ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:ポルトガルの旅( 81 )

a0103335_06034990.jpg

サンタ・クルス村の空港。滑走路の先にコルヴォ島が見える。

昨年2017年、アソーレス諸島9島の中、最大の島サンミゲル島に次いで最も観光客の多かった島が、何とフローレス島だったそうだ。これには私も大いに驚いた。フローレス島は人口わずか3千人のヨーロッパ最果ての小さな島であり、リスボンからの直行便はないし、宿泊施設も数える程しかない。しかし心の片隅に納得できる要素もある。私にとってフローレス島はアソーレス諸島の中で最も美しい島だから。しかし必ずしも、美しい=快適、とは限らない。往々にして人を寄せ付けない厳しさこそが美しさを醸し出す要因でもあるからだ。

a0103335_06072125.jpg
アソーレス諸島中、最も水の豊かなフローレス島には沢山の滝がある

今回のフローレス島とコルヴォ島の旅行で、2つの島の印象が7年前と逆転していることに気が付いた。人口400人台のコルヴォ島は、おそらく州政府の補助金が島全体に行き渡っているのだろう。インフラの整備が進み、生活環境は随分向上しているように見受けられる。しかも求職票を出している人がいない、つまり失業者がいないポルトガルでも稀有の自治体である。

a0103335_06121866.jpg
柱状玄武岩のボルドンイス(杖石)は火山が作った芸術作品

一方、フローレス島は観光客の新記録を達成したのは良いが、人手や受け入れ施設が足りないほど来訪者が夏に集中し、それが過ぎると極端に観光客が減ってしまい、島民は2ヶ月間の稼ぎで一年を過ごすことは出来ず、島外に仕事を探さざるを得ない、という矛盾に悩む。フローレス島を訪れるのは主にヨーロッパ、特に独仏英の観光客が多いと思われる。元々フローレス島にはフランス軍駐屯地があったし、格安航空会社ライアンエアーがアソーレスに就航し、旅行しやすくなったと言うのもある。しかしライアンエアーが来るのは、サンミゲル島やテルセイラ島などの主要な島のみのはずだがなぜ?島々を結ぶのはドメスティックのSATAなのだが、何と、ライアンエアーでアソーレスに来ると、他の島へのSATA便がただになるんだそうだ!いつまでそのキャンペーンを続けるのか知らないが、おそらくそれを利用して観光客が怒涛のごとくフローレス島に殺到したのだろう。あるいはフローレス島がマスコミか何かで取り上げられて知名度が急上昇したのかも知れない。

a0103335_06170780.jpg
島の中央部には7つの湖が集まる

フローレス島の美は、人里離れた内陸や、険しい断崖の海岸線にある。2017年はそのような手付かずの自然を求め、欧米の客が大挙してやって来た。町は海岸線に沿って存在し、少し離れた場所には廃村や限界集落がいくつかある。利便性を重視する日本人である私は、公共交通機関のない場所の宿泊はあまり選択肢に入れないのだが、経済的に余裕があり、レンタカーを借りてのドライブやトレッキングを愛好する欧米人にとっては何の障害にもならない。コルヴォ島で同じ宿に泊まっていたイタリア人カップルも、フローレス島で廃村を利用した宿泊施設に滞在すると言っていた。

a0103335_06185751.jpg
廃村になったクアーダ村の家は全てツーリスト向けのコテージに生まれ変わった。欧州のハイキング客に大人気。

フローレス島も酪農が重要産業で、乳製品を生産している。フローレス島のチーズは、アソーレス諸島中最も美味なチーズだと思うが、地元のスーパーでも大メーカーの量産品に押されて遠慮がちに置かれている。夏はチーズ工場がフローレス島内巡りのひとつの目玉になっている事をリスボンに帰ってから知った。ああ~。これまたポルトガルで一番美味いと評判の手造りバターもあるのだが、作る時期があるらしく、滞在中は見なかった。

a0103335_06211247.jpg
左下のコルヴォ島のチーズを除いた3つがフローレス島のチーズ。柔らかでマイルド。

サンタ・クルスでの食事は、港に近いシーフードレストランの「セレイア(人魚)」で、カンタロという赤い魚とピコ島の白ワインのディナー。オーナーが漁師だそうで、カサゴに似たカンタロは新鮮で美味しく、軽くてフルーティなピコワインとよく合った。


a0103335_06235209.jpg

フローレス島の牛肉も大変美味しいということで、翌日は「ライニャ・デ・ビッフェ(ビーフの女王)」でステーキを食べた。肉の上にニンニクを粒ごとのせるのがアソーレス風だ。


a0103335_06243313.jpg
目玉焼きの下も肉です

どちらの店も美味しかったが、値段は高め。冬はほとんどお客さんがいない。一年中コンスタントに観光客が来ればいいんだが…とタクシーの運転手もレストランや宿泊施設のオーナーも望んでいるに違いない。夏以外のフローレス島、コルヴォ島のベストシーズンは9月で、まだ紫陽花の花が見られる。10月はバードウオッチャーがたくさんやって来る。逆に避けた方がいいのは6月で、霧が多くて何も見えない事があるそうだ。

a0103335_06282420.jpg
荒々しい冬のフローレス島もいいと思う



[PR]
by caldoverde | 2018-01-10 05:58 | ポルトガルの旅 | Comments(0)

a0103335_00391204.jpg


コルヴォ島2日目の12月28日も村のレストランが休業のため、ヴェラはケータリングのリストを用意してくれたが、私は昨日同様家庭料理を食べたいとリクエストした。イタリア人カップルは冷凍食品であることはほぼ間違いないラザニアを頼んでいた。彼らは北イタリアのトレント出身で、イタリアの山をかなり歩いている登山愛好者で、フローレス島やファイアル、ピコ、サンミゲル島も踏破するらしい。とても物静かな人達で、食事や車のサービスに対しては直ちに支払いをする。リスボンの観光地で出会う喧しいイタリア人グループとはずいぶんイメージが違う。

