ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:復活祭 ( 5 ) タグの人気記事

リスボンの春

a0103335_750382.jpg
エドワード7世公園の上の裁判所。お世話になる予定はないけどカッコイイ建物。

今年の冬は長かった。特に2月は雨が多く、出番が多かったゴム長に穴があき、傘は3本とも修理に出した。ウールのセーターをしまおうか未だに迷っている。唯一良かったことは、雨で植物の花粉の飛散が抑えられたのか、アレルギーが例年ほどひどくなかったことだ。ともあれ、4月に入り新芽や花が一気に噴き出したような野原を見ると、これからが要注意の時期のようだ。
a0103335_7503965.jpg
a0103335_7504096.jpg
a0103335_7504135.jpg
ケシしか名前がわかりません

古代の春祭りをキリストの復活に換骨奪胎したイースター(パスコア)は、今年は4月20日。ようやく暖かくなりかけたところで雨の少し肌寒い朝である。昔のユーミンの曲に「ベルベット・イースター」という歌があった。当時はイースターって何なのか全く知らずに聞いていたが、今日のような日を歌ったのだと気が付く。
a0103335_7504388.jpg
後ろに水道橋

a0103335_750448.jpg
後ろにロボットの頭みたいなアモレイラス・ショッピング

a0103335_7504685.jpg
鬼太郎の目玉親父みたいなグラフィティが描かれた民家

去年まで復活祭の時期は騒音から逃れてアレンテージョやアルガルヴェに行っていたが、今年はその必要もなくなった。田舎には住民が参加するお祭りがあって復活祭に遠出するのは楽しいが、リスボンでは特にこれといった大きな行事はなく、静かな休日だ。唯一賑やかなのは復活祭用のお菓子を並べたカフェ。休日と日曜の重なるこの日は早仕舞いする店も多い。
a0103335_7504761.jpg
復活祭のお約束、卵のパンとケーキ。元祖カステラのパン・デ・ローも

a0103335_7504842.jpg
キリストが磔になった金曜日は肉断ち、復活した日曜は肉入りパン

a0103335_7504930.jpg
無愛想な職人の店、サーブもこんなです

しかし夕方になると、まだ営業しているカフェがどこも赤いシャツやマフラーを着けた男女で満員になっている。店のTVでは人気サッカーチームのベンフィカの試合を中継している。キリストの復活よりベンフィカの方が大事なのかい⁈


優勝したらしいです
[PR]
by caldoverde | 2014-04-21 07:20 | 動植物 | Comments(4)

花とおじさんの復活祭

 昨年の復活祭はアパートの騒音に耐えかねて、安眠の地を求めてアレンテージョ地方に小旅行に出かけた。今年も聖週間を迎えたがいまだにうるさい。しかし1年以上を経た「快楽」との戦いは大詰めを迎えている(と信じたい)。市はカフェに騒音を無くすための工事を行うよう行政指導した、その期限が4月5日。どうせカフェが何もしない事は確実だが、それまで少し静かなところで休みたい。ほとんどあり得ないが留守の間にカフェが閉店し、帰ったら再び平和が戻っているかもしれない。状況が同じならば一週間後の月曜日に更なる厳罰に処すことを役所に請願しに行くつもりだ。それまで数日間南部のアルガルヴェ地方で待避することにした。

a0103335_1164691.jpg


 サン・ブラス・デ・アルポルテルという町の復活祭はとても面白いらしい。男性が庭や野原で摘んだ花で作った花束を持って行進する、花とおじさん祭りである。正式には「花の松明の祭り」。毎年ブログでこのお祭りを紹介している青目海さんに会う目的もあって、冷たい雨の降る3月31日の早朝、アルガルヴェ行きのバスに乗り込んだ。

