ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ポルトガル映画 ( 5 ) タグの人気記事

リスボンを聞く

a0103335_21383409.jpg


帰省中の仙台で、リスボンを舞台とした映画を見る機会があった。ポーランドの監督による「イマジン」は、英国、ルーマニア、ポルトガルのキャストで、全編リスボンで撮影が行われた。ドラマチックな展開や、情熱的なシーンがある訳でない、どちらかというと地味な映画だが、ジワジワ来るものがある。観光地として有名なアルファマ地区やバイシャ地区、名物の市電28番が頻繁に登場するが、それらはポルトガルの旅に誘う魅力的な風景としてではなく、生死を分かつ危険をはらんだ戦場のような所として扱われている。主人公たちは何があるのか、何が起こるのかわからない戦場への冒険を試みる。

この映画の主な舞台は、リスボンのとある盲学校である。白い塀に囲まれた、古い修道院の建物を借りた盲学校兼クリニックに、全盲のイギリス人の助手が赴任する。彼は、指や舌を鳴らし、その反響音によって、周囲にどんなものがあるか知ることのできる「反響定位」というテクニックで、白杖を使わずに歩くことを試みる男だ。

a0103335_21383481.jpg


責任者の医師は、生徒を決して危険に晒さないように指導することを、厳しく英国人助手に言い渡す。はじめ生徒たちは杖を使わないで歩くこの男を信用せず、実は目が見えるのではないかと様々なイタズラを仕掛けるが、次第に心を開き始め、外の世界を知りたいと願うようになる。

ある日、英国人助手は隣の部屋の美しいドイツ人女性と健常者同士のカップルを装い、杖なしで街に繰り出す。下町のバールの、地元の老人や観光客やボーイとのたわいない会話から、彼女は塀の外の未知の世界へと想像の翼を羽ばたかせる。

a0103335_21383508.jpg


教会の鐘の反響を聞いて、大きな船が来ていることを知った英国人助手は、生徒の一人と共に夜の港に出かける。彼らは一歩間違えば海に落ちる岸壁ギリギリに沿って歩きながら、正確に船を探しあてるが、小石を投げながら歩く2人の男を不審に思った警官によって連行される。

白杖を使わないことによって自らも幾度も怪我をし、生徒にとって危険だと判断された英国人助手は、盲学校を去る。塀の外に出た助手を、ドイツ人女性が杖なしで追う。車や市電が行き交う段差のある道を横断し、歩道に設置された変圧器や鉄棒などの様々な障害物を避けながら、彼女は英国人助手とコーヒーを飲んだ階段下のカフェに行き着く。古いアパートの建て込む狭い路地の向こうに、リスボンを出港する巨大な船が横切っていく。教会の鐘が鳴り響く。市電の警笛も、車の騒音も、人の話し声も石畳の道に響き、反響する。すぐそばのテーブルには追っていた英国人助手が…

映画の宣伝では、盲目の男女のロマンスとして扱われているが、私には目の見えない人々の知覚が捉える世界を、そして私たちにとってごく普通の環境が、彼らにはいかに過酷で危険であるかを、垣間見ることのできる興味深い作品だった。
盲目=闇というイメージは、舞台となる修道院の真っ白い壁や眩しすぎるリスボンの陽光によって揺らぐ。視覚を持たずに生まれてきた人々の、意外なほどの敏捷さや鋭敏さ。音に集中することで様々なものが形をなすという驚き。「見える人は見ようとしない」主人公の英国人助手の言葉は示唆に富む。時には「目を閉じて」何かを見ようと試みるのも大事なことだ。

オフィシャルサイト http://mermaidfilms.co.jp/imagine/

[PR]
by caldoverde | 2015-08-05 21:31 | カルチャー | Comments(2)
世界最高齢の映画監督、マノエル・ド・オリヴェイラが、4月2日、ポルトで死去した。106歳。昨年まで制作を続け、生涯に残した映画は70本以上に及ぶ。この日のTVニュースはずっとこの偉大な監督の業績をたたえ続けいる。
オリヴェイラ監督の独特のスタイルは、国内外の評論家に高く評価されている。日本でも「芸術映画」専門の独立系映画館で特集されたり、NHKの衛星放送でも放映されたので、インテリな映画好きの間では知名度は高いだろう。では、ポルトガル国内での人気はどうだったのだろうか。
a0103335_7205167.jpg
「アブラハム渓谷」

新作が発表されるとリスボンの1、2の映画館で長くて3週間上映される程度で、とても大ヒットとは言えない。ポルトガル人でさえ、オリヴェイラ監督の映画は退屈だ、という人が多い。私も何本か見たが、動きの極端に少ない画面で主人公のモノローグが延々10分も続く演出に、イライラするか爆睡するかのどちらかだった。リアリズムとはちょっと違う様式美というか、演劇的な要素が多分にあり、また文学作品や史実などを独自に解釈した作品が多いので、教養のない私にはさっぱり面白くないのだった。それでも映像の美しさは抜群だ。



