ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
a0103335_21461984.jpg
城から見たモンサントの村

最近CP(ポルトガル鉄道)のサイトに、歴史村を訪ねるツアーなるものを見つけた。朝リスボンから中部の町のカステロ・ブランコ行きの列車に乗り、そこから車で3つの中世の村を巡るという内容だ。昼食、軽食、ガイド付き、51€でなかなかお得だ。年間毎週土曜日出発ということが書いてある。駅に行って切符を買おうとしたら、窓口の職員はそのツアーを初めて知った様子だった。あらかじめメールや電話で予約が必要らしく、問合せ先の電話番号のメモを渡された。その番号に電話すると、今の時期はやっていないと言う。人数が30人位集まらないと催行されず、冬は気候もイマイチで日没も早いため申し込むグループは殆ど無いので、行きたかった日のツアーはまず出ないということだった。ある程度まとまった数の申し込みがあれば、それに便乗する形でお一人様参加できるそうな。こんなだからCPはどんどん衰退していくんだと納得である。不便なダイヤ、汚い車両、やる気のないサービス。猫を社長にした方がよっぽど良い。だったら同じコースを自力で行こうと思い立った。
a0103335_21461922.jpg
モンサントの観光振興課課長と係長

行きは腹が立つけどやっぱり電車。車窓からテージョ河の中州にそびえるアルムーロル城が見えるのは大きな魅力である。8時15分にリスボンのサンタ・アポロニア駅を出発し11時ちょっと過ぎにカステロ・ブランコ駅に到着した。最近駅のそばにバスターミナルが移転したので、若干便利になった。CPのツアーでは、カステロ・ブランコ駅から貸切バスでイダーニャ・ア・ヴェーリャに行き、教会などを見た後、モンサントを散策し昼食、その後ペーニャ・ガルシアという村のお城を見学し、駅に戻って電車でリスボンという日帰りコースである。しかしお一人様自力コースとなると、イダーニャ行きの公共交通機関はないので、まず路線バスでモンサントに向かい、そこで一泊し、翌日タクシーでイダーニャやペーニャを訪れ、再びモンサントに戻ってカステロ・ブランコ行きのバスに乗り、電車か長距離バスでリスボンに帰るというルートになった。

a0103335_21462011.jpg


a0103335_21462007.jpg


a0103335_21462045.jpg

どのお家がお好みですか?

モンサントは独裁政権時代「最もポルトガルらしい村」に選ばれた。別の見方では「ポルトガルで最も不便な村」である。標高700mの巨岩のゴロゴロした山の急な斜面に作られた集落で、岩と岩の隙間に人が住んでいるような所だ。巨人が大きな石を屋根に投げ落としたかの様な家もあれば、大きな岩にじわじわと挟まれて縮まった様に見える家もある。内部が一体どんな風になっているのかぜひ見たいものだ。

泊まったホテルはそんな希望を少し叶えてくれた。カーザ・ダ・シャファリス(噴水の家)という名の、18世紀の白壁の建物だが、浴室がこんな事になっている。
a0103335_21462067.jpg


冬は雪が降るというモンサントの村も、今年は暖冬で厚いコートは要らないほど。12月19日は好天に恵まれ、山の頂上の城や村の展望台からは絶景が眺められた。
a0103335_21462198.jpg


観光案内所でこの村の名物料理を聞いた所、特にここでしか食べられないというものはないけれど、今の季節はキノコですねという回答。そこで、キノコが食べられそうなレストランを2軒紹介してもらった。その一軒「ペティスコス&グラニートス」で夕食をとった。キノコはなかったが、2人前から事前に予約すれば、ジビエ料理なども食べられる。田舎道を走るバスの窓からたくさん羊を見たので、骨つきラム肉のグリルを頼んだ。昼食を摂らなかったので、いつもは無視するパンや生ハム・鱈のコロッケなどの前菜セットも食べたら、5€もして、さすが観光地だなあと思った。
a0103335_21462129.jpg
これで5€…生ハムもっと欲しい

a0103335_21462189.jpg
羊は柔らかくて普通に美味しい
[PR]
by caldoverde | 2015-12-21 21:27 | ポルトガルの旅 | Comments(4)
 アパートの下のレストランが発生源と思われる騒音で熟睡できない日が続く。住民からアンケートをとり、管理会社や警察にも訴えた。しかし何の進展もない。遂にキレた私は静かな所で眠りたい一心で復活祭の日曜日に遠出を決行した。逃亡先はスペイン国境に近いカステロ・デ・ヴィーデとマルヴァンの2つの村だ。ここまでは冷蔵庫や空調のブォーンという不快音も追いかけて来るまい。
a0103335_0145469.jpg