a0103335_00422819.jpg

昨日は霧と強風でカルデイラン(火山噴火口)内のウオーキングは不可能だった。この風が続けば飛行機や船も出ないのではないかと心配になったが、島民によれば大した風ではなく、この位なら飛行機は飛ぶだろうということであった。ひどい時は2週間も他の島との交通が遮断されたことがあったそうだ。他所から来た人間にとっては、寒さと飢えに耐える孤島の冬、と想像しがちだが、それぞれの家には十分なストックがあり、豚肉の腸詰などは、自家製だそうだ。2日目の夕食はヴェラのホームメイドのチョリソを使ったベイクドビーンズだった。

a0103335_00431852.jpg
黒いブラッドソーセージは私の好物

コルヴォ島最終日の29日は12時10分のSATA機でフローレスに移動する。それまでに霧が晴れて、なんとかカルデイランを見ることができないか、私もイタリア人達も部屋から外に出ては山を見上げていた。消防署でコーヒーを飲んで外に出ると昨日よりは山頂にかかる雲が少ない。晴れ間も広がってきた。チェックインまであと1時間ちょっと。昨日車を頼んだジョアンさんに電話して、再度チャレンジする旨を伝えた。車が走り出すとすぐに、イタリア人カップルが歩いているのを見つけ、一緒に乗らないか声をかけた。おそらく彼らは短い登山道を歩くつもりだったのだろうが、やはりカルデイランが見られなかったのは心残りとみえて、車に乗り込んで来た。



a0103335_00473880.jpg
この日も凄い風
a0103335_00474434.jpg
本当は湖まで降りたかったが、出発時間が迫っていたので、写真だけ撮った。

山頂に近づくと、霧は吹き飛ばされて青空が広がり、緑のすり鉢状の巨大なくぼみが見えてきた。車から出て、足を踏ん張らないと海まで転げ落ちそうな位の突風が襲いかかる中、なんとか噴火口の底が見える場所まで近づくと、ビロードに覆われたような小島や青い湖が見えてきた!イタリア人女性は「パラダイス!」と感嘆の声をあげた。諦めずに来て良かった!7年前の夏に来た時は青い紫陽花が網目模様を作っていたが、冬の様々な階調の緑だけのカルデイランも十分に美しい。

a0103335_00495492.jpg
夏は紫陽花、秋はバードウオッチャーでいっぱい

村に下りて運転手に払おうと財布を出すと、イタリア人男性が5€札を差し出した。彼らは既に払っているのに不思議に思ったら、私の分を払ってくれるそうだ。確かに私が声をかけなかったら、彼らがコルヴォ島に来た意味は半減していた。私はアルピニスト達を救ったのだ。



[PR]
by caldoverde | 2018-01-07 00:34 | ポルトガルの旅 | Comments(0)
a0103335_02431203.jpg
空港のそばには3つの風車がある。右端の三角の建物は鯨舟が展示されている観光案内所

フローレス島からコルヴォ島までの飛行時間はわずか15分で、乗客は5、6人だった。コルヴォ空港に到着すると、宿の女主人のヴェラさんが車で迎えに来てくれていた。宿から空港まで歩いて数分なのだが、荷物のある旅人にとってはありがたいサービスだ。2泊した「ヴェラとジョーの家」は今年オープンしたばかりの民宿で、ネットでの評価も高い。しかも島のレストランが軒並み休みなので、夕食は家庭料理を7€で提供してくれるという。どこにもある平凡なメニューよりも、コルヴォ島の郷土料理の方が嬉しい。豚肉とキャベツ、ジャガイモ、サツマイモを塩茹でにしたシンプルな料理で、典型的な島の食べ物だそうだ。

a0103335_02462254.jpg

a0103335_02470163.jpg


夕食までの時間、島唯一の村であるヴィラ・ノヴァを散歩した。7年前の印象となんか違う。どの道にも「〇〇通り」という真新しいプレートがつけられ、昔はほとんどの家が黒い石でできていたように記憶しているが、白くきれいに塗られている建物が多い。村人の年齢層は思ったより若く、建築中の保育園まである。それぞれの家にはソーラーパネルが置かれている。携帯もインターネットもリスボンより良く繋がる。厳しい気候、狭い土地、乏しい物資の中で細々と暮らす高齢者ばかりの島民、というイメージから脱却している。7年の間にだいぶ状況が変わったようだ。

a0103335_02485223.jpg

今回はコルヴォ島のカルデイラン(火山噴火口)の底を歩く、という大きな目的があったが、天気はかなり荒れそうだった。冬は強風が吹き荒れ、船や飛行機が欠航になることもしばしばだと言う。奇跡を願うも、翌日の朝は風は益々強まり、山頂はしきりに形を変える雲が覆っていた。


a0103335_03055405.jpg
フローレス島が薄っすら見える

a0103335_03060057.jpg
山の中腹にある石の農作業小屋地区

同宿のイタリア人カップルは自力で登るそうだが、私には到底無理っぽいので車を頼んだ。料金は5€である。途中までは緑の美しい牧場や海を見ながらの快適なドライブだったが、登るにつれて雲行きはどんどん怪しくなり、風が咆哮し始めた。視界は白い霧に覆われて、カルデイランの縁に着いた時は、台風の中心にいるような物凄い風が噴火口の底から吹き上げてきて、立っているのがやっとだった。1分も経たず車の中に戻り、村に降りた。