しかし一般大衆受けするような「解りやすい」映画もある。初期の「ドウロ河」「アニキ・ボボ」などは、イタリアのネオ・リアリズモの影響を受け、ポルトの庶民の生活を力強く、愛情を込めて描いている。



オリヴェイラ監督はポルトのブルジョアの家庭に生まれ、若い頃はスポーツ万能で、カーレースに出たり飛行機を操縦したり、棒高跳びの選手でもあった。俳優としてポルトガルの喜劇映画にも出演している。ヴィム・ヴェンダース監督の「リスボン・ストーリー」ではチャップリンの真似をして軽やかな足さばきを披露しているが、この時すでに80歳を超えている。



リスボンのアルファマ地区を舞台にした「階段通りの人々」では、しみったれた、しかしどこか憎めない小市民の姿を描く。リアルなポルトガル人の生活や内面をバラしてしまったこの作品は、ある人には不快に感じたようだ。これも解りやすい作品。



一般的な商業映画にはない、ゆったりしたテンポ、暗示的な描写を多用した映像美、詩を読むようなセリフの言い回しなど、独特の世界を築き上げたオリヴェイラ監督。その作品はポルトガルのみならず、世界の映画芸術における宝となるだろう。
[PR]
by caldoverde | 2015-04-03 06:34 | カルチャー | Comments(2)

酔っ払いの木

 初夏のジャカランダと並んでリスボンの美しい花木といえば、初秋に咲く「酔っ払いの木」。濃いピンクの細長い花弁は縁がフリルの様に波打ち、花の中心部は黄味を帯び、白地に濃い紫の斑点模様。大きさは10~15cm、割りと大きな花だ。そのあでやかさは人気の極みの女優のようだ。
a0103335_2132872.jpg
カテドラルの鐘楼と
a0103335_21112069.jpg
ジェロニモス修道院と

 しかし幹を見るとぼってりした下半身デブで酒飲みのビール腹のようである。この姿が「酔っ払いの木」別名「トックリキワタ」と呼ばれる由縁である。おまけに幹の表面はびっしりと棘で覆われている。まるで男性の髭の剃り残しのような。木の周りには重すぎて風に吹き寄せられることもない花弁が、打ち上げられたヒトデのようにぐったりと横たわり、通行人に踏み潰される。
a0103335_2194875.jpg

a0103335_2114649.jpg

a0103335_21123644.jpg


 トラベスティと呼ばれる女装した男性の芸人が後輩に人気を奪われ落ち目になっていく、芸(ゲイ)の世界の愛憎を描いたポルトガル映画「Morrer Como Um Homem(男として死す)」がある。「酔っ払いの木」は精一杯着飾りながら、肉体の衰えにおののく中年男であるこの映画の主人公を思い出させる。



a0103335_21182319.jpg
酔っ払いの木の下で飲む酔っ払いたち
a0103335_21363235.jpg
a0103335_2138293.jpg
木によって花の色や形が違う
[PR]
by caldoverde | 2012-10-02 18:56 | 動植物 | Comments(6)

リスボン、シネマの都

a0103335_865232.jpg
 ポルトガルではクリスマスと元日はお店はどこも休み。ポルトガル人の生命維持装置であるカフェでさえ、この日に開いているところを探すのは困難を極める。街は閑散としている。唯一営業しているのは映画館だ。

 ポルトガルは比較的映画が安い。ショッピングセンターには映画館があり、5ユーロから6ユーロで最新の映画が見られる。また、シネマテカという映画の博物館では非常に安い料金で珍しい映画や歴史に残る名作を見ることができる。月ごとにテーマが設けられ、それに関連する映画が日替わりで上映される。日本の監督の特集も時々行われる。私はここで初めて小津安二郎や黒澤明の映画を見た。リベルダーデ大通りからちょっと入ったところにある、瀟洒なお屋敷を改装した建物で、素晴らしいアラブ風の吹き抜けと、古い映画のポスターが壁に飾られたお洒落なカフェがある。
a0103335_88782.jpg
 
 残念なことにリスボンの名画座はこの10年間の間に次々と姿を消してしまい、皆同じようなハリウッド娯楽映画を上映するシネコンばかりになってしまった。館主がこだわりを持って選んだ良質の作品を見せていた、古くて汚いが格安の入場料の映画館はほぼ絶滅した。

a0103335_8195575.jpg
 街には映画の黄金期に作られた歴史的な映画館のいくつかが、他の用途に転用されたり、廃墟となって残されている。エストレーラ大聖堂から市電が坂を上っていく途中、板塀に囲まれ、窓をレンガで塞がれたPARISという昔の映画館の残骸がある。落書きだらけで朽ち果てて今にも倒壊しそうだ。こんな状態になってもう何十年も経っている。なぜ市は放置しているのだろう。1930年代のアールデコ様式のこの建物は、市の文化財のひとつとして捉えられているらしく何度も保存改修の話が出ているが、未だ手付かずのままである。かなりいい場所にあるので、マンションを建てれば高く売れるはずなのだが。こんなになるまで取り壊しが行われないのは、法律や権利に関する問題のほかに、リスボン市民のこの古い映画館に対する愛着がよほど深いのだろう。おやつや弁当を持ち込み家族連れでやって来る庶民、スーツを着た男性に手を取られて自家用車やタクシーから降りる毛皮の女性、市電の外側に掴まってただ乗りし他の観客に紛れ込んでただ見するいたずら小僧たちで賑わい、まさに「ニューシネマ・パラダイス」の世界だったに違いない。ヴィム・ベンダースの映画「リスボン・ストーリー」にもこの映画館が登場する。



