ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:クリスチアーノ・ロナウド ( 5 ) タグの人気記事

2度目のマデイラ

昨年の春足首を骨折し、予定していたマデイラ旅行は取りやめた。そのリベンジを果たすべく、4月初めに10年ぶりのマデイラ島訪問を決行した。

a0103335_01264832.jpg

飛行機はローコストキャリアのイージージェット、ホテルは2泊で30€という激安の旅。とにかく無事に飛んでくれれば良いし、眺めはどうでも寝る場所があれば良いのだが、ぎっしり乗客の詰まった小さな飛行機が飛び立つと、突然、マデイラの空港は滑走路が急な崖に並行して設けられた着陸の難しい造りで、ポルトガル航空TAPのパイロットが一番うまく着陸できる技術があると、昔聞いたことを思い出して不安になった。島に近づくと、たくさんの柱が支える高速道路の一部のようなものが見えてきた。飛行機は大きく旋回し、飛んできた方向と反対側から滑走路に入り無事着陸した。客席から拍手が起こった。ポルトガル人(田舎の人)が多い飛行機では、よく着陸時に拍手が起こる。故郷に帰れた嬉しさもあるのだろう。

a0103335_01264846.jpg

数日前にフンシャル空港が「クリスチアーノ・ロナウド空港」に改名され、本人、大統領、首相がセレモニーに出席し、銅像の除幕式が行われた。世界中に衝撃と失笑が巻き起こった。空港の正面玄関に置かれた、似ても似つかぬロナウドの首と記念写真を撮る観光客が後を絶たない。新たな観光名所が生まれた。

a0103335_01264909.jpg

空港とフンシャルの町を結ぶ高速道路はよく整備され、快適だ。10年前はまだ建設中の道路があって、島の移動はくねくねした山道をけっこう時間をかけて走っていた記憶があるが、かなりインフラが整備されている。山の斜面に引っかかるように建っているたくさんの白い家がマデイラの魅力的な景観を形成しているのだが、住民が街道に出るのに階段を昇り降りするのは大変だろう。潜在的にロナウドのような足腰の強靭な子供がいるだろうが、外に出るのを嫌って家でゲーム三昧の子が増えてはポルトガルサッカーの将来は明るくない。

a0103335_01264905.jpg
CR7ミュージアムの前の銅像もなんだかなあ。股間を掴んで記念撮影する若い女性もいた。

ホテルは昔ながらのペンサォン(ペンション)で、設備も古くダサいが、有名なラヴラドール市場のすぐ裏で、非常に便利な場所にある。午前10時過ぎに着いたので、荷物を預けて早速市場を見に行った。この日はクルーズ船がフンシャルに寄港していたので、船客でごった返していた。売り子もポルトガル人らしからぬ積極的な営業で、果物の試食をあちこちで勧められた。変わった果物を1個づつ数種類買ったら、計20€位になった。多分観光客値段にされたのだろう。
a0103335_01265024.jpg

a0103335_01265090.jpg

マデイラ刺繍の販売所とマデイラワイン工場は、閉店ギリギリに滑り込んでちょっと覗くことができた。その日は土曜日なので、多くのモニュメントや施設は午後は閉める。リスボンはエンドレス営業している所がほとんどになったが、地方はまだ昼休みや土日休みをとる所が多い。昼ご飯は地元のおっちゃんがビールを飲んでいる店で、マデイラ名物のパン、ボーロ・デ・カコに挟んだ牛肉のサンドイッチを食べた。飲み物はマデイラのビール。観光客が多い所は、高くて大した味じゃないという偏見があるので、地元民のいる店は値段も味も許容範囲の可能性が高いという自分基準で飲食店を選ぶことにしている。