a0103335_0295044.jpg
やや若者組。

a0103335_034964.jpg
こちらはご隠居組。

 南部では雨は上がっているだろうかとのわずかな望みは叶わず、地元の人々にとっても近年で最も天気の悪い復活祭だったそうだ。それでもテレビの生中継があるせいか、いつもよりもお洒落をしたおじさんや田舎の若者が、思い思いのデザインの花束を持って続々と教会にやって来る。ごついおっさんが意外と趣向を凝らした美しい花束を持っていたり、適当に間にあわせたのがバレバレだったり、子供が一生懸命努力した跡が見られるものなど、作者と花束を見比べて観客も参加者も微笑まずにいられない。教会の鐘が鳴ると野太い声で「云われたごとく、主は復活せり! ハーレールヤ! ハーレールヤ‼ ハーレールヤ…」と叫びながら男たちは手にした松明=花束をエイエイオーとばかり揺り動かす。行進のルートには花や木の葉が敷き詰められ、沿道の家のベランダからはとっておきのベッドカバーが吊り下げられる。




おっ一人だけイケメンが。
こらこら十字架を担ぐときはケータイは自粛しなさい。


 19世紀から20世紀にかけコルクで財を成したブルジョアがサロンで夜な夜なパーティーを開いていたサン・ブラス・デ・アルポルテルも今はショボい田舎町。しかし復活祭の伝統行事「花の松明の祭り」で年に一度の晴れ姿を妻や娘や彼女に、あわよくばTVの生中継で全国に見せようと、一張羅のスーツを着込んで自作の花束を手にした男たちに、かつての町の栄光の片鱗と伝統を守る心意気が感じられた。
a0103335_0363218.jpg
アルガルヴェのお菓子の主原料は、アーモンド、イチジク、アルファローバ(黒いさやの豆)
a0103335_0393389.jpg
渾身の力を込めた作品のそばでわら細工を実演するおじさん。
[PR]
by caldoverde | 2013-04-07 01:13 | ポルトガルの旅 | Comments(6)
 アパートの下のレストランが発生源と思われる騒音で熟睡できない日が続く。住民からアンケートをとり、管理会社や警察にも訴えた。しかし何の進展もない。遂にキレた私は静かな所で眠りたい一心で復活祭の日曜日に遠出を決行した。逃亡先はスペイン国境に近いカステロ・デ・ヴィーデとマルヴァンの2つの村だ。ここまでは冷蔵庫や空調のブォーンという不快音も追いかけて来るまい。
a0103335_0145469.jpg

 カステロ・デ・ヴィーデは昔スペインから逃げてきたユダヤ人コミュニティがあったことでも知られ、その伝統の名残があちこちに見られる。何年か前にこの町に泊まった晩はたまたま復活祭の前の「ハレルヤの土曜日」と呼ばれる日で、真夜中に村人がカウベルをカランコロンジャランジャランと鳴らしながら通りを練り歩く「ショカリャーダ」という行事に遭遇した。人々は「神の子羊」となって鈴を鳴らしながらぞろぞろ歩き、クリスチャンはキリスト復活を喜び、ユダヤ人は祖先のエジプト脱出を偲び、誰もが春の到来を祝い、家族の再会や健康を神に感謝しつつ、しめたての羊の料理やお菓子をたらふく食べる日曜を迎えるのである。
 今度は自分も鈴を思いっきり鳴らしてストレス解消しようかと思ったが、聖金曜日と復活祭に挟まれた土曜日に空室のある宿泊施設を当日に予約するのは無理があり、値段の下がる連休最後の日曜と翌日の2晩を違う宿に泊まることにした。


a0103335_0152981.jpg

 カステロ・デ・ヴィーデは波のようにうねる山の斜面に家がへばりついたような村で、最も高い場所には城があり、そこから見る景色は、山の緑、赤の屋根瓦、白い漆喰の対比が息を呑むほど美しい。村の中を歩くと、中世以来の不揃いの石を敷き詰めた狭い坂道を挟んで、白い小さな家が肩を寄せ合っている。玄関先の植木鉢に植えられた、あるいは敷石と壁の間のわずかな隙間にこぼれ落ちた種が咲かせた花々は長年の隣人にも見知らぬ旅人にも微笑みかける。
a0103335_016557.jpg
民家の白壁には「2001花一杯通りコンクール3位受賞」と記された楕円形のタイルが埋め込まれている。
a0103335_017119.jpg


