ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

チョコレートの王子様

 リスボンの情報誌に最近変わったチョコレート屋が開店したという記事が掲載された。ゴディバのような世界中どこでも買える高級チョコレートではなくて、超希少なサントメ・プリンシベ産のチョコなのだそうだ。サントメとはアフリカ大陸の大西洋側の豆粒のような小さな島国である。サントメ(聖トメ)島とプリンシペ(王子)島という主な2つの島からなり、旧ポルトガル領で世界の最貧国のひとつである。主な産業はカカオ。このサントメ産のカカオだけを使ったこだわりの店が、プリンシペ・レアル(皇太子)公園のそばの坂道にオープンした。

このあたりは古いきれいな建物と骨董屋が多い
a0103335_2475042.jpg
 1坪ちょっとくらいの小さな店だが、入り口に小さなラグビーボールのようなカカオの実が飾ってあるのですぐ判る。ガラスケースの中のチョコレートは何か工業材料のような、平べったくてでこぼこしたタブレット状になっている。手作りと言った場合、熟練の職人技を駆使したものか、または素人が作った素朴だが味わいのあるものと言う意味合いで使われることが多いだろうが、ここまで来ると、原始的な道具とメソッドを使った、ほとんど考古学的に再現されたチョコレートといった趣きである。
a0103335_24944100.jpg
 オレンジ入り、生姜入り、カカオ%かは忘れたがとにかく純度の高いものと何種類かある。いずれもミルクは使っていない。真のチョコレート好きのためのチョコレートだ。店ではホットチョコレートも飲める。私はスペイン式のドロッとしたココアが大好きなのだがあの甘さが胃に重い。この店のは粘りが少なくさらっとしているが、深い香りとコクがある。昔は薬としても用いられていたというチョコレートの原点のようなピュアなココアだ。体がぽかぽか温まり、胃も元気になるような気がした。
a0103335_2503926.jpg
 1種類だけ中にラムレーズン入りの高級一粒チョコレートのようなものがある。そのレーズンはカカオの実の中の白い部分を発酵させたブランデーに漬けたもので、そのブランデーは古い資料を基に再現した貴重なものだそうだ。非常に美味しく文字通り有難いものである。

理科の実験室のようなそっけない店内
a0103335_2512038.jpg
 店の美しいお姉さんはそれぞれの商品に関してとても熱心に説明してくれるので、ココアを飲んだだけで帰る勇気がなくなり、生姜とオレンジのチョコを各1枚、ラムレーズンのチョコを3個買うことにした。重さを量りココアと合計した金額は、有名な高級チョコレートに匹敵するお値段だった。そのときは予定外の散財をしてしまったと後悔したのだが、1週間ほど経てこの文を書いているうち、サントメチョコの少し粉っぽい舌触り、ほろ苦さ、そして高貴な香りが口の中の感触として突如蘇った。今まで食べたブランドもんのチョコの味、あれはカカオではなく、クリームやナッツやフルーツや洋酒の味だったのだ。

右端の85番がチョコの店。典型的なリスボンの町並み。
a0103335_2554184.jpg
 はるか遠いアフリカの島国からやってきた混ぜ物のない本物のチョコレート。サントメ・プリンシペのチョコは正にチョコのプリンシペ、王子様である。私のような倹約中の食いしんぼだけでなく、世界中のお金持ちグルメから注目され、サントメ・プリンシペ民主共和国の国民がポルトガルに出稼ぎに来なくても十分生活できるようになるといいのだが。
[PR]
Commented by OvosMoles at 2008-12-23 08:22 x
このおじさんのチョコレートを私は一度だけ買いました。たしかカカオ60%か80%だった。せっかくの一級品のカカオなので、できる限りピュアなものを試したほうがいいでしょうね。いままではEl Corteで見てたんだけど、直営店(じゃない?)ができたなら、少しは安いかもしれないわねぇ。飲むほうも興味あるなぁ。粉溶いたものじゃなくて元々液体のかしら・・・。パティシエのコンクールの仕事をやったときに便乗して試飲させてもらったフランスのバローナ社のチョコレートの味が忘れられなくて、これもEl Corteで何度もうっとりして眺めたのよねぇ。クラウディオおじさんの店でサン・トメの飲むチョコレートがあれば買っちゃうかも。
Commented by Moreia at 2008-12-23 12:11 x
サントメのチョコ、高いよね!
チョコレートムースもケーキも苦手、でもショコラ・ショーは好きな私としては、是非行ってみたいと思います。もちろん一人で・・・モンシェリで喜んでる旦那にはちょっと「猫に小判」だなぁ。
Commented by jojo at 2008-12-23 21:45 x
Moreiaさんのご主人の話、わーはは、わかるわかる。
うちの会社でね、上司が最近ベルギーに行って、もうとろけるようなチョコ達を買ってきてくれたんですよ。珍しくお土産!
うちの同僚・・その貴重なチョコを、あろうことかほとんど全部一人
で食べてしまった上に、最近誰かが持ってきてくれたその辺のスーパーで売っているチョコを食べて、「う~んこれのほうがおいしいなぁ~」
だって。もうお前はなにも食うな!