a0103335_01265169.jpg
今はどこもかしこもボーロ・デ・カコバーガー

a0103335_01265122.jpg
マデイラで初めてカサガイを食べた時は、あまりのうまさに衝撃を受けた

お昼の後は、城砦の中の軍事博物館、ショッピングセンター内のマデイラの歴史を紹介する映画、カテドラル、コレジオ教会などを見た。マデイラ島が大航海時代以来、いかに軍事的商業的に重要な拠点であったか、また昔からイギリスの植民地みたいな存在だったのが判った。
今もイギリス無くしてはマデイラは成り立たない。それをまざまざ見せつけられるのは、フンシャルの西にあるホテル街(ラブホではない)で、ラグジュアリーなホテルやレストランが集中している。かなり規模の大きなホテルも多く、この地区がハイシーズンになると、一体何万人滞在するのか想像できない。一方私の借りた宿のある旧市街には、失業者やホームレスもしばしば見受けられ、世界で最も魅力的な島の影の姿が垣間見える。

a0103335_01265290.jpg

老舗のリーズパレスホテルの向こう側にも延々巨大ホテルが立ち並ぶ

[PR]
by caldoverde | 2017-04-05 00:59 | ポルトガルの旅 | Comments(2)

祝バロンドール賞!CR7

a0103335_10000431.jpg

ママは永遠の恋人

12月11日は今年最も活躍したサッカー選手に贈られるバロンドール賞の発表が行われた。当然のようにクリスチアーノ・ロナウドが受賞した。四度目である。今年はポルトガル代表の主将としてユーロ杯で開催国フランスを下し優勝、スペインではリアルマドリードで最多得点を記録し、その活躍は止まることを知らない。もう31歳、体力的に陰りが見えてもおかしくはないのだが、選手としてのピークから下降どころか、円熟の域に入っている。

授賞式にはお母さんのドローレスと息子のクリスチアーノ・ロナウド・ジュニアが列席した。前のバロンドール授賞式に一緒にいた恋人のイリーナとは別れて、今は別の彼女がいるらしい。育児はおばあちゃんと叔母さんたちに任せ、次々と美女と浮名を流す彼が、やっかみの対象にならぬわけがない。スペインではクリロナの脱税疑惑が浮上したが、自分は潔白であると言い切った。イケメンの彼は色んな企業のイメージキャラクターに引っ張りだこで、2015年に申告した収入は270億円だということだ。90%を税金にとられたとしても、27億円もある。最近はリスボンのホテルのオーナーにもなった。引退後は実業家の道も視野に入っているのであろう。彼が大統領選挙に出馬したら当選するんじゃないだろうか。トランプさんも当選したことだし。ロナウドという名前は元俳優のアメリカ大統領のロナルド・レーガンに由来するそうだ。

出身地のマデイラ島のフンシャル空港は、今年からクリスチアーノ・ロナウド空港に名前を変えた。この空港は昔から着陸の難しい空港で有名だったが、今後はその名前で有名になるだろう。今年の春にマデイラ島に遊びに行く予定だったが、足首骨折のため断念した。今度行くときは、クリロナ博物館にまたトロフィーが増えているはずだ。

ポルトガルのお土産にクリスチアーノ・ロナウドのユニフォームを求める人も少なくない。正規のユニフォームはスポーツ用品専門店か、デパート、空港の免税店で売っている。シャツが大人用で80€くらい、ナンバーや名前はまた別料金で貼り付けるので、30分ほど時間が必要になる場合もある。購入する場合は予算と時間に余裕を持って。観光地にたくさんある吊るしのユニフォームは、微妙にデザインが違ったり、クリロナ本人の写真入りだったりと、ニセモノであるが値段はだいぶ安くなる。今の所、ポルトガルサッカー連盟や警察が偽ユニフォームに対する摘発を行なったとは聞かないので、ジョークでお土産に買って、クリロナの腹筋目指して頑張ってもらうのも良いのではないだろうか。
a0103335_10000459.jpg

1日300回腹筋運動するとこうなる。
ただし億万長者にはなれない。

[PR]
by caldoverde | 2016-12-14 09:53 | スポーツ | Comments(2)

