ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ポルト ( 5 ) タグの人気記事

食欲の秋のポルト

ご無沙汰しています。更新をサボっていましたが、ちゃんと生きています。

a0103335_05394485.jpg
きれいに紅葉した街路樹。リスボンにはない。

ポルトで1日過ごせる機会ができたので、リスボンに無いうまいものを食べようと、まだ夜の明けぬ朝7:00のバスに乗ってポルトに向かった。

もう落ち着いた頃だろうと思ったら、10月半ばになってもポルトはどこもかしこも観光客で一杯で、レロ書店やカフェ・マジェスティックには相変わらず行列ができている。ボリャオン市場も昔と変わらずキタナいが、ほとんどのお客さんは外国人で、月曜日のせいもあるが出店は土産物を売る業者が半分を占めていた。昔は八百屋やチーズ屋や肉屋など地元民向けの店がほとんどだったのに、変わったなあと少し寂しくなった。

ポルトで時間が出来たら絶対に行こうと思っていたのは、ケーキ屋のtavi。近所のフランス菓子店がなくなって以来、リスボンに私を満足させる洋菓子店は無い。また海を見ながら綺麗で美味しいケーキを食べるのだ!しかしその前に、お昼をとらなければ。どこか良い所はないか…と大先輩のMOREIAさんに尋ねたところ、候補を3つ挙げてもらった。少々高くても経費で落としてやれと、その中で一番高級で、評判の良いCafeinaという店に行った。よく雑誌にも紹介されている有名店で、入るとダークスーツを着たビジネスマンばかりが食事をしている。「ビジネスランチ」と銘打った昼の(比較的)お手頃なメニューが用意されているが、私には十分贅沢な金額だった(16€)。3種類のメインディッシュから、私はセーラ・ダ・エストレーラチーズのソースを使ったステーキにした。

a0103335_05394560.jpg
大きさは4x10x2cm位

正直に言うと、見た瞬間「え、こんだけ?」と思った。味も肉質も焼き具合も申し分ないが、期待していた大きさの半分だった。何を基準にしたかと言うと、何度か食べているボルサ宮そばのフェレイラ・ボルジェス市場の中にあるグリルレストランの牛肉サンドと比較してである。値段がたったの7.5€で、炭火で焼かれた赤身の牛肉は、噛むと柔らかくじわっと肉汁が染み出すいい焼き加減で、味も良い。しかもパンからはみ出すほど大きい。

Cafeinaは高級店だけあって、メインディッシュが来る前に前菜やスープを食べるのを想定して、ポーションが小さいのだろう。コースとして食べればちょうど良い量だ。が…。
ビジネスランチにはデザートも含まれていたが、taviでケーキを食べるのは決定事項だったのでパスした。

a0103335_05394638.jpg
この日はポルトの街を歩き回ったので、大丈夫

むしろこちらが優先課題であったtaviの、クリームをたっぷり使った生菓子系は4種類。その中からデリシア・デ・マンガ(マンゴーの快楽)を選んだ。固めに泡立てたマンゴームースの下は、濃厚なチョコレートガナッシュで、甘みと苦味の調和が素晴らしい。こういう店が身近にないので、なんとか体重を増やさずに済んでいる。

a0103335_05394668.jpg
でかっ

夜はホテルから近いのもあるが、確実に腹一杯になる「アバディア・ド・ポルト」に行った。以前ここでトリパス(牛モツと豆の煮込み)を頼んだら、鍋で来た。連れはかなり大きく美味そうなポスタ・ミランデーザ(ミランダ牛ステーキ)を食べていて、そっちもいいなあと心が揺れた。よほど夜もステーキにしようかと思ったが、やはり身体に優しい(ような気がする)魚介類にしようと考え直し、タコのグリルを頼んだ。昼の高級店のステーキの倍の大きさのタコの足に野菜炒め、皮付きのジャガイモの付け合わせ。おなじみてんこ盛りのポルトガル料理で、見た目のボリュームは満点だ。タコはスプーンで切れるほど柔らかく、プリっというよりはねっとりした感触で、焦げた部分が香ばしい。値段はやはり2桁€になるけれど、物理的な満足感は十分に与えられた。やはりお腹いっぱいにならないとポルトに来た気がしない。

a0103335_05394762.jpg



[PR]
by caldoverde | 2016-10-18 05:09 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