苦いチョコなら食べてみたい。
caldoverdeさん、次回のデザートに盛り合わせ持ってきてくださいな!
Commented by caldoverde at 2008-12-24 19:34
ホットチョコレート、美味しかったけれど、紙コップでした。2ユーロ50セントもするんならもっと立派な器で淹れてくれ。椰子の実で作ったカップとかね。ラムレーズンチョコも1粒2ユーロ30セントだから、あと買う機会があるとしたらヴァレンタインデーかな。で、自分で食べちゃう。
Commented by Moreia at 2009-01-04 09:51 x
謹賀新年~!!お正月のお祝いに、カカオ75パーセントを買ってみました。ちょっとザラつく舌触りだけど、ゆっくりと口の中で溶かしていくと深い味わいがあります。後味がとてもシャープで普通のチョコをたべたあとのねっとり感はカカオ以外の混ぜ物の味だったことにいまさらのように気がつき、愕然としました。お医者に言われたのですが、物忘れがひどくなってきたとき、能がそれをカヴァーしょうとしてチョコレートが欲しくなるのだそうです・・・これから一日一カケは食べることにします(笑
Commented by おっちゃん at 2009-01-04 12:44 x
日本でも数年前から、カカオ七十%とか、カカオの量の違うチョコを売り出してましたが、ブームが去ったのかこの頃あまり見かけなくなりました。ミルクを飲みながら食べると美味しいですね。癖になる味です。
Commented by caldoverde at 2009-01-06 02:05
みなさま、明けましておめでとうございました。三が日は過ぎてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。最近はネタが切れてしまい更新回数も少なくなっていますが、がんばって楽しい話題を提供したいと思っています。
昔、チョコレートを食べる過ぎると鼻血が出るぞと脅かされましたが、75%のチョコは大丈夫でしたでしょうか。100%だと興奮して眠れなくなるような気がしますが、失った記憶が蘇るなら積極的に食べようと思います。しかし、蓄積されるのは記憶ではなく体脂肪だったりして。
Commented by Tchau at 2009-01-07 00:06 x
遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
今年も美味しい話題満載のお話、楽しみにしています。

チョコ好きなので、このお店、すごく興味があります!!
プリンシペレアル公園というのは、植物園の近くですか?
いつかポルトガルへ行く時のために、
しっかりインプットしておこうと思います。
Commented by caldoverde at 2009-01-07 09:22
このチョコレート屋さんの住所はRua Cecílio de Sousa, nº 85 – Príncipe Real です。、植物園や自然科学博物館、バイロアルトの近くです。でも早く行かないとなくなってしまうかも・・・
Commented by こえだ at 2009-01-07 10:01 x
はじめまして 東京に在住の者で、ブログを楽しく拝見しております。来月リスボンへ行くことになりました。
この店、探してみますね。


ベルギーにある7つの王室御用達の店のうち5つ程が東京にあるほど、東京にもショコラの店は本当に増えました。

今後もよろしくお願いいたします
by caldoverde | 2008-12-23 03:01 | お菓子・カフェ | Comments(10)