マデイラの誇り

a0103335_18214957.jpg


最近街中でよく見るポスター、バナナを手ににっこり微笑む美魔女?と「私にとってバナナはマデイラで2番目に優れた輸出品」のコピー。

世界中で流通しているバナナは数社しかない大会社で栽培される単一品種で、もしバナナの病気が流行したらたちまち全滅する恐れもあるという。そう言えば日本ではバナナに品種があるなんて考えもしなかった。リスボンの大きなスーパーやデパートに行くと、バナナにも色んな種類があることが分かる。アフリカ料理に使う大きなバナナから子供の手のような可愛らしい小さなもの、赤い皮に包まれたものと大きさも色も多様である。

しかし普通のスーパーや八百屋に並んでいるのは、大メーカーのバナナともう一つ、マデイラバナナの2種類だ。私が選ぶのはいつもマデイラバナナ。輸入物に比べて少し高いが、小さめで小腹が空いた時のおやつにちょうど良い。甘みも強く、国産品なので殺虫剤などの心配も少ないと思う。

ポルトガルの食糧自給率を高め経済を活性化させるためにも、マデイラバナナを奨励する運動をひとりで密かに行っていたが、マデイラバナナ協会からはポスターのモデルになるオファーは来なかった。ミス・マデイラバナナに選ばれたのはマデイラ島出身のドローレス・ドス・サントス・アヴェイロ夫人、クリスティアーノ・ロナウドのご母堂である。ポスターのキャッチコピーの「マデイラで2番目に優れた輸出品」がバナナだとしたら、第一の輸出品は当然自分の息子であると誇らしげにドローレスおばちゃんは微笑む。

a0103335_18215045.jpg

シールには「ドローレス母さん推奨」の文字

現在、ヨーロッパはイギリスのEU脱退とサッカーのユーロ選手権で沸いている。開催国フランスでは熱い戦いが繰り広げられているが、ポルトガルは楽勝と思われていたF組でまさかの苦戦、アイスランド、オーストリア、ハンガリーとの対戦で引き分けてリーグ内3位に止まり、決勝進出をかけたクロアチア戦では、100分を超える延長の末に遂にロナウドのシュートをクアレズマがゴールに押し込み、危うく敗退の危機を脱した。ジリジリイライラする試合運びではあったが、最後の最後で本領を発揮したポルトガル代表、30日のポーランド戦ではより積極的なプレイを期待する。もう引き分け(ドロー)にならない(レス)ように、ドローレス母さんも応援している。フォルサ!ポルトガル‼︎
[PR]
by caldoverde | 2016-06-27 18:13 | 野菜・果物・キノコ | Comments(7)

謹賀新年2015

だいぶ遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
a0103335_22252192.jpg
バカリャウ(干し鱈)、白菜、ポロ葱、クレソンでなんちゃってお雑煮

2015年の元日は、初日(と言っても登り切った後)を見ようと愛車bromptonでテージョ河沿いの自転車道目指し、坂を下り始点のカイス・ド・ソドレ駅に到着。なんと向かいのリベイラ市場のフードコートは元日も営業!市場をぐるりと一回りし、いざサイクリングと思いきや、後輪がパンクしている…大晦日は外でビールなどを飲んでどんちゃん騒ぎをする若者が多く、道路に落ちていたガラス瓶のかけらを踏んだらしい。あえなく初乗りは頓挫し、bromptonを折り畳んでバスで家に帰った。

元日営業している飲食店は非常に少く、ほとんど開いているお店はありません、と観光客には伝えているが、リベイラ市場の他に、アモレイラス・ショッピングセンターのフードコートの幾つかの店は営業していた。ショッピングセンターには映画館があり、元日から上映しているので、それに合わせて開く飲食店が若干ある。ひょっとすると他のショッピングセンターも同じ事情だろうか。最近は規制緩和が進んでいるし。