a0103335_02500788.jpg
この先に噴火口があったのだが…

宿でパンにハムとチーズの昼食をとっていたら、イタリア人カップルも憮然とした表情で帰ってきた。どうだったと聞くと、何にも見えなかった、という答え。インターネットで見つけたカルデイランの映像に魅せられ、本格的なトレッキング装備で来た彼らも目的は達成できなかった。

a0103335_02510790.jpg
手造りの硬いチーズ。薄く切って噛み締めるとじんわり美味しい。

午後は、小さな食料品店で夕食用のワインを調達し、おばあちゃんが毛糸の帽子を編んで売っている島唯一の土産物屋で帽子を買い、チーズ販売所を覗いたりと、村をぶらぶら歩いた。最も賑わっている場所は消防署で、バールと宝くじ販売所があるので、消防団員以外の村人もここにコーヒーやビールを飲みに来る。お菓子やつまみになるものは市販のチョコやポテチの類しかないが、それでもおしゃべりをしたり、インターネットを使ったりと島民憩いの場となっている。観光案内所も環境文化センターも休みなので、島のことを知るために図書館に行ったら、ヴェラがいた。彼女は図書館の司書で、代々コルヴォ島に住んでいるファミリーでもあり、いろんな話を聞くことができた。

a0103335_02524178.jpg

カルデイランに入るのは叶わなかったが、代わりに素敵なものを見ることができた。空港の滑走路脇の道路の路肩に、天然記念物のアソーレスツリガネソウを発見した!10月にファイアル島の植物園で見たのは、枯れた枝葉だけだったが、この冬のコルヴォ島で、石垣と側溝の間に一株だけ見事に咲いている。アソーレスの固有植物のシンボル的存在の花が、こんな人や車や飛行機が来るような場所に! 霧と強風で何も見えなかった噴火口の仇は十分にとれた。


a0103335_02531678.jpg
アソーレスにしかない花として絶滅危惧種に指定されている

[PR]
by caldoverde | 2018-01-04 02:42 | ポルトガルの旅 | Comments(0)

a0103335_00305126.jpg

煙突のある白い建物が昔の鯨工場

7年前に泊まったホテル・ダス・フローレスの隣には、かつての鯨加工工場を利用したミュージアムがあり、何か見たと思うがほとんど印象に残っていない。特に鯨に関心がなかったからだろう。しかし今年のホエールウオッチングや、ピコ島の捕鯨博物館を通じて、アソーレスと鯨は切っても切れない関係である事を再認識し、またほとんど機械に頼らぬポルトガルの捕鯨技術に感銘を受けたので、改めてフローレス島の捕鯨博物館のガイドツアーに参加した。参加者というか見学者は私一人だったので、色々と質問することができた。夏は大忙しだったそうで、シーズンオフの旅はこのようなメリットがある。


a0103335_00323562.jpg

建物の前庭には、輪切りになったマッコウクジラの模型が転がっていて度肝を抜かれる。以前はなかったものだ。その向こうのガラス越しには何やら作業をしている男のマネキン人形が見える。中に入ると、以前は閑散としていた展示室が物で埋まっている。中央には大きな帆を立てた本物の船がリアルなクルーの人形と共に主役を張っている。館内はいくつかのコーナーに分かれ、ドキュメンタリーフィルムやアメリカ映画「白鯨」のハイライトを上映したり、フローレス島の海に現れた鯨を撮影した映像を展示物の背景に使うなど、様々な角度から島と鯨の関わりを解説する。


a0103335_00341147.jpg
鯨ベーコンではなく、灯油を取るための脂肪


ポルトガルの捕鯨の歴史はそれほど古くはなく、18世紀にアメリカの捕鯨船が獲物を求めてポルトガル領のアソーレスやカーボヴェルデまでやって来て島民を船員に雇い、世界中の海で技術を身につけた彼らは故郷に戻り、自分たちの船で捕鯨を始めたのが始まりだそうだ。アメリカの捕鯨船は大きな母船と何隻かのボートからなり、実際に鯨を獲るのは小さなボートで、母船では鯨を解体し加工も行う。最初は安く払下げられたアメリカの小さなボートで捕鯨を行っていたが、次第に船はアソーレスで改良されたものが使われるようになった。水の抵抗が少なく、静かに鯨に近づけるように浅く細長い形になっていく。オールにはそれぞれに定位置があり、全部違う場所で水を漕ぐように工夫されている。より速く陸に戻れるように帆の大きさや形も改良された。フローレスの船は常にピンクに塗られ、船の色によってどの島の船か判別できた。

a0103335_00393521.jpg
変わった色と形のカタバミ。アソーレスにしかない種類か?

監視所が鯨を見つけると、花火を打ち上げて合図をする。すると畑や床屋で仕事をしていた男たちは、それまでの仕事を投げ出し、海に走っていく。女子供も夫や父親の弁当を持って海に向かう。合図から30分後には、2隻の手漕ぎボートと曳航用のエンジン付きの船が沖に向かっている。ある程度近づいたら、手漕ぎボートが鯨を追う。ボートのクルーは7人で、船長は最後尾で舵を取り、船首には長い銛を持った射手が獲物を待ち構えている。銛が投げられると、渦巻きに巻かれたロープは凄い勢いで踊るように解かれていく。摩擦で焼けないように時々水をかけられ、船員がロープに絡まった時に直ぐに切るためのナタも側にある。船の中央にはマストが横たわっていて、あっという間に帆をあげることができる。一見すごく単純で原始的なようで、実は長年の間に洗練され完成された漁法なのだった。

a0103335_00422955.jpg
アソーレス諸島内でも屈指の美しい教会

ポルトガルの捕鯨は食用目的ではなかったが、余すところなく加工され利用された。主な製品は鯨油で、石油の発見以前は上質な灯油として大いに需要があった。ミュージアムは陸揚げした鯨を解体し、脂をはじめ様々な製品に加工する作業が行われていた工場だった。捕鯨の歴史の展示の後は、加工のプロセスやメカニズムを紹介する。様々な機械やボイラーは互いにパイプで結ばれ、一つの巨大な生物の内臓のようだ。


