ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

エッグタルト(パステル・デ・ナタ)

 数年前に日本で「エッグタルト」なるポルトガル菓子がブームになった。どうもパステル・デ・ナタのことらしい。大手パンメーカーのエッグタルトと銘打ったお菓子をコンビニで見つけ食べてみたが、ポルトガルのパステル・デ・ナタとは全く別物であった。まず、生地が違う。タルト台はぱりぱりのパイ生地でなくてはならぬのに、何だかぼそぼそしたビスケットの出来損ないみたいな生地だ。詰めるものはカスタードクリームであるが、偽エッグタルトは工業的に作られたクリームの素みたいなもので出来ていて、卵や牛乳の味がしない。そして一口食べた途端、添加物の味が感じられた。日本のコンビニの菓子を食べ慣れていた頃は別に気にならなかったが、ポルトガルに来てカフェで毎日その日に作ったお菓子を食べるようになったら、添加物に敏感になったのだ。
a0103335_0424944.jpg
 
 さて美味しいエッグタルト、もといパステル・デ・ナタを食べるのなら、やはりジェロニモス修道院のそばのパステイス・デ・ベレンを挙げざるを得ない。名物にうまいものなしと言うけれど、この元祖の店はその俗説を一蹴する。パステル・デ・ナタはどこのカフェにも100%の確率でおいてあるが、ここのは全然違う。まず、ものすごい数を売るので常に焼きたてが食べられる。次に材料が本物である。この店のカスタードクリームはちゃんと卵や牛乳の味がして、変なバニラの香料などを使っていない。そして比較的甘さ控えめである。甘味を補強するために粉砂糖が別に用意されている。しつこくない甘さなので1人で2個くらいは食べられる。このパステイス・デ・ベレンのパステイス・デ・ベレン(店とお菓子の名前は同じ)を食べる前は、その辺のエッグタルトでも十分いけると思っていたが、ここの焼きたてを食べると、もう他では食べられない。許せるのは割と高めのレストランでデザートに出す自家製のパステル・デ・ナタだけである。

 この店はもともとジェロニモス修道院で作られるお菓子に使うシナモンや砂糖を扱う食料品店だった。ところが19世紀に大部分の修道院が政府によって解散させられ、多くの修道士が俗世間に戻って行った。このパステイス・デ・ベレンの創業者も還俗した修道士の一人で、この食料品店で細々とお菓子を作って売っていた。彼は製法を秘密にしていたが、死ぬ間際にユダヤ人の恩人にレシピを伝えた。そのユダヤ人はこのお菓子のパテントを取り、他の店でまねされないようにレシピは門外不出とした。今でも3人のシェフだけが伝統の製法の秘密を守っているそうだ。もともとこういうタイプのパイ菓子はあったのかもしれないが、この修道院製のはとりわけ美味かったのだろう。カフェの数ほどパステル・デ・ナタはあれど、同じ味のものはない。

 パステイス・デ・ベレンの店内はいつも大勢の観光客と地元の人であふれかえっている。カウンターには沢山の人が列を作っているが、どういう順番でアテンドされるのかよくわからない。とにかくじっと辛抱していればいつかは自分の番が来る。実際に並んでみるとわかるが、とにかく非効率的である。もっと効率的に客をさばけば売り上げも倍になるのにと素人ながら考えてしまう。従業員は別に沢山売ったからって給料が上がるわけじゃないだろうし、経営者はもうこれ以上儲けなくてもいいと思っているのかもしれない。お菓子の値段は毎年のように上がって現在は85セント。それでもアズレージョの素晴らしい店内でコーヒーとこのパステイス・デ・ベレンを食べても2ユーロからおつりが来るのは安い。
a0103335_0451880.jpg

 他の店のパステル・デ・ナタはパステイス・デ・ベレンもどきまたは亜流とみなし、手を出さない私ではあるが、別物と考えてたまに買ってしまうのが、シントラの「ピリキータ」という菓子屋のパステル・デ・ナタ。「ピリキータ」はケイジャーダというチーズを使ったお菓子で有名であるが、その以外にも気になるものがいくつかある。で、ここのパステイス・デ・ナタは2種類あり、1つはプレーンなもの、もう1つはチョコクリームと黄身クリームでデコレーションしてあるものだ。デコナタのパイ生地はパリッではなく、ふにゃっとして、中のカスタードクリームはプリンのように固まっている。上にのった二種類のクリームはコテコテで甘い。正統派パステイス・デ・ベレンから観ると邪道である。でも疲れたとき、空腹を我慢できないとき、これ1つで元気は120%回復する。
a0103335_04181.jpg

[PR]
Commented by おっちゃん at 2007-11-18 19:34 x
かつて日本で流行ったエッグタルトは中華風のもののようです。ポルトガルから、マカオにわたり、香港でアレンジされたものらしいです。日本では中華とポルトガルはなぜか近いですね。どちらも長崎、横浜あたりで、混ざっているイメージです。
Commented by ちゅんち at 2007-11-19 17:23 x
CaldoVerdeさんも、添加物に敏感になりましたか。
私もですよ。お菓子は殆ど食べませんが、日本のふりかけとかもう食べられません。ところで、先日、念願かなってやっと、トカゲステーキ・ミゲル風(4月20日)を食べました。半年以上たって、味が落ちてるんじゃないかと思いましたが、大丈夫でした。ちぅ
Commented by caldoverde at 2007-11-19 17:55
先日、また中華マーケットで添加物で出来ているようなジャンクフードを好奇心に負けて買ってしまいました。9月10日の日記「アジアンフード・in・リスボン」をご覧ください。でもエッグタルトは売ってませんねえ。
Commented by jojo at 2007-11-20 01:27 x
うーん、勉強になるなぁ。
パステルで鳴ったにそんな過去があったとは。
おもしろかった、ありがとん。
Commented by おっちゃん at 2007-11-20 21:45 x
今日日本は、ミシュランの格付けで、店の星の数が本場パリを抜いて東京が世界で一番になり、新しい食の都になったという話題で沸いています。自給率がとても低くて他国からの輸入に頼り切っている日本の首都が、世界一の食の都だなんて笑っちゃいますね。でも、ミシュランガイドではポルトガルとスペインが、ひとまとめの地域として扱われているのを初めてしりました。頑張れポルトガル!
Commented by Ale_UK at 2007-11-22 21:56
こんにちは。よく読ませていただいていましたが、初めて書き込ませていただきます。

今年の春に初ポルトガル旅行に行った時に、前知識のないままピリキータやパステス・デ・ベレンに地元の友人に連れて行ってもらい、その美味しさに大感激しました。

(その時の記事の一部です)
http://plaza.rakuten.co.jp/alegirias05/diary/200706110000/

また行きたいなぁ、ポルトガル。本当に美味しいですよね、ポルトガル料理。。。
Commented by caldoverde at 2007-11-24 03:54 x
日本のミシュランの格付けをするのは日本人?フランス人?ポルトガルだけのミシュランもありますよ。日本にいた頃買ってましたが、現地にいるとギモンに感じる店もあるなあ。今は口コミと自分の勘で判断しています。外れることもあるけど・・・
Ale_UKさんはイギリス在住ですか。イギリス人にイギリスで美味しいものは?と尋ねたら、外国の料理だと答えました。ロンドンでポルトガル料理店を探してみてください!
Commented by おっちゃん at 2007-11-25 19:53 x
テレビ局の調査によると、日本人一人とフランス人らしき四人の五人組が食べ物やを廻っていたみたいですよ。
by caldoverde | 2007-11-18 00:55 | お菓子・カフェ | Comments(8)