ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
a0103335_15264094.jpg

いい色に揚がったタラのコロッケ

今年の夏も郷里の仙台に帰省し、日系ブラジル人のポルトガル語講師ヴァレリア先生とその生徒さんたちと共に、ほぼ恒例になったポルトガル料理の夕べを開いた。

今年のテーマは「マッサ・デ・ピメンタン」(赤ピーマンのペースト)を使った料理ということで、ヴァレリア先生は自家製のペーストを用意し、私もリスボンで出来合いのペーストを買っては来たものの、どんな料理に使われるかと聞かれると、首をひねってしまう。地方によっては何にでもこの赤ピーマンペーストを使うのだろうが、使用確実なアレンテージョ風ポークの他には、ビファナの豚肉がひょっとしてこれに漬けたものかもしれないという程度しか思い浮かばなかった。

日本ではある料理研究家が「マッサ」という呼び名でこの赤ピーマンペーストを紹介し一時ブームになり、ポルトガルにはない独創的なレシピを紹介していた。さすが換骨奪胎の得意な日本である。そのうち冷奴や寿司にも使われるようになるかも?
しかし今回は超スタンダードなアレンテージョ風ポークを中心に、これまたベタなポルトガル料理をいくつか紹介することにした。材料は全て日本で調達できる。
a0103335_15453473.jpg

これは何でしょうか?ヒント:スムージーやポタージュスープを作る時も便利

前菜はタラのコロッケ。ポルトガルの干し鱈が無いじゃないかと言われそうだが、生の切り身で全然オーケー。塩茹でにして、骨や皮を取ってほぐすのだが、日本には薄い柔らかい皮の骨のない切り身の鱈が売られているので、手間がかからない。以前作った時は布巾で鱈を揉みほぐし繊維状にしていたが、ヴァレリア先生の片腕のブラウンのハンドブレンダー(写真)が、鱈もジャガイモもあっという間に混ぜてくれて非常に楽だった。

a0103335_15264132.jpg

タコのサラダは茹でたタコの足を使えば超スピードでできるオードブルだ。タコの細切りに生の赤ピーマン、黄ピーマン、玉ねぎ、パセリ、にんにく、レモンなどをみじん切りにしてたっぷりのオリーブオイルであえるだけ。タコには塩気があるので 、ほとんど調味料を追加する必要はなかった。

a0103335_15264135.jpg

ひよこ豆のサラダも、水煮の缶詰を使えば簡単だ。玉ねぎやゆで卵、パセリ、レタスなどでボリュームアップ。これも味付けはオリーブオイル。

a0103335_15264288.jpg

メインは肉+肉になったが、アサリと豚肉を合わせたアレンテージョ風ポークと、チキンのビール煮。どちらも肉の下味付けに赤ピーマンペーストを使った。ポークは更に白ワインをひたひたに注いで月桂樹の葉と共にマリネし、チキンはビールで煮込む。分量は適当に。
最後にピーマンの千切りや、イタリアンパセリ、コリアンダーなどで飾り、出来上がり。

a0103335_15264365.jpg

付け合わせはトマトライス

今後はEUとの協定で輸入品がより安く買えるようになるらしい。ポルトガルの食材やワインが日本の日常の食卓にさりげなく登っている、そんな日も遠くないだろう。

[PR]
by caldoverde | 2017-07-24 15:21 | インターナショナル料理 | Comments(2)

食欲の秋のポルト

ご無沙汰しています。更新をサボっていましたが、ちゃんと生きています。

a0103335_05394485.jpg
きれいに紅葉した街路樹。リスボンにはない。

ポルトで1日過ごせる機会ができたので、リスボンに無いうまいものを食べようと、まだ夜の明けぬ朝7:00のバスに乗ってポルトに向かった。

もう落ち着いた頃だろうと思ったら、10月半ばになってもポルトはどこもかしこも観光客で一杯で、レロ書店やカフェ・マジェスティックには相変わらず行列ができている。ボリャオン市場も昔と変わらずキタナいが、ほとんどのお客さんは外国人で、月曜日のせいもあるが出店は土産物を売る業者が半分を占めていた。昔は八百屋やチーズ屋や肉屋など地元民向けの店がほとんどだったのに、変わったなあと少し寂しくなった。