アソーレスの人々の鯨に対する感情は、日本人のそれと近いのではないだろうか。多くの人々の生活を支え、地域の産業を生み出してきた捕鯨が、エコロジストによって残虐だと断定されるのは不本意に思っている筈だ。加工品のパッケージにはもう鯨のイラストを使うことはできない、と案内の男性は言外に昨今の動物愛護精神に対する批判を匂わせた。私は学校給食やご飯のおかずに鯨肉が頻繁に登場した世代で、人間が牛や豚を食べるのとどう違うのかと思うのだが、欧米では口に出してはいけないタブーらしい。


a0103335_00442144.jpg
私が乱食して絶滅が危惧されるカサガイ

[PR]
by caldoverde | 2018-01-02 00:28 | ポルトガルの旅 | Comments(0)

年末年始の仕事がキャンセルになり、たまたま安い切符が売られていたので、今年の最後もアソーレスで過ごす事になった。フローレス島(花島)とコルヴォ島(烏島)は2010年の夏にパッケージツアーで訪れた時は非常に楽しめたが、コルヴォ島はフローレス島からボートでの日帰りだったので、ぜひ宿泊してみたいと常々思っていた。最近はポルトガルは異常なほどの観光ブームで、ユネスコの自然遺産に指定されたコルヴォ島のカルデイラン(火山噴火口)も、このまま観光客が増え続ければ入山が制限されるかもしれない、その前に、という危惧も大きな理由だ。

a0103335_04220726.jpg
烏島ことコルヴォ島

リスボンとフローレス島、コルヴォ島を結ぶ直行便はない。サンミゲル島あるいはテルセイラ島での乗り換えとなる、今回はテルセイラ島で約6時間のトランジットがあるので、ユネスコ世界遺産にも指定されているアングラ・ド・エロイズモの町を散策する事にした。

以前訪れた時は、世界遺産にしては、派手な描き割のような街だなあという印象だったが、現在は更にポップ感が増している。

a0103335_04291067.jpg
窓から大きな瞳で見つめられる
a0103335_04291915.jpg
壁だけ残った建物はカラフルにペイントされ、内側が駐車場になっている
a0103335_04295837.jpg
コマドリが至近距離までやってきた

公園で小鳥と仲良くなり、猿の腰掛けやら苔などリスボンでは滅多に見ない植物を観察した後、隣接の博物館を見学した。建物は18世紀のフランシスコ会の教会で、白壁に濃いピンクの縁取りというテルセイラ島ならではのデザインだ。他の島の建物は白壁に黒い溶岩の縁取りというモノトーンがほとんどである。色彩の派手さはかつての島の繁栄を表しているのだろう。オレンジや小麦の輸出、それに付随する運送業などで財を成したヴァスコンセーロス家という島の有力者についての展示コーナーもあった。


a0103335_04252667.jpg

空港からアングラまで運んでくれたタクシーの運転手は、2軒のお勧めレストランを紹介してくれたが、クリスマス時期なのでどちらも閉まっていた。仕方がないのでその辺の開いている喫茶店兼食堂で、ビュッフェの昼食を食べた。好きなものを好きなだけ取って量りで料金を取るシステムで、豚肉の薄切り(ビファナ)にご飯と野菜、グラスワインで5.55€だった。味は悪くなかった。

a0103335_04260799.jpg


アソーレスの島々を結ぶコミューターは、ボンバルディア社のプロペラ機で、フローレス島までの飛行時間は約1時間。座席は自由席である。窓から見るテルセイラ島は緑の格子模様の敷物をふんわり広げたような、なだらかで穏やかな地形なのに、フローレス島は周りが黒い溶岩の切り立った崖で、海岸線からさほど離れずに急に起き上がったような山が迫る。


今回はまずフローレス島で一泊し、翌日コルヴォ島に飛び2泊し、再びフローレス島に戻り2泊というスケジュール。冬は気候が不安定なので、欠便になった場合も考えて、1月の初めの週は仕事を入れていない。最初の宿泊は、空港から徒歩5分、海が目の前というロケーションは最高であるが、設備はイマイチの3つ星ホテルである。一泊だけなら、以前泊まった4つ星のオーシャンビューの部屋をとりたかったのだが、年末年始は休業ということで、必然的にイケテない方を選んだ。現在は民泊も増えたようだが、やはりクリスマス時期は選択肢がせばまる。

a0103335_04361197.jpg
カリッと熱々のアソーレスの白身魚のフライ

フローレス島に着いたのは午後4時過ぎだったので、ミュージアム関係は翌日以後に回し、周辺を散歩しながら夕食をとるレストランを探したが、閉まっている店が多く、結局ホテルで食事する事にした。何の期待もせずアブロテイアという魚のフライを頼んだ。冷凍と思われるが調理や盛り付けがホテルのレストランらしく上品かつ美味しく仕上がっていて、付け合わせがさつまいもという地方色もプラスされ、大いに満足した。



[PR]
by caldoverde | 2017-12-29 04:20 | ポルトガルの旅 | Comments(0)
a0103335_05521700.jpg
ファイアル島から見たピコ島の勇姿