 この日は異邦人の私も伝統に従って羊を食べると心に決めていた。カステロ・デ・ヴィーデの村役場が作った2012年復活祭プログラムの中に、レストランリストと復活祭期間の特別メニューが記されている。聞いたことのない料理ばかりだ。15軒のリストアップされた全ての店が特別メニューの筆頭に挙げている「サラパテル」が気になった。中央広場に面した村で最も有名なレストランで、サラパテルとはどういうものか尋ねると、羊の内臓を使ったスープだと言う。血も使うらしい。ヤツメウナギリゾットくらい見た目の悪い料理と想像できるが、珍しいものなので食べてみることにした。

a0103335_0181593.jpg

 給仕は薄くスライスしたパン2枚にオレンジの輪切り、ミントの葉を小奇麗にあしらった皿を持ってきた。その上からせっかくの上品な配置をすっかり覆い隠すように、肉の細切れのごろごろと入った黒っぽいスープを注いだ。パンやオレンジやミントの葉はスープの上に乗せたほうが食欲が増すと思われる。これは肋骨が付いている、これはレバーだ、これは腎臓かもしれない、スポンジ状に細かく穴の空いたこれは…と分析してしまい、総合的な味はうまいともなんとも感想は湧いてこなかった。翌日に泊まったゲストハウスの女主人によると、このスープはその昔ユダヤ人がいけにえに捧げた羊を、余すことなく食べるように作られたものと言うことだ。

a0103335_0191944.jpg

 メインディッシュは羊のシチューか山羊のローストか迷ったが、羊が重なるのもつまらないと思い、山羊のローストにした。これもいまひとつであった。今年は雨が少なく山羊も痩せていたのだろうか、骨ばっかりで実際に食べるところは見た目の25~30%だった。また付け合せはフライドポテトではなく肉と一緒にオーブンで焼いた皮付きの小ジャガイモだったら数倍良かった。皿にはポテトから落ちた揚げ油が溜まっていた。フライドポテトはどんなに美味しくとも店の格式を下げてしまうものである。

a0103335_0242023.jpg
この日に食べた一番美味しかったものは、この村名物のボレイマというケーキ。リンゴと赤砂糖を使った素朴な菓子。
[PR]
by caldoverde | 2012-04-12 00:36 | ポルトガルの旅 | Comments(5)

復活祭とチョコレート

 もうすぐ復活祭(イースター)らしい。らしい、と言うのは毎年違う日付の移動祝祭日なので、いつも直前になるまではっきりした日にちが判らないからだ。敬虔なキリスト教徒なら、前年から次の年の復活祭がいつになるかちゃんとチェックし、イースター休暇の旅行の計画を立てているはずだ。異教徒の私はスーパーやカフェに卵やウサギの形をしたチョコレートが並び始めて、ようやく復活祭が近づいていることを悟る。

 観光の仕事中、お客様から「お土産に買いたいのでポルトガルのチョコレートのメーカーを教えてください」という質問を受けることがあるが、答えに窮してしまうことが多い。ポルトガルはベルギーやスイスのようにチョコレート加工生産の伝統があるわけではないし、もちろんカカオの産地でもない。それは理解している上で、せめてポルトガルに行ってきたという証拠に職場や知り合いに配る義理土産、保存が利いて持ち運びしやすく手ごろな値段のものとして、ポルトガルのチョコレートをという気持ちはよくわかる。しかし普通のスーパーや食料品店、カフェにあるチョコレートは多国籍企業の大メーカーのものがほとんどである。ポルトガル国産のチョコとなるとなかなか見つからない。どこ産のチョコでもいいから、パッケージにベレンの塔やニワトリのイラストを印刷したものをお土産屋に置いてくれれば、日本人観光客はだいぶ助かると思うのだが。

a0103335_2311898.jpg
Imparial社のアーモンドチョコRegina、卵チョコ(中は空洞)のFantasias、コインブラで今でも作られる元祖金平糖