ポルトで時間が出来たら絶対に行こうと思っていたのは、ケーキ屋のtavi。近所のフランス菓子店がなくなって以来、リスボンに私を満足させる洋菓子店は無い。また海を見ながら綺麗で美味しいケーキを食べるのだ!しかしその前に、お昼をとらなければ。どこか良い所はないか…と大先輩のMOREIAさんに尋ねたところ、候補を3つ挙げてもらった。少々高くても経費で落としてやれと、その中で一番高級で、評判の良いCafeinaという店に行った。よく雑誌にも紹介されている有名店で、入るとダークスーツを着たビジネスマンばかりが食事をしている。「ビジネスランチ」と銘打った昼の(比較的)お手頃なメニューが用意されているが、私には十分贅沢な金額だった(16€)。3種類のメインディッシュから、私はセーラ・ダ・エストレーラチーズのソースを使ったステーキにした。

a0103335_05394560.jpg
大きさは4x10x2cm位

正直に言うと、見た瞬間「え、こんだけ?」と思った。味も肉質も焼き具合も申し分ないが、期待していた大きさの半分だった。何を基準にしたかと言うと、何度か食べているボルサ宮そばのフェレイラ・ボルジェス市場の中にあるグリルレストランの牛肉サンドと比較してである。値段がたったの7.5€で、炭火で焼かれた赤身の牛肉は、噛むと柔らかくじわっと肉汁が染み出すいい焼き加減で、味も良い。しかもパンからはみ出すほど大きい。

Cafeinaは高級店だけあって、メインディッシュが来る前に前菜やスープを食べるのを想定して、ポーションが小さいのだろう。コースとして食べればちょうど良い量だ。が…。
ビジネスランチにはデザートも含まれていたが、taviでケーキを食べるのは決定事項だったのでパスした。

a0103335_05394638.jpg
この日はポルトの街を歩き回ったので、大丈夫

むしろこちらが優先課題であったtaviの、クリームをたっぷり使った生菓子系は4種類。その中からデリシア・デ・マンガ(マンゴーの快楽)を選んだ。固めに泡立てたマンゴームースの下は、濃厚なチョコレートガナッシュで、甘みと苦味の調和が素晴らしい。こういう店が身近にないので、なんとか体重を増やさずに済んでいる。

a0103335_05394668.jpg
でかっ

夜はホテルから近いのもあるが、確実に腹一杯になる「アバディア・ド・ポルト」に行った。以前ここでトリパス(牛モツと豆の煮込み)を頼んだら、鍋で来た。連れはかなり大きく美味そうなポスタ・ミランデーザ(ミランダ牛ステーキ)を食べていて、そっちもいいなあと心が揺れた。よほど夜もステーキにしようかと思ったが、やはり身体に優しい(ような気がする)魚介類にしようと考え直し、タコのグリルを頼んだ。昼の高級店のステーキの倍の大きさのタコの足に野菜炒め、皮付きのジャガイモの付け合わせ。おなじみてんこ盛りのポルトガル料理で、見た目のボリュームは満点だ。タコはスプーンで切れるほど柔らかく、プリっというよりはねっとりした感触で、焦げた部分が香ばしい。値段はやはり2桁€になるけれど、物理的な満足感は十分に与えられた。やはりお腹いっぱいにならないとポルトに来た気がしない。

a0103335_05394762.jpg



[PR]
by caldoverde | 2016-10-18 05:09 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

