ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ポルトガルの安全 ( 1 ) タグの人気記事

a0103335_21140704.jpg


まだ6月だというのに、リスボンで40度を超えた。あまり暑がりではない私が暑いと感じるのは、だいたい35度以上の時だが、今日は乾燥したリスボンでさえ日本の真夏のような不快感を感じた。このような時期にはポルトガルではしばしば山林火災が発生するのだが、土曜日に起こり、60人以上もの犠牲者を出したペドロガン・グランデの火事は歴史上稀に見る大惨事だった。数日前ロンドンで起こった高層アパートの大火災の記憶も生々しい中、度重なる悲劇に、人々は大きなショックを受けた。

ポルトガルの夏は高温で乾燥するので、山火事がしばしば起こる。原因は気象条件に由来する天災の要素も放火や失火などの人災の要素もある。今回のペドロガン・グランデの火災は40度を超えるような気温の中、雨を伴わない落雷があり、それが発端となって山火事が起こり、強風で火が瞬く間に広がった。国道を走って逃げようとした車は煙で方向を失い、互いにぶつかったり、立木に衝突したりする間に煙に巻かれ、あるいは猛火に襲われて車の中で亡くなった犠牲者が多いということだ。逃げるための道具であった車が逃げ場を塞ぐ罠になってしまった。灰に近い状態にまで焼けた車は、いかに火の勢いが烈しかったかを物語る。

a0103335_21140793.jpg

1988年にシアード地区が大火災にあったリスボン

基本的には台風、地震、噴火などの自然災害が少ないポルトガルであるが、毎年大規模な山火事が発生している。喉元過ぎれば熱さを忘れるごとく、効果的な山火事対策は遅れており、このように人命を巻き込んだ山火事は、ますます暑くなる今後も起こる可能性は充分にある。人々の防災意識も希薄で、タバコの吸殻を平気でポイ捨てする輩も多い。どこか安全は消防署や警察任せという風潮を感じる。

a0103335_21140870.jpg

老朽化した建物も多いポルト

リスボンやポルトは今や世界で最も人気のある観光地で、歩道や古い建物の改装が進んでいる。しかし街は建物が密集し、道は狭く、路上駐車の車や、道路に張り出したテラス席などの障害物が多い。地震だって100%ないとは言えない(というか、必ず起こるぞと言う人もいる)。ポルトガルに限らず、旅行に来たら、避難場所や避難経路を確認しよう。パニックに陥らず、安全に逃げられるように。また怪我、病気、盗難に遭う方が増えている。お守りとして旅行保険は必ず加入して下さい。お願いです。



[PR]
by caldoverde | 2017-06-18 21:04 | ポルトガルの旅 | Comments(4)