ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

復活!市電24番

a0103335_03220825.jpg


かつてリスボンの街中を網羅していた市電は最盛期で30路線を超えたが、マイカーの普及で5路線まで激減した。しかし現在空前のポルトガルブームで市電28番は世界的に有名になり、住民が乗るのが困難になる程、常に超満員だ。以前は子供や老人が通学や病院通いによく使っていたのだが、優先席にはカメラをぶら下げた若い観光客が分捕り譲ろうとしない。始発のマルティン・モニスには28番専用の特別停留所ができて、職員が列に並んで待つ観光客からあらかじめ運賃を徴収している。2ユーロ90セントという中途半端な値段の運賃を停留所毎に受け取る運転士も大変だろう。


28番はスリも多い。車両内や停留所付近に必ずいると考えた方が良い。添乗員やガイドが口を酸っぱくして気を付けろと言っても、やられている。乗る時は盗られていいものだけ身につけるのがベターだ。これは他の路線やどの観光地も同様で、数日前はポルトで東欧のスリ団が捕まったが、すぐにムショから出てきて仕事を再開するだろう。


a0103335_03282523.jpg


どうしても市電に乗りたい方にはちょっと値段が高いが赤や緑の電車のトラムツアー、または比較的空いている路線をお勧めする。特に18番のアジューダ線はガラガラな事が多く、廃線も検討されており、存続のためにも多いに利用して頂きたい。


a0103335_03373548.jpg


一方で最近23年ぶりに復活した路線がある。市電24番だ。現在はカモンイス広場から出発しているが、将来的にはカイス・ド・ソドレがターミナルになるそうだ。終点はアモレイラスショッピングセンター裏手のカンポリーデ。今は全く面影はないが、このヘンテコなモダン建築の敷地はかつては市電の車庫だった。そういえばまだ日本に住んでいた時にポルトガルに旅行に来た時、市電でアモレイラスショッピングに行った記憶がある。


a0103335_03393431.jpg
草花のウオールの建物はチキンのグリルで有名なレストラン「ヴァレンシアーナ」


カンポリーデのターミナルは特に名所旧跡はないが、壁一面に植物を植えて垂直の庭にした建物や赤いキオスク、遊具のある広場には地元住民がまったりと過ごし、気取らないレストランやカフェ、小規模の小売店が集まり、ごくごくフツーの日常の空気が感じられる。しかし市電のリバイバルが商売の好機となると読んだ人もいることだろう。カンポ・デ・オリークにあったレストラン「ストップ・ド・バイロ」はお客さんごとここに引っ越したのはグッドタイミングだった。今後賃貸料が高くなるだろうから。マットレス屋さんがジェラート店になり、イタリア食品店ができたりと、なんだかオシャレな街へと転換しつつある気配も感じる。


a0103335_03330081.jpg


市電24番はサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台やプリンシペ・レアル公園などの名所を通過し、自然史博物館、植物園、水道博物館、ヴィエイラ・ダ・シルヴァ美術館でカルチャー体験もでき、シアードやアモレイラスでショッピングを楽しむこともできる、将来有望な路線だ。28番の長蛇の列は捨てて、地元民と一緒に24番に揺られてみてはいかがでしょう。


[PR]
by caldoverde | 2018-05-14 03:21 | カルチャー | Comments(0)