ポルトの暑(厚)い夏

猛暑というか激暑というか、バリバリに焼けるような真夏のポルトガルでは、各地で火事が相次いでいる。山火事に加え、カステロ・デ・ヴィーデのサマーフェスティバルの駐車場で400台以上の車が焼けてしまったという、街に住む人にとっても他人事でないケースもある。

それでもリスボンは、内陸に比べれば海や河が側にあり、かなり気温が上がっていても吹く風が心地よい。しかしさすがに33度ともなると冷房のあるところに避難したくなる。そうだ、北に行くんだった。ポルトならリスボンより3度は涼しいはずだ。ところがその日はリスボンを凌ぐ39度という予想最高気温。一体どうなっているのやら…

a0103335_03053208.jpg

フェレイラ・ボルジェス市場のテラスからエンリケ航海王子の銅像を眺める

「最も良いローコスト旅行先」の上位に入り、昨年辺りからかなり観光客が増えているとは聞いていたが、久々のポルトは見たことがないほどの観光客でごった返していた。リベイラ地区のドウロ河に面したいかにも外国人が喜びそうな場所は避けて、一本入った薄暗い通りの大衆食堂で食べようにも、通り抜けるのに苦労するほど人で溢れかえっていた。河沿いで食べるのは諦め、少し上にある赤い鉄とガラスでできたフェレイラ・ボルジェス市場に飲食店があるはずだと思いついた。市場の上階は工場を改装したような面白いインテリアのレストランになっていたが、その日は全て予約が入っているということだった。

外のバールも同じレストランの経営で、風が吹いて中よりも涼しいからそこに行けと促され、不承不承バルコニーに設けられた、ガラス張りのバールに移動し、ビールと軽いもので済まそうと思った。どうせ大したものはなかろうと全く期待していなかったが、先客が注文したピザをチラッとみると、なかなか美味しそうだ。でもポルトでなぜピザを食べなくちゃいけないのか。ポルトにはトリパスをはじめ、美味くてボリュームのある郷土料理がいっぱいあるのに。

時間もないので直ぐに出来上がりそうな「プレゴ・ノ・パン」を注文した。プレゴは豚肉サンドのビファナのいとこというか、焼いた牛肉を挟んだサンドイッチだ。シンプルなプレゴとトリフソースのプレゴがあり、高級な感じがするが1€位しか値段の違わないトリフソースの方を頼んだ。7,5€というとファストフードにしては高い。観光地だからこんなものだろうと期待せずに待っていると、何と…

a0103335_03053308.jpg

パンの下にも牛肉が隠れているので、肉は見た目の3倍です。厚さは2cm位

プレゴの肉といえば、牛肉を叩いて伸ばしたような薄いものだと思っていたら、厚みのたっぷりあるステーキと言って良いほど立派なのが出てきた。肉の焼き加減は表面はこんがり、中はうっすら血のにじむミディアム。ルッコラがたっぷり添えてあって、彩りも良い。パンはスカスカしたカルカッサではなく、かみごたえのあるもっちりしたバゲットタイプ。半分に切ってあるが、手にとって頬張れそうにない大きさだ。おまけに肉に隠れてハムとチーズも挟んである。ボリューム満点だ。これで7,5€なら高くない。さすがヨーロッパ随一のローコストディスティネーション、ポルトはポルトガルの大阪、くいだおれの街だ。

[PR]
by caldoverde | 2016-08-09 02:55 | 肉料理 | Comments(6)
a0103335_5441512.jpg
夕映えのドン・ルイス橋とヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア

 ブラガのバスツアーが面白かったので、翌日はリスボンに帰る途中ポルトに立ち寄り、使用済みチケットの25%割引を利用してここでもバスツアーに参加してみようと思い立った。
 ところが期待はずれであった。日曜日の午後という時間帯も悪かったのかもしれないが、全然良くない、それどころかポルトという街を嫌いになりそうになった。