 カステロ・デ・ヴィーデは昔スペインから逃げてきたユダヤ人コミュニティがあったことでも知られ、その伝統の名残があちこちに見られる。何年か前にこの町に泊まった晩はたまたま復活祭の前の「ハレルヤの土曜日」と呼ばれる日で、真夜中に村人がカウベルをカランコロンジャランジャランと鳴らしながら通りを練り歩く「ショカリャーダ」という行事に遭遇した。人々は「神の子羊」となって鈴を鳴らしながらぞろぞろ歩き、クリスチャンはキリスト復活を喜び、ユダヤ人は祖先のエジプト脱出を偲び、誰もが春の到来を祝い、家族の再会や健康を神に感謝しつつ、しめたての羊の料理やお菓子をたらふく食べる日曜を迎えるのである。
 今度は自分も鈴を思いっきり鳴らしてストレス解消しようかと思ったが、聖金曜日と復活祭に挟まれた土曜日に空室のある宿泊施設を当日に予約するのは無理があり、値段の下がる連休最後の日曜と翌日の2晩を違う宿に泊まることにした。


a0103335_0152981.jpg

 カステロ・デ・ヴィーデは波のようにうねる山の斜面に家がへばりついたような村で、最も高い場所には城があり、そこから見る景色は、山の緑、赤の屋根瓦、白い漆喰の対比が息を呑むほど美しい。村の中を歩くと、中世以来の不揃いの石を敷き詰めた狭い坂道を挟んで、白い小さな家が肩を寄せ合っている。玄関先の植木鉢に植えられた、あるいは敷石と壁の間のわずかな隙間にこぼれ落ちた種が咲かせた花々は長年の隣人にも見知らぬ旅人にも微笑みかける。
a0103335_016557.jpg
民家の白壁には「2001花一杯通りコンクール3位受賞」と記された楕円形のタイルが埋め込まれている。
a0103335_017119.jpg


 この日は異邦人の私も伝統に従って羊を食べると心に決めていた。カステロ・デ・ヴィーデの村役場が作った2012年復活祭プログラムの中に、レストランリストと復活祭期間の特別メニューが記されている。聞いたことのない料理ばかりだ。15軒のリストアップされた全ての店が特別メニューの筆頭に挙げている「サラパテル」が気になった。中央広場に面した村で最も有名なレストランで、サラパテルとはどういうものか尋ねると、羊の内臓を使ったスープだと言う。血も使うらしい。ヤツメウナギリゾットくらい見た目の悪い料理と想像できるが、珍しいものなので食べてみることにした。

a0103335_0181593.jpg

 給仕は薄くスライスしたパン2枚にオレンジの輪切り、ミントの葉を小奇麗にあしらった皿を持ってきた。その上からせっかくの上品な配置をすっかり覆い隠すように、肉の細切れのごろごろと入った黒っぽいスープを注いだ。パンやオレンジやミントの葉はスープの上に乗せたほうが食欲が増すと思われる。これは肋骨が付いている、これはレバーだ、これは腎臓かもしれない、スポンジ状に細かく穴の空いたこれは…と分析してしまい、総合的な味はうまいともなんとも感想は湧いてこなかった。翌日に泊まったゲストハウスの女主人によると、このスープはその昔ユダヤ人がいけにえに捧げた羊を、余すことなく食べるように作られたものと言うことだ。

a0103335_0191944.jpg

 メインディッシュは羊のシチューか山羊のローストか迷ったが、羊が重なるのもつまらないと思い、山羊のローストにした。これもいまひとつであった。今年は雨が少なく山羊も痩せていたのだろうか、骨ばっかりで実際に食べるところは見た目の25~30%だった。また付け合せはフライドポテトではなく肉と一緒にオーブンで焼いた皮付きの小ジャガイモだったら数倍良かった。皿にはポテトから落ちた揚げ油が溜まっていた。フライドポテトはどんなに美味しくとも店の格式を下げてしまうものである。

a0103335_0242023.jpg
この日に食べた一番美味しかったものは、この村名物のボレイマというケーキ。リンゴと赤砂糖を使った素朴な菓子。
[PR]
by caldoverde | 2012-04-12 00:36 | ポルトガルの旅 | Comments(5)

