ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ポルトガルのパスタ料理

 ポルトガル人は野菜やパスタを茹ですぎる。野菜は色が変わってくたっとなるまで、パスタはすくうと途中から切れるくらい茹でる。胃の弱い人、歯のない人向けの食べ物のようだ。両者とも肉や魚の副菜としての地位しか与えられていないので、野菜や麺類の歯ごたえや味、色、香りを生かし、本来の旨さを味わうという発想はポルトガルにはあまりない。日本のもりそばやかけうどんなどは食事とは見なされないだろう。だからポルトガル人の作るパスタはあまり期待できないのであるが、それでも旨いものはある。イタリア起源なのか、ポルトガル人の発明なのか、マッサーダというマカロニの煮込み料理がある。シーフード料理店によくあるメニューで、魚介類をマカロニとともにトマトベースのスープで煮込み、薬味にコリアンダーを散らしたものである。ポルトガル式のシーフードリゾットのマカロニ版だ。ポルトガルのリゾットはアルデンテではない。米はやわらかく、十分に煮えてなくてはならない。米に芯が残っていたら、文句をつけられるだろう。マカロニも然り。昔、ポルトガルの家庭料理を習っていた友人が、マカロニをどのくらいの硬さに茹でるのか訊いたところ「マカロニが開くまで」という回答だった。

 ところがたまには弾力のあるマカロニ料理を出すところだってある。近所のシーフード屋で食べた、マッサーダ・デ・マリスコス(魚介類とマカロニの煮込み)は珍しくアルデンテだった。スープに入れるような小さなマカロニ、海老が2、3種類、あさり、ムール貝、アンコウがアルミの小さな鍋にぐつぐつ煮立っていて、蓋を開ければコリアンダーの独特の香りが立ち上り食欲をそそる。ふうふう冷ましながら、つるんとしたマカロニを口に入れれば、プリンとした歯ごたえがある。この店のスペシャリティと自負するだけあって、結構いける。

 こういう料理は汁気があったほうが、食感に変化があっておいしい。バスタを食べたら、スープを飲んで、海老や蟹をつついてと。マッサーダやリゾットはちんたらちんたら食べていると、腹は満腹なのに鍋の中身はちっとも減っていないという現象が起こる。パスタや米が汁気を吸って嵩を増やすからだ。まあ、魚や海老の旨みを吸い自らも溶けかかってぶよぶよべろべろになったパスタもそれなりにうまいけど。

a0103335_4214987.jpg

[PR]
Commented by おっちゃん at 2007-04-11 13:15 x
「裂けたパスポート」(御厨さとみ著)という漫画のなかで日本でいうサラダはただ生野菜を切っただけでフランス人は料理と認めない。料理人の怠慢と文句をいわれるシーンがあった。しっかりとソースやドレッシングがまぶしてあってこそサラダだとか。私たちが食べていたのは生煮えの米だったのかと納得。だから日本人は胃を壊しやすいのか。米は最低三十回は噛もうと思う。
Commented by caldoverde at 2007-04-11 17:11
では、刺身は生の魚をただ切っただけだが、フランス人の評価はいかに?白いご飯のうまさがわかるかな?という私も昔はチャーハンとかピラフ、魚は炭化したもののほうが好きでした。
Commented by おっちゃん at 2007-04-12 15:12 x
今まであまり興味もなかった国ポルトガルでしたが他のヨーロッパ諸国に比べて影が薄いぶん料理などもあまり知られてなくて新鮮です。フランスやイタリア料理なんか語られつくされた感があるもんね。今やピラミットの脇にもファーストフード店がある世の中、いかにヨーロッパの田舎ポルトガルといえども若者はコーラやハンバーガーを食すのでしょうね。スィーツは?行事食は?興味は尽きません。永く続けてほしいですね。
Commented by caldoverde at 2007-04-13 05:54 x
旅行会社の主催するツアーで一番食べ物が美味しいのはポルトガルだという評判です。個人で行った人も太鼓判を押してます。もちろんマックやケンタッキーもありますが、同じ値段出すならうまいものはいくらでもあります。今度はファストフードについて紹介します。
by caldoverde | 2007-04-11 04:23 | シーフード | Comments(4)