ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:テージョ河 ( 3 ) タグの人気記事

a0103335_01343337.jpg

春満開のテージョ河畔

年に一度か二度、真空包装のうなぎの蒲焼きをリスボンの日本食品店から購入する。値段は15€ほどなので、3〜4個1パックで5€(‼︎)の納豆に比べればそう高いものではないかもしれないが、たまの楽しみ、たまの贅沢だ。甘辛いタレが満遍なく絡めてあるので、皮と脂肪が分厚くて身が若干薄かろうと、まあまあ美味しく食べられる。しかし日本の鰻屋のうなぎのような、香ばしくふっくらと焼けたうなぎを食べるのは、異国では叶わないのだろうか。

エキスポ地区から伸びるヴァスコ・ダ・ガマ橋を渡った対岸には、塩田や潟が広がり、夏の雨の少ない時期には河の中央にも泥の中州が出現する。緩やかな流れの水は満潮になれば海水の混じり合う汽水となる。そこには様々な生き物が棲み、豊かな生態系を作った。昔はテージョ河沿岸に住む人々は、その日の糧を欠くことはなかったそうだ。それだけ魚や貝がたくさん採れた。その中にうなぎもいた。

ポルトガルのうなぎの料理というと、ぶつ切りにしたうなぎを野菜とともにトマト味で煮込んだカルデイラーダや、まだ細い若いうなぎに衣をつけて揚げた天ぷらが代表格だ。というか他に知らない。そういううなぎ料理を食べる度に蒲焼きの美味しさを思い出していたのだが、ついに日本のうなぎ料理と肩を並べられそうなメニューに出会った。
a0103335_01343469.jpg

青空に泳ぐうなぎの看板

リスボンからヴァスコ・ダ・ガマ橋を渡ったところにあるモンティージョという町に「うなぎの家 Casa das Enguias」というレストランがある。その名の通り、看板はうなぎ、うなぎ料理がスペシャリティである。と言ってもうなぎのメニューは、上記の二点に加えて、うなぎの炭火焼の3種類しかない。なお、松竹梅のランクもない。店員にうなぎの炭火焼とはどんなもんか、聞くまでもないことを尋ねた。それは開きにして塩だけで焼いたものだという。ん?それってうなぎの白焼きに近いものではないか。

ポルトガルの魚料理の大半はシンプルな塩焼きだが、素材の新鮮さが左右するごまかしの効かない料理でもある。また泥に住む魚であるうなぎは、日本の専門店では何日かきれいな水に放して泥を吐かせてから調理されるが、ポルトガルでそんな丁寧な下ごしらえをするのだろうか?
a0103335_01343433.jpg

これで2人前ですが3人でも十分な量

そんな心配は杞憂だった。プリッと弾力のある白いうなぎの身は硬くもなく柔らかすぎもせず、日本のスーパーの特売品の皮がゴムのような輸入うなぎとは雲泥の差であった。十分に脂がのっていて、とろけるような味を、粗塩がキリッと引き締める。しかも全然泥臭さがない。レモンを絞ってかけるとこれまたまたさっぱりして美味しい。タレにごまかされない、うなぎ本来の味が十分に堪能できる。こんな上等のうなぎなら蒲焼きにしてもさぞ美味しかろうと思うが、これだけ臭みがなければやはり白焼きのままの方が良いかもしれない。次に来る機会があれば、わさび、醤油、ポン酢を持参しよう。

[PR]
by caldoverde | 2016-04-26 01:23 | シーフード | Comments(4)
a0103335_18484458.jpg

 ポルトガルで現在最も人気の高い女流アーティスト、ジョアナ・ヴァスコンセーロスの作品がヴェネツィアからリスボンに凱旋した。
 テージョ河を往復していたサビだらけのオンボロフェリーが、彼女の手によって、タイル、コルク、レース編み、アップリケなどのポルトガルのフォークアートの素材をふんだんに用いて飾り立てられ、「ポルトガル館」として生まれ変わり、2013ベネツィア・ビエンナーレ展に参加したのだ。
 美しく蘇ったフェリーはジョアナの作品を展示するギャラリーとして、またテージョ河からリスボンの眺めを堪能できるクルーズ船として、4月から第二の人生を歩み始めた。
a0103335_18484510.jpg

 船体はテージョ河沿いに広がるリスボンのパノラマを描いた青と白の爽やかなアズレージョ(タイル)。オレンジのラインはフェリー時代の名残だが、色の対比が美しい。
a0103335_18484855.jpg

