ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リスボンお魚フェア

a0103335_183577.jpg
 テージョ川に面したコメルシオ広場を囲む建物の一角で、先ほど「リスボンお魚フェア」なる催し物が開かれた。中にはブースが5つ6つあり、そこではポルトガルの有名シェフ、そうでもないシェフが実際に料理を作るところを間近に見ることができる。そして出来上がった料理は入場料15ユーロの中に含まれる食券と引き換えに試食することができる。また切符を買うとワイングラスも渡され、ワインを1杯試飲できる。料理はもちろん魚を素材にしたもので、ポルトガル人にもっと魚の美味しさや魚料理の多様性を知ってもらおうという趣旨だそうだ。また外国向けにポルトガル料理を紹介しようという狙いもあるようで、英語を話す取材の人たちも多く見られた。
a0103335_1881622.jpg

 一番端のブースは寿司のケータリングをするポルトガル人の寿司職人のコーナーだった。黒い空手着のような割烹着を着た坊主頭のごつい親方が、器用に刺身を作ったり、ツマを切っている。有名シェフが腕を奮うポルトガルの魚料理を食べようという当初の目的は、いつもは敬遠するガイジンが握る寿司へと方向転換しつつあった。しかも、5ユーロ分の食券で握り二つに巻物6個という数は、リスボンの日本料理店で食べることを考えるとそれほど高くない(実際は15ユーロ払っているのだが。) 彩りの良い寿司や刺身はやはり他の魚料理よりも目を引く存在である。それではひとつ、ポルトガル人の寿司職人のお手並み拝見といきましょう。
a0103335_18135477.jpg

 結果。マグロの赤身とサーモンの握りだが、率直に言うと、リスボンの某有名日本料理店の寿司より美味しかった。寿司飯の炊き加減がちょうどいい。某有名店の寿司飯は私には柔らかくて、ご飯の弾力や香りがあまり感じられない。ネタも新鮮で、こんな美味しいマグロの赤身は久しぶりに食べた。巻物はなんだか色んな具が入った、いかにも外国で発明された寿司、といった感じではあるが、十分おいしい。海苔もいいものを使っている。初めは偏見の目で見ていたポルトガルの寿司職人も結構やるではないか。これにピリキータという赤ワインで有名な銘柄のロゼをお供にすると、見た目にも麗しく味もぴったり。5ユーロでこんな美味しい寿司が食べられるのなら、週1度は行きたい。このシェフたちはパーティーなどで出張調理するので、家に呼んで寿司を握ってもらうのも可能である。もっとかっこよかったら私一人のために寿司を握りに来てもらうところだ。

 寿司で空腹をなだめることはできたが、何か物足りない。せっかくだから洋物の魚料理も食べてみようと、更に5ユーロ出して食券を買いもう1品食べることにした。他のブースでは凝ったオードブルやセツーバル産の牡蠣を出しているところもある。1皿でなるべく色んなものを味わえるものはないか、と観察していたら、3種類のオードブルの盛り合わせを作っているブースがある。シェフの名前を見ると本屋で平積みになって売られているイタリア料理の本の著者と同じである。国会議事堂の前にある美味しいという評判のイタリアンレストランのシェフだ。また器が凝っていて、今はプラスチック容器に押されて日本ではほとんど見ることのない経木を使い、しかも船の形をしている、という点も大いに魅力を感じ、これを選んだ。
a0103335_18152190.jpg