タコと栗

a0103335_2255496.jpg

 高速道路からもよく目立つ巨大ショッピングセンター、コロンボのすぐ近くには「村」がある。リスボンの真ん中にアルガルヴェかリバテージョのどこかの集落がスポッと落ちて来たような、そこだけ時間が止まってしまったような不思議な地区、カルニーデ。黒い石のごろごろした路地、小さな2階建ての家、オリーブの木や塀に囲まれた畑、曲がり角から馬が荷車を引いてひょっこり出てきそうな、昭和に戻ったような、懐かしい風景。「村」の中心のあずまやのある細長い公園の周りには飲食店が集まっていて、時々雑誌で紹介される店も数軒ある。ある雑誌に載っていたタコ料理の写真が凄く美味しそうだったので、地図で調べて来たのだが、リスボンの新興住宅街にこんな場所があるとは驚きだった。
a0103335_2282485.jpg

a0103335_227683.jpg

「コレット・デ・カルニーデ」は可愛い黄色い三角屋根の建物で1階と2階がレストラン。こじんまりとした客室も窓から見る景色も心が和む。記事によると、魚介のスープもリッチで美味しいそうだが、タコを食べるつもりで来たので、野菜のスープにした。野菜スープも実沢山で食べごたえがある。ポルトガルのスープは動物性油脂やたんぱく質を使わなくともボリュームとコクがありとても美味しい。
a0103335_2294769.jpg

 メインのタコのグリルは栗とキャベツがつけ合わせという珍しい組み合わせ。みじん切りにした赤と緑のピーマンを散らした食欲をそそる色彩。タコは柔らかく、キャベツもジューシーだ。キャベツに隠れたオリーブオイルをたっぷり吸収したパンの小片も美味い。しかし栗は「ん?」であった。水分が抜けてカチカチになった栗は甘みもなく、タコの旨味を吸った訳でもなく、オリーブオイルともなじんでもなく、皿の中では協調しているように見せかけて、実は他の材料とは融和せず独立独歩の道を歩んでいたのだった。私はタコのお供はやはり皮付きジャガイモが似合うと思う。
a0103335_22144541.jpg

 デザートはカルニーデ・パイというこの店のスペシャリティ。サクサクのパイにカスタードソースをかけたものだ。大きさに驚くが軽くて甘さもかなり控え目。
a0103335_22195290.jpg

 コロンボで買物ついでにフードコートでマックやピザを食べるのもいいけど、次のカルニーデ駅で降りて前世紀のポルトガルにタイムスリップし、伝統的なポルトガル料理を味わうのも楽しい。値段は前世紀とは言えないが、このカルニーデ地区には他にもアレンテージョ料理専門店や、石焼ステーキを名物とするレストランがある。リスボンの知られざるミニテーマパーク「カルニーデ田舎ランド」でノスタルジーを感じてみては。
a0103335_2221540.jpg

[PR]
by caldoverde | 2013-01-16 22:24 | シーフード | Comments(5)
 グラシオーザ島の最終日。太陽が戻ってきた。午前中は自転車で海岸や町の中を散歩した。アソーレスが美しいのは雨が多いせいではあるが、やはり雨天と晴天とでは、美しさ楽しさが段違いである。すれ違う島民から挨拶されることもしばしばで、リスボンでは失われかけている素朴さがまだ残っている。そして、こんなものも残っている!
a0103335_7234457.jpg

 この島にはコビトロバ(burro anão)という独特の種があって、今は数十頭しかおらず絶滅が危惧されている。名前の通り小柄なとても可愛いロバだ。20世紀始めの写真には、大勢の女性達がロバに乗って島内を移動する様子が記録されている。島に居る間2度ほどロバが曳く荷車を見た。速度は人間が歩くのと変わりない。自転車の方がはるかに早い。私が見たのは茶色のメスのロバで、とても優しそうな顔をしている。乗っていたおじさんに声をかけて触らせてもらった。

