ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

阿蘇列島旅日記 テルセイラ島再び③ 大統領又は魔女を食す

a0103335_09343511.jpg
サン・マテウス港とブラジル山


宿の台所には調理器具が揃っているが、付近に食材を売る店はないし、プールのバールにはハンバーガーの類いしかない。メニューにカサガイが載っていたが、その日は仕入れがなかった。まともな食事は昨日のツアーで食べたアルカトラという郷土料理だけで、後は宿のサービスのクラッカーやリンゴ、飲むヨーグルトなどでしのいだ。という訳で食費が大いに浮いたので、少し贅沢しようと、島で最も良いと評判のシーフードレストランで昼食をとることにした。


10年前にテルセイラ島に来た時は、路線バスに乗りサン・マテウスという漁港で降りて、バス停前のタスカ・デ・サン・マテウスという居酒屋でカサガイとフジツボとウツボを食べた。フジツボは貝の中に汁を残したまま下げられてしまった。隣の客は貝の肉を掻き出した貝殻を口に持っていき汁を旨そうに飲み干していた。すごく損したような気持ちになった。何とかリベンジしたいとずーっと思っていたが、とうとうその日がやって来た!

a0103335_09363466.jpg
前菜のフレッシュ・チーズにはトウガラシペーストが付く


レストラン・ベイラ・マール(海辺)は10年前行った居酒屋のすぐ近くにあり、その名の通り漁港が真ん前で、テラスからブラジル山も見える。店内には様々な種類の魚が並び、どれも新鮮で美味しそうだ。メインは後からまた考えることにして、まずはフジツボとカサガイと白ワインを頼んだ。海藻に覆われたフジツボが計6個に、釣り針のようなものが添えてある。これで貝の中身を掻き出すのだ。身は小さいが 、海の旨味が濃縮されたような味で、牡蠣を海のミルクと呼ぶならば、フジツボは海のエヴァミルクと言ってもいいだろう。もちろん身を食べた後は汁を飲むのも忘れなかった。居酒屋よりもやや高級な店なので、一応人目を気にしながら。焼き網に載せられてじゅうじゅう音を立てるカサガイも最高だ。バターで焼いてレモンをかけて熱々のところに冷たいワインを流し込み口の中を冷ます。コリコリした歯ごたえと磯の香りがなんとも言えない。これも貝汁まできれいにいただく。

a0103335_09381224.jpg

a0103335_09381383.jpg



前菜が終わり、メインを何にするか決めようと魚のケースや生け簀を見に行った。生け簀にはロブスターとぺちゃんこに潰れたような海老が入っている。ロブスターの値段を聞くとキロ当たり50€でリスボンよりずっと安い。一瞬心が動いたがぺちゃんこの海老の名前と値段も聞いてみた。カヴァコという海老で本土ではブルシャ(魔女)、日本ではセミエビと呼ばれている種類らしい。

ロブスターよりも美味で値段も60€と高い。しかしロブスターよりも小さいのでそれほど高くはつかないだろうと考え、前の大統領と同じ名前の海老を注文した。茹でるのに30分かかると言われた。港の景色を眺め白ワインを飲みながら大統領の到着を待った。


a0103335_09510994.jpg
a0103335_09520230.jpg

縦に真っ二つに割られたカヴァコは、赤い殻から真っ白な身をぷりっと弾き出している。シャコエビ程度しか肉がないだろうと思っていたら、結構食べ応えがある。大味なロブスターよりも甘みと弾力がある。赤いソースが添えてあり、これをかけて食べても旨いが、シンプルに茹でたままのを食べてもいける。ソースはオリーブオイルの中にカヴァコの細かい身、ゆで卵、パセリ、パプリカなどを混ぜたもので、カリッと焼いたパンにのせて食べると、海老の本体よりも美味しいと思う私は貧乏性だ。お勘定はしめて76€、リスボンでは100€は下らないはずだ。またテルセイラ島に来たら、毎日通ってしまいそうだ、やばい…。アソーレスでは大統領と呼ばれる魔女に魔法をかけられてしまった。


a0103335_09521423.jpg


[PR]
Commented by Veronica at 2018-07-14 06:42 x
先日はどうもありがとうございました。

贅沢な海鮮ディナーの記事を心待ちにしていました。
甲殻機動隊としては、魔女に呪いをかけられても構いません。あぁ…美味しそう!何枚でもパンが食べられてしまいそうなソースも魅力的です。
Commented by caldoverde at 2018-07-15 00:13
チーズからセミエビまで、日本はおろかリスボンでもいっぺんには食べられないメニューで、近年で一番美味い昼飯でした。セミエビは昨年のツアーのディナーで出されたらしいのですが、お客様には冷たいエビが出てきたとあまり評判が良くなく、その時にセミエビを知っていたらその有難さをもっとアピールできたのに、残念。
Commented by OvosMoles at 2018-07-26 00:41 x
あああ、カヴァコ食べてるー。羨ましい!
私もアソーレスでこれが食べたかったのです。茹でたてのを出してくれるお店、この情報はありがたい。次にアソーレスに行くときはテルセイラを考えているので、このお店絶対行きたいです!
Commented by caldoverde at 2018-07-26 15:36
今年のアソーレスツアーはテルセイラ島も入っているという事を聞いて下見を兼ねて行ったのですが、出ないかなあ。カルヴァン洞窟見学は最低私以上の体力ある人でないと難しいですよ。
by caldoverde | 2018-07-13 09:33 | ポルトガルの旅 | Comments(4)