が相次いでいる。山火事に加え、カステロ・デ・ヴィーデのサマーフェスティバルの駐車場で400台以上の車が焼けてしまったという、街に住む人にとっても他人事でないケースもある。

それでもリスボンは、内陸に比べれば海や河が側にあり、かなり気温が上がっていても吹く風が心地よい。しかしさすがに33度ともなると冷房のあるところに避難したくなる。そうだ、北に行くんだった。ポルトならリスボンより3度は涼しいはずだ。ところがその日はリスボンを凌ぐ39度という予想最高気温。一体どうなっているのやら…

a0103335_03053208.jpg

フェレイラ・ボルジェス市場のテラスからエンリケ航海王子の銅像を眺める

「最も良いローコスト旅行先」の上位に入り、昨年辺りからかなり観光客が増えているとは聞いていたが、久々のポルトは見たことがないほどの観光客でごった返していた。リベイラ地区のドウロ河に面したいかにも外国人が喜びそうな場所は避けて、一本入った薄暗い通りの大衆食堂で食べようにも、通り抜けるのに苦労するほど人で溢れかえっていた。河沿いで食べるのは諦め、少し上にある赤い鉄とガラスでできたフェレイラ・ボルジェス市場に飲食店があるはずだと思いついた。市場の上階は工場を改装したような面白いインテリアのレストランになっていたが、その日は全て予約が入っているということだった。

外のバールも同じレストランの経営で、風が吹いて中よりも涼しいからそこに行けと促され、不承不承バルコニーに設けられた、ガラス張りのバールに移動し、ビールと軽いもので済まそうと思った。どうせ大したものはなかろうと全く期待していなかったが、先客が注文したピザをチラッとみると、なかなか美味しそうだ。でもポルトでなぜピザを食べなくちゃいけないのか。ポルトにはトリパスをはじめ、美味くてボリュームのある郷土料理がいっぱいあるのに。

時間もないので直ぐに出来上がりそうな「プレゴ・ノ・パン」を注文した。プレゴは豚肉サンドのビファナのいとこというか、焼いた牛肉を挟んだサンドイッチだ。シンプルなプレゴとトリフソースのプレゴがあり、高級な感じがするが1€位しか値段の違わないトリフソースの方を頼んだ。7,5€というとファストフードにしては高い。観光地だからこんなものだろうと期待せずに待っていると、何と…

a0103335_03053308.jpg

パンの下にも牛肉が隠れているので、肉は見た目の3倍です。厚さは2cm位

プレゴの肉といえば、牛肉を叩いて伸ばしたような薄いものだと思っていたら、厚みのたっぷりあるステーキと言って良いほど立派なのが出てきた。肉の焼き加減は表面はこんがり、中はうっすら血のにじむミディアム。ルッコラがたっぷり添えてあって、彩りも良い。パンはスカスカしたカルカッサではなく、かみごたえのあるもっちりしたバゲットタイプ。半分に切ってあるが、手にとって頬張れそうにない大きさだ。おまけに肉に隠れてハムとチーズも挟んである。ボリューム満点だ。これで7,5€なら高くない。さすがヨーロッパ随一のローコストディスティネーション、ポルトはポルトガルの大阪、くいだおれの街だ。

[PR]
# by caldoverde | 2016-08-09 02:55 | 肉料理 | Comments(6)
ほぼ毎年の帰省の折は、日本食を堪能し一年間のサウダージをやっつけるのであるが、ポルトガル暮らしも長くなるにつれて、1ヶ月もポルトガル料理が食べられないのかと逆の感覚を覚えるようになった。そして今年は何と帰国早々東京のポルトガル料理店に食べに行ってしまった。もっとも数年前にポルトガルに遊びに来たことのある旧い友達と女子会をするというのが建前上の理由であるが。

日比谷のペニンシュラホテルから延びる、落ち着いた石畳風の通りにはコム・デ・ギャルソンやらエルメスなどのシックなお店が並ぶ。そんな中に昔風の地下飲食店コーナーがあり、階段を下りるとガラスのドア越しに「マヌエル 丸の内 "タスカ・デ・ターリョ" ポルトガルの肉酒場」と色々と説明のくっついた名前の小さなポルトガルレストランがある。壁にはポルトガル語のことわざか格言の様な文章が手書きで書かれ、土産物の定番の雄鶏の置物で飾られた、気取らない居酒屋(タスカ)風のお店だ。

