ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

テージョ河アート散歩 その2 カスカイス編

 いきなり秋が来た。突風と叩きつけるような激しい雨が、やわな折りたたみ傘を開いた途端だめにするポルトガルの秋だ。何もこんな日を選んで遠出しなくてもいいようなものだが、友達から誕生日祝いにもらったスパの利用券の予約が今日なのだ。別の日に変えても良かったのだが、逆にこんな日は人が来ないだろうからゆっくりとサウナやジャグジー風呂を占有できるだろうと、リスボンから電車で30分程のテージョ河の河口の町カスカイスのホテルにあるスパに出かけた。

 カスカイスは19世紀の王様が保養のために御用邸を置いて以来、高級避暑地として発展したポルトガルの葉山である。今は普通のサラリーマンも住んでいるが、海岸沿いにはバブリーなマンションや豪邸が多い。しかし、元々は小さな漁村だったので、旧市街は漁師町の面影もわずかに残っている。
a0103335_18554050.jpg
カスカイス駅からほど近いカーザ・ダ・ペルゴラ(真珠の家)という名のプチホテル

 天気が良ければ、昔はポルトガルのリヴィエラと呼ばれたカスカイス湾から地獄の口を巡って、ギンショ海岸方面に向かう自転車道をサイクリングするつもりだったが、雨が止みそうにないので、まず町の中心部にある二つのミュージアムで雨宿りしてからタクシーでスパに行くことにした。

 一つは海の博物館(ムゼウ・ド・マール)で、19世紀末から20世紀初頭に在位したカルロス1世の業績をたたえた博物館である。カルロス1世は海洋学とマリンスポーツと絵画を愛し、絵の腕前は玄人はだしであったが、政治家としてはいまいちで、暗殺されてしまった。カルロス1世の海洋学への寄与はとりわけリスボンの隣町のアルジェスにあるバスコ・ダ・ガマ水族館という形で残されている。海の博物館ではこの王様とポルトガル海洋学の発展を示す資料の他に、海洋生物の標本、漁民の生活、付近で沈没した難破船、船の模型など、海を軸とした人や町のかかわりを紹介している。

a0103335_18591549.jpg

 もう一つは最近作られた話題のミュージアム、パウラ・レゴ個人美術館(カーザ・ダス・イストリアス・パウラ・レゴ)である。この美術館の建物はポルトガルが世界に誇る建築家のソウト・モウラ氏の設計で、2つのピラミッド状の屋根を持つ赤い建物はとても斬新で美しく、周囲の緑によく映える。
 パウラ・レゴ(Paula Rego)はポルトガルの現代美術を代表する女流画家で、世界で最も高い値が作品につけられる現存作家のひとりである。彼女の絵に登場するのはいかにもポルトガル人らしい体型と顔つきの女性達だ。そのポーズや表情には狂気、残忍、嫉妬、ふてぶてしさ、貪欲さなど諸々の悪意をはらんだただならぬ緊張感が張り詰める。マリー・ローランサンなどとは対極に位置し、好き嫌いがはっきりと分かれるだろう。中には動物を戯人化したユーモラスなものもあるが、どこか毒を含んでいる。
 
a0103335_1992228.jpg
祭壇の形式をとった最新作でテーマは「育児放棄」。グロテスクな人物像と人形を組み合わせ人間の罪を告発している。カトリック教会への批判も見られる。

 この2つのミュージアムは隣り合っており、入場料は無料である。パウラ・レゴ美術館にはカフェがあるので軽い食事もできる。空腹のままスパに行って更に体重を減らそうという計画は当然頓挫した。昼食メニューはチキンのグリルとサーモンのパスタの2種類あったが、ボーイがすごく美味しいですと勧めるチキンとグラスワインを頼んだ。
a0103335_191746.jpg
ハーブやニンニクでマリネしたチキンはジューシーで香ばしい。いっしょに焼いた皮付きポテトがこれまた美味しい。

 雨はますます激しさを増す。ミュージアムでタクシーを呼んでもらい、車で10分ほどのキンタ・ダ・マリーニャのホテルに行くよう頼んだ。広い松林の中の、ゴルフ場や馬場がそばにある豪華なホテルで、私には場違いな所だ。しかし今日私はお客様だ。スパの受付で、今日3時に予約を入れています、とクーポンを提示したが、受付嬢は怪訝そうな顔で、そのようなお名前は入っておりませんがどちらのホテルですか、と私に尋ねた。よく見るとホテル・キンタ・ダ・マリーニャではなく、ホテル・ヴィヴァ・マリーニャとなっている。名前は似ているが全然違うホテルだった。失礼しました~。幸い間違えたホテルからは歩いて5分であったが、雨の中おちょこになる傘を支えながらの道のりは遠く感じた。
a0103335_1921539.jpg
人間を嘲笑するかのような猫。ミュージアムショップで売っていたチョコレートのパッケージ。
[PR]
Commented by Moreia at 2011-10-28 08:04 x
パウラ・レゴの美術館にしてはなんともまっとうな一皿ですねwww
絵の雰囲気からすると、カラスのローストとかロバの耳焼きとか出てきそうなのに。
で、この続きにスパのレポートが続くのですか?今度お会いするときには、きっとお肌つやつやなんでしょうね!
Commented by caldoverde at 2011-10-28 21:31
実は食用ガエルだったのかもしれない。味が似ているそうだし。
スパはあの辺のお金持ちが家の中に作る程度の規模で、また高校生くらいの女の子2人が先客で、私達騒ぎますけどいいですか?と礼儀正しく訊かれたのでダメだとも言えず、温泉気分も味わえず不完全燃焼でした。
Commented by みもざ at 2011-10-30 05:38 x
パウラ・レゴさんの作品どこかで見かけたことがありますが、何だか夜夢に出てきそうなくらい強烈な印象ですよね。
ポルトガルのお料理にはコリアンダーがよくかかっていましたが、こういう肉系のお料理にも使われてるのでしょうか?本当に美味しそうです。

その礼儀正しい女の子達、実は以前騒ぎすぎて注意された経緯の持ち主なのでしょうか?一応断って騒ぐ術を身に付けたりして。
スパでリラックスするには周りの雰囲気も大事みたいですね!
Commented by pato at 2011-10-30 08:58 x
あれ、今日カスカイスのマリーナから釣り船に乗ったんだけど、
友人が車を停めた場所に戻る時にケッタイな建物が見えたんだが
それが、パウラ・レゴ美術館だったのだな。
しかし、誕生日って2月じゃなかったかいな。
Commented by caldoverde at 2011-10-30 18:23
コリアンダーを使う肉料理と言えばアレンテージョ風ポークです。無いと物足りないです。狭くてぬるいプールと言うか浴槽で飛び込みをしたり潜って遊ぶピチピチギャルに怒るよりも羨ましさが。クーポンの期限は9月迄でしたが予約が一杯で10月に取れたので嵐をおして行きました。
Commented by おっちゃん at 2011-10-31 04:04 x
お嬢さん達もこんな雨の日は客も少なくて騒げるわよ~と、やってきたのでしょうね。
Commented by caldoverde at 2011-11-01 20:07
スパじゃなくスーパー銭湯が欲しいなあ。
by caldoverde | 2011-10-27 19:26 | カルチャー | Comments(7)