人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

嘆きの聖母祭

嘆きの聖母祭_a0103335_21291116.jpg

1992年の「嘆きの聖母祭」


今朝PCを開いたら、8月20日は「嘆きの聖母」の日と言うメッセージが現れた。カレンダーの場所の設定をポルトガルにしているので、ポルトガルの祝祭日に当たる日はこのような表示が出てくる。キリスト教国にとって非常に重要な復活祭やカーニバルは、毎年日付が変わる移動祝祭日なので、非キリシタンの私にとっては意外と重宝している。とは言え今はパンデミックで、通例の行事が行われないこともままあり、ポルトガルで最も美しい祭と賞賛されるヴィアナ・ド・カステロの「嘆きの聖母祭」が、今年はどの様に行われるのか気になるところではある。


嘆きの聖母祭_a0103335_21451129.jpg

やるみたいです



もう30年近くになるだろうか、仕事を辞めてポルトガルに旅行していた頃、運良くヴィアナ・ド・カステロのお祭りを見る事ができた。その頃は携帯もインターネットも無かった。「地球の歩き方」と鉄道の時刻表が旅のバイブルだった。旅の基点はコインブラで、そこに下宿を借りて7月は外国人向けポルトガル語コースを受講し、8月は色んな町を訪ね歩いていた。バイブルには、飛び込みでも泊まれるような安宿の情報が豊富ではあったが、流石に有名なお祭り期間に予約なしで現地に行くのは無謀であった。駅に着いたら直ぐに観光案内所に向かい、空室がありそうな宿を紹介してもらったが、既に選択の余地は無かった。唯一当日宿泊可能だったのは、営業を始めてから日の浅い、つまりまだ知られていなかった、貴族の館ホテルだった。当然予算オーバーであるが、致し方ない。


嘆きの聖母祭_a0103335_21301850.jpg

貴族のマイ教会、マリェイラス・チャペル


ヴィアナの街は本当に綺麗だ。白壁にバロック様式の豪華な彫刻を施した花崗岩のファサードや窓が嵌め込まれた美しい建物が多い。件のホテルは歴史的地区のど真ん中にあり、バロックよりもっと古い大航海時代に流行したマヌエル様式の窓を持つ、瀟洒な建物だった。ダンディーな当主とエリザベス・テイラーにちょっと似たチャーミングな奥様が迎え入れてくれた。由緒ありそうなアンティークがさりげなく飾られ、泊まった部屋はお一人様には勿体無くも広々としたツインルームであった。私が初めての日本人宿泊客だったのと、怪しいながらもポルトガル語を話したので、今考えるとかなりの歓待を受けた。


嘆きの聖母祭_a0103335_21315079.jpg

同じミーニョ地方でも町や村ごとに微妙に違う民族衣装



ポルトガルの民族衣装は地方によって色々あるが、最も美しく、ポルトガルを代表するものとされるのは、このヴィアナの衣装だ。宿泊したホテルの近くに小さな土産物店があり、窓にはヴィアナの衣装を着けた人形が飾られていた。ちょっと欲しかったが、貧乏旅行中だったので、写真に撮って満足した。お祭り中は乳幼児から貫禄のおば様まで、色鮮やかな衣装を纏った女性たちが町に溢れてそれは素晴らしかった。まさに馬子(孫)にも衣装である。色んなパーツからなる衣装一式を揃えるのは結構な出費だと思うのだが、祖母から母、母から娘と受け継がれたものを着る女性もいるだろう。むしろ古い方が刺繍などに手がこんでいるものも多い。今はヴィアナの衣装を保存し展示するミュージアムがあり、手芸の好きな方には必見だ。


嘆きの聖母祭_a0103335_21330026.jpg

子供達は可愛かったが、今では背後の黒板にヴィーニョ・ヴェルデと書かれているのが気になる


お祭り以外にどのような場面でこの衣装が使われたかというと、農民の日常着だったようだ。ポルトのサン・ベント駅のアズレージョにはミーニョ地方の風景のパネルがあり、この衣装で農具を携え牛やロバをひく乙女達が描かれている。美女がこの服装で畑仕事や動物の世話をするイメージを活用すれば、若者の就農希望者が増えるのではないだろうか。普通の娘でもこの衣装は美女度を相当アップしてくれる。ただし私のような100%モンゴロイドに似合うかどうかは疑問だ。