 ポルトガル北部ミランデーラにも絶滅が心配されているロバがあり、ロバの養子制度を設けて種を保存しようという団体があるが、グラシオーザ島ではどうだろうか。レンタカーならぬレンタロバや観光ロバ車を創ったり、車のラリーだけでなくロバレースを開催して、ロバ券も販売すれば、島の活性化に大いに役立つと思うのだが。私もロバ主になりたいと思い、burro anao と検索すると、なんとたったの数百ユーロ(数万円)で売買されている。血統書つきの犬猫より安い。どなたか希少なロバのオーナーになりませんか?
a0103335_7272558.jpg
おじさんが牧場で牛や馬の世話をしている間、ロバと犬はおとなしく待っている
a0103335_7283334.jpg
意外と美人です

 12時を少し回って昨日頼んだタクシーが迎えに来た。ドライバーのアントニオさんに、まず昼ご飯を食べるので適当なレストランに行くように頼んだ。彼が選んだのは島の中心の方にあるキンタ・ダス・グロッタス(QUINTA DAS GROTAS)という、地主の館を改装したレストランだった。ポルトガルの典型的な石造りの田舎家の建物で、内装も可愛いカントリー調で、窓からの眺めも良い。新しいホテルを除けばおそらくグラシオーザで一番大きなレストランだろう。メニューもサンタ・クルスのショボめの食堂とは違って郷土料理っぽいものが揃っている。
a0103335_729489.jpg

a0103335_805713.jpg

 前菜は島で作っているチョリソ。アソーレスのチョリソはニンニクやピメントがピリッと効いていて、本土のものよりもパンチがある。
a0103335_7342326.jpg

a0103335_7382149.jpg

 メインはタコのグリルを頼んだ。やはり赤いピメントがアクセントに添えられたタコはプリッとジューシーで、ブロッコリーはゆですぎず緑も鮮やかで、香りの良いオリーブオイルをたっぷり吸った皮つきの子ジャガイモもホクホクと美味しい。いつもは残すジャガイモを全部平らげてしまったので、デザートはパスしてコーヒーを頼んだが、帰り際にガラスケースに入っているものを見て激しく後悔した。昨夜プライア地区で食べたチーズプリンよりも更にクリーミーかつ濃厚そうなチーズ系デザートが何種類かある。ポルトガルのチーズケーキは原材料不明の「チーズケーキの素」を使ったような怪しげなものが多いが、この島のケイジャーダや昨日のチーズプリンは、コテコテの濃いミルクの味が本物だと納得させるものがある。このレストランのデザートもその期待をはずすことはなかっただろう。翌日から3日間絶食するつもりで食べておくべきだった。

a0103335_7402144.jpg
サンタ・クルスのカフェで食べたチーズタルト。リスボンにある類似のお菓子よりはるかに美味しい!

 食事後はこの島のハイライトである火山が造った洞窟、フルナス・デ・エンショフレに向かった。この島最大のクレーター、カルデイラの噴火口の底にある洞窟へは138段の螺旋階段を使って降りることができる。
 田舎道を走っていたタクシーがトンネルに入り、そこを抜けると、いきなり周りを高い森に囲まれた火山の真ん中にいる。樹木の濃い緑のリングの中に牛が放牧されている。駐車場で車を降り、坂道を上っていくと森の中にガラスとコンクリートでできた小さなモダン建築がある。それが洞窟の入り口だ。
a0103335_742564.jpg

a0103335_744292.jpg

 石造りの螺旋階段は中世の教会や城の塔のようだ。今は緑で覆われた噴火口の底にぱっくりと口を開けた深淵を初めて探検したのは19世紀、モナコ大公アルバート1世だった。白っぽい石の断崖にはコケや羊歯が生えているが、陽の差し込まない底のドームには生物の姿はなく、水が溜まっている。かすかなイオウの臭いがする。季節によってはイオウ臭が強くなり危険だということである。この山から湧く温水が海の方に流れ出てカラパッショ温泉になっているわけである。