お値段も居酒屋並みなら尚結構なのだが、何しろここは東京の、しかも一等地のど真ん中なのでそれなりになることは覚悟の上だ。アラカルトであれこれと味見するのも楽しいが、ポルトガルでもそれをやると結構高くつく。「マヌエル」ではちょっとづついろんなものが楽しめるコースが三種類あり、また追加料金2000円を払えばドリンク飲み放題なので、一番安いテイスティングコースに飲み放題を付けた。単品だと一例としてポルトガルビールが1000円という目玉が飛び出る値段なので、2時間半という時間制限の中でできるだけ飲んでやろうという意地汚い魂胆もあった。

a0103335_04461843.jpg


まず小さなまな板にぎっしり載った前菜の盛り合わせ。店の女の子が何か食べられないものはないかと尋ね、友人はレバーが苦手だと答えると、レバーパテを鱈コロッケに替えてくれた。なかなか親切だ。牡蠣の南蛮漬け、人参や赤キャベツの酢漬け、タコのサラダ、ポルトの名物モツと豆の煮込み、生ハムと、色合いも美しく盛り付けも可愛らしい。ポルトガルならオリーブの実、チーズ丸ごと、生ハムの皿をどんどん置くだけで盛り付けや彩りなどは考えていない。さすが日本である。

a0103335_04461970.jpg


レタスを四分の一に切ったものにニンニクのきいたオイルソースをかけたものはシェフのオリジナルであろう、ポルトガルでは見たことのない料理なのだが、ソースがピリ辛で、お酒がすすむ。こういう食べ方もあるのかと感心した。

a0103335_04461967.jpg


ちびちび前菜を食べながら飲み物をお代わりし、程よくお腹が満ちてきた頃、ボリュームのあるメインのチキンのグリルが登場。十分に下味をつけたチキンは臭みがなくジューシーで柔らかくてとても美味しい。2種類のソースをつけながらフライドポテトを食べるとどうにも止まらない。ポルトガルの鶏の炭火焼も美味しいがこれほど汁気はない。

a0103335_04461923.jpg


〆にはタコのリゾット。丸い弾力のある日本米で炊いたタコ雑炊は、ポルトガルに足りない繊細さが感じられる。

a0103335_04461962.jpg


デザートはポルトガルでもポピュラーな焼きリンゴ。現地では1個丸ごとどーんとやって来るが、日本人らしい美意識が加わり上品な盛り付けになっている。

コテコテの100%ポルトガル料理という訳でもないが、原型から更に洗練させる日本の洋食の伝統が十分に生かされ、誰にでも好まれる味になっている。元々ポルトガルの食べ物は日本人の口に合うとは言われているが、「マヌエル」に見られるような繊細さがあれば更に評判は高まるだろう。リスボンに支店を出せば意外とイケルかもしれない。このディナーをとった翌日、ポルトガルはユーロカップで開催国フランスを破り初優勝した。いよいよポルトガルブーム到来かも?!




[PR]
# by caldoverde | 2016-07-12 04:40 | インターナショナル料理 | Comments(4)

マデイラの誇り

a0103335_18214957.jpg


最近街中でよく見るポスター、バナナを手ににっこり微笑む美魔女?と「私にとってバナナはマデイラで2番目に優れた輸出品」のコピー。

世界中で流通しているバナナは数社しかない大会社で栽培される単一品種で、もしバナナの病気が流行したらたちまち全滅する恐れもあるという。そう言えば日本ではバナナに品種があるなんて考えもしなかった。リスボンの大きなスーパーやデパートに行くと、バナナにも色んな種類があることが分かる。アフリカ料理に使う大きなバナナから子供の手のような可愛らしい小さなもの、赤い皮に包まれたものと大きさも色も多様である。

しかし普通のスーパーや八百屋に並んでいるのは、大メーカーのバナナともう一つ、マデイラバナナの2種類だ。私が選ぶのはいつもマデイラバナナ。輸入物に比べて少し高いが、小さめで小腹が空いた時のおやつにちょうど良い。甘みも強く、国産品なので殺虫剤などの心配も少ないと思う。

ポルトガルの食糧自給率を高め経済を活性化させるためにも、マデイラバナナを奨励する運動をひとりで密かに行っていたが、マデイラバナナ協会からはポスターのモデルになるオファーは来なかった。ミス・マデイラバナナに選ばれたのはマデイラ島出身のドローレス・ドス・サントス・アヴェイロ夫人、クリスティアーノ・ロナウドのご母堂である。ポスターのキャッチコピーの「マデイラで2番目に優れた輸出品」がバナナだとしたら、第一の輸出品は当然自分の息子であると誇らしげにドローレスおばちゃんは微笑む。

a0103335_18215045.jpg

シールには「ドローレス母さん推奨」の文字

現在、ヨーロッパはイギリスのEU脱退とサッカーのユーロ選手権で沸いている。開催国フランスでは熱い戦いが繰り広げられているが、ポルトガルは楽勝と思われていたF組でまさかの苦戦、アイスランド、オーストリア、ハンガリーとの対戦で引き分けてリーグ内3位に止まり、決勝進出をかけたクロアチア戦では、100分を超える延長の末に遂にロナウドのシュートをクアレズマがゴールに押し込み、危うく敗退の危機を脱した。ジリジリイライラする試合運びではあったが、最後の最後で本領を発揮したポルトガル代表、30日のポーランド戦ではより積極的なプレイを期待する。もう引き分け(ドロー)にならない(レス)ように、ドローレス母さんも応援している。フォルサ!ポルトガル‼︎
[PR]
# by caldoverde | 2016-06-27 18:13 | 野菜・果物・キノコ | Comments(7)