ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ダンワインとベイラ料理

檀一雄がポルトガルで愛飲していたというダンワインは、ポルトガル中部のベイラ地方で生まれる。海から遠く離れたベイラ地方の食べ物は、やはり肉やチーズが中心となるが、意外なことにタコが名物であるという。

数年前訪れたベイラ地方のファームレストランで食べたプリプリのタコやラムチョップ、ヤギのローストが忘れられず、リスボンでもあのようなものが食べられる店があったら良いのになと思っていたら、割と近所にベイラ地方のレストランができたというので、よくコメントを寄せてくれるちゅんちさんとjojoさんとの3人で行ってみた。

ネラスという町のBem Haja(ベン・アジャ)という店がミシュランで紹介され評判となり、リスボンにも支店を出したのだそうだ。
a0103335_18438100.jpg

ミシュランの店(の支店)での食事は年に一度あるかないかの稀な機会なのに、家の近くなものだから、つい無印良品で買ったパーカーを引っ掛けてきてしまった。お店のある通りは全くシックでもオシャレでもないのだが、後から入った客の服装を見ると、上品でお金持ちそうな人々ばかりだった。値段も私が普段行くような大衆食堂の倍くらいである。

日本の覆面審査員3人が3種類の料理を注文し、それぞれ味見をした。私が頼んだのはタコのてんぷらミガス添え。タコはとても柔らかくジューシーだった。しかしてんこ盛りのポルトガル式盛り付けを見慣れた私には、タコは薄く小さく上品すぎるように感じた。だって18€だよ!
a0103335_18431012.jpg
パラパラしたミガスよりリゾットの方がいいかな

ちゅんちさんは脂肪の少ない牛ヒレ肉のグリルキノコリゾット添えを選んだ。こんがりと焼いた肉にはタタキのように切れ込みが入れられて赤身がのぞく。おろしポン酢が合いそう。キノコのリゾットは可愛い三脚鍋でサーブされ、いい香りをあたりに漂わせる。できれば3人分持ってきて欲しかった。日本人にはやっぱりご飯だね。
a0103335_18431197.jpg
これが一番日本人の口に合いそう
a0103335_18431294.jpg

jojoさんは牛の骨つき肉ステーキ、ファリニェイラ入りアソルダ添えを注文。タコとは反対に、見ただけで満腹しそうなほど巨大、しかも脂肪の多い部位でボリューム満点。付け合わせのアソルダも結構ズシンとくるものである。タバスコのようなピリピリソースが添えられていたが、jojoさんは市販のピリピリソースは料理の味を殺してしまうと不満。ミシュランに載ったからには、ソースはスーパーで売っているものではなく自家製を使うべきだと。
a0103335_18431376.jpg
皿からはみ出そうな凄い大きさ
a0103335_2252868.jpg
人と比べると益々大きい。写真提供patoさん

デザートは5€でビュッフェ形式。甘いものは別腹のポルトガル人にとっては大きな喜び。しかし私達日本人にはここまで行き着くことは困難で、すっ飛ばしてコーヒーに。
a0103335_18431326.jpg
種類はあるが、特に食指をそそるものがなかったのも事実

ワインはフルーティな酸味のある2012年のものとスモーキーな香りの2011年物を選んだ。軽く甘いアレンテージョワイン、重厚で渋いドウロワインと比較してダンワインはバランスの取れた真面目な感じだろうか。このお店はダンワインのリストが充実していて、ほとんど知らない銘柄ばかり。檀一雄の愛したダンワインをリスボンで味わいたいならこのベン・アジャに行くと良い。