 カルデイラを後にし、マリアという女性が隠れ住んでいたという洞窟、島でもっとも風光明媚といわれるセーラ・ブランカ(白山)などを周りながら4時ごろ空港に着いた。
a0103335_7455688.jpg

a0103335_748266.jpg

 グラシオーザ島で生まれ、2年間サン・ジョルジェ島にいた期間を除きこの島を離れたことのないドライバーのアントニオさんは、色々な質問に朴訥と答えてくれ、なかなか楽しい旅となった。空港で別れを告げる際、次の来訪はいつかと尋ねられ、わからないと答えたが、最後のレストランで食べなかったデザートとロバの散歩とカラパッショ温泉のためにまたグラシオーザに戻りたくなった。小さな島だが3泊4日では短すぎた。
a0103335_755813.jpg

[PR]
by caldoverde | 2012-07-24 08:05 | ポルトガルの旅 | Comments(6)
a0103335_5441512.jpg
夕映えのドン・ルイス橋とヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア

 ブラガのバスツアーが面白かったので、翌日はリスボンに帰る途中ポルトに立ち寄り、使用済みチケットの25%割引を利用してここでもバスツアーに参加してみようと思い立った。
 ところが期待はずれであった。日曜日の午後という時間帯も悪かったのかもしれないが、全然良くない、それどころかポルトという街を嫌いになりそうになった。

 まず切符を買うところからトラブった。運転手にブラガの切符とともに10ユーロを渡したら、釣りがないという。小銭を保管する箱がないから、釣り銭が出せないと言う。そんな馬鹿な。ポルトのバスツアーは3コース2日間有効で13ユーロで、10人以上のグループや他の街の同じ会社のツアーの切符を持っている客は25%割引の9.75ユーロになるとパンフレットに明記してある。それなのに25セントの釣りが出せないというのだ。おかしいではないか。食い下がると運転手は自分の財布から50セント玉を出して、向かいのインフォメーションスタンドで両替してもらってくれと私に頼んだ。スタンドの女性係員はここには現金がない、その辺のカフェで両替してもらえという。客がなんでそんなことをしなくてはならないのか納得いかなかったので、バスに引き返して50セントを運転手に返し、会社に文句をつけてやると言い渡した。
 たったの30円かそこらの金額ではあるが、釣りが生じる可能性が大いにあるのに、会社は車にもインフォメーションにも釣銭を用意せず、客の金をそのまま着服するのだろうか。許せん!
a0103335_540165.jpg

 出発時刻を過ぎてもだらだらと動こうともしなかった2階建て観光バスがようやく走り出した。イヤホンの差込みには日の丸が表示され、日本語のオーディオガイドがあることになっている。チャンネルを8に合わせてガイドを聞くと日本語が聞こえてきた。もう途中のようだ。お祭りか食べ物のことを話している。しかしここは世界遺産に指定されているポルトの歴史的地区のど真ん中、どの建物も立派で、いわくありげだ。なにか説明することはないのだろうか。

 そのうちに案内が突然ドイツ語に変わった。どのチャンネルをいじっても日本語は聞こえてこなくなった。仕方がないのでポルトガル語に切り替えた。

 バスは次の停留所のボルサ宮でもしばらく停まっていた。出発場所から一つ目の停留所で運転手が交代する。なぜ初めから別の運転手が運転しないのか意味不明だ。しかし交代した運転手はどこからか小銭を調達しにっこり笑いながら私に釣りを渡した。クレームをつけようという勢いはややそがれた。

 日曜も平日と変わらないような交通量のポルトの街中をとろとろとバスは走る。しょっちゅう信号や路上駐車の車、工事に引っかかる。それだけでイライラするのに、オーディオガイドの説明と見ているものがさっぱり一致しない。通り過ぎた後で建物の解説が聞こえる。そんなものはどこにあるのか、他の乗客もよくわからないようだ。ブラガは運転手の他にオーディオガイドを操作する女性アシスタントが乗っていたが、ポルトはワンマンカー。運転しながらボタンを操作するので、見ているものと説明との間にズレが生じるらしい。
 しかも説明と説明の間にはファドがかかる。1度ならいいが、何度も何度も同じ曲の同じフレーズを聴くのはうんざりだ。しかし聞き続けないと、いつ説明が始まるのか判らない。他の外国人も苦笑いしていた。
a0103335_541493.jpg