 まず切符を買うところからトラブった。運転手にブラガの切符とともに10ユーロを渡したら、釣りがないという。小銭を保管する箱がないから、釣り銭が出せないと言う。そんな馬鹿な。ポルトのバスツアーは3コース2日間有効で13ユーロで、10人以上のグループや他の街の同じ会社のツアーの切符を持っている客は25%割引の9.75ユーロになるとパンフレットに明記してある。それなのに25セントの釣りが出せないというのだ。おかしいではないか。食い下がると運転手は自分の財布から50セント玉を出して、向かいのインフォメーションスタンドで両替してもらってくれと私に頼んだ。スタンドの女性係員はここには現金がない、その辺のカフェで両替してもらえという。客がなんでそんなことをしなくてはならないのか納得いかなかったので、バスに引き返して50セントを運転手に返し、会社に文句をつけてやると言い渡した。
 たったの30円かそこらの金額ではあるが、釣りが生じる可能性が大いにあるのに、会社は車にもインフォメーションにも釣銭を用意せず、客の金をそのまま着服するのだろうか。許せん!
a0103335_540165.jpg

 出発時刻を過ぎてもだらだらと動こうともしなかった2階建て観光バスがようやく走り出した。イヤホンの差込みには日の丸が表示され、日本語のオーディオガイドがあることになっている。チャンネルを8に合わせてガイドを聞くと日本語が聞こえてきた。もう途中のようだ。お祭りか食べ物のことを話している。しかしここは世界遺産に指定されているポルトの歴史的地区のど真ん中、どの建物も立派で、いわくありげだ。なにか説明することはないのだろうか。

 そのうちに案内が突然ドイツ語に変わった。どのチャンネルをいじっても日本語は聞こえてこなくなった。仕方がないのでポルトガル語に切り替えた。

 バスは次の停留所のボルサ宮でもしばらく停まっていた。出発場所から一つ目の停留所で運転手が交代する。なぜ初めから別の運転手が運転しないのか意味不明だ。しかし交代した運転手はどこからか小銭を調達しにっこり笑いながら私に釣りを渡した。クレームをつけようという勢いはややそがれた。

 日曜も平日と変わらないような交通量のポルトの街中をとろとろとバスは走る。しょっちゅう信号や路上駐車の車、工事に引っかかる。それだけでイライラするのに、オーディオガイドの説明と見ているものがさっぱり一致しない。通り過ぎた後で建物の解説が聞こえる。そんなものはどこにあるのか、他の乗客もよくわからないようだ。ブラガは運転手の他にオーディオガイドを操作する女性アシスタントが乗っていたが、ポルトはワンマンカー。運転しながらボタンを操作するので、見ているものと説明との間にズレが生じるらしい。
 しかも説明と説明の間にはファドがかかる。1度ならいいが、何度も何度も同じ曲の同じフレーズを聴くのはうんざりだ。しかし聞き続けないと、いつ説明が始まるのか判らない。他の外国人も苦笑いしていた。
a0103335_541493.jpg

 中心部から海岸沿いの地区、レッサ・デ・パルメイラスに入ると渋滞がひどくなってきた。大通りをマリア様や聖人の人形を乗せた御輿がパレードをしている。この日は港の祭りのようだった。珍しいものを観たが、交通規制をしている大通りから抜け出すのに相当の時間がかかった。そしてやっと海に出たら、今度は海水浴客の車の列だ。通常は1時間のコースが2時間半かかった。
 他のコースはまともかもしれないと思い、別のバスに乗ったが、似たようなものであった。ブラガが良かったのに反し、ポルトのツアーはブーだった。