 では、ポルトガルのチョコレートメーカーは全く存在しないかと言うと、全生産量の何割かを外国に輸出しているチョコレート工場があるのだ。北部のヴィラ・ド・コンデという町のインペリアルという会社だ。この会社はJubileu、 Regina、Fantasias等のブランド名でそれぞれ違うタイプのチョコレートを生産している。しかしこの会社のチョコが私のアパートの下にもある全国で最も多い店舗数を誇るスーパーに並ぶのは、春の復活祭と冬のクリスマスの時期だけである。(ヴァレンタインデーはポルトガルでは今のところそれほどチョコレートの需要は大きくない。)
a0103335_236145.jpg

一粒一粒個性的なポルトガルの金平糖

 さて、復活祭のお菓子というと日本の金平糖と語源を一にするコンフェイトと呼ばれるアーモンド菓子が代表的だ。砂糖やチョコレートでコーティングしたアーモンドはいかにも春らしいパステルカラー。殻付きゆで卵を練りこんで焼いたパン、フォラール・デ・パスコアや、チョコレートで出来た巨大な卵もカラフルな包装に包まれて店頭を賑わす。どれも卵型、または卵そのものを使ったものばかり。これはキリストが再び蘇る日である復活祭のシンボルが、生命の再生、誕生を表す卵であるからだそうだ。
 そしてもうひとつのシンボルはウサギである。生命の誕生や子孫繁栄を願う古代人の信仰をキリスト教が取り込んで、繁殖力旺盛なウサギを復活祭のシンボルにしたそうで、大小のウサギ型チョコレートもスーパーの特設コーナーにひしめいている。

 復活祭用のウサギ型・卵型のチョコやアーモンドチョコ、クリスマス用のサンタクロース型・ツリー型のチョコがインペリアル社の主力商品である。またこの種の商品を作る零細企業も意外と多い。したがって復活祭とクリスマスの前後はポルトガル産のチョコが比較的容易に手に入る。

 しかし、いつまでも伝統にこだわっていては新しい購買層の獲得は難しい。今年のイースターにはついに卵やウサギの以外のキャラクターが登場した。それは、ご存知Hello Kittyである!日本生まれの人気キャラクターがついにキリスト教2千年の伝統に殴り込みをかけた!しかも復活祭とは何の関係もない猫がである!幼児向けのキャラクターとして30数年前日本で誕生したキティちゃんは今やポルトガルの若い女性にも大人気で、リスボンのバイシャ地区にはサンリオショップがオープンし、こちらの携帯電話会社ではキティちゃんのケータイも売られている。チョコの卵と並んだキティちゃんの人形はれっきとしたライセンス商品。復活祭の伝統のない日本ではおそらく売っていないレア物だろう。ところがこのイースターエッグキティは英国の会社の商品で、純粋のポルトガル土産とは言えないところが難である。もっともキティファンにはそんなことは関係ないだろう。
a0103335_2354551.jpg
a0103335_236377.jpg
特別出演、近所の猫ゴルムさんとイースターキティ
[PR]
by caldoverde | 2009-03-29 02:40 | お菓子・カフェ | Comments(5)

復活祭のパン

a0103335_0434029.jpg

 ポルトガルのいたるところにあるカフェやパステラリア(菓子パン屋)では、まだ暗い早朝はタクシーの運転手が眠気覚ましのコーヒーを飲み、朝は出勤前のサラリーマンやOLがカフェオレにチーズやハムを挟んだ丸パンの朝飯をかっ込み,9時過ぎから11半時ごろはリタイアしたおじさんやおばさんたちがおしゃべりや新聞読みに没頭し、12時過ぎから昼定食を食べに来る付近の会社員や住民で賑わい、午後は授業を終えた高校生や大学生がおやつを食べながら宿題をし、夕方は労働者が仕事の仕上げ前に軽く腹ごしらえし、夕飯がそろそろ始まるという夜7時半前後にようやく客も少なくなり店じまい、という1日中フル回転の商売である。中には夜11時までやっている店もあり、自宅で夕食をとった後、近所のカフェでコーヒーを飲みにいく人も多い。店のテレビのサッカーの試合を見て歓声を上げ、ため息をつく人たち、カウンターで従業員と世間話を交わす人たちなど、それぞれコーヒーを傍らに楽しんでいる。日曜日は家族連れがカフェにやってきて遅い朝食をとる。日曜日は主婦も休むのだ。