嘆きの聖母祭_a0103335_21344401.jpg

これなら私にもいけそう


由緒ある貴族の何代目かのホテルのオーナーに、民族舞踊のショーのあるレストランにご招待された。残念ながらその日はショーはなかったが、店の名前の由来や、ヴィアナの町やホテルの建物についての話を聞いた。こんな事になるのなら、もっとマシな服装、でなければ日本の民族衣装の浴衣でも用意するのだった。


嘆きの聖母祭_a0103335_21471656.jpg

当時で1泊6000円ぐらいの感覚だった


チェックアウトで渡された請求書は意外と安かった。こんなゴージャスな雰囲気で、しかも町一番のレストランでご馳走になってこの値段とはありがたや。名残を惜しみつつ町外れの駅まで歩いて行くと、背後から走って来る人がいる。ホテルのオーナーであった。すみません、先程の金額は一泊分だけでした、と謝られた。道理で安かった訳だが、それでもやはりあの環境とサービスからすると、十分安い。まだ電車に乗り込む時間でなくて良かった。今度こそちゃんと精算して、別れを告げた。数年間はオーナー夫妻とクリスマスカードのやり取りをした。良い思い出である。


嘆きの聖母祭_a0103335_21365405.jpg

貴族の館ホテル「カーザ・ドス・コスタ・バロス」のシンボルマークはこのマヌエル様式の窓。




# by caldoverde | 2021-08-19 21:27 | ポルトガルの旅 | Comments(2)

ポルトガルの居酒屋料理

ポルトガルの居酒屋料理_a0103335_11070936.jpg
ワインはポルトガルのドウロ地方のLello。コーヒー豆と輸入食品を扱うJupiterで購入。


仙台のような田舎にもポルトガルワインを置く酒屋や食品店がぼちぼち増えてきた。しかし、イワシの缶詰以外のワインのアテは?現時点ではポルトガル料理店は宮城県には見当たらないので、地場産品を使いリスボンの場末のバールの味の再現に挑戦した。ポルトガル語の師匠のヴァレリア先生と一緒に、リスボンで食べた自分の舌の記憶とインターネットの検索結果を元に適当に作ってみたが、材料費は高くないし意外とヘルシーだし、それなりの味になった。日本で手に入らない材料があれば、他のもので代用し、味付けや分量などは自分の好みに合わせれば良い。玉ねぎ、ニンニク、コリアンダーは共通の材料となるので、まとめてみじん切りにして用意する。


天ぷらのルーツがポルトガル料理だと言うことはよく知られている。モロッコインゲンの天ぷらは「ペイシーニョス・デ・オルタ(畑の小魚)」と呼ばれ、人気のある前菜である。同じ衣で「パタニスカス・デ・バカリャウ(鱈のかき揚げ)を作ると無駄がない。