音楽はマドレデウス。日本の車のCMソングに使われたのが、この「海と旋律」



 このパリ座の廃墟の向かいにカフェがある。一日に一度はバスの窓から見たり、近くを通りかかったりするのだが、特に入る気の起こらない超平凡なカフェだった。ところが昨年改装し、シックでノスタルジックなお店に変身した。看板は映画の一場面らしき男女の写真。道に面したガラス窓には、古いブリキの菓子箱。店内には映画のスチール写真が飾られ、内装は木を使い(普通は新建材やプラスチック)いかにも古い映画に出てくるバーのようである。シネマが再建され、その前を市電が走るのを眺めながらコーヒーを飲むのはどんなに素敵だろう。リスボンの名物カフェになれるのだが。ところがせっかく改装したこのカフェ、クリスマス休暇を延長中で、何の張り紙もなく閉まったままである。誰かシネマ・パリスとカフェ・ルア・ノヴァを救ってくれないだろうか。
a0103335_8243479.jpg

直径15cmはある特大クッキーはもう食べられないのだろうか。
[PR]
by caldoverde | 2009-01-07 08:50 | カルチャー | Comments(21)
a0103335_8345670.jpg

 不況だ不況だと言われているが、アパートの下のスーパーはいつものように人で一杯だし、デパートやショッピングセンターはクリスマスプレゼントを買う人でごった返しているし、とりあえず、今日も世の中は普通に動いている。でもやっぱり景気悪いのかなと感じるのは、以前あった店が他のオーナーに変わっていたり、別の業種になっていたりするのを見るときである。最近も仕事でお客さんとよく行っていたバイロ・アルトのファドレストランが閉店という知らせを聞いた。

 リスボンの夜の観光といえばやはりファドを置いて他にない。スペインにフラメンコ、イタリアにカンツォーネ、ブラジルにサンバ、そしてポルトガルにファド。ファドレストランは食事をしながらショウを楽しめる。レストランは8時ごろから開くが、ショウが始まるのはだいたい9時から9時半の間である。旅行会社の主催するツアーに参加すれば、ちょうど食事がひと段落ついたころショウが始まる。たまにファドを聴きに来たら、踊りが出てきたとおっしゃるお客様がいるが、ファドとともに民族舞踊をプログラムに入れている店も多い。私は正直言ってファドだけだと飽きるし、暗くなるので、明るいフォークダンスで気分転換できるほうが好きだ。リスボンに来たなら、ファドの入門編として食事もドリンクも、歌も踊りもあるファド・ディナーショウに参加してみてはいかが。日本人客の多い店なら、「暗いはしけ」が登場する確率も高くなる。ただし、いつも必ず聞けるわけではない。なぜなら・・・



 日本ではアマリア・ロドリゲスの歌であまりにも有名な「暗いはしけ」は、元々はブラジルの歌だ。メロディーもリズムもファドらしくない。しかし、アマリア・ロドリゲスはポルトガルのものにしてしまった。いや、アマリアのものにしてしまったというべきか。朗々と響き渡る美声、感情移入しすぎて時には歌いながら涙を流すほど豊かな表現力は比類がない。この曲を歌うなら、未だに人々の記憶に残るあの名唱と比較されるのを覚悟しなければならない。また私のような素人が聴いてもかなり難しい曲だとわかる。ファド歌手の誰もが「暗いはしけ」をレパートリーにしている訳ではない。

 場末の酒場で人生に疲れた女が酒とタバコで潰したしゃがれ声を張り上げるイメージのあるファドを、芸術にまで昇華させた偉大な歌手は1999年に亡くなった。アマリアのお墓はアルファマの泥棒市の立つサンタ・エングラシア教会にある。件の閉店となったファドレストランでもアマリアは歌っていたことがあったそうで、店内には彼女の最も美しい時期のポートレートのアズレージョがあった。

 12月初めからアマリア・ロドリゲスの伝記映画がポルトガル全国で上映されている。アマリアの経歴やポルトガルの時代背景を知らないとややわかりにくく、評論家の意見は厳しいが、アマリアを演じた無名の女優さんは口パクながら迫真の演技である。日本でも公開されるといいのだが。


 食べ物の登場するファドというと、私はほんの数曲しか知らないのでこれしか思いつかない。
「ポルトガルの家」Casa Portuguesa という曲で、ポルトガルの家には貧しさの中に喜びがある、愛とパンとワインとカルド・ヴェルデさえあれば・・・と歌っている。不景気だろうが、師走の寒風が吹こうが、この一汁一菜?があれば体もココロも懐も温まる。愛があれば尚可である。
a0103335_8373617.jpg

[PR]
by caldoverde | 2008-12-13 08:58 | カルチャー | Comments(7)