遂にこの秋日本とポルトガルを結ぶチャーター機が飛ぶことになった。今まで何万人の日本人がポルトガルは遠いと嘆いていたことだろう。東京からリスボンに昼過ぎに到着、しかもアソーレス諸島も訪れるツアーができるとは‼︎ 

リスボンに2泊、アソーレスのファイアル島2泊、サンミゲル島2泊、ポルト2泊という、珍しい行程で、更にピコ島の日帰り観光も入るという、アソーレス大好き人間の私にとっては夢のような旅だ。今回はツアーガイドとして行くので責任重大である。


飛行機からファイアル島に近づくと、どうしても隣のピコ島に眼が釘付けになる。ポルトガルの最高峰でもあるピコ島は、雲海の中に尖った山頂を見せて旅人を歓迎する。特に日本人にとっては感動的な光景だ。ファイアル島のオルタ空港では若いベルギー人のガイドのマリーさんがお迎えに来ていた。彼女は半年祖国の旅行代理店のオフィスで働き、半年オルタでガイドをするという素敵な生活を送っている。オルタに住むようになってたった4年だそうだが、歴史や地理に精通しているばかりではなく、島民にもかなり顔がきくようである。私が個人でアソーレスに行くときは英語のガイドブックとタクシーの運転手を頼りにしていたが、次回からは島のガイドさんを依頼するのも視野に入れようと思う。


a0103335_05544915.jpg
世界中のヨットマンが集まるオルタ港

ファイアル島に着いたのは月曜日の午後で、定休日にもかかわらずフラメンゴ地区の植物園はほぼ地球の裏側からやって来た私たちのために開けてくれた。入ると懐かしい湿った土の匂いがする。リスボンでは嗅ぐことのない匂いだ。学芸員から聞くアソーレス諸島の固有種や人間が島に持ち込んだ植物の話は興味深く、花の沢山咲く時期にぜひまた訪れたいと思った。またここには最近発見された世界に2株しかない新種を含む素晴らしい蘭のコレクションがあり、蘭の愛好家には必見だ。

ファイアル島中央のカルデイラ(火山盆地)には固有植物80種のうち50種があり自然保護区になっている。許可を得て専門のガイド同伴でないと入れないので、機会があればぜひ行って見たい。


翌日はホエールウオッチングを兼ねたボートでピコ島に渡り、捕鯨博物館と世界遺産のワイナリーを見学というプログラムだ。船を操縦するのはファイアル島に知らない人はないという島の有名人、ノルベルト船長である。ヒッピーがそのまま年取ったような、海賊のような風貌の船長は、ファイアルを捕鯨の島からホエールウオッチングの島へと転換させた立役者だ。船長は他の船と連携しながら鯨のいる場所を探し当て、私達はマッコウクジラの潮吹きと水上に飛び出した尻尾を2回も見ることができた。マイルカやマダライルカがシンクロ水泳のように2頭一緒に海面に顔を出してはくるりと潜ったり、船と競争するかのように一緒に泳ぐのを見るのも愉快だ。


a0103335_05575781.jpg
クジラやイルカを撮るには良いカメラと腕が必要なので、停止中の船しか取れず

ポルトガルはかつてマッコウクジラを捕って鯨油や肥料を作っていた。日本の捕鯨と異なるのは食用目的でない事と、手漕ぎのボートから手で投げる槍で仕留めるという伝統的な手法で行われた事だ。今は捕鯨博物館となった鯨加工場の前に立つ鯨捕りの彫像には、地球上最大の動物に原始的な道具で立ち向かっていたアソーレスの男たちの勇気がしのばれる。


世界遺産になっているピコ島のワイナリーでは、数世紀に渡り火山岩を積み上げて作った石垣に囲まれたわずかな区画に一本一本ぶどうの木を植え、手で摘み取り運ぶという気の遠くなる作業に思いを馳せ、不毛の地と格闘してきた先人の汗と知恵が作り上げた景観に感動せずにはいられない。ピコ島醸造組合でそのエッセンスである高貴な香りのピコワインに舌鼓を打った。

機械化による効率主義や大量生産といった文脈から離れて細々と継承され、数世紀の間アソーレスの経済を支えてきたこの二つの産業は、反捕鯨の潮流やブドウの病気や自然災害などのカタストロフに打ちひしがれても再び立ち上がるアソーレス人の不屈の精神を反映している。


a0103335_06012125.jpg

アソーレスの人々がしばしば直面したカタストロフは、火山の噴火と地震である。ファイアル島のカペリーニョス火山は自然の威力をまざまざと見せつける、恐ろしくも美しいモニュメントだ。火山灰に埋もれた灯台の下は、アソーレス諸島で最も人気の高いミュージアムの火山センターとなり、1957~58年の大噴火の映像記録や、火山の成り立ち、種類などを解説している。火山の噴火によって島の茶畑とオレンジ畑が全滅し、多くの人々がアメリカ大陸に移民した。当時のケネディ大統領が特別にヴィザを発給し、カナダも米国に倣ったという事だ。