ポルトガルの居酒屋料理_a0103335_11074403.jpg
モロッコインゲンは鍋に入らないので半分に切りました


まずは「畑の小魚」から

1、鍋に湯を沸かし、少々の塩を入れモロッコインゲンをさっとゆでる。

2、ボウルに卵を割り入れてよく混ぜ、小麦粉(私は天ぷら粉)を振り入れ、塩で味付けをして衣を作り、茹でたモロッコインゲンに衣をつけて普通に揚げる。


衣が余ったら、これを利用して「パタニスカス」を作る。

1、塩鱈の切り身を茹でて、皮や骨を取り、小さくほぐす。

2、玉ねぎとパセリまたはコリアンダーをみじん切りにする。

3、1と2を衣と混ぜ、適宜塩、胡椒で味をつける。

4、3をスプーンですくい、油で揚げる。


同時に2種類のおつまみが出来た。


ポルトガルの居酒屋料理_a0103335_11082264.jpg
赤、黄、オレンジのピメントと普通のピーマンの4色


もっと彩りが欲しい場合は「ピメントのサラダ」を添える。私たちは最初に仕込み、冷蔵庫で冷やしておいた。作り方は、

1、ピメントの表皮を真っ黒になるまで焼く。レストランだと炭火で焼くが、家庭ではトースターや魚焼きグリルを使ったり、ガスコンロの火に直接かざすなど色々方法がある。

2、真っ黒になった皮をきれいに取り除き、手で細く割く。

3、オリーブオイルをたっぷりかけ、粒の大きめの塩を振る。好みでビネガーやレモン汁で酸味を加えたり、コリアンダーを散らす。


いろんな色のピメントを使うとカラフルでフルーティなサラダとなる。ポルトガルでは鰯の塩焼きの良き相棒だ。


ピメントが焼けてオーブントースターが空いたら、キノコの詰め物と入れ替え。マッシュルームにファリニェイラやアリェイラという腸詰の中身を乗せて焼くだけで、すごく美味しくおしゃれな前菜になるのだが、どちらも手に入らないので、ベーコンやオリーブの実を椎茸に詰めて焼いてみた。


ポルトガルの居酒屋料理_a0103335_11130620.jpg
チーズやツナ缶など好きな具材を使うのも良いかな


1、椎茸の軸を取る。

2、取った椎茸の軸、ベーコン、オリーブの実、コリアンダーまたはパセリ、ニンニクをみじん切りにする。

3、2にパン粉を混ぜてオリーブオイルを加えたフィリングを、椎茸に詰めてオーブンで焼く。


椎茸でも美味しいかったが、焼くと水分が飛ぶので、パン粉を湿らせるか、普通のパンを使ってもよかったかな。ファリニェイラは味噌に共通する味なので、味噌をちょっと加えたらより現地の味に近づいたかもしれない。


最後は「砂肝のトマト煮(モエラス・エストゥファーダス)」。これはリベイラ市場の裏手の小さなバールでよく食べた私の好物。日本でも再現なるか?一度リスボンで自作したが、なんとなく生臭くて美味しくなかった。よく洗わなかったせいだろうか。さて結果はいかに。


1、砂肝はよく洗い、2~3個に切る。塩、胡椒、パプリカの粉、みじん切りのニンニクで下味をつける。

2、鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りの玉ねぎ、ニンニク、月桂樹を炒める。これはポルトガル料理の基本、出汁の役割をする。

3、玉ねぎが透き通ってきたら砂肝を入れて炒める。

4、砂肝に火が通ったら、トマトの缶詰1缶、トマトピューレ、白ワインを加えて柔らかくなるまで煮込む。

5、とろみや赤みが足りなければトマトピューレやパプリカの粉で適宜調整。アクセントに唐辛子を少し入れても美味しい。


ポルトガルの居酒屋料理_a0103335_11144232.jpg
ジャーン!


リスボンの大衆食堂で、おじさん達のおしゃべりとTVのサッカー中継を聴きながら食べたあの味が蘇った。皆さんもポルトガルワイン(日本のビールでも可)とつまみで仮想リスボン下町巡りを体験してはいかがでしょう。



# by caldoverde | 2021-07-20 11:01 | スープ・前菜・酒肴 | Comments(2)
ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10201914.jpg
ポルトガルのスター(エストレーラ)は僕です。

まだまだ気軽に海外旅行ができる状況ではないが、本やネットでイメージを膨らませ、脳内トランクに荷造りし、コロナ明けの出発に備えよう。最近素敵な本を見つけたので、これを元に、妄想グルメ旅を楽しんだ。「美しい世界のチーズの教科書」(パイ・インターナショナル)という本には私が知らなかったものも含めて、12の代表的なポルトガルチーズが挙げられている。図版は写真でなくイラストであるが、これが実に素晴らしく、色や形ばかりでなく、チーズの固さ、テクスチャーまでリアルに表現されていて、見ると涎が出そうになる。原料はほぼ共通なのに、なぜあんなに多種多様なものが生まれるのだろう。生きているうちに可能な限り色んなチーズを食べてみたいが、残念ながら食べ過ぎると吹き出物が出てくるし、値段が結構張るので、ついつい同じものをちょっとだけというのが現状だ。せめて地域限定で、ポルトガルのチーズを制覇したいものだ。


ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10232482.jpg
ワインの本も出ました。


まず、ポルトガルが世界に誇るチーズといえば、なんといっても「ケイジョ・ダ・セーラ・ダ・エストレーラ(エストレーラ山脈チーズ)」である。直径15cm前後、高さが5cm前後の円盤型で、側面にガーゼが巻いてある。外側はやや硬い皮に覆われているが、中身はトロトロなので形が崩れたり中身が流れ出ないように周りをガーゼで囲っている。当然、このチーズは普通にナイフで切り分けるのではなく、上部をくり抜き、中身をスプーンですくってパンやクラッカーに塗りつけて食べるのが一般的だ。


ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10250344.jpg
イラストでは中身がクリーム状なのがわかるように表現



このチーズの生産地は、ポルトガルの大陸における最高峰、エストレーラ山脈周辺だ。エストレーラとは星、星の山々だ。富士山に比べるとだいぶ低い(1993m)比較的なだらかな山で、国内唯一のスキー場があり、滅多に雪を見ないポルトガル国民にとっては人気の高いリゾート地である。私が実際にエストレーラ山脈を訪れたのははるか昔、ただ一度きりだったので、ほとんど怪しい記憶になっているが、5月にまだ雪があちこちに残る星の山は、まるで別の星に降り立ったような不思議な風景だった。木はほとんどなく、大きな花崗岩がゴロゴロ転がった不毛の地、という印象が残っている。最高地点のトーレには売店があり、もちろんチーズがあったので買って帰った。


ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10403702.jpg


ずっしりしたチーズを日本に持ち帰り、冷蔵庫に入れるも表皮に青カビが生えてきた。はるばる遠い国から連れて来たチーズを捨てるには忍びなく、青カビはブルーチーズに不可欠だしペニシリンの材料だし、と無理やり自分に納得させて、青い斑点のある外皮をクリームに溶かしてパスタに絡めて食べてみたら、激ウマだった。しかし、家族からは臭い、なんだこの匂いは?とブーイングを受けた。匂いはカビのせいだけでなく、このチーズ特有のものだと思う。原料は羊乳なので、独特の味や香りがあり、羊を食するのにあまり慣れていない日本人には少々きつく感じるかもしれない。いや実際、ホテルの朝食会場のテーブルに果物やジャムなどに囲まれて鎮座していた黄色い鏡餅のようなケイジョ・ダ・セーラ・ダ・エストレーラは、確かに古くなった糠床から出した沢庵のような強烈な匂いを放っていた。でも食べてしまえば納豆と同じで匂いは気にならなくなる。


ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10385629.jpg

地元の生ハムとエストレーラチーズのサンドイッチは最強


お土産はチーズだけではない。エストレーラ山脈の麓にあるコヴィリャンは、昔は毛織物が重要な産業だった。しかし機械化の進んだ英国製のウールがポルトガルに入ると粗野なポルトガルの毛織物産業は衰退していった。しかし21世紀に素朴で温かみのある手織りウールの生地の服や小物が洗練されたデザインになって蘇り、リスボンにも専門店がある。


ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10282604.jpg
羊を守る賢い星山犬


もう一つ、モフモフするものに犬がある。ポルトガルを代表する牧羊犬のエストレーラ・マウンテン・ドッグは、主にこの辺を勤務地としていたが、現在はポルトガルのみならず世界的に引き手数多な大型犬だ。子犬は正に生きた縫いぐるみ!本物を連れて帰るのは難しいが、縫いぐるみなら土産物店で見つかるだろう。


ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10302968.jpg


エストレーラ山地はポルトガルでスキーやスノボが楽しめる唯一の場所であるが、スポーツよりのんびり過ごしたい方は温泉へ。その名もH2otelという水とホテルをミックスしたネーミングの素敵なホテルがある。大きな屋外プール、スパ設備やクリニックを備えた建物は、風光明媚な山の中にある。入浴やスポーツの後の水分補給には、当然、水。エストレーラ山脈の雪解け水は、コインブラを流れるモンデゴ河の源流となり、ミネラルウォーターも生産されている。


ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10310911.jpg

ポルトガル空想旅行 チーズの旅①セーラ・ダ・エストレーラ_a0103335_10311141.jpg


ポルトガルの最高峰で、最高のチーズと水をご賞味あれ!ビーチとサーフィンだけではない、内陸のリゾート地も知っていただきたい。私も知りたい。



# by caldoverde | 2021-07-08 10:13 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
アサリ無しアサリ豚またはポルトガル風ポーク_a0103335_14103245.jpg
ワインはアレンテージョのワインです。