a0103335_5422283.jpg

 腹立ちはうまいもので鎮めなくてはなるまい。知り合いがやっているレストラン・ダ・アルジーラに行った。以前日本語のメニューを作ってあげたので、少なくともワインの1杯くらいはおごってくれるだろう。場所はポルトの観光名所のひとつである河沿いのリベイラ地区。石造りの土台の上にカラフルなアズレージョ貼りの鰻の寝床のような建物がひしめき合うレストラン街の中にある。ドウロ河と対岸のワイン倉、優美なドン・ルイス橋を眺めながらの食事は、少々高くてもショバ代が入っていると思えば許せるか。お勧めはタコのオーブン焼き。ドカベンのような赤土のキャセロールにはタコの足、ジャガイモ、さまざまな野菜がぎっしりと並べられ、ハーブやスパイスを効かしたオリーブオイルに浸っている。月桂樹のいかだに乗った赤い粒胡椒が見た目にも楽しく、また山椒のような清涼感を与える。
a0103335_543967.jpg

 黄金色からコバルトブルーに変わっていくドウロ河をうっとりと眺めながら柔らかなタコを食べていたら、またメニュー作りを頼まれた。よっしゃ、今夜はそっちの奢りだよ。
[PR]
by caldoverde | 2011-07-16 05:51 | シーフード | Comments(7)
 ポルトで市電が復活した。数年前は一本しかなかった路線が、久しぶりに来てみると観光コースも含めて四本になっていた。推定平均時速10km。ダイヤは一時間に二本。交通手段としてはあまり役には立たないが、優美でクラシックな市電で世界遺産の旧市街やドウロ河沿いをのんびりと散歩するのはポルト観光の楽しみのひとつである。

サンフランシスコ教会前から発車する1番線
a0103335_0123495.jpg

 ポルトガルの大阪であるこの街は食い倒れの街でもある。トリパス、バカリャウ、タコの天ぷら、フランセジーニャ等々、大抵の料理はリスボンよりも気前よい大盛りだ。

 一方でポルトにはリスボンよりも洗練された面もある。世界的な建築家やポルトガルを代表するファッションデザイナーやメーカーはポルトを拠点としている。北部はアパレル産業の中心地なので、リスボン市民も洋服や靴・バッグは種類も豊富で比較的安いポルトで買物をするのは頷ける。
 ついでに男性モデルもポルトか北部の出身者が多いようだ。ポルトガルに初めて来た時は美男子が全然いない国だと思ったが、リスボンではなくポルトから入っていたら印象が違っていたかもしれない。
a0103335_044562.jpg

 ある建築雑誌がポルトの海岸沿いのtaviというお菓子屋を紹介していた。創業1935年の老舗はイタリアの建築家によって、ポルトガルの民間建築の伝統を汲みながら自然とモダニズムを調和させた清潔感あふれるスペースに生まれ変わった。大西洋を望むテラス席、北部特有の花崗岩の石壁とナチュラルな木製の家具、自然光を取り入れた明るい室内、販売コーナーと飲食コーナーを大胆に分割する階段。なかなかオサレである。しかもインテリアに負けず劣らずケーキの写真が涎が出るほど美しい。まるで日本の洋菓子店のケーキのようだ。リスボンに無数にあるお菓子屋のどれひとつとしてこんなケーキを作っている店はない。ぜひこの店で大西洋を見ながら日本風(?)のケーキを食べたい。

市電に乗ってGO


 場所はドウロ河口のフォス地区に近いところで、市電1番の終点からさほど遠くもなさそうだ。taviまでは市電の旅としよう。この日は曇り空で雨が時折ぱらつくいかにもポルトらしい天気なのは残念だったが、わずか三人の乗客を乗せ、対岸のポートワインの工場群、世界最大のコンクリートアーチのアラビダ橋、可愛いアズレージョの小住宅、小さな漁船と漁師たちを眺めながらのんびりと河沿いを走る市電の旅は愉快だ。終点で降り、瀟洒な住宅や公園を見ながら古い城砦を通り過ぎ、海沿いの道から一歩入った小さな商店の並ぶ道をぶらぶら歩くと、海の見渡せる小さな芝生の広場が現れ、その隣に外観はごく普通の店舗兼住宅といったたたずまいのカフェtaviがある。
a0103335_0382656.jpg

