ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ジャルディネイラ

a0103335_09335965.jpg
量は半分でも十分


ペルニル(骨付き豚肉)を食べたいと思いマリア・ピア通りの「タスキーニャ」に行くも、この日も空振りだった。代わりにジャルディネイラを注文した。ヴィテーラ・エストゥファダ・ア・ジャルディネイラがフルネームだが、ジャルディネイロとは庭師のことで、直訳すると庭師風仔牛の煮込み、要するにビーフシチューである。どこが庭師風かというと、角切りにした野菜がたくさん入っていて、花いっぱいの庭のようにカラフルである点だ。日本の家庭で作るビーフシチューに近い。野菜がゴロゴロ入っているので、栄養価も高く、お腹も膨らむ。


12時ちょっと過ぎという、ポルトガルではやや早めの昼ご飯の時刻にも関わらず、席は八割方埋まっていた。ほとんどが男性である。そのうちどやどやとポルシェのロゴの入った赤いトレーナーを着た軍団がやってきた。数軒先の自動車修理工場のおっちゃん達だ。彼らが座る席はもうなかったが、立ったままカウンターでコーヒーを飲んでいった。


先日アモレイラスショッピングセンターの近くに開店した小洒落たレストランの前を通りかかったら、昼のメニューにペルニルの実物が見本としてウィンドウに飾ってあり、その美味しそうな色艶に惹かれて入ったのだが、見かけは美味しそうなのに、味がしない。

実はその日もタスキーニャでペルニルを食べたくて行ってみたら、スタッフの健康上の理由から今週は喫茶部のみ営業しますとの張り紙があり、仕方なく適当な所で適当なものを食べようとしていたので、渡りに船と思ったのだが。


a0103335_09342336.jpg
味がないとゴムみたい

多分風邪をひいて嗅覚が弱くなっていたせいもあったのだろうが、この新しい店の客層はアモレイラスのオフィスや近くの銀行に勤めているような背広姿のサラリーマンや自由業風の人が多く、それで盛り付けや味が上品だったのだろう。値段も11€と毎日ランチを外食するとしたらちょっと高め。


一方「タスキーニャ」のお得意さんは近くの工場の工員や建築現場の職人などガテン系が中心で、家族経営のこの店に長年通っているらしく、互いに挨拶したり、大声で注文を取ったりと気取ったところが全くない。値段は少し値上がりして、セットメニューが8€になったが、パン、オリーブ、スープ、メインディッシュ、デザート、ドリンク、コーヒー、全部付いている。量も現場で働く男衆を満足させるだけのボリュームは十分にある。昔ながらのやや濃いめの味付けだ。私はここでで昼御飯を食べると、夜はごく軽いもので済ませることができるので、経済的だ。北部ミーニョ地方の出身だというオーナー一家は、おそらく故郷の味を大事に守っているのだろう。これからも庶民の店として、健康に気をつけて末永く続けて欲しい。


a0103335_09404463.jpg

タコのかき揚げと豆のリゾットです

[PR]
Commented by veronica825 at 2018-03-01 18:02
以前、このお店の住所を教えてもらい、早速行ってみたのですが「シェフが体調不良だから今日はカフェのみです」と、店の女の子に言われました。
あたしは今、CATAPLANA DA GINAというレストランで働いているのですが、先週とその前の週にランチでペルニルを出した日がありました。次はいつか分かりませんが。。
まかないの時、厨房のスタッフのおばちゃんがペルニルを豪快にしゃぶりつく姿が、ジブリ映画の1場面のようですごくかっこよかったです。
Commented by caldoverde at 2018-03-01 18:46
> veronica825さん
ほんとにご近所ですね。いつも通りかかるたびに「ランプレイアあります」の貼り紙が気になるあのお店でしたか!今度ランチを食べに行きますね。
Commented by veronica825 at 2018-03-02 03:04
返信ありがとうございます。最近図々しくも書き込みさせていただいてます。

あたしはポルトガル料理に惹かれ、足しげく通い、レストランの厨房や家庭の台所でお料理を教わってきました。東京では、ポルトガル料理のケータリングや週に1度、リスボンの日本料理屋さんで働かれていた高杉さんのお店を任せてもらい、ポルトガル料理の提供を行っていました。今回は、ワーキングホリデービザを取って、更なる勉強でやってきました。
こちらのブログは、昔からあたしのバイブルとさせていただいております。
いつかお会いするのが夢です!
Commented by caldoverde at 2018-03-02 04:54
> veronica825さん

お一人様だとなかなかカルディラーダやトマールの「シコ・エリアス」は難しいですね。
そんな時はお誘いください。時間とお金に余裕があればですが。
「ベルカント」や「イレブン」などのミシュラン星付き店は無理です。
Commented by veronica825 at 2018-03-02 09:25
星付き店には興味がありません(笑)
シコエリアスは、このブログで拝見してから訪れるのが夢でした。今回ポルトガルに来てすぐに、1人で行ってきました。1人だったので、カブリットアッサードの半人前で諦めましたが、とっても美味しかったです。カーネルサンダーのような素敵なマリアに会えたことも夢のようでした。他のお料理も食べてみたいので、ポルトガルにいる間にもう1度行ってみたいと思っています。行くことがありましたら、是非ご一緒させていただきたいです(涙)
by caldoverde | 2018-03-01 08:26 | 肉料理 | Comments(5)