気になるお勘定は、3人でワイン2本、水、前菜のチーズ、料理3品、コーヒーで、計80€弱、一人当たり26€也。フランスや日本のミシュランのレストランなら1人80€でも足りないだろう。美味しいものを安く食べられるポルトガルは良い国だ。ドレスコードもうるさくないけど、次回は無印のパーカーでないものを着て行こう。
[PR]
Commented by jojo at 2015-03-12 20:11 x
チーズが一切れ4ユーロ、は高すぎると思いました。美味しいよ、美味しいけどさ。持って帰った半切れは有難く家で消費させて頂きましたよ。
だって半切れで2ユーロだよ!
私が貧乏臭いの・・?
というか、貧乏なの・・?(はい!)
でも、ワインは珍しくてオモシロ美味しかったし、
いつかまた行きましょう。
Commented by caldoverde at 2015-03-12 20:49
ベイラ地方のチーズはセーラ・ダ・エストレーラチーズが有名ですが、羊乳でくせがあるし、高いです。トロ〜ととろける状態のをどうだ我慢できないだろうと言わんばかりに持って来られると、つい手を出してしまう人のサガ。私はもっとマイルドなラバサルのチーズが好きですね。
Commented by pato兼ちゅんち at 2015-03-15 17:37 x
わらじの様なステーキは今度食べてみたいけど、付け合せはキノコのリゾットが良いなぁ。
一品の値段の割りに合計は思ったよりは高くないと思いましたが、チーズは高いわな。
私も今度は20ユーロ以上の値段のする服で行こうかしら。
Commented by caldoverde at 2015-03-15 20:05
そう言えば意外と安かったですね。何かつけ忘れたのかな?チーズとか。
チーズのかかったステーキみたいなものもありましたね。それも美味しそう。
Commented by jojo at 2015-03-16 18:28 x
ワインが結構お手ごろ価格だからかな?値段はちゃんと全部チェックしたので間違いないはず。チーズの値段もそこで知って、こりゃもったいなか!と残りを包んでお持ち帰りしたのさ。
Commented by pato at 2015-03-16 18:54 x
お会計の付け忘れは無かったと思う。
ところで、その写真では、お肉の大きさがまだ伝わらないと思うの。
Commented by pato at 2015-04-17 05:22 x
今日の18時前に店の前を通りかかったら、昼のメニューが出てた。
前菜にCanja、メインはバカリャウかチキン、デザート・ビュッフェ飲み物で10ユーロでした。
Commented by ちいこ at 2015-09-30 05:09 x
初めまして、ポルトガルが大好きで、いつもブログを拝見させて頂いては参考にさせて頂いています。このレストランに来て、写真をお店の方に見せながら同じものを注文して、本当に満足な夕食を頂いています。昨日は小鳥の家に行って(マデイラのお店が休みだったので)、これも大変満足でした。これからも素晴らしく楽しいブログ、楽しみにしています!
Commented by caldoverde at 2015-09-30 05:30
お役に立てて嬉しいです。ブログで紹介したお店の中にはもう閉めてしまったところもありますが、「小鳥の家」などは今後も生き延びることでしょう。美味しいものをいっぱい食べて下さい!
Commented by ちいこ at 2015-10-01 01:01 x
はい、ありがとうございます!小鳥の家の手前の角っこのお店も満席でしたが(そこもモンゴイカフライあります、の写真がありました)、あそこも美味しいんですか?このダンのお店のデザートビュッフェのパンデローがものすごく美味しく、パンデローは喉が焼けるように甘いか卵くさすぎる、ってイメージだったのですが、覆されまして、帰る前の日に行って日本に持って帰ろうかと思っているところです。でもホイルに作ったのがお皿に置かれていただけだったから、箱とかなさそうだなあ… 今からビアナドカステロに行って、また数日後にリスボンに戻ったらcaldovedeさんの紹介されているお店に行きまくります!
Commented by caldoverde at 2015-10-01 06:57
パンデロ〜は飛行機で移動中デロ〜となるかペシャンコになるか心配です。中が生焼けタイプは特に。持ち帰りができるお菓子はなかなかないですね。アヴェイロのオーヴォス・モーレス(黄身最中)などはいかがでしょうか。最近は洒落たパッケージのチョコレートが増えてきました。
Commented by ちいこ at 2015-10-01 17:47 x
ブログでも紹介されていたチョコレートたちですね。探してみます。ありがとうございます。米原万里さんの本で紹介されたハルヴァってこれまた大変美味しいお菓子に惚れ込みまして、以前caldoverdeさんがエストレラ大聖堂の近くにアラブのお菓子屋が出来たけど長く続かなそう、って書いていらっしゃいましたね。あそこで買えないか楽しみにしていましたが、もうないっぽいですね。今からバルセロスの市に行くので、そこでも目ぼしいものがないか見てきます
Commented by caldoverde at 2015-10-01 19:25
残念ながら、やはりアラブ菓子屋は閉店しました。ポルトガル人は保守的で、変わった店はあまり続きません。でもあの坂に何軒か新しいカフェができたので、行ってみようと思います。
by caldoverde | 2015-03-11 18:22 | 話題の店 | Comments(13)