ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:バカリャウ ( 2 ) タグの人気記事

バカリャウの王様

a0103335_05411998.jpg

バカリャウの一番の友達はオリーブオイル

友達が仕事でリスボンに来た。いつもたくさんのお土産を持って来てくれるので、ご馳走することにした。タラかロブスターか選んでもらった。ロブスターと言われたらどうしようと内心ドキドキしていたが、海老は苦手という事でホッとした。先日友人にご馳走するからと大見得を切ってロブスターを頼んだら、お勘定が100€超えていた。(涙が)見えないようにカードで支払った。でもあんな美味しいものを食べたのは久しぶりだった。

ロブスターに負けない美味いタラ料理をと、リスボンのタラ料理専門店別名バカリャウの王様こと「ラウレンティーナ」にご招待した。メニューの最初のページはタラ料理で埋まっている。タラの身を一口大にほぐしたもの、かき揚げ、タラとジャガイモの卵とじ(バカリャウ・ア・ブラス)、ほうれん草とグラタンにしたもの、リゾット、大きな切り身を焼いたもの、茹でたもの、魅惑のタラ料理が10種類ほど並んでいる。友達はタラの身を一口大にほぐしたものにパン粉をのせて焼いたもの(バカリャウ・コン・ブロア)、私はこの店のスペシャリティというベイラ風タラの菜っ葉煮とでも訳す料理(コウバーダ・デ・バカリャウ)を頼んだ。

a0103335_05411982.jpg

香ばしい黄金色のブロアというトウモロコシパンの粉はカリッと歯に心地よく、白いツルッとしたタラの身を柔らかい青菜が受け止め、ジャガイモやソースが優しいハーモニーを奏でる、ケーキのように繊細優美なタラ料理、バカリャウ・コン・ブロア。

a0103335_05412045.jpg

一方赤土の土鍋に入ってやって来たタラの菜っ葉煮は、田舎料理らしく無骨で豪快だ。鍋いっぱいに敷き詰めた青菜の上にどーんとのせたタラの切り身、青菜の下には丸ごとのジャガイモ。こんがり揚げたニンニクスライス。菜っ葉をすくえばエメラルド色のオリーブオイルが滴り落ちる。
青菜はとても柔らかくてアクもなく、ニンニクとタラとオリーブオイルの旨みが絡んでとても美味しい。

a0103335_05412077.jpg

デザートはラズベリーのミルフィーユ

昔は庶民の食べ物だったタラは、今は100%輸入品の高級食材である。料理の材料の中でタラの割合が多ければ多いほど、切り身が厚ければ厚いほど、値段は高くなる。バカリャウ・ア・ブラス、バカリャウ・コン・ナタ、バカリャウ・ア・ゴメス・デ・サー、パスティス・デ・バカリャウ(タラコロッケ)などは、主原料はジャガイモなのだが、タラの風味とテクスチャーはそれぞれの料理に消し難い印象を与える。大した量を使わなくとも他の材料をタラ味にしてしまう干し鱈(バカリャウ)は偉大だ。

私もポルトガル人に負けないくらいタラが好きだが、嫌いな点は、時々骨が隠れている事と身が歯に挟まりやすい事だ。最近差し歯を入れていた前歯の歯根が折れてしまい、抜歯してインプラントを入れなくてはならなくなった。歯を抜いたところに仮歯を嵌めていたのだが、気をつけて食べていたつもりだったが、タラの小骨をガチッと噛んでしまい、仮歯が外れてしまった。更に悪いことに、歯医者に応急処置に行く前にきれいにしようと歯を磨いたら、かろうじて引っかかっていた仮歯がポロっと取れて、洗面台にコン、と落ちて消えてしまった。多分排水口に入ってしまったのだ。数ヶ月後に2千ユーロ以上かかるインプラント手術を受けるまで、歯っ欠けババアでいるか、取れるたびに安からぬ仮歯を作って凌がなくてはならぬのか、悩みが尽きない。バカリャウのバカヤロウ〜!

