ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スペインの朝食、ポルトの間食

a0103335_19393287.jpg


サンチャゴ・デ・コンポステーラは、なぜかポルトガル周遊ツアーに組み込まれることが多い。スペインじゃん!と突っ込みたくなるが、ポルトから日帰りできる距離なので、お得感が増すのだろう。川幅数十メートルのミーニョ川が二つの国を分かつ国境となり、ヴァレンサ・ド・ミーニョの城塞がスペイン側のトゥイを睨みつけているが、今は城壁内の商店街は安いリネン類や洋服を買いに来るスペイン人で賑わっている。橋を渡ると微妙に建物の作りや看板の綴りが変わる。ポルトガル北部との共通点も多いが、何となく一般的なスペインのイメージとも違う、ガリシア地方である。


a0103335_19404735.jpg


キリストの十二使徒の大ヤコブのお墓を詣でに世界中の巡礼者が訪れる大聖堂は、外観の威容と内部の荘厳さに圧倒される。リスボンのジェロニモス修道院は大航海時代の、ぶっちゃけて言えば王様個人の富を誇示するものだが、サンチャゴ・デ・コンポステーラの町は、(本物かどうか怪しい)キリストの弟子の遺骨があるという民衆の信仰が造りあげた町である。その点ではポルトガルのファティマも同様だが、街全体が重厚な花崗岩の建物群で、やはり千年の歴史の重みには敵わない。

歴史があるということは、食べ物の歴史も豊かということで、ガリシア地方にはうまいものが沢山あるのだが、ワインと主要な食べ物に関しては2013年10月の日記「ミーニョ・ガリシア ワインの旅」を参照にしていただき、今回は朝御飯に限定したい。


a0103335_19421071.jpg


滞在したホテルは有名なアバストス市場の向かいの古い石造りの立派な建物で、気持ちの良い中庭がある。その庭に面した食堂の朝食にチーズが何種かあった。有名な乳房型のガリシアのチーズに加え、淡黄色のやや大きめの円盤型のものと白いフレッシュチーズである。初めて見る円盤型のチーズを食べてみたところ、あまりのまろやかさに驚いた。チーズは塩分の強いものと思っていたが、ほとんど塩気を感じさせない。とろりと口の中でとろけるが、カマンベールのような脂っぽさや発酵臭はない。ガタイはあるのに赤ちゃんのようなピュアな味わいである。


a0103335_19430187.jpg
もちもち、とろ〜り


地元のガイドさんによると、ガリシアにはDOP(産地指定銘柄)チーズが4つあり、一つは有名な乳房型のテティーリャ、そして私が食べて感動したこのアルスア・ウジョア、他にフレッシュチーズともう一つ(失念)だそうだ。そうと知ったからには、お土産にチーズを買わずに帰ることができようか。翌日はホテルの朝食はパスし、市場に向かった。


a0103335_19442424.jpg
これはジャージー牛の乳で作ったチーズ。やはり塩分控えめ。周りのカビがアクセント。ガリシア地方の白ワイン、アルバリーニョによく合いそう。



しかし市場でチーズを買う事だけが目的でホテルの外に出たのではなかった。違う朝ご飯が食べたかったのだ。ポルトガルの一般的な朝ご飯の、ミルクコーヒーとハムやチーズを挟んだパンという組み合わせは、まだいくらか栄養を考えた方だろう。エスプレッソにエッグタルトやマフィンのような甘いものだけで、カフェインとカロリーのみ補給して10時のコーヒータイムまでしのぐ人も多い。私もだ。そんな私でもマドリードの朝食にはカルチャーショックを受けた。お菓子にコーヒーどころか、ココアにチュロス(棒状の揚げ菓子)という、1日に必要な糖分を朝食で全部割り当ててしまうような組み合わせが当地の一般的な朝食だそうだ。スペイン全土でそうなのかどうかは知らないが。日本人が毎日食べたら多分高血糖症になるだろうが、スペイン人は大丈夫なのか?


滅多にスペインに来る機会もないので一度くらいならカロリーオーバーでも構わないと思い、ココアとチュロスを探しにサンチャゴの旧市街に出た。「デザユノ(朝食) チョコレート+チュロス」という張り紙を見つけ、スペイン式モーニングセットを頼んだ。油っこい上に砂糖がまぶされたチュロスを、濃度のあるココアに突っ込んで食べるのだが、この店のココアはもはや飲み物の範疇には属さない、カップをひっくり返してもこぼれない、液体と固体の中間の分子構造であった。


a0103335_19470751.jpg


スプーンを使ってカップに付着するココアを全て掻き出して食べた後は、しばらくお腹が空かなかった。その日はサンチャゴからバスで3時間のポルトに行き、その後に電車でまた3時間かけリスボンに戻る予定だった。電車を待つ間、ポルトで一番美味しいビファナ(豚肉サンド)という触れ込みの店で、ビファナとヴィニョ・ヴェルデの遅い昼食をとった。薄く柔らかい豚肉が豪快にはみ出すパンは、肉の煮汁が染み込みフニャフニャで、崩れないように大口を開けてかぶりつきワインで流し込む。見た目はボリュームたっぷりだが重くはなく、それだけでは足りないのかフライドポテトをつけている人も多い。夜は夜でまたちゃんと夕食も食べるのだろう。1日に5回食べると言われるイベリア半島の人々は、日本人と胃腸の造りが違うという事実をひしひしと感じる1日だった。


a0103335_19501961.jpg
ポルト人のおやつです。

[PR]
Commented by veronica825 at 2018-04-30 08:26
チーズの写真をつまみにワインが飲めます。。
Commented by caldoverde at 2018-04-30 09:14
チーズを食べ切った後、スペイン系デパートのエル・コルテ・イングレスに買いに走りましたが、売っていませんでした。またガリシアまで行かないとダメかな。
by caldoverde | 2018-04-27 19:38 | インターナショナル料理 | Comments(2)