3日目はファイアル島からサンミゲル島にプロペラ機で移動。小さな飛行機は座席が自由席である。空港からサンミゲル島のガイドのマヌエルさんと共に、島に2つしかない海の見えない村の一つのフルナスに向かう。ここは去年の冬に湯治にきた所である。フルナス湖のほとりは硫黄の匂いと湯気のたちこめる温泉で、そこでは地熱によって有名な鍋物のコジード・デ・フルナスが作られる。今回は時間の関係で残念ながらツアーのメニューには入っていなかったが、サンミゲル島に来たらぜひ食べてみるべき料理だ。その代わりもう一つのフルナス村の温泉地のカルデイラス(お釜)で、名物のボーロ・レヴェドという薄甘いパンをお土産に買った。温泉で茹でたトウモロコシも有名だ。あちこちから湧き出る鉱泉水はそれぞれ微妙に味が違い、村人はペットボトルに好みの水を詰めて持ち帰る。


a0103335_06022220.jpg
茶摘みは機械で行うので茶畑は平ら

フルナス村では世界の名庭ベスト100にも選ばれたテーラ・ノストラ・ガーデンを散策し、その後にゴレアナ茶園の茶畑と製茶工場を見学した。紅茶とともに緑茶も生産しているが、よりシンプルな中国伝来の製法で作っており、日本茶と一味違う素朴な味わい。農薬は使用せず、除草係はヤギという、自然農法で栽培されている。


a0103335_06051686.jpg
奥が青湖、手前が緑湖

最後の日は、サンミゲル島の湖を巡る旅。神秘的な青と緑の湖のあるセッテ・シダーデス村、小高いすりばち状の噴火口にできたサンチャゴ湖、島で最も自然の姿を残すフォーゴ湖と、それぞれ異なる特徴を持つカルデラ湖をとても良いコンディションで見ることができた。


a0103335_06073696.jpg
島で最も澄んだ湖水のフォーゴ湖

この後一行はサンミゲル島からポルトに飛んで、ポルトからANAのチャーター機で日本に帰るのだが、10月にしては好天に恵まれ、アソーレスで雨具を使わずに済んだのはほとんど奇跡と言って良いと思う。ところが翌週はなんとアソーレスに台風がやって来てピコ島を荒らして行った。島への旅は、主催者も参加者もある程度気候条件による旅程の変更も念頭に入れておくべきだ。飛行機や船が欠航になるのはどの季節でも十分にあり得るのだから。










[PR]
by caldoverde | 2017-10-21 18:54 | ポルトガルの旅 | Comments(2)
a0103335_21140704.jpg


まだ6月だというのに、リスボンで40度を超えた。あまり暑がりではない私が暑いと感じるのは、だいたい35度以上の時だが、今日は乾燥したリスボンでさえ日本の真夏のような不快感を感じた。このような時期にはポルトガルではしばしば山林火災が発生するのだが、土曜日に起こり、60人以上もの犠牲者を出したペドロガン・グランデの火事は歴史上稀に見る大惨事だった。数日前ロンドンで起こった高層アパートの大火災の記憶も生々しい中、度重なる悲劇に、人々は大きなショックを受けた。

ポルトガルの夏は高温で乾燥するので、山火事がしばしば起こる。原因は気象条件に由来する天災の要素も放火や失火などの人災の要素もある。今回のペドロガン・グランデの火災は40度を超えるような気温の中、雨を伴わない落雷があり、それが発端となって山火事が起こり、強風で火が瞬く間に広がった。国道を走って逃げようとした車は煙で方向を失い、互いにぶつかったり、立木に衝突したりする間に煙に巻かれ、あるいは猛火に襲われて車の中で亡くなった犠牲者が多いということだ。逃げるための道具であった車が逃げ場を塞ぐ罠になってしまった。灰に近い状態にまで焼けた車は、いかに火の勢いが烈しかったかを物語る。

a0103335_21140793.jpg

1988年にシアード地区が大火災にあったリスボン

基本的には台風、地震、噴火などの自然災害が少ないポルトガルであるが、毎年大規模な山火事が発生している。喉元過ぎれば熱さを忘れるごとく、効果的な山火事対策は遅れており、このように人命を巻き込んだ山火事は、ますます暑くなる今後も起こる可能性は充分にある。人々の防災意識も希薄で、タバコの吸殻を平気でポイ捨てする輩も多い。どこか安全は消防署や警察任せという風潮を感じる。

a0103335_21140870.jpg

老朽化した建物も多いポルト

リスボンやポルトは今や世界で最も人気のある観光地で、歩道や古い建物の改装が進んでいる。しかし街は建物が密集し、道は狭く、路上駐車の車や、道路に張り出したテラス席などの障害物が多い。地震だって100%ないとは言えない(というか、必ず起こるぞと言う人もいる)。ポルトガルに限らず、旅行に来たら、避難場所や避難経路を確認しよう。パニックに陥らず、安全に逃げられるように。また怪我、病気、盗難に遭う方が増えている。お守りとして旅行保険は必ず加入して下さい。お願いです。



[PR]
by caldoverde | 2017-06-18 21:04 | ポルトガルの旅 | Comments(4)

黄金海岸のバカンス 3

a0103335_22420329.jpg


ゴールデンウィークの後、再びアルモグラーヴェ海岸に出かけた。去年の8月に初めて訪れ、荒々しくも美しい海岸線と砂丘に生きる不思議な植物に魅せられて以来、春から初夏の花の咲く時期にまた来たいと思っていた。

a0103335_22363058.jpg


特に見たかったのはハマカンザシの群生で、仕事でよく行くロカ岬のは白い花ばかりだが、アルモグラーヴェのはピンクで、とても可愛らしい。ちょうど咲き始めて間もない時期だったようで、まだ蕾の株も多く見られた。

a0103335_22363035.jpg


ナデシコに似た花や、アザミの仲間、ノギクの類いなど、名前の知らない花々。潮風に耐えながら冬をしのぎ、太陽が砂を焼く夏が来る前の、束の間の暖かさと雨露に力を得た小さな命が一斉に目覚め、砂丘は華やかに彩られる。

a0103335_22363184.jpg


わずかなスペースに数種類の植物が寄植えのように固まって生え、その小さな庭は海岸沿いに延々と続いて緑のベルトをなす。サラサラのベージュの砂浜が途絶えると、今度は褶曲した黒い岩に波が砕ける磯が現れる。