[PR]
by caldoverde | 2017-03-12 05:34 | シーフード | Comments(0)
a0103335_492945.jpg
中央の黒い人影は民族衣装を着た男女の銅像

ミランダ・ド・ドウロに来たらぜひ見ようと思っていたのは、博物館だった。23日の夕方にバスが着いて、ホテルに入った後、夜の旧市街を散歩した。街の中心の広場に面した博物館はちょうど閉館するところだった。明日ゆっくり見ようと、開館時間や休業日を確かめて、24日の朝9時に再び博物館に行ってみたら、人の気配がない。途中観光案内所に寄ったら「慣例により24〜26日は休業とする。市役所」という内容の張り紙があったので嫌な予感はしていたが。公式には24日は開いていることになっている。Xマスイブの見学客は私くらいであろうことはわかるが…しょうがないので、町の古い建物をじっくりと観察することにした。
a0103335_493096.jpg

現在は「ミランダ語会館」になっている中世に作られた石の建物には面白い飾り?が付けられている。クレヨンしんちゃんがやるように空中に突き出した尻と、変な顔の彫刻だ。なんでも尻はスペインの方角に向けられていると言う。
a0103335_493156.jpg

a0103335_493391.jpg


また昔の旅籠にはワイン樽、葡萄、酔っ払ったような人の顔の彫刻がある。この宿では旅人を暖かいワインで迎えたのだそうだ。彫刻が看板になっているのである。
a0103335_493421.jpg

a0103335_493522.jpg
中央の人物は目が星になっている

遠くからもよく見えるカテドラルは16世紀の建築好きの王様が作った立派なものである。中にはこの町の守護神である幼子イエスの像が祀られている。この子供のキリストは、シルクハットをかぶり、派手な衣装をつけていて、顔が何となくのほほんとしている。はっきり言って手品師のようである。どの土産屋にも様々な衣装の幼子イエスの人形があり、ぜひ本物を見たいと思ったが、カテドラルはこれまた冬季休業中だった。
a0103335_493732.jpg
イブの夜、カテドラルの前に集められた焚き木に火がつけられる
a0103335_493818.jpg
ひょうきんな幼子イエスの人形

ドウロ河に降りる長い折り畳みの坂道は、ダムの上を通りスペイン側に抜ける。途中まではウォーキング用の歩道があるが、それから先は誰も歩く人はいない。ほとんど直角に近い崖に沿っているので、数百m先で折り返してまた数百m下ってまたターンを繰り返すという相当長い道のりだ。近道らしき道や階段を降りてみたが、いずれも途中で行き止まりで、ダムまで行くにはやはり車道を行くしかないようだ。引き返す途中、渓谷の絶景に加え、可憐な高山植物のような草花や、複雑に褶曲した地層などを観察するのもまた楽しかった。
a0103335_493969.jpg
ダムを渡るとかつてのスペインの入国管理局がある
a0103335_494033.jpg
アーモンドの実
a0103335_49413.jpg
渦巻き状の地層
a0103335_494292.jpg
小さな蘭のような花
a0103335_494370.jpg
紅葉も少し見られる

昼食はこの地方の民族衣装の名前を店名とした「カパ・ド・オンラス(栄誉のマント)」でバカリャウ(鱈料理)を食べた。ポルトガルのXマスイブのご馳走はバカリャウなので、私も伝統に従って鱈を食べることにした。客は私一人、それに対して支配人、給仕、調理人と少なくとも3人が私にサービスするので、申し訳ないような気持ちになったが、後から姉妹とその娘と思しき若い女性3人が入ったので、開けてて良かったねとホッとした。
a0103335_494471.jpg
ポルトガル人なら誰もがよだれを流す鱈
a0103335_494578.jpg

a0103335_49478.jpg
店に飾られた「カパ・ド・オンラス」

午後はタクシーで、自力で行くことができなかったダムや町の周辺を走ってもらった。運転手も、ホテルのおじさんも、土産物屋の主人も、訛りの強い言葉で話すので、ミランダ語ですか?と聞くと、いや、普通のポルトガル語だと答えが返ってきた。半分スペイン語になってますが…町の標識などにはミランダ語とポルトガル語が併記されているが、お店はスペイン語のPOP広告が多い。それだけ町の経済にとってスペインは重要なのだろう。 ポルトガルの公用語として地元の小学校でも教えているミランダ語は綴りが難しい。ポルトガル語ともスペイン語とも違う言葉だ。
a0103335_494821.jpg
ポルトガル語ではRUA DO CONVENTO(修道院通り)
[PR]
by caldoverde | 2014-12-26 03:23 | ポルトガルの旅 | Comments(6)