ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:カステロ・デ・ヴィーデ ( 2 ) タグの人気記事

廃駅の謎と鯉の家

 カステロ・デ・ヴィーデに着いた日は復活祭、翌日はこの村だけの休日だった。役所や金融機関は4連休になる。路線バスも運休だ。村に2つしかないATMは空っぽになり、私は手持ちの現金15ユーロの範囲内で1日を過ごさなくてはならない。予定していたマルヴァン行きは明日に延期となった。
a0103335_11214247.jpg

 昔、カステロ・デ・ヴィーデから電車でリスボンに移動したことがある。その頃はリュックを担いで「地球の歩き方」を手にして旅をする若者が今よりも多かった。日本の鉄道の便利さや快適さに慣れていた日本人は鉄道を使いたがった。私もそうだった。ポルトガル鉄道(CP)の薄っぺらい時刻表を買い、ダイヤを調べ、乗り換えの駅や休日の運休なども良く確認したつもりだった。しかし駅の周りの環境は地図でおおよその位置が分かるのみで、実際に駅に到着すると愕然とすることがよくあった。町から数km時には10km以上離れた、野原あるいは山の中にある。周囲には店はおろか人家も人影も見当たらない。駅はもちろん無人駅。タクシーを呼ぼうにも公衆電話もない。
a0103335_11152741.jpg

 確かカステロ・デ・ヴィーデ駅もそんな所だった。村人が駅まで10分か15分だと言ったその言葉を信じ、ゆっくり景色を見たり、切符を買う時間の余裕も持たせて1時間前に村を出た。この道を真っ直ぐ行けばいいという言葉に従って。行けども行けども畑ばかりでそれらしい建物も線路も見えてこない。4~50分歩いてようやく道の脇に「駅」という看板が現れた。そこから先は草の生い茂る車のわだち跡のような細い道だった。草を踏み分けて進むとやっと線路があらわれ、数百メートル先に小さな1両の電車が止まっていた。もう出発時刻は過ぎていた。この電車を逃したらその日じゅうにリスボンに帰れない。駅員に手を降りながら線路を必死で走って電車に乗ることが出来た。

 今となっては笑い話だが、村人は駅まで「車で」15分と言ったつもりを私は「歩いて」15分と解釈したのだった。あの時は焦って駅の建物に目をやる余裕はなかったので、どんな駅舎でどんな場所にあったのか確かめたくなった。ゲストハウスのマダムによるとCPカステロ・デ・ヴィーデ駅は今は使われていない。しかし建物はとても綺麗なアズレージョで飾られているという。お昼を食べたら車で連れて行ってあげるというありがたい申し出を受けたが、結果的に自力で行くことができた。
a0103335_11164916.jpg
a0103335_11314795.jpg
カステロ・デ・ヴィーデの風景を描いた美しいアズレージョと針のない時計

 途中までの国道は昔に比べ拡張され整備されたようだ。しかし廃線となった鉄道駅に向かう道は、通る車も殆どなく、もちろんすれ違う人も皆無だった。
 何もない草ぼうぼうの原っぱの中と記憶していたが、駅の近くに家がある。犬が数匹いて人が住んでいるのは確かだが、人の気配はなかった。なぜか「いらっしゃいませ」という看板が付けられている。ペンションだったのだろうか。庭先に牛の頭蓋骨が2つ置かれ、塀の上には置物が並べられ、畑の中に立てられたカカシは女の子のマネキン人形で、Tシャツを着せられズボンがずり落ちた状態になっている。非常に嫌な感じの薄気味悪い家だ。庭に煤で黒ずんだかまどみたいなものがありその上に花が置かれている。ヤバイ。この家は若い男女が行方不明となっている「ゴブリン王」事件の被疑者の家の雰囲気に似ていて気持ちが悪くなった。この辺りで電車で来た旅行者が行方不明になったという事件はなかったろうか?
ノスタルジーは恐怖に変わった。
a0103335_11172146.jpg

 それにしてもCPがこのような場所に駅を作ったのはいかなる理由や目的があったのか。人目についてはまずいものを運搬していたのだろうか。それならばこんな辺鄙な場所の駅や信じられない不便なダイヤ、町までのアクセスがない事に納得がゆく。

 何かが起こっても誰にもさとられそうにない場所から、無事にゲストハウスVILA MARIAに生還できた。村からは900m離れているが、庭からの眺めが素晴らしく、朝食も豪華でインターネットのホテル予約サイトでは老舗のホテルを抑えて最高の評価を受けている。女主人は気さくでとても親切だ。実は彼女は、昨日私が羊のモツスープを食べたレストランの経営者だったが、数年前に辞めて、古い家を購入し改装してこのゲストハウスを開いた。インテリアや備品にはもてなし好きのマダムの心遣いがすみずみ行き渡った素敵な宿だった。おやつや朝食に出されたケーキも彼女のお手製である。
a0103335_11225145.jpg
サン・マメーデ山系が目前に
a0103335_11235278.jpg
セーラ・ダ・エストレーラ犬のオスカー君
a0103335_11243286.jpg
食べ切れない朝食付きで1泊30ユーロだった
a0103335_22182193.jpg
ベッドの上にはポルトガルの山岳地方で作られる手織りの毛布

 夕食は村からゲストハウスに向かう街道の途中にある「CASA DAS CARPAS(鯉の家)」というレストランでアシガンという淡水魚のグリルを頼んだ。頼んだ後インターネットで調べると英名ブラックバスだった。少し後悔した。生態系を壊す犯人と見なされているブラックバスは、日本料理の板前さんにはまな板が臭くなると不評だ。この地方の料理によく使われるポエージョという香草のソース添えのブラックバスの塩焼きやいかに?