 中心部から海岸沿いの地区、レッサ・デ・パルメイラスに入ると渋滞がひどくなってきた。大通りをマリア様や聖人の人形を乗せた御輿がパレードをしている。この日は港の祭りのようだった。珍しいものを観たが、交通規制をしている大通りから抜け出すのに相当の時間がかかった。そしてやっと海に出たら、今度は海水浴客の車の列だ。通常は1時間のコースが2時間半かかった。
 他のコースはまともかもしれないと思い、別のバスに乗ったが、似たようなものであった。ブラガが良かったのに反し、ポルトのツアーはブーだった。

a0103335_5422283.jpg

 腹立ちはうまいもので鎮めなくてはなるまい。知り合いがやっているレストラン・ダ・アルジーラに行った。以前日本語のメニューを作ってあげたので、少なくともワインの1杯くらいはおごってくれるだろう。場所はポルトの観光名所のひとつである河沿いのリベイラ地区。石造りの土台の上にカラフルなアズレージョ貼りの鰻の寝床のような建物がひしめき合うレストラン街の中にある。ドウロ河と対岸のワイン倉、優美なドン・ルイス橋を眺めながらの食事は、少々高くてもショバ代が入っていると思えば許せるか。お勧めはタコのオーブン焼き。ドカベンのような赤土のキャセロールにはタコの足、ジャガイモ、さまざまな野菜がぎっしりと並べられ、ハーブやスパイスを効かしたオリーブオイルに浸っている。月桂樹のいかだに乗った赤い粒胡椒が見た目にも楽しく、また山椒のような清涼感を与える。
a0103335_543967.jpg

 黄金色からコバルトブルーに変わっていくドウロ河をうっとりと眺めながら柔らかなタコを食べていたら、またメニュー作りを頼まれた。よっしゃ、今夜はそっちの奢りだよ。
[PR]
by caldoverde | 2011-07-16 05:51 | シーフード | Comments(7)

食は辺境にあり

a0103335_6545320.jpg
 リスボンから車で約3時間の山あいの小さな町トンデラから、更に山に向かうくねくね曲った街道を登って行くと、キンタ・デ・ビスポスと言うファームホテルがある。見晴しの良い斜面には可愛い白いコテージが 5、6棟あり、その間にラランジャル(オレンジ畑) というレストランがある。太い松の梁が支える広々とした空間、大きくとったガラス窓からはトンデラの町と雪を抱くエストレラ山脈が見える。すばらしい眺めを見ながらの食事は、リスボンの中心部のホテルのレストランと比べても見劣りしない充実した内容と味である。
              ↓この白い線が雪です
a0103335_6471216.jpg
 給仕は、あいにくオリーブを切らしております、と申し訳なさそうに言いながらパンを運んで来た。ポルトガルではどんな安食堂も高級レストランもお通しはパン、バター、オリーブの実の3点セットが基本である。おそらく自家製のオリーブの漬物を出すはずだったがストックがなくなってしまったのだろう。しかし4種類のパンに手作り風ハーブ入りバターとツナペーストは前菜として十分な量。どれも試さずにはいられない。もしオリーブもあったら料理が来る前にワインが空になり、お腹の空きスペースはかなり少なくなっていたはずだ。この地方のワインは檀一雄の愛したダンワイン。代表的な銘柄は「キンタ・デ・カブリス」、スーパーで3~4ユーロで買える大衆的なものであるが、産地で飲むとなんとなく味がグレードアップしたように感じる。