ポルトガル語の師匠で親友でもある日系ブラジル人のヴァレリア先生から、ポルトガル料理を一緒に作ろう、とお誘いがあった。つい数日前、家に沢山あったトマトを使いカルデイラーダ(魚介シチュー)を作ったらなかなか好評だったので、同じものを提案したが、肉料理というリクエストもあり、それではアレンテージョ風ポークにしましょうと落ち着いた。ヴァレリア先生のお宅から少し歩いたショッピングモールに良い肉屋があるのだそうだ。いい日和だったので、散歩も兼ねて買い出しに出かけた。豚肉、ジャガイモ、アサリが主な材料であるが、アサリは時期によっては入荷がないので、その時はアレンテージョ風ポークからアサリを抜いたポルトガル風ポークにしようという事になった。豚肉はちょうど良い大きさにカットされたカレー・シチュー用の肉を250gほど購入した。日本は生のジャガイモが何故かとても高く、ポルトガルの数倍の値段だ。比較的安く調理の手間が省けることから、皮付きのままカットされたフライドポテト用冷凍ジャガイモにした。たまたまヨーロッパ産の品種だったので、きっと現地の味に近いはずだ。その他にナッツやパンなども買い込んで、先生のマンションに戻った。アサリの事は二人ともすっかり忘れていた。


まず肉に下味をつける。潰したニンニク、塩、胡椒、白ワイン、月桂樹の葉、そして最も重要なのは鮮やかな色と風味を与えるパプリカである。ポルトガルでは上記の調味料が全部入ったペースト(マッサ・デ・ピメンタン)を使うが、日本のどこでも買える粉末のパプリカで十分だ。たまたま冷蔵庫に生のパプリカもあったので、これを細切りにして加えるとより味わいと彩りがアップするはずだ。調味料の配合は全て適当。塩気が足りなければ後で足せばいいし、逆に辛すぎればジャガイモを増やせば良いだろう。でもパプリカの粉はたっぷり使って欲しい。いくら入れても辛くはならないので。私的には豚肉は一晩ぐらいマリネして味を十分に染み込ませたいが、良い肉なら素材の味を生かして30分とか1時間漬け込むだけでも美味しいと思う。この日はだいたい1時間程度寝かせた。


アレンテージョ風ポークの調理は、できればカタプラーナというどら焼きのような鍋を使うと香りや旨みが逃げずに短時間で調理できるが、深めのフライパンで十分である。ましてやアサリのないポルトガル風ポークなので、深鍋でも何でも良い。油を熱し解凍しておいたジャガイモを揚げ、生のパプリカも加える。適当に火が通ったら今度はマリネした豚肉を漬け汁ごと投入し、よく炒める。肉が固くなりそうなら白ワインを適宜加えて蒸すような感じで調理し、味を見て良ければ出来上がり。仕上げには刻んだコリアンダーをたっぷりのせて。


サイコロにカットされた豚肉は味や柔らかさにおいては、ポルトガルで散々食べたアレンテージョ風ポークやポルトガル風ポークを凌駕する美味しさで、和牛ばかりではない日本産肉の実力を知らされた。肉の旨みと香辛料の複雑な味が染み込んだジャガイモも後を引く旨さで、食べ過ぎたその日の夜はお腹が張って寝苦しかった。アサリが無くても十分に美味しいポルトガル風ポークであるが、どうしても何か海産物の風味を加えたくなったら、最近よくスーパーで見かけるボイルしたホタテを入れたら美味いのではないだろうか?今度試してみよう。


アサリ無しアサリ豚またはポルトガル風ポーク_a0103335_14114167.jpg
アサリは無くても許せるが、コリアンダーは絶対必須

# by caldoverde | 2021-06-02 14:06 | 肉料理 | Comments(4)

日葡ナタ対決

日葡ナタ対決_a0103335_10500157.jpg

日葡ナタ対決_a0103335_10534468.jpg
上が元祖パステイス・デ・ベレン、
下は宮城県で買った和製ナタ。
皿はどちらもポルトガル製。


侍と騎士が鉈で戦うような恐ろしげなタイトルだが、否、「ナタ」は今やエッグタルトに代わるパステル・デ・ナタの日本における通称である。私はむやみに言葉を簡略化するのは反対だ。言葉には意味があり、名前には語源がある。パステルとはフィリングを詰めた小型のパイで、ナタはクリームの事だから、ポルトガルのスーパーでナタありますか?と訊けば、料理に使う生クリームのある乳製品コーナーを案内されるだろう。カフェなら、色んな種類の菓子の中の、パステル・デ・ナタの事だと理解してもらえるが。