食は辺境にあり

a0103335_6545320.jpg
 リスボンから車で約3時間の山あいの小さな町トンデラから、更に山に向かうくねくね曲った街道を登って行くと、キンタ・デ・ビスポスと言うファームホテルがある。見晴しの良い斜面には可愛い白いコテージが 5、6棟あり、その間にラランジャル(オレンジ畑) というレストランがある。太い松の梁が支える広々とした空間、大きくとったガラス窓からはトンデラの町と雪を抱くエストレラ山脈が見える。すばらしい眺めを見ながらの食事は、リスボンの中心部のホテルのレストランと比べても見劣りしない充実した内容と味である。
              ↓この白い線が雪です
a0103335_6471216.jpg
 給仕は、あいにくオリーブを切らしております、と申し訳なさそうに言いながらパンを運んで来た。ポルトガルではどんな安食堂も高級レストランもお通しはパン、バター、オリーブの実の3点セットが基本である。おそらく自家製のオリーブの漬物を出すはずだったがストックがなくなってしまったのだろう。しかし4種類のパンに手作り風ハーブ入りバターとツナペーストは前菜として十分な量。どれも試さずにはいられない。もしオリーブもあったら料理が来る前にワインが空になり、お腹の空きスペースはかなり少なくなっていたはずだ。この地方のワインは檀一雄の愛したダンワイン。代表的な銘柄は「キンタ・デ・カブリス」、スーパーで3~4ユーロで買える大衆的なものであるが、産地で飲むとなんとなく味がグレードアップしたように感じる。

a0103335_648379.jpg
 この地方の代表的な料理は「タコのオーブン焼き(ポルヴォ・ア・ラガレイラ)」だそうだ。こんな海から離れた場所でタコ料理?と不思議に思われるが、名物をはずす訳にはいかない。リスボンでタコを注文するとイカの足みたいな細いのが出てくることもあるが、これは刺身にできそうな立派なものだ。どうせ冷凍だろうとさほど期待せず食べてみると、食べやすい柔らかさながらプリッとした弾力があり、とてもジューシーである。付け合せは海老、トウモロコシパンに色とりどりの野菜を混ぜたそぼろ、オーブンで焼いた皮付きジャガイモ、と見た目も楽しく様々な食感が楽しめる。

a0103335_6493075.jpg
 このベイラ地方の郷土料理としては山羊肉をじっくりとワインで煮込んだシチュー 「シャンファナ」が有名だが、オーダーは二人前から。これだけで満腹必至である。色々な料理を試してみるという我々のミッションを遂行するため選ばれたのは仔山羊のオーブン焼き。山羊や羊は臭いがあるのではという先入観が頭をよぎるが、この仔山羊のローストは下味に何のスパイス(カルダモンかナツメグ?)が使われているのか、爽やかな香りが感じられる。肉には脂肪がたっぷり乗っているが、この下味のおかげでそれほどしつこさ油っこさが感じられず、とても美味しい。付け合せは鮮やかな青菜の炒め物と皮付きジャガイモ。バターのような甘みのある青菜と肉汁の絡んだジャガイモは山羊と互角のうまさ。

a0103335_6501612.jpg
 ラムのはちみつマスタードソースなどという洒落たものもある。ポルトガル料理はトマトやニンニクで味つけしたものが多いので珍しい。九本もの骨付きのラム肉が辛うじて繋がっている状態で切れ目を入れられ、ピンクの断面をチラッと覗かせている。肉はとても柔らかく、羊臭さは全く感じられない。牛肉よりもクセがなく、あっさりした上品な味だ。西洋・中近東の宗教的な儀式やお祭りのごちそうは羊。羊と共に長い歴史歩んできた彼らは羊を美味しく料理する術を知っている。

a0103335_6505837.jpg
 楽しい食事の締めくくりは自家製ママレードを使ったパイと、フォンダンショコラ・アイスクリーム添え。庭のオレンジから作ったママレードは甘さ控えめの自然風味でパイ皮も薄く軽く油っこさを感じさせず、たらふく食べた後のデザートへの罪悪感を和らげてくれる。天使と悪魔のコンビ、フォンダンショコラとアイスは明日からのダイエットへの新たなモチベーションと、食後約10時間は補充の必要がない十分なカロリー供給を約束する。
a0103335_6513566.jpg


