ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

セトゥーバルの市場

a0103335_624492.jpg
市場は派手なピンクの建物

うららかな春の日曜日、久しぶりにリスボンの南にあるセトゥーバルでサイクリングをした。リスボンのスペイン広場から出るTSTバスに自転車を積み込み、4月25日橋の上からテージョ河とリスボンの町並みの美しさに息を飲み、幾つかのベッドタウンを通過して、ブドウ畑やコルクの木があちこちに見えはじめるとセトゥーバルに到着である。
a0103335_624567.jpg
花も市庁舎も愛車も皆ピンク

この町でも自転車専用レーンが設けられるようになり、老若男女ペダルを漕ぐ人が多くなった。

a0103335_624540.jpg
今回のセトゥーバル訪問の目的は市場を見ることだった。リスボンのレストランの中にはセトゥーバルから仕入れた魚をメニューに入れている店もある。それだけ新鮮というイメージが定着しているのだろう。セトゥーバルのリブラメント市場は日曜も営業し、家族連れで買い物に来る市民や、仕入れに来た業者らしきおじさんたちで大いに賑わっている。私もこんな市場のすぐそばに住みたい!と一瞬思った。魚も野菜も果物もどれも美味しそうで、皆持ち帰りたくなる。どれか一つだけ選べと言われても不可能だ。こういう場合、私はどのような決断をするか…何も買わない。
a0103335_624652.jpg
もうスイカ
a0103335_624727.jpg
春の味覚、ソラマメ
a0103335_624810.jpg
銀と黒の太刀魚
a0103335_624911.jpg
ホシガレイ、タイ、クエ等高級魚が無造作に
a0103335_624921.jpg
エビカニ貝専門
a0103335_624109.jpg
なぜこんな小さい鰻を…
a0103335_6241135.jpg
小さいサメ
a0103335_6241291.jpg
小さな貝ばかりでなく山伏が吹くような大きな法螺貝もあった
a0103335_624121.jpg
寿司ブームでマグロも需要が高い

しかし我慢できなくなって買ったものがある。近郊のアゼイタンという町の名物のトルタ(ロールケーキ)と、柔らかいクッキー状のものにアーモンドをまぶした小さなお菓子。シナモンの香りのクリーミーなトルタを頬張りながら市場見学を続行すると、さらにうまそうなものが次々現れて、あ〜こっちにすれば良かったと後悔することしきりである。
a0103335_6241377.jpg
ズシンと来そうなお菓子
a0103335_6241465.jpg
香草を混ぜたヤギのチーズと羊のチーズ
a0103335_6241578.jpg
ヤギやヒツジのバターもあり
a0103335_6241514.jpg
ビニールのレジ袋に税金がかかるので、買い物かごが復活の兆し

市場にはあんなに様々な種類の魚介類が揃っているのに、レストランにあるものはリスボンと変わらない、アジ、スズキ、クロダイ、太刀魚などの平凡なメニューばかり。結局セトゥーバル名物のショコス・フリットス(モンゴウイカフライ)になった。本当は色んな魚を使ったセトゥーバル風カルデイラーダ(ブイヤベース)が食べたかったのだが、注文は2人前からということで断念。今度来るときは1人前のカルデイラーダを出す店を探しあてるつもりだ。
a0103335_6241669.jpg

[PR]
by caldoverde | 2015-04-20 05:44 | シーフード | Comments(19)
a0103335_21223385.jpg
国鉄カスカイス線 カイス・ド・ソドレ駅の向かい側

 長年リスボン市民の台所として親しまれてきたリベイラ市場も、寄る年波と全国に展開する大手スーパーには勝てず、往時の活気はすっかり失われていたが、5月18日突如リニューアルオープンした。
 確か夏に改装工事が終わると聞いていたのだが、このポルトガルで予定より数カ月も早く工事が終わるというのは奇跡に近いことなので、この情報を提供して頂いたMoreiaさんと一緒に奇跡を見に行くことにした。
a0103335_21223997.jpg
だだっ広い空間はこれからどうなる?

 昨年カンポ・デ・オリーク市場が装いを新たに再開したところ、連日の盛況で大成功を収めたので、リベイラ市場も当然同じ路線を狙うはずである。
 しかしカンポ・デ・オリークは住宅地の中にあるので、地域住民との繋がりを重視し、青果や精肉、鮮魚部門はそのまま生かされているが、一方リベイラ市場の周辺は商業地区で、またカイス・ド・ソドレ駅という交通の要のすぐそばとはいえ、定住している住民はそれほど多いとは思えないので、ターゲットは国内外の観光客が主になるだろう。
a0103335_21223794.jpg
白木の椅子やテーブルは日本の鮨屋をイメージしたのかな?