a0103335_22363223.jpg


この日は晴天で、水平線に徐々に隠れて行く夕日もバッチリ見えた。

a0103335_22363229.jpg


翌日は海ではなく村と農地の境界辺りを散歩した。この辺は意外と水が多く、せせらぎや鳥の声に耳を澄ませながら、砂丘とは違う草花や、牧場の豚や牛、可愛い民家の庭先を見ながら歩くのも結構楽しい。

a0103335_22363341.jpg


アルモグラーヴェ村で食べたのは、結局去年と同じクロダイ。新鮮で美味しいが、これしかない印象も。別のカフェでは、ランチとディナーの間の軽食にウツボのフライを出す。カリカリに揚げたウツボは脂が強いが、ビールのお供にちょうど良い。

a0103335_22363304.jpg


去年泊まったホテルは満室だったので、Airbnb(民泊紹介サイト)で見つけた家に泊まった。3室あったが、私が滞在中は他には宿泊客がおらず、静かに過ごせた。隣の棟にはオーナーの家族がいて、可愛いおばあちゃんが何かと気にかけてくれた。

a0103335_22363413.jpg


ポルトガル西南に位置するコスタ・ヴィセンティーナ(聖ヴィセンテ海岸)もじわじわ観光化の波が押し寄せ、ポルト・コヴォやヴィラ・ノヴァ・デ・ミルフォンテスなどはすっかりリゾート地になってしまった。今のところアルモグラーヴェ海岸は村の周辺が農地なのと、海と集落が自然保護区の砂丘で隔てられているせいか、他のビーチのように新築の別荘ラッシュは見られないが、休耕地が不動産屋に売られたら、あっという間に小洒落た外人向けの住宅で一杯になってしまうんだろうなと想像する。どうかこのまま素朴な農村の姿を残して欲しいと心から願っている。

a0103335_22363591.jpg

a0103335_22420459.jpg


[PR]
by caldoverde | 2017-05-10 22:26 | ポルトガルの旅 | Comments(2)

2度目のマデイラ その3

マデイラ3日目は、ホテルの近くの旅行社の主催する島の北部を巡るツアーに参加した。町のあちこちに様々なエクスカーションを提供する旅行社があるが、この会社は土日も営業しており、しかもすごく安い。9人乗りのバンであちこちの名所を周る1日観光で、驚きの22.40€だった。車もドライバー兼ガイドも古い、もといベテランで、マデイラ訛りのポルトガル語はいまいちよく分からなかったが、一人ではとても行けないような場所に連れて行ってくれるので、この値段は大変ありがたい。私の乗った車はポルトガル人カップル2組とフランス人女性1人、もう1台の車は英語とドイツ語のスピーカーの客だろう。

a0103335_19293350.jpg

バナナの花と果実

豪奢なホテルの建ち並ぶフンシャル西部は、かつてはバナナ畑だった。今は家庭菜園の規模の畑しか残っていない。私は普段マデイラバナナを愛食しているが、中南米のインポートものの2倍の値段なのが難点だ。しかし急斜面に石垣を作ってわずかな土地に植え、収穫し、運搬する労力を考えれば、高いものではない。リスボンではキロ2€以上だが島では1€くらいだった。

a0103335_19293311.jpg


カラフルな漁船の浮かぶ小さな港は、カマラ・ドス・ロボス(狼の部屋)。狼とは海の狼(アザラシ、トド)のことで、元々はトドの寝床という呼び名をもうちょっと典雅?にしたものだそうだ。以前マデイラに遊びに来た時は、この港が路線バスを使って自力で来れた最西端だったと思う。夜に着いたので、暗く寂しい印象だったが、今では観光客向けのバーでひしめき合っている。

a0103335_19293448.jpg

ひゃー
a0103335_19293455.jpg


カーボ・ジラゥンという高台には、世界で2番目に高いガラスの床の展望台がある。足元から500m下の海岸が見える高所恐怖症の人は近づけない観光名所で、10年前になかったものだ。すぐそばにはイギリスのデベロッパーによる真新しいバカンス用のコンドミニアムがある。泊まるのはもちろんイギリス人だ。長年君臨したジャルディン知事がマデイラの経済発展に大いに寄与したのは誰もが認めることだが、不動産屋や建築業との間に何もなかった訳はあるまい。観光客から集めたお金をもっと島民や自然保護に還元してもいいのではないかと思うが…

a0103335_19293537.jpg

いつか建物の上に岩が落ちる
a0103335_19293632.jpg

ポルト・モニスの海浜プール

マデイラは、海から屹立した崖に囲まれた、ほとんど平らな土地がない島だ。季節によっては強風が吹く。フンシャル以外には大きな船が停泊できるような港はない。小さな湾に造られた漁港は、今や漁業よりもその景観や天然プールを呼び物にしている。昼食をとったポルト・モニスは、荒磯と人工的なプールの対比が素晴らしく、レストランや水族館や科学館などの施設もそこそこあって、北部の最大の観光地になっている。一応ガイドブックで紹介されているレストランを覗いたが、あまりピンとくるものがなかったので、観光案内所で住民の食べる店はどこかと聞いたら、直ぐに教えてくれた。職員もそこで食べるのだろう。マデイラの郷土料理である一口大に切った牛肉の煮込み(ピカード)を頼んだ。ソースに浸ったフライドポテトが美味い。