私の住んでいるカンポ・デ・オリーク地区では、以前はXマスも元日も開けているのは「カーナス」位だったが、今年はその向いにある老舗のカフェ「テンタドーラ」も元日営業している。ここのテラス席は日当たりも良く、坂道を登ってくる市電を眺めることができてなかなか気持ちの良い場所だ。

a0103335_215544.jpg
「サムライの一撃」「ラスト・サムライ」などの見出しが

ポルトガルでは年が明けるといろんなものが値上がりしたり、税金が上がったりと全くめでたくもなんともない。しかし、今日はちょっと良いニュースが。各新聞の第一面を日本人が飾った。1月11日のスポルティング対ブラガの試合で、田中選手がフリーキックを決め、スポルティングを勝利に導いた。きれいな弧を描く見事なシュート。2015年はさらなる活躍で、ポルトガルのサッカーファンを沸かせて欲しい。



前の動画が著作権の問題で削除されたので、観客が撮った臨場感あふれる動画を貼り付けます。しっかり見たい方はこちら

同じ日にはクリスチアーノ・ロナウドが2014年度のバロン・ドールを受賞のニュースも。何と3度目だ。最近故郷のマデイラ島に彼の巨大なブロンズ像が建てられ、新たな観光名所になっている。体の一部が強調されすぎだという意見もあるけど…
a0103335_215585.jpg

[PR]
by caldoverde | 2015-01-12 21:41 | スポーツ | Comments(13)

CR7来日

a0103335_144244.jpg
今カノとツーショット

ほとんど毎年夏は日本に帰っているが、今年は私の帰省に合わせてクリスチアーノ・ロナルドも日本に来ていたようだ。TVでサッカー少年の指導にあたっている映像や、何かのバラエティー番組に出演しているのを見た。インタビューを受けた子供達は真摯な表情で世界的プレイヤーを目の当たりにした感激を語っていたが、バラエティー番組の方は、目を覆いたくなるような下らない内容だった。子供の頃からサッカー漬けで学歴や教養はない彼にも、自分のやらされている事のバカバカしさは自覚していると思う。しかし中国の端っこで放映される顔筋トレーニング器具のCMなんか、最優秀選手賞を2回取った俺のイメージの妨げになりはしないだろう。多分。
http://youtu.be/K1zGa3vWXUk

こんな下らない番組や商品を作っているのは、日本の有名大学を出たエリート中のエリートで、頭からっぽ風の美人アナも熾烈な競争を勝ち抜いた「勝ち組」中の「勝ち組」なのだ。男の司会者が、女子アナを指してこんな日本の女の子はどうかと尋ねると、クリロナは笑ってごまかしていた。それはそうだろう。彼の彼女は世界的に有名なロシア人のモデルである。顔はともかく、身体ではかなわないのである。この場合、黒柳徹子さんとか櫻井良子さんなんかが別の土俵で相手をすれば良かったのにな…
a0103335_144494.jpg
最近はCR7という下着のブランドも出しました

クリロナ以前のポルトガルの名選手と言えば、フィーゴだった。彼はポルトガルのある銀行のイメージキャラクターとなり、リスボンのあちこちにある支店の店頭で笑顔を振りまいていた。しかしその銀行は破綻し、取り付け騒ぎも起こった。当時の社会党政府は件の銀行を国有化し、のちにアンゴラの銀行が買い取った。あの国民的英雄がCMに出ている銀行だからと安心して預金し投資した顧客はさぞかし慌てただろう。
a0103335_144381.jpg
上の写真とどちらがお好みですか?

で、ポルトガル国内でCR7がCM契約している企業とは、今世界中をちょっとだけ震撼させている銀行、バンコ・エスピリト・サント(BES)である。頭取リカルド・エスピリト・サントの退陣と前後して関連企業への回収不能の融資やら何やら膿がドバッと噴出し、またしても大変な問題になっている。私にとっても大問題である。なぜならBESに口座があるからだ。もし銀行が潰れて預金が凍結されたらどうすればいいのか?クリロナがCMに出てるから安心して預金してたのに!彼が全収入をBESに預ければ、当面大丈夫だと思うが…
a0103335_1444100.jpg
こんな若い頃にCM契約したのは、BESも当時は先見の明があったと言えよう
[PR]
by caldoverde | 2014-08-07 01:12 | カルチャー | Comments(4)