a0103335_11245793.jpg

「ええっ」と思わず声が出た。開いて凄い大きさになった魚と茹でジャガイモがオリーブオイルと香草とニンニクの緑色のソースにドップリ浸かっている。店の親父はニヤリと笑い「全部食べろ」と言い捨てた。
はっきり言って…美味い!魚は淡白で心配していた泥臭さはない。時折カリッと歯に当たる粗塩が味を引き締める。香草とニンニクをたっぷり使ったソースは魚の臭みをカバーするのみならず、ボイルしたジャガイモにつけて食べるとこれもまたやめられない美味しさ。
 ブラックバスに対する偏見が払拭された一品だった。
[PR]
by caldoverde | 2012-04-17 00:51 | ポルトガルの旅 | Comments(6)
 アパートの下のレストランが発生源と思われる騒音で熟睡できない日が続く。住民からアンケートをとり、管理会社や警察にも訴えた。しかし何の進展もない。遂にキレた私は静かな所で眠りたい一心で復活祭の日曜日に遠出を決行した。逃亡先はスペイン国境に近いカステロ・デ・ヴィーデとマルヴァンの2つの村だ。ここまでは冷蔵庫や空調のブォーンという不快音も追いかけて来るまい。
a0103335_0145469.jpg

 カステロ・デ・ヴィーデは昔スペインから逃げてきたユダヤ人コミュニティがあったことでも知られ、その伝統の名残があちこちに見られる。何年か前にこの町に泊まった晩はたまたま復活祭の前の「ハレルヤの土曜日」と呼ばれる日で、真夜中に村人がカウベルをカランコロンジャランジャランと鳴らしながら通りを練り歩く「ショカリャーダ」という行事に遭遇した。人々は「神の子羊」となって鈴を鳴らしながらぞろぞろ歩き、クリスチャンはキリスト復活を喜び、ユダヤ人は祖先のエジプト脱出を偲び、誰もが春の到来を祝い、家族の再会や健康を神に感謝しつつ、しめたての羊の料理やお菓子をたらふく食べる日曜を迎えるのである。
 今度は自分も鈴を思いっきり鳴らしてストレス解消しようかと思ったが、聖金曜日と復活祭に挟まれた土曜日に空室のある宿泊施設を当日に予約するのは無理があり、値段の下がる連休最後の日曜と翌日の2晩を違う宿に泊まることにした。


a0103335_0152981.jpg

 カステロ・デ・ヴィーデは波のようにうねる山の斜面に家がへばりついたような村で、最も高い場所には城があり、そこから見る景色は、山の緑、赤の屋根瓦、白い漆喰の対比が息を呑むほど美しい。村の中を歩くと、中世以来の不揃いの石を敷き詰めた狭い坂道を挟んで、白い小さな家が肩を寄せ合っている。玄関先の植木鉢に植えられた、あるいは敷石と壁の間のわずかな隙間にこぼれ落ちた種が咲かせた花々は長年の隣人にも見知らぬ旅人にも微笑みかける。
a0103335_016557.jpg
民家の白壁には「2001花一杯通りコンクール3位受賞」と記された楕円形のタイルが埋め込まれている。
a0103335_017119.jpg


 この日は異邦人の私も伝統に従って羊を食べると心に決めていた。カステロ・デ・ヴィーデの村役場が作った2012年復活祭プログラムの中に、レストランリストと復活祭期間の特別メニューが記されている。聞いたことのない料理ばかりだ。15軒のリストアップされた全ての店が特別メニューの筆頭に挙げている「サラパテル」が気になった。中央広場に面した村で最も有名なレストランで、サラパテルとはどういうものか尋ねると、羊の内臓を使ったスープだと言う。血も使うらしい。ヤツメウナギリゾットくらい見た目の悪い料理と想像できるが、珍しいものなので食べてみることにした。

a0103335_0181593.jpg

 給仕は薄くスライスしたパン2枚にオレンジの輪切り、ミントの葉を小奇麗にあしらった皿を持ってきた。その上からせっかくの上品な配置をすっかり覆い隠すように、肉の細切れのごろごろと入った黒っぽいスープを注いだ。パンやオレンジやミントの葉はスープの上に乗せたほうが食欲が増すと思われる。これは肋骨が付いている、これはレバーだ、これは腎臓かもしれない、スポンジ状に細かく穴の空いたこれは…と分析してしまい、総合的な味はうまいともなんとも感想は湧いてこなかった。翌日に泊まったゲストハウスの女主人によると、このスープはその昔ユダヤ人がいけにえに捧げた羊を、余すことなく食べるように作られたものと言うことだ。

a0103335_0191944.jpg

 メインディッシュは羊のシチューか山羊のローストか迷ったが、羊が重なるのもつまらないと思い、山羊のローストにした。これもいまひとつであった。今年は雨が少なく山羊も痩せていたのだろうか、骨ばっかりで実際に食べるところは見た目の25~30%だった。また付け合せはフライドポテトではなく肉と一緒にオーブンで焼いた皮付きの小ジャガイモだったら数倍良かった。皿にはポテトから落ちた揚げ油が溜まっていた。フライドポテトはどんなに美味しくとも店の格式を下げてしまうものである。

a0103335_0242023.jpg
この日に食べた一番美味しかったものは、この村名物のボレイマというケーキ。リンゴと赤砂糖を使った素朴な菓子。
[PR]
by caldoverde | 2012-04-12 00:36 | ポルトガルの旅 | Comments(5)