a0103335_19293620.jpg

つつくように食べるのでピカード(刺された)なんでしょうか

マデイラのピークは1860mに達し、島のてっぺんは霧に覆われ、南海岸の暖かさとは対照的だ。日照の良い島の南斜面はほとんどが人の手の加えられた段々畑になっているが、島の北側はまだ天然の森が残っている。特に月桂樹林は氷河期を生き延びた貴重なもので、ユネスコ世界遺産になっている。良く考えると花や果物がいっぱいというマデイラのイメージは、市場や植物園によるものが大きい。島の本来の自然はアクセスの悪い北側に行かないと見られない。

a0103335_19293717.jpg

岩にぺったり張り付いたバラのようなサボテンの仲間
a0103335_19293725.jpg

花嫁のベールという名前の滝
a0103335_19293801.jpg

世界遺産になっている月桂樹林

アソーレス諸島とマデイラ島どちらが好きかと言われたら、迷いなくアソーレスと答えるが、マデイラ島の北東やポルト・サント島、デゼールタ島などの付近の小さな島も見たいので、また安い切符が手に入れば再訪したい。しかし島への旅行は天気に左右されやすい。私がリスボンに帰った翌日、マデイラ空港が強風のために何便かキャンセルになったというニュースを聞いた。今年は運が良いらしい。


[PR]
by caldoverde | 2017-04-10 18:56 | ポルトガルの旅 | Comments(5)

2度目のマデイラ その2

a0103335_09200881.jpg
ピカピカ光る太刀魚

マデイラの代表的な料理と言えば、魚は太刀魚と鮪、肉は月桂樹の串に刺して焼いたバーベキューであろう。市場には黒と銀の太刀魚がたくさん並べられていて壮観だ。1日目の夜はホテルの隣にあるレストランで太刀魚のフライを食べた。入り口に某国ガイドブック推奨のシールがベタベタ貼ってあり、それを参考に来たと思われる外国人客ばかりだったが、意外に味は悪くは無く、バックパッカー向けのガイドブックが推薦するだけあって値段もそれほど高くなかった。骨を取ったくせのない太刀魚のフライに焼いたバナナを添えクリーミーなホワイトソースをかけた料理は、子供にも、(私のように)歯の抜けた人にもお勧めの優しい味だ。

a0103335_09200846.jpg
とろけるような味わい

海岸通りのロープウェイ乗り場の向かいに、マデイラ・ヒストリー・センターという土産店とレストランとミュージアムが一緒になった施設がある。5€の入場料は上のレストランの10%割引券となる。展示物はパネルや映像が中心で貴重なものはないが、昨日観た映画の基礎知識によって興味深く見ることができた。
階上のレストランはオープンテラスで海や山の絶景が眺められ、料理に所場代が加算されても納得できる。その分割引券を使うのだ。定番メニューの他に、ガラスケースに入った魚を選んで調理してもらう事もできる。その日はカサゴに似たカルネイロという赤い魚があったので、グリルにしてもらった。一人で食べるには大き過ぎる(500g)かと思ったが、内臓を取って焼くとちょうど良い量だった。

a0103335_09200900.jpg
脂がのって美味しい

フンシャルの博物館は日曜日閉館の所が多く、CR7ミュージアム(クリロナ記念館)も、フランドルの宗教画が展示されている宗教美術館も、マデイラの重要産業だった砂糖の博物館も閉まっている。そんな訳で日曜日のマデイラは乗り物に乗って景色を楽しむのが良い。まずロープウェイ。以前来た時も乗ったが、あの時の恐怖が蘇った。眼下は赤い屋根の密集する斜面。よくこんな土地に建てるものだと感心するような切り立った崖っぷちに造られた家。ベランダにビーチチェアーが並ぶデラックスな家もあれば、屋根が落ちて廃墟になった家もある。小さなバナナ畑もあれば、数年前の土砂崩れや山火事の跡と思しき所もある。犬や鳥の鳴き声が聞こえるほどロープウェイの中は静かだ。それだけにロープを支える柱を通過する時に生じる音と振動が一層怖い。怖いけど眺めは最高だ。

a0103335_09200996.jpg
ロープが外れませんように…

a0103335_09201062.jpg
宣伝用の写真撮影中のトボガンの運転手(モデル?)

ロープウェイの上の乗り場の先には植物園とトボガン(かごぞり)乗り場がある。10年前はロープウェイで植物園に行き、帰りはトボガンで降りるというマデイラ観光の王道を体験したが、今回は植物園は広すぎて見学に時間がかかるのと、トボガンがまだ運行していなかったので、直ぐにロープウェイで下に降り、今度は路線バスに乗ってクラル・ダス・フレイラスに向かった。10年前は、垂直にそそり立つ岩に囲まれた谷底に家がポツポツ見える落武者部落のような所だった。海賊の襲撃を避けるため修道女たちが人里離れた山の中の谷底に住んだのが始まりだそうだ。平和な生活と引き換えに、大変な苦労があったと思われる。現在は私の予測に反して民家が増え、限界集落から村の規模になっている。かつての落武者部落のような秘密めいた印象はなくなっていた。

a0103335_09201148.jpg
猫の頭のような山

クラル・ダス・フレイタスの名産品は、栗。バス停側の屋台では栗のケーキやクッキー、干し栗を売っている。冬は栗のスープが登場する。売り子のおばさんが作ったと思われる素朴な栗ケーキを頬張り、やはり手製の栗のリキュールを飲んだ。警察が禁止しているのでおおっぴらに売れないんだと言いながら、小さなジュースの瓶に詰めたリキュールをこそっと小さなコップに注いでくれた。本当は一瓶買えば良かったのだが、甘い酒は頭が痛くなるのでね…ごめん。

a0103335_09201145.jpg
栗のブロア(どっしりしたパン)

[PR]
by caldoverde | 2017-04-06 09:09 | ポルトガルの旅 | Comments(0)