 デッキにはコルクのスツールやテーブルが備えつけられている。柔らかく暖かい感触で坐り心地抜群。万が一沈没しても救命具になるかも?
a0103335_18484984.jpg

 ジョアナの作品を展示するギャラリーは、海底をイメージしたオブジェ群。ポルトガルの田舎のおばちゃんがせっせと作ったかぎ針編み、パッチワーク、刺繍などを駆使した、巨大なヌイグルミに発光ダイオード、LEDライトのネオンを纏いつけ、神秘的な雰囲気を醸し出している。時折船の軋む音が鯨の鳴き声のようで、ますます深海の中にいるような感覚になる。
a0103335_1848502.jpg



 クルーズはカイス・ド・ソドレ駅そばから出発し、火曜日から金曜日は11:00、16:00、19:00の3回、土日は更に13:00の回も加わり4回出港する。クルーズは約1時間、月曜日はお休み。料金は18€。船が岸壁に付いている時はギャラリーの見学のみも可能で、こちらは入場料6€。
 残念なのはデッキで飲食できないこと。川風に吹かれながらポルトガル産ワインなど最高なのにねえ。しかし団体への貸切は可能だそうで、その場合は船上でパーティを開けるかも。
a0103335_18485196.jpg

[PR]
by caldoverde | 2014-05-22 18:41 | カルチャー | Comments(0)

テージョ河アート散歩

a0103335_18555176.jpg
 リスボンの母なる大河テージョ、その川沿いのカイス・ド・ソドレ駅を起点に河口に向かって伸びる6kmの道は愉しいウォーキング・サイクリングコースとして市民に親しまれている。週末や休日には多くの家族連れ、カップル、個人、犬が散歩やジョギング、釣を楽しみ、私もたまにサイクリングに行く。終点にはベレンの塔、発見のモニュメント、ジェロニモス修道院と有名な建造物が集まっているが、この3点セット以外にもコース沿いには見所は多い。
 10月5日は共和国記念日、ジェロニモス修道院のそばにある大統領官邸ベレン宮殿が一般に無料で公開され、コンサートも行われるということで、愛車のピンクのブロンプトンでベレン宮殿までサイクリングに出かけた。

a0103335_18591876.jpg
 スポーツの前に欠かせないのはエネルギー補給である。(自宅からカイス・ド・ソドレまでは下り坂、川沿いは高低差ゼロなのだが)10月に入っても連日30度の真夏日が続いているので、冷たいものが最高にうまい。バイシャ地区のプラタ通りのコメルシオ広場寄りにあるアイスクリーム屋「フラゴレット」は、イタリアで修行した女性オーナーが作る季節感溢れるフレーバーや独創的な素材・組み合わせのジェラードが豊富で、行く度に新製品に出会う。この日は3種のチョコのジェラードでカロリーは貯金できるほど補充した。

 ポルトガルの青空は何もかも青く染める。赤い4月25日橋もこの通り。
a0103335_1932672.jpg

 4月25日橋のたもとでは現代アートのプロジェクトが開催中で、橋脚をポルトガルのかつての美男美女の巨大な写真が飾る。
a0103335_1965011.jpg
a0103335_193849.jpg

 発見のモニュメントとベレンの塔の間にある日本庭園。西洋人がイメージする「禅」はこんな感じ。
a0103335_1992219.jpg

 普段は外側から見るだけの大統領官邸は、元は18世紀の王様がブラジルで採れた金によって贅の限りを尽くして建てた宮殿。内部は豪華なシャンデリア、絨毯、絵画、彫刻が過剰にならず上品に配されている。
a0103335_19162798.jpg
大統領のデスク。
a0103335_19141926.jpg

 庭はテージョ河を借景にした、素晴らしいフランス式庭園である。
a0103335_1912419.jpg

 遠くからはなんとなく青いものがあるとしか認識できなかったベレン宮殿のテラスのアズレージョは、近づいて観るとポルトガル美術史上最高の珍作だった。
a0103335_19175515.jpg
4番バッター、ヘラクレス登場!
a0103335_19224074.jpg
大見得を切るヘラクレス。
a0103335_19243121.jpg
人食い馬と戦う英雄。しかし手足の関節が脱臼している。
a0103335_19264348.jpg
ポルトガル女性に多い静脈瘤の脚のヴィーナス。
[PR]
by caldoverde | 2011-10-09 19:41 | カルチャー | Comments(6)