同様に、一時ブームになったマッサの正式名称はマッサ・デ・ピメンタンで、ピメントのペーストの意味だ。マッサだけだと、小麦粉などを練ったもの等、粘度のある食材一般を指すので、何のマッサかはっきりさせるべきだと思う。


日葡ナタ対決_a0103335_11004725.jpg

カンポ・デ・オリークのパティスリー「ダックワース」のチョコレート入りパステル・デ・ナタ


と少々腹を立てたのは、仙台近郊に新しくできた巨大ショッピングモールの中で「ナタ」と書かれた札とアルミのカップに入った焼き菓子を見たからである。なんかパステル・デ・ナタに似ているけど、どうせ似て非なるものだろうと期待せず1個だけ買った。賞味期限は2日後で、そんなに保つのかとますます怪しく感じた。ポルトガルに昨日おととい作ったパステル・デ・ナタを置くような店があるだろうか。あったとしても誰も買わないだろう。


日葡ナタ対決_a0103335_11035764.jpg

詩人ペッソーアが愛したレストラン「マルティーニョ・ダ・アルカーダ」のパステル・デ・ナタ


モールはリスボンのコロンボショッピングセンター程ではないが、沢山のテナントが入っていていちいち目をやっていると端から端まで歩くのに何十分もかかり、予定外の物を買ってしまう。今日も映画を見るだけにしようと思っていたのにいつのまにか散財していた。恐ろしい場所だ。疲れてちょっと休みたい時、コロンボにはあちこちにカフェがあってエスプレッソが100円程度で飲めるのだが、日本じゃあっという間に500円、千円使ってしまう。パステル・デ・ナタは1.20€前後なのに、この日本製ナタはポルトガルの2倍だ。怒りが沸く。その怒りは、聖アントニウスの前に次々と現れ誘惑する悪魔の如き魅惑の商品に眼を奪われる毎に、新たな怒り(コロナで失業し、金がないのに何でこんなにモノが溢れているんだ!)がとって代わり、いつの間にかバッグに放り入れた高価なエッグタルトの存在を忘れさせてしまった。ぐったりして家に帰り、食事を済ませてもう寝ようという頃に、今日買ったナタを思い出した。賞味期限が明後日までで良かった。


「聖アントニウスの誘惑」ボス作 リスボン古代美術館蔵

日葡ナタ対決_a0103335_11134264.jpg

悪魔「まあまあ一杯やっていきましょうよ」
聖人「今日は持ち合わせがないので…」


翌朝、冷たいナタを朝食代わりに食べようと、アルミの型を外し、かぶりついた。え…意外に美味しい…?!フィリングのカスタードクリームは本物だ。失敗したような外見とは裏腹の、乳製品とバニラの香りあふれる正統派カスタードクリームのまろやかさは、クリスタルのグラスに入れて銀のスプーンですくって食べても似合いそうだ。


日葡ナタ対決_a0103335_11174339.jpg

クリームパンか?


しかし皮が違う、皮が!なんだこのフカフカの変なテクスチャーは?焼いてから1日以上置いた、しかもバターの足りないクロワッサンのような皮は、リスボンのベレンの本家本元のパリッとした歯応えとは程遠い、香ばしさも軽さもない、もっちりした全くの別物だ。ポルトガルのパステル・デ・ナタはかじるとハラハラとパイ皮が剥がれ落ちるのに、この和製ナタの皮はパンのように結束している。


日葡ナタ対決_a0103335_11183202.jpg

ポルトガルのパステル・デ・ナタは薄い生地が何層にも重なっている

日葡ナタ対決_a0103335_11183674.jpg


と怒りながら食べ終わると、今度はいつ電車に乗ってあのショッピングモールにナタを買いに行こうかと考えている自分がいた。要するに日本製ナタは悪くはなかったのだ。


日葡ナタ対決_a0103335_11222870.jpg
カステラもポルトガルのオリジナルとはだいぶ違うし、これはこれで…

# by caldoverde | 2021-04-25 10:47 | お菓子・カフェ | Comments(0)