 ちょうど雨雲が切れて青空が広がる海に面したテラス席に陣取り、ディジョンのマスタード風味ローストビーフとバナナペーストのクロワッサン、という凝ったサンドイッチを食べた。一皿に、パン、前菜(サラダ)、肉料理、付け合せ(ポテト)、デザート(バナナ)と全部揃ったフルコース。普通のカフェのてんこ盛りとは一線を画した、さすがケーキ屋と思わせる洒落た盛り付けである。
a0103335_0155859.jpg

 しかしデザートがバナナクロワッサンだけでは甘みが足りない。それに元々の目的はケーキなので、食べずに帰るわけにはいかない。冷蔵ケースには、高級レストランのデザートのような洗練されたお菓子が何種類かある。ピンクの饅頭型のバラのムースにも心惹かれるものがあったが、これまた珍しいイチジクのムースを選んだ。二種類のチョコレートを使った濃厚なガナッシェのベースに、プチプチと種が歯に心地よく感じるイチジクのムースを重ね、上にチョコレートの飾りをつけたもの。甘さは控えめだが、かなりこってり系で、小さくても十分満足できる。苦いエスプレッソの他にブランデーも欲しくなった。
 眺めの良い素敵な店で美しいケーキを味わいながら食べる、ポルトの贅沢な午後であった。
a0103335_016493.jpg

水平線上にカステロ・ド・ケイジョ(チーズの城)が見えるtaviの前の海岸
a0103335_0452474.jpg

[PR]
by caldoverde | 2009-05-16 00:51 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

ポルトのフランス娘

a0103335_8165296.jpg

 ポルトの代表的な料理といえばモツ料理のトリパス・ア・モーダ・ド・ポルトであるが、実はもうひとつフランセジーニャというものがある。フランスの女の子というハイカラな響きを持つこの食べ物は、パリジェンヌみたいにおしゃれなものというよりは、大阪のお好み焼のごとく気取らずボリュームたっぷりで腹が膨れ、でもハンバーガーのように立ち食い歩き食いはできず、上品にナイフとフォークで食べる、食事とスナックの中間といった食べ物である。

 1960年代にフランスに移民していたポルトガル人が、クロックムッシューやクロックマダムといったフランス版ホットサンドイッチにヒントを得て考案したものだそうだ。マダムでもムッシューでもないのでマドモワゼルなんだろうが、この娘さんが一番大食いだ。

 耳付の食パン2枚の間に、牛肉のステーキ、ハム、ソーセージ、とろけるチーズをはさみ、更に一番上にもチーズをのせて、サンドイッチ全体に満遍なくピリッと辛いソースをかけてオーブンで焼いたもの。中身は店によって海老を加えたり、卵を載せたり、豚肉やベーコンに替えたりとバリエーションがある。しかし、どんなに中身が充実しようが、ソースがなければただのサンドイッチである。たっぷりとパンを浸すソースこそフランセジーニャがフランセジーニャである所以であろう。
a0103335_8174976.jpg

牛肉、ハム、ソーセージ、チーズの基本材料に海老を加えた「セビーリャ風フランセジーニャ」

 このソースは辛いものの苦手なポルトガル人の発明にしては珍しくスパイシーであるが、ひりひりするほどではなく、ビロードのようななめらかさでおいしい。カロリーオーバーを気にしてフライドポテトは抜いてもらったが、揚げたじゃがいもにこのソースをつけて食べたら、止められなくなるはずだ。ただの目玉焼きにこのソースを添えたら、結構高級な味になるのではないだろうか。一体何を材料に作っているのか、複雑な味である。ネットで調べても製法は秘密で店によって違うとしか書いてない。もしかするとポートワインを使っているとか…?ポルト発祥なので十分可能性はある。スーパーに出来合いのソースが売っているそうだが、ポルト周辺の地域限定なのか、リスボンでは見たことがない。今度ポルトに行ったときのお土産はフランセジーニャ用ソースにしよう。
[PR]
by caldoverde | 2008-05-02 08:24 | ファストフード | Comments(11)