 どの店もカウンターのガラスケースに置いているものはだいたい同じ。甘い菓子パンと、サルガードス(しょっぱいもの)と呼ばれるコロッケやてんぷら、チキンパイなどビールのつまみ系スナックが20種類くらいあり、店によって種類や数は異なる。しかし日本のように季節限定ものや新製品が月ごとに登場することはまずない。10年前も20年前も、いや50年前も多分同じものが並んでいたのだろうと想像がつく。

 飲食施設のない、主に食事用のパンを売るパン屋もある。朝早くから客がやってきては丸いパンのたくさん入ったビニール袋を提げて店から出てくる。昔はカルカッサという軽いスカスカのパンは1個数円(1桁)という安さだったが、やれ石油の値上げだ、小麦の高騰だと、パンの値段の上昇はとどまることを知らない。食料自給率の低いポルトガルは国内消費をまかなうほどの小麦は生産されていない。それなのに、なぜかポルトガルのパンは美味い。
a0103335_003339.jpg
ジャパンというスーパーの隣がパステラリア「リド」

 地下鉄アロイオス駅を降りると、マゼランの銅像の建つチリ広場に出る。このあたりは洗練とか最先端という形容とはだいぶかけ離れた、日本で言えば昭和テイストの昔っぽい庶民的な店が集まり、道行く人々はほとんどおじいちゃんおばあちゃんばっかりという老人パワー炸裂の街である。そのリスボンの巣鴨のベーカリー兼カフェ「リド」は、思わず生唾を飲み込ませるパンの数々が私を誘惑し、店に引き込み、その日予定していた献立をキャンセルさせてしまうのだ。

 この店のパンで一番気に入っているのはブドウパンである。卵を使ったほんのり甘いブリオッシュのような生地。これだけでも美味いのに、干しブドウがこれでもかこれでもかと入っている。これを薄く切って、カマンベールチーズや、ロックフォールチーズ、または白カビ青カビが合体したブレス・ブルーというチーズなどを乗せて、ワインと食べるとパンの甘さにチーズの塩気と独特の香りが交じり合い、官能的なとも言えるような佳肴となる。
a0103335_04540100.jpg

 もうひとつ買わずにいられないのが、巨大ポン・デ・ケージョ。日本でもおなじみになったブラジル生まれのおやつパンはポルトガルでも人気がある。粉チーズを混ぜたでんぷん質の粉で作ったモチモチの食感のこのパンは、普通は一口サイズなのだが、この店のは中華饅頭くらいの大きさで、緊急の食欲にすばやく対応してくれる。買って店から出るやいなや歩きながら頬張ってしまう。ポルトガルではいい年をした大人も歩きながらものを食べる人が多いので、私も羞恥心が麻痺しつつある。
a0103335_0481860.jpg

 そろそろ復活祭の季節。移動祝祭日なので、何月何日なのかはさっぱりわからないが、パン屋やお菓子屋に殻付きゆで卵入りのパン、フォラール・デ・パスコアが登場するともう春だと実感する。大きいものだと4つの卵が練りこまれている。表面はジャムか何かで照りが付けられている。生地はどっしりと目が詰まっていて、ほんのり甘く、香草で香りが付けられている。
a0103335_0533399.jpg

 他にも北部名物の角切り腸詰めがごろごろ入った黄色い大きなパン、コッペパンの中に薄切りチョリソを詰めて焼いたチョリソパンなどそれだけで食事になりそうなボリュームたっぷりのパンがショーウィンドウに並ぶ。
a0103335_0495549.jpg

 食事を作るのが面倒になったときは、焼きたてのパンにポルトガルのエキストラ・ヴァージン・オリーヴオイルをつけて食べる。オイルに皮ごとつぶしたニンニクを入れてもよい。ポルトガルのオリーヴオイルはイタリアのものよりもはるかに美味しいと、イタリア料理のエッセー漫画を連載中のリスボン在住の漫画家ヤマザキさんは太鼓判を押している。うまいパンにうまいオリーヴオイル、そしてうまいワイン。ポルトガルはほんとに良いところだ。
[PR]
by caldoverde | 2008-03-08 00:56 | パン・ご飯 | Comments(5)