 小さな田舎町の更にはずれの山の中にあるファームレストランは、都会の有名シェフのレストランにひけをとらないような良質の味を田舎の値段で提供してくれる。しかしここまで来るのにリスボンから幹線高速道路を2時間、カーブの多い山中のトラック街道を1時間、途中地元の人に道を尋ねること三度という長い道のりであった。付近にカラムーロというミネラルウォーターと温泉で有名な町があるので、コインブラからそこを目指したほうが分りやすいだろう。カラムーロには行ったことがないが、クラシックカーの博物館があるらしい。車とドライブが好きな方には楽しい旅になると思う。

http://www.quintadebispos.com/
[PR]
by caldoverde | 2010-04-15 07:11 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

羊の揚げ餃子

a0103335_06677.jpg
 私の住むカンポ・デ・オリーク地区は住宅地と商業地区を兼ねており、徒歩圏内にほとんどあらゆる種類の店やサービス機関がある。レストランやカフェも多く、リスボンの地区別に発行される無料のガイドブックによると、カンポ・デ・オリーク地区の飲食店はざっと数えて約190店。正確な数字は知らないが、この地区の人口が1万人だとしたら、50人ちょっとに1件の割合で食べ物屋がある勘定になる。ひょっとすると住民全員が外食できるキャパシティがあるかもしれない。
 ここでは車や電車で遠出しなくても地方の郷土料理を徒歩5分で味わうことができる。町内のアレンテージョ料理店は知っている限り三店ある。その中のひとつMaganoは値段もそう高くなく、また前菜が魅力的なので、一人のときやあまり重いものを食べたくないときは前菜何種類かとワインだけで食事することもできる。
見た目も可愛いマッシュルームの前菜
a0103335_010553.jpg

 アレンテージョは豚肉が美味しいので、当然黒豚の生ハムがある。黒豚か白豚かは知らないが、豚肉とアサリの「ポルコ・ア・アレンテジャーナ」ももちろんある。ところがあの「黒豚の秘密」はない。代わりに「黒豚の羽」pluma de porco preto がある。長年品種改良を重ねたアレンテージョの黒豚はカラスの羽のような大きな耳を持つに至り、耳は主にサラダにされるが、耳の付け根のわずかな筋肉の部分が「黒豚の羽」と呼ばれ一頭で2つしか取れない希少な部位として珍重される。狩の季節になると、ハンターが遠目で黒豚の耳を見てウサギと間違えて撃ってしまうことがある。他人の家畜を殺してしまったことをごまかすために周囲の人に「これは秘密ね」と口止めを頼み、脂ののった一番美味い肉を賄賂に贈ったので「黒豚の秘密」secreto de porco preto という名前が付けられたのだと言う。冗談はさておき「黒豚の羽」は「黒豚の秘密」よりもっと柔らかくて脂肪は少ない。

 アレンテージョといえば羊の肉や羊のチーズも有名である。以前紹介した羊のシチューのエンソパード・デ・ボレーゴが代表的な料理であるが、他には揚げた餃子のようなパイの中に羊肉のミンチの入った pasteis de massa tenra de borregoはリスボンでは珍しいかもしれない。パイ自体は美味しいけれど、日本人の感覚だとソースか醤油みたいなものがあるともっといいかな。羊のパイはトマトご飯がセットになって1人前の食事となるが、前菜として皆で仲良く分けて食べてもいい。
最初の写真が羊のパイ、これは付け合せのトマトご飯
a0103335_08870.jpg

 Maganoには食指をそそる前菜がいろいろあり、前菜だけでお腹は十分膨れる。ソラマメとチョリッソのサラダ、ヒヨコマメと鱈のサラダ、焼きピーマンのマリネ、揚げたトレズモス。トレズモスは7月の日記「にこごりサンド」に挟まっているような肉の切れ端をハム状に固めたものではなく、豚の皮か脂肪を揚げたもので、パリッとした香ばしさに噛み締めるとじわっと脂肪の旨みが広がる食べ過ぎ注意のおつまみである。他にもマッシュルームにホウレンソウを詰めてチーズをかけ焼いたミニグラタン、たらこのサラダ、peixinhos de horta(畑の小魚)と呼ばれるモロッコいんげんの天ぷらなど。数種の肴にモチモチのアレンテージョのパンがあれば、お一人様でちびちび飲んでも寂しくはない。
たらこのサラダ
a0103335_014223.jpg

