ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カタプラーナ

a0103335_64321.jpg
 数年前日本の某テレビ番組でポルトガルが何度か取り上げられたり、コマーシャルにリスボンのケーブルカーが使われたりして、日本での関心や認知度が高まったせいか、観光業に携わる私にとって多少仕事が増えた時期があった。人の心は移ろいやすい。ブームも去り、以前のように暇になり、また誰か話題を作ってくれないかなあと願っているのだが、他力本願だけではいけない、自分も何かポルトガルをアピールすることを考えなければとブログを始めた次第である。

 あの頃よく受けた質問が、あの鍋はどこに売っていますか、というものだった。ほとんどの人がその鍋の名前を正確に覚えてはいなかったが、誰もがその特徴を言葉であるいは身振りで説明することができた。それだけ特徴のある変わった形の鍋なのだ。カタプラーナという。全体の形はUFOのような、どら焼きのような、ハンバーガーのバンズのような形をしている。蓋も本体も形は同じ。要するに二枚貝を巨大にしたようなものである。1箇所ちょうつがいでつながって、留め金が3箇所にあり、それで鍋を密閉する。
 
 野菜や魚介類を入れてワインとオリーブオイルを注いで蓋を閉め火にかけること約15分。あっという間にブイヤベースもどきが出来上がる。この鍋は原始的な圧力鍋で、途中蓋を開けることができないので、材料の香りやうまみが逃げず短時間で調理できる。レストランでカタプラーナを注文すると、給仕がワゴンでこの鍋を運び、テーブルで鍋の蓋を開ける。きれいなあかがねの打ち出し鍋はそれだけでも絵になるが、開くと宝箱のごとく色彩豊かな海老や貝が美味しそうな湯気を立てて現れるのだ。客の目の前で開けるというのが重要なポイントである。このパフォーマンスがあるかないかで美味しさが違うような気がする。近所にその名も「カタプラーナ」という店があり、味は悪くはないが、鍋がすでに開いた状態でやって来るので、面白くなかった。

 この料理はもともとアルガルベの郷土料理である。漁師たちが捕った魚を数種類ぶつ切りにして野菜と一緒にぶち込んで煮た素朴なものだ。当然海に近いところが旨いし、実は高級レストランのものよりも場末の大衆食堂風のほうが味はいい。高い店は鱈やアンコウやクエなど高めの魚を使ったり、それをわざわざ揚げたり、ジャガイモを面取りしたりして下ごしらえしている。安いところは安いペスカーダという白身魚やイカが主役となるが、材料が新鮮なら十分に美味しい。
 
 
a0103335_637645.jpg

 カタプラーナ鍋は他にどんな料理が作れるのか。専門店やアルガルベにはウサギや鶏肉のカタプラーナもある。米やパスタを入れてもよい。他にはアサリの蒸し煮、アサリと豚肉を合わせたアレンテージョ風ポークなどがある。料理以外には枕にする、玄関に吊るして呼び鈴の代わりに銅鑼のようにたたく、炭を入れてアンカにして布団を暖める、バラしてヘルメットにするなどアイディア次第で様々な用途がある。ポルトガル旅行のお土産にいかがでしょうか。
[PR]
Commented by おっちゃん at 2007-06-11 08:22 x
昨年「七月二十四日通りのクリスマス」という映画が公開されました。私は観てないのですが、日本の長崎にすむ少女がポルトガルの航海王子の恋愛をテーマにした漫画に魅せられ、長崎の町をリスボンになぞらえて、夢の中に生きるのだけど、やがて本当の恋愛に目覚めていくという話らしいです。あまり話題作ではなかったのですが、DVD化したので今度観てみようと思います。宣伝になってお客が来るといいですね。
Commented by OvosMoles at 2007-06-11 19:33 x
こんにちは!ちゅんちさんからURL教えてもらって駆けつけました。カタプラーナは確かに問い合わせ多かったですよね。でも、買っていった人って、使い始めに重曹入りの湯につけてコーティングを取るとか、また緑青を磨いて取ったりとか、そういう手間を分かってたのかしら・・・。銅鍋って、日本ではほとんどプロしか使いませんよね。
でも、銅鍋で作ったお料理って、味が全然違うって言いますよね。しかも、密閉して圧力鍋みたいになってるわけだから更においしくなるはず。日本で、プロの料理人の間でこのお鍋広めてほしいな。
Commented by caldoverde at 2007-06-11 21:46
リスボンを舞台にした映画というと「リスボンストーリー」「白い街で」「階段通りの人々」でしょうか。舞台はポルトガルではないですが「精霊の家」でも市電の走るリスボンの風景が出てきます。
この鍋で作る料理って他に何が・・・?コンクールを開いたらきっと日本人シェフが上位入賞を占めると思います。誰か考えて。
by caldoverde | 2007-06-11 06:45 | シーフード | Comments(3)