a0103335_648379.jpg
 この地方の代表的な料理は「タコのオーブン焼き(ポルヴォ・ア・ラガレイラ)」だそうだ。こんな海から離れた場所でタコ料理?と不思議に思われるが、名物をはずす訳にはいかない。リスボンでタコを注文するとイカの足みたいな細いのが出てくることもあるが、これは刺身にできそうな立派なものだ。どうせ冷凍だろうとさほど期待せず食べてみると、食べやすい柔らかさながらプリッとした弾力があり、とてもジューシーである。付け合せは海老、トウモロコシパンに色とりどりの野菜を混ぜたそぼろ、オーブンで焼いた皮付きジャガイモ、と見た目も楽しく様々な食感が楽しめる。

a0103335_6493075.jpg
 このベイラ地方の郷土料理としては山羊肉をじっくりとワインで煮込んだシチュー 「シャンファナ」が有名だが、オーダーは二人前から。これだけで満腹必至である。色々な料理を試してみるという我々のミッションを遂行するため選ばれたのは仔山羊のオーブン焼き。山羊や羊は臭いがあるのではという先入観が頭をよぎるが、この仔山羊のローストは下味に何のスパイス(カルダモンかナツメグ?)が使われているのか、爽やかな香りが感じられる。肉には脂肪がたっぷり乗っているが、この下味のおかげでそれほどしつこさ油っこさが感じられず、とても美味しい。付け合せは鮮やかな青菜の炒め物と皮付きジャガイモ。バターのような甘みのある青菜と肉汁の絡んだジャガイモは山羊と互角のうまさ。

a0103335_6501612.jpg
 ラムのはちみつマスタードソースなどという洒落たものもある。ポルトガル料理はトマトやニンニクで味つけしたものが多いので珍しい。九本もの骨付きのラム肉が辛うじて繋がっている状態で切れ目を入れられ、ピンクの断面をチラッと覗かせている。肉はとても柔らかく、羊臭さは全く感じられない。牛肉よりもクセがなく、あっさりした上品な味だ。西洋・中近東の宗教的な儀式やお祭りのごちそうは羊。羊と共に長い歴史歩んできた彼らは羊を美味しく料理する術を知っている。

a0103335_6505837.jpg
 楽しい食事の締めくくりは自家製ママレードを使ったパイと、フォンダンショコラ・アイスクリーム添え。庭のオレンジから作ったママレードは甘さ控えめの自然風味でパイ皮も薄く軽く油っこさを感じさせず、たらふく食べた後のデザートへの罪悪感を和らげてくれる。天使と悪魔のコンビ、フォンダンショコラとアイスは明日からのダイエットへの新たなモチベーションと、食後約10時間は補充の必要がない十分なカロリー供給を約束する。
a0103335_6513566.jpg


 小さな田舎町の更にはずれの山の中にあるファームレストランは、都会の有名シェフのレストランにひけをとらないような良質の味を田舎の値段で提供してくれる。しかしここまで来るのにリスボンから幹線高速道路を2時間、カーブの多い山中のトラック街道を1時間、途中地元の人に道を尋ねること三度という長い道のりであった。付近にカラムーロというミネラルウォーターと温泉で有名な町があるので、コインブラからそこを目指したほうが分りやすいだろう。カラムーロには行ったことがないが、クラシックカーの博物館があるらしい。車とドライブが好きな方には楽しい旅になると思う。

http://www.quintadebispos.com/
[PR]
by caldoverde | 2010-04-15 07:11 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

たこづくし

 子供のころ何かの本で、西洋人はイカやタコは、うろこがないためだか、その奇怪な容貌のせいかで、悪魔の魚といって食べないという話を読んだ。ところが、日本にとって最初に出会った西洋人たるポルトガル人はイカやタコが大好きではないか。きっと400年前長崎や堺に住んでいた南蛮人たちは、タコ焼きやイカのぽっぽ焼きが大好きだったに違いない。(もしその頃あればの話だが)ひょっとすると、ポルトガル人がイカタコ食を日本に導入したと言う可能性は…多分ないだろう。イカタコが好きなのは共通しているが、味付けにはほとんど共通点がないからだ。
 