 イカとニョッキのピリカラソース、白身魚の燻製りんごピューレ添え、魚のすり身のムースのトマトソースコリアンダー風味、の3種。イカのニョッキは日本のするめイカのような懐かしい味で唐辛子の効いたソースと好相性。魚の燻製とりんごピューレはぜんぜん関連のないシュールな組合せで、お互いの個性を引き立てている。最後の魚のムースは京都の料理のようなはかない味で、個性の強い他の2点に押されてあまり印象に残っていないが、吸い物の椀だねにしたら美味しいと思う。この船の器を持ち帰りたかったが、袋にも入れずに汚れた経木を壊さないようにバスや電車に持ち込むのは難しいと判断し、残念ながら会場に捨ててきてしまった。
[PR]
Commented by おっちゃん at 2008-04-17 22:21 x
外国人のにぎったお寿司初めて見ました。日本でも回転寿司などは学生バイトが握るくらいだから、外人寿司とて遜色ありませんね。ご飯は電気釜を使ってるのかも。近頃景気のよい中国人が日本で電気釜を買っていくようです。外国でも使えるんでしょうかね?中国でマグロを食べるようになると、マグロが品薄になって高騰するので、寿司が広まるのも善し悪しですねぇ。
Commented at 2008-04-18 01:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-04-18 01:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by caldoverde at 2008-04-18 04:40
ポルトガル南部のアルガルベでマグロがとれるので、たまたま入荷したときに当たると美味しいですよ。スペインでは食品衛生法で、生食の魚はカ必ず冷凍しなくてはならないそうで。
中華マーケットには電気釜売っています。今の型のように色々な機能は無いですが。私は友達から譲り受けた炊飯と保温だけのシンプルな「ちょっとだけ」という商品名のやつです。十分役立っています。
Commented by ひとみん at 2008-04-19 05:41 x
こんにちは。早速遊びに参りました。とても内容の濃いブログに、脱帽です。
このようなイベントがあったのですね♪行ってみたかったです。少しずつ試食できるのもいいですね。
Commented by caldoverde at 2008-04-19 06:19 x
ひとみんさんとはベンフィカのスタジアム内のレストランで初めてお会いしました。時々ブログも拝見しています。
うまいものの情報がありましたらぜひお知らせください。
Commented by そのこ at 2008-04-19 16:29 x
私もこの前、このイベントの記事を書いたばかりです。(笑)
私とルイは土曜日に行ってきたのですが、お寿司の出店は一番
人気がありましたね~!試してみればよかったなぁ。
ジェメリさん!試されたのですね!写真をみると、私たちの行った日の
メニューも、使ってある魚もちょっと違うようにみえます。
でもおいしいですよね~。ルイはお店でジェメリさんと話したようなの
ですが、今回のイベントでは彼は缶詰を使った料理を紹介していた
ようです。タコのサラダを食べたお客さんがタコが缶詰だと信じられず
ジェメリさんがタコ缶を見せていたようです。笑。
Commented by caldoverde at 2008-04-20 02:58
そのこさん、写真きれいですね!センスが良いですね。ちなみにカメラは何を?私も15ユーロは高いなあと思いましたが、テレビで見て好奇心が抑えられずひとりで行ってしまいました。
タネを明かせばタコ缶ですか。お店でもタコ缶の料理があるのでしょうか。どんなにおいしくてもお金は出したくないような・・・
Commented by アコリョーシカ at 2008-04-22 01:44 x
先日、めぐちゃんの友人Juliettaの個展でお会いした、大阪のアコリョーシカです☆その後お元気ですか?あの時食べた抹茶マクビティー、美味しかったですね!
このブログは写真もきれいし楽しい文章で、ついつい過去のものもたくさん読ませて頂きました。えぇなあ、ポルトガルって、ほんまにうまいものたくさんありますよね~・・・また行きたいです!絶対行くぞ~☆
Commented by de_portugal at 2008-04-22 03:09
最近はカメラはニコンD70sという一眼レフを主に使っています。
あの黒いソニーも使ってますが、酷使しすぎたのか最近はバッテリーが
弱くなってきてしまいました。ソニーのデジカメ、使いやすいですよね!
今、ルイといろいろジェメリさんのレシピを作ってみたりしているので
おいしいものが作れるようになったら、是非遊びにきてくださいー!^^
Commented by jojo at 2008-05-15 01:35 x
あぁ、これ行きたかったんだよねー。でも高いからやめたのだった。
行くだけの価値はあった?
by caldoverde | 2008-04-16 18:21 | シーフード | Comments(11)