人気ブログランキング |

ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ついにマイ風呂

a0103335_02452281.jpg
手洗いの後ろは収納家具、隣がシャワーブースのビフォー


20年前ポルトガルに住み始めて以来、たっぷり湯に浸って入浴したいという願望は、常に頭の片隅に存在し払拭されることはなかった。たとえホテルや下宿やアパートにバスタブがあったとしても、日本人である私の欲求を満たすことはなかった。別に脚を伸ばさなくていい、小さくてもいいから肩まで浸かる深さがあって、できれば追い炊きできるマイ風呂があればポルトガルは天国なのだが…


騒音問題でキレた勢いで引っ越したワンルームは、シャワーブースしかなかった。もともとバスタブ付きだったが、収納を作るためと高齢者に楽という理由で前の住民がシャワーのみに改装した。たしかにシャワーだけだと楽だし、光熱費も節約できる。でもたまには長風呂をしたい。しかしどんなに湯を満タンにしても深さがなくて胸や腹が水面に出るような西洋式のバスタブではダメなのだ。深さがないと!


a0103335_02485414.jpg

メイドイン・チャイナですが、フランスのサイトで購入



ついにほぼ条件に叶うバスタブをインターネットで見つけた。長さ120cm、幅75cm、高さ65cm。これだけ高さがあれば深さも十分で、浴槽内部には腰を掛ける為の段差が付いている。足湯だけも可能だし、資源節約にもなる。コロンとしたフォルムも可愛い。一目惚れした。

どうせならトイレも新しいのと交換だ。日本では公衆トイレまでウオッシュレットが普及しているが、ポルトガルではまだ一般的ではないので、掃除のしやすさと節水に重点を置いて普通のトイレを選ぶことにした。


a0103335_03132408.jpg
あまりにもダサい上に、穴の位置と大きさがおかしいために大の後ブラシで掃除する羽目になる便器と、物入れと化したビデのビフォー



馴染みの親方にバスタブの写真を見せて意見を求めた。バスタブは据え置き式なので工事は簡単に思えたが、そこは素人の浅はかさだった。今ある配管を生かしてそのまま繋げばいいだろうと考えたが、「あるべき場所にあるべきものを。」水を出す蛇口の位置はバスタブの高さに合わせて移動し、トイレのタンクの横から出ていたパイプも見えないようにする。配管をいじるので壁を壊すことになり、そこに新しいタイルを貼る、というセミリノベーションになった。


a0103335_02565015.jpg
白一色で十字の切れ込みの入ったレリーフ状のタイル。貼ってみたら意外とお洒落だった。


工事はまずシャワーブースとビデを撤去し、壁や床の中にある配管を調べる。タイルを壊しむき出しになった壁の中にはパイプが埋まっている。親方と配管工(どちらもベテラン)が何か話し合っている。「ちょっと問題がある。見ろ。」上水のパイプの周りが赤茶色になっている。腐食し錆びてしまったのだ。下の住民から何か言われていないか聞かれた。パイプに穴が開き、壁に水が漏れている可能性を示唆された。しかもシャワーベースにも穴が開いていたそうだ。掃除は洗剤をかけて水で洗い流す程度だったので、穴が開いているとは全く気がつかなかった。「1日1回程度なら大丈夫だろうが、日に5回も6回もシャワーしてたら漏水していたぞ。」バスタブを置くのを諦めてずっとシャワーを使い続けていたら、階下に損害を与えたかもしれないと思うと、本当に運が良かった。ポルトガルの水は石灰分が多く、長年の間に水道管に付着し、水が出口を求めた結果、水道管を破損するので定期的に交換が必要になる。このアパートも築40年なので、そろそろ危ない。どこかで漏水が起きれば、建物全体の配管工事が必要になる可能性が高い。少なくとも我が家がきっかけになることは回避できた。


a0103335_02543357.jpg


また天井も塗り替えることになった。元から天井の一角が黒くなっていて、階上からの漏水によるカビではないかと疑っていたのだが、ある日漂白剤で綺麗にしようと思い立ち、スプレーで吹きかけた。翌日シミはだいぶ薄くなっていたが、まだ黒い部分がある。どうもホコリが引っかかっているようだ。ならば掃除機で吸い取ってしまえと天井に掃除機のヘッドを向けたところ、手元が狂って壁にぶつかった。そうしたら漆喰がポロポロ落ちてきた。一部だけの補修というわけにはいかず、天井全体も塗り直しとなった。