 日本では、タコは刺身、酢の物、たこ焼き、おでんの種。イカなら刺身、焼き物、煮物、てんぷら、干物、イカ飯、塩辛などが代表的な調理法だろう。
 一方ポルトガルでは、タコは茹ダコ、オーブン焼き、ワイン煮、トマト煮、てんぷら、サラダ、リゾット。イカなら炭火焼、オーブン焼き、トマト煮、カルデイラーダ(鍋物)、白いんげん豆と煮たもの、イカの詰め物、てんぷらなど調理法の多彩さにおいては日本に負けていない。味付けも日本はほとんど醤油味であるが、それに対してポルトガルはあっさり系塩味、地中海系オリーブ・トマト味、濃厚系ワイン味など多様である。イカやタコの種類も日本同様何種類かある。ポルトガルには独創的なイカタコ料理があるなあと感心したものだ。
 
 ポルトの有名なレストラン「トリペイロ」で日本人ツアーのグループがとった食事は、タコのてんぷらだった。一口大に切らずに、20cmくらいの足を丸ごと揚げたてんぷらを見て、顎の筋肉がこわばっていくのを感じたが、食べてみてびっくり、意外なほどに柔らかい。ツアーの人たちは皆、どうしたらタコがこんなに柔らかくなるのか知りたがった。店の人によると、かなり念入りに下ごしらえをするということだ。圧力鍋で煮るとき、より柔らかくなるように玉ねぎを一緒に入れるとか、茹でる前か後に棒でボコボコたたくとか、さらに衣をつけて揚げる前に牛乳に浸しておくとか、色んなコツがある。それを聞いて家でタコ天を作るのは諦めた。
 同じくポルトのリベイラ地区のある店でのツアーのメニューはタコのシチューだった。オリーブオイルたっぷりのトマト風味のソースで長いままのタコの足を煮込んだものである。これも柔らかくて美味しいと評判だった。
 ポルトガルツアーのメニューによく登場するのが、タコのリゾット。シーフードリゾットと並んで、最も日本人の好みに合ったポルトガルの食べ物の1つだろう。
 バールのつまみやレストランの前菜に時々タコのサラダが出される。細かく切ったタコにピーマン、トマト、玉ねぎ、コリアンダーなどを混ぜた彩の良いサラダである。
 写真は以前に紹介したアソーレスレストランで友人が食べたタコのワイン煮。見かけどおり、かなり強いタコの風味。パンの薄切りが添えてある。ごはんだったら何杯もお代わりできそう。
a0103335_23545990.jpg


 ここで、笑える?メニューを2つ。昼飯を食べるサラリーマンやOLでにぎわうリスボンのカフェで、スーツにネクタイ姿もりりしい男性がペンと受話器をナイフとフォークに持ち替えて食べていたものは、どこからか「たこで~す。」と間抜けな声が聞こえてきそうな、おっきな1本の茹でたタコの足だった。太さが5cm、長さは30cmはありそうな、足の先がくるんと渦巻き状に丸まった特大タコの足を、きりりとしたダークスーツに身を包んだビジネスマンがまじめな顔をして食べている。タコの他にはごろんと茹でたジャガイモが2個、ただそれだけ。男性の生真面目な外見やエレガントな物腰と、身も蓋もないような料理とのギャップがものすごく可笑しかった。
 もうひとつは、友人がアソーレス観光のプロモーションで食べたと言う信じられないイカタコ料理。イカの詰め物は日本でもポルトガルでもおなじみの料理で、詰めるものは米、自分の足、野菜やハム・ベーコンなど様々であるが、なんとこのプロモーションで出されたアソーレスのイカの詰め物にはタコが入っていたそうだ!いったいどんな発想なんだ?じゃあ、タコの頭にイカを詰めたものは存在するのか?ううむ、やはり彼氏を調達してアソーレスに行く必要が生じてきた。
[PR]
by caldoverde | 2007-05-08 00:00 | シーフード | Comments(4)