ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

蛸の油屋風

a0103335_03015656.jpg

我輩は猫である。名前は知らない。

a0103335_03015735.jpg

我輩は蛸である。名前は油屋風。

ポルトガルに来たら、タコを堪能していただきたい。その柔らかさ、ジューシーさはきっとあなたを虜にする。未知のタコの味わいを発見できる。そして日本でポルトガルのタコ料理を再現すれば、再びあの感動が蘇る。茹でてあるタコを使えば面倒な事はほとんどない。究極にシンプルなポルトガルのタコ料理は茹でダコにオリーブオイルをかけただけのものである。その次に手間のかからないのがこれだろう。

a0103335_03015780.jpg


ポルヴォ・ア・ラガレイラ、要するにタコのオーブン焼きだが、ラガレイラとはオリーブオイルを搾る搾油場のことで、タコの油屋風とでも言ったら良いのだろうか、その名の通りタコがどっぷりとオリーブオイルの中に浸っていて、その上からこれでもかとニンニクが散らしてある。お供は皮付きのジャガイモで、タコとともにオーブンで焼かれ、ぐちゃっと潰されている。

ポルトガルのオリーブオイルはとても良質で、あらゆる料理に使われている。シーフード、特にタラ、タコ、そしてイカとは相性が抜群だ。タラやイカの油屋風(バカリャウ・ア・ラガレイロ、ショコス・ア・ラガレイロ)もあり、魚介の出汁の浸みたオリーブオイルをつけながら食べる皮付きのジャガイモもこれまた美味しい。食べ過ぎ注意である。油なのでカロリーが気になるが、オリーブオイルにはお通じを良くする作用もあるので、むしろスッキリするかも。昔、初めてツアーでポルトガルに来た時は毎晩お腹を下し、日本に帰る頃には2〜3キロ体重が減っていた。その頃のオリーブオイルは品質があまり良くなかったのかもしれないし、和食から急にコテコテの油っぽいものを食べて胃腸がびっくりしたのかも知れない。今ではかなりの量を食べても平気になった。

a0103335_03015845.jpg

タラ専門店「ラウレンティーナ」のタラ料理はオリーブオイルで煮たと言ってよい

秋は新絞りのオリーブオイルが出る季節。新しい瓶を買ったら、皮ごと潰したニンニクを入れたヴァージンオイルを焼きたてのパンにつけて食べるんだ!


[PR]
by caldoverde | 2017-09-04 02:49 | シーフード | Comments(0)