 世界中の主要都市の最新情報を発信するTime Outという雑誌が仕掛け人らしく、あちらこちらに雑誌のロゴの看板や旗が見られる。市場の半分はフードコートになり、巨大な空間をぐるりと取り囲む店は昔ながらの八百屋や肉屋ではなく、Time Outに載るようなオサレな店の支店ばかりだ。
a0103335_21225114.jpg
海鮮丼だと思ったらシーフードサラダでした
a0103335_21225321.jpg
生ガキもあります

 ポルトガル料理界のスターシェフの監修によるグルメハンバーガー屋とか創作(変態)寿司などが大勢を占める。シェフのこだわりと価格をぎりぎりまですり合わせた料理を大衆的な環境で気軽に味わって頂き、そのうち本店にもぜひどうぞという意図なのだろう。
a0103335_0431077.jpg
何と開店日にシェフが遅刻したタルタルステーキ専門店に水曜日に行って食べることができた。味は悪くないが…ミキサーでタルタルって反則じゃね⁈
a0103335_0431183.jpg
日本のチーズケーキのようなものが食べたいと思えども…これが限界


 バイシャ地区の缶詰屋や、ポルトのチョコレート屋、カンポ・デ・オリークの「リスボン一うまいエッグタルト」、カスカイスの行列のできるジェラート屋もあって、カイドブック片手にあちこち探し回らなくとも、リベイラ市場に行けばいっぺんに名物うまいもの巡りができるようになった。
a0103335_21224323.jpg
整然と棚に並ぶ鰯の缶詰
a0103335_21224555.jpg
カラフルなマカロンや卵黄プリンも並ぶチョコレート屋
a0103335_21224941.jpg
わたしはゴクっと生唾を飲み込みましたが・・・生ハム屋

 願わくば、生まれかわったリベイラ市場には、移り気なマスコミに依存せずに「ポルトガルの食文化」のフラッグシップショップとしての役割を地道に継続して欲しいものだ。
a0103335_2122552.jpg
生簀のあるシーフード料理店でゆでたてのエビやカニを
a0103335_21225655.jpg
日本の何とか横丁みたい
a0103335_21225849.jpg
黒豚トロ握りサビ抜きで・・・そんなお寿司はまだないです
[PR]
by caldoverde | 2014-05-19 21:10 | 話題の店 | Comments(3)

メルカード・ルネサンス

a0103335_0461016.jpg
教会の右奥の白い2階建ての建物が市場

 リスボンの各地区には市場(メルカード)があるが、近年は大型ショッピングセンターの中のハイパーマーケットや、私の住むアパートの隣のピンゴ・ドーセなど全国的に展開しているスーパーに押されて、かなり寂しい状況だ。櫛の歯が抜け落ちるように業者が撤退し、品ぞろえも貧弱で、値段もスーパーと大差ないのであれば、誰が午前中しか営業していない市場に買い物に行くだろうか。我がカンポ・デ・オリーク地区の市場も住み始めたころに比べるとかなり寂れてしまったことは否めない。

 ところが2013年の夏以来改装工事を行い、ようやく最近リニューアルを終えたばかりのカンポ・デ・オリーク市場に行ってみたら、えらいことになっていた。
a0103335_0492316.jpg
  午後1時、従来ならめぼしいものは買われ、買い物客はまばら、業者は店仕舞いし、あとかたづけをしている時刻なのに、ネクタイを締めたビジネスマンやOLで大賑わいではないか!この市場にこんなに人が入っているのは見たことがない!!
 市場の中央がイートインコーナーになっていて、その周辺がその場で作って売る軽食屋の出店になっている。ショッピングセンターによくあるマックとかケンタッキーではない。ピザもパスタもない。ほとんどオーセンティックなメイド・イン・ポルトガルもんばっかりである。例外は寿司だが、市場直送として許そう。
a0103335_052560.jpg
ポルトガルの生ハムやチーズを使ったサンドイッチ
a0103335_054894.jpg
寿司コーナーで列をなす人々
a0103335_0555019.jpg
かたまり肉を切って隣で焼いてはいどうぞ

 夜は、これまた手ぶらで近所からやってきた風の人々が、ワインやコーヒーを飲みながら談笑している。今はインターネットやケーブルテレビの普及で家に引きこもる人たちが増えたが、昔リスボンでは夜の11時、12時まで散歩したり、外でコーヒーを飲んだりするのは普通だった。基本的にポルトガル人のレジャーとは人と話すことなのではないかと思う。今日はこれが美味しいよ、味見してごらん、などと勧められ、釣られて買ったりおまけしてもらったりと、売り手と買い手の交流自体が楽しいのだ。そしてそこにやって来る近所の人たちとたわいないことを話すのが好きなのだ。たとえ親しい人がそこにいなくても、そんなざわめきを聞きながらぶらぶら歩くのは愉しい。
a0103335_0573910.jpg
干し鱈のマリネとグラスワインでちょっと一杯
a0103335_059357.jpg
左は鮪のマリネ、右は小鯵の南蛮漬け
a0103335_113537.jpg
白豆のモツ煮込みとそら豆のポルトガル風
a0103335_133096.jpg
シーフードバーの隣には生ガキとシャンペンのバーもある

 昔から出店している魚屋、肉屋、八百屋がそのまま継続しているのもうれしいが、市場の営業時間が夜まで延長され、業者によっては午後も営業を続けているのが良い。スーパーの買い物は、時間帯によっては忍耐と寛容が要求されるのだが、市場の買物は長い列の中でイライラしながら待つことはまずない。
 カンポ・デ・オリーク市場は伝統的な商業形態を踏襲しながら若い世代のアイディアやニーズも取り込み成功した良い例であろう。この賑わいが続けば、バルセロナの市場のようにリスボン観光の目玉の一つとなるに違いない。市電28番で終点のプラゼーレス墓地で降りたら、その少し手前のサント・コンデスターベル教会そばの市場に行くべきだ。ぜひ地元の人たちと一緒に市場の軽食を楽しんでほしい。
フェイスブックはこちら
a0103335_1124930.jpg
立ったままステーキを食べる若い勤労者
[PR]
by caldoverde | 2013-11-30 01:28 | 話題の店 | Comments(7)