モロッコいんげんの天ぷら
a0103335_0185119.jpg

デザートはセリカイアというアレンテージョの独特のお菓子。非常にきめの細かいスポンジケーキの表面にシナモンを振りかけ、プラムのシロップ漬けを添えたもの。
a0103335_019177.jpg

[PR]
by caldoverde | 2008-10-29 00:34 | 肉料理 | Comments(3)

ヤギと羊

 大学の町コインブラの郷土料理にシャンファナというヤギのシチューがある。ヤギの肉を赤ワインで煮込んだもので、黒い陶器の器でサービスされる。黒い土鍋に入った黒いシチュー。なんだかヤギの頭を持つサタンが執り行う黒ミサで悪魔の崇拝者たちが食べるご馳走のようである。この料理も決して見栄えのいいものではないが、見かけよりずっと美味しい。土鍋でじっくりと煮るので肉は柔らかく、想像するような臭みは全然ない。
 
 アレンテージョ地方には羊のシチュー、エンソパーダ・デ・ボレーゴがある。この地方は黒豚が有名だが、羊も沢山飼われている。羊は乳、毛、皮、肉と生まれてから死ぬまで人間に多大な貢献をしている。アレンテージョの羊飼いは羊の毛皮で作った上着を着る。この姿を羊たちはどう思っているのだろうか。自分たちを屠り皮をはぐ恐ろしい支配者、それとも自分たちと同じ毛皮を着ている仲間だと親近感を抱いているのだろうか。きっと後者だろう。アレンテージョの人たちはのんびり屋でよく冗談の種にされる、羊のように穏やかな人々だ。彼らは手塩にかけて育てた羊が食卓に上るとき、こいつはいいやつだったなあ、呼ぶとすぐにやって来たもんだ。毛を刈るときは暴れたが、その毛は玄関の敷物になっていつもオラを迎えてくれる・・・などと思い出を語りながら舌鼓を打っているに違いない。(多分)
 慎ましい暮らしのアレンテージョの人々は、少ない肉でも家族全員の胃袋を十分に満たすように工夫した。羊のシチューの具の半分を占めているのは揚げたパンである。この地方独特の、もっちりした拳骨のような形のパンをスライスして揚げた、巨大なクルトンが羊肉よりもその存在を主張している。上げ底だ、騙されたと怒らないで欲しい。肉やトマト、玉ねぎなどの野菜のうまみが凝縮されたスープを吸った揚げパン、これがうま~いのだ。肉も美味しいけど、私はパンのほうが好きなくらいである。
 羊の独特の臭いが嫌いだという人もいる。しかしほろほろと崩れるくらい柔らかく煮込んだ羊肉シチューはコリアンダーやミントをあしらって香りのアクセントをつけているので、臭いはそれほど気にならない。
a0103335_6193154.jpg

羊肉の下にはベッドのマットレスのように揚げパンが敷かれている。緑の葉っぱはコリアンダー。

 羊料理に合うのはやはりアレンテージョの赤ワイン。アレンテージョは良質のワインを生産していることでも名高い。エヴォラ、エストレモス、レゲンゴス、ボルバ、ポルタレグレなどの町には幾つものワイナリーがあってピンからキリまでの値段の、しかしどれもそれなりに美味しく飲めるワインを造っている。アレンテージョのワインは軽快で甘みを感じる飲み易いワインだ。高いものは重くコクがあるが、私はぐいぐい飲める安いもののほうが好きだ。私は食べるのは好きだが美食家ではない。食費に出せる金額には限界がある。少ない予算の中で旨いものを食べるということが最重要課題である。そして安くても旨いものに出会える機会の多いのがポルトガルである。特にポルトガルのワインは値段の割りに良質だと思う。
 ワインを選ぶ目安のひとつはラベルに醸造業者の名前があるかどうかである。自分の名前を出すくらいならそれだけ自信があるんだろうというやや薄弱な根拠である。しかし、この人が造っているワインならほぼ間違いないと思われるのは、JOÃO PORTUGAL RAMOS という醸造業者による、アレンテージョのワインである。ボルバのMARQUES DE BORBA や、エストレモスの LOIOS などの銘柄を手がけている。値段もスーパーで買えば6ユーロ程度の手ごろな値段である。もっとも普段は2~3ユーロのワイン愛飲者の私にとって、これらは臨時収入が入って奮発するときだけに買う贅沢品であるが。
[PR]
by caldoverde | 2007-09-26 07:23 | 肉料理 | Comments(4)