ポルトガルでは業者を呼んでもなかなか来なかったり、だらだら続けて日銭を稼ぐような工事が多いと聞く。私もそんな業者に当たった事があるが、アントニオ親方は呼べば直ぐに来てくれるし、仕事も早い。初めは5日くらいかかると言っていたが、3日で終わった。料金も良心的だ。今リスボンは改装ラッシュで、彼の仕事も途切れないそうだ。良い仕事を早く終わらせれば、信用が上がり、更に良い仕事が入ってくる。彼はそれを知っている数少ない?ポルトガル人である。


a0103335_03024892.jpg
アフターです

a0103335_20173928.jpg
シャワーカーテンとタオルとマットもコーディネートしてみました

by caldoverde | 2019-01-20 02:39 | 生活 | Comments(2)

フランス菓子店

a0103335_19153754.jpg


日本のケーキ屋に近いケーキを売っていた「サランボー」が2年前に閉店してしまい、ポルトガル津々浦々ほとんど同じものばかりのカフェに飽き飽きしていたこの頃、朗報が訪れた。近所にフランス菓子店「ダックワーズ」が開店した。ダサくて古い建物の一階の、モノトーンと金を基調としたシックな店内には、果物をふんだんに使ったタルトや馥郁とバターの香り漂うクロワッサン、香ばしそうなバゲットが並ぶ。レジは最新式のコインやお札を自分で機械に入れるタイプで、むさ苦しいおっさんがお金を受け取った手で食べ物を受け渡す危険はない。そもそもむさ苦しいおっさんはいない。サムライ映画に出ても違和感ないような東洋風のイケメンが店員だ。しかし残念ながら従業員の誰もこのレジの操作を習得していないので、支払いには結構時間がかかる。


a0103335_19160746.jpg
トイレもゴージャス



a0103335_19193049.jpg
a0103335_19193507.jpg
ムース系が充実。カシスのムースとりんごのムース。

a0103335_19215132.jpg
a0103335_19215676.jpg
シュー系もやばい。

お菓子はふわふわのスポンジ系はなく、マドレーヌやフィナンシェのようなやや固めのパウンド系か、ビスケット生地にカスタードクリームや果物のムースをのせたタルト系が主流である。残念ながら「サランボー」にはあった生クリームをたっぷり使ったイチゴショートの様なものはない。しかしポルトガルで菓子屋をやるからには、エッグタルトことパステル・デ・ナタを外すことはできない。店によってパステル・デ・ナタはパイ皮に得体の知れない油脂が使われてギトギトだったり、クリームが妙に粉っぽかったりするのだが、ここのはパリッとしたパイ皮からほんのりバターが香り、クリームは本物のカスタードクリームだ。普通のパステル・デ・ナタとチョコレート入りの2種類ある。値段は他の店に比べるとやや高いが、正しい材料を使うが故だろう。私のエッグタルトベスト3は、元祖「パスティス・デ・ベレン」、やはりフランス系パン屋の「エリック・カイザー」、そしてこの「ダックワーズ」である。


a0103335_19170434.jpg


お菓子だけでなく、モーニングやブランチもある。朝は7:30から営業しているので、出勤前にハムやチーズを挟んだクロワッサンをコーヒーで流し込んだり、カマンベールチーズを挟んだバゲットをお昼にしたり、日曜日は優雅なブランチやアフタヌーンティーを楽しめる。開店が12月の初めで、皆クリスマスのためのお菓子を物色している時期だったので、もちろんポルトガルとフランスの伝統的なクリスマス菓子も扱っていた。まだオープンして1ヶ月なので、今後新製品も出てくるだろうが、季節ごとに旬の果物を使ったケーキが登場するのを期待している。何しろポルトガルのカフェの季節感は、クリスマスと復活祭以外は皆無なのだから。


a0103335_19175631.jpg
真ん中がフランスのクリスマス菓子

a0103335_19261683.jpg
ああ〜体重に気を付けなきゃ。


by caldoverde | 2019-01-07 19:14 | お菓子・カフェ | Comments(2)