人気ブログランキング |

ポルトガルの食べ物、生活、観光情報


by caldoverde
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:チョコレート ( 5 ) タグの人気記事

a0103335_03344616.jpg


ラボ・デ・ペイシェとは魚の尻尾という意味で、名前の由来は色々あるが、漁港のある湾の形が魚のように見えるから、というのが有力な説の一つである。しょぼい名に相応しく、村はポルトガル国内のみならず、EUで最も貧しい地域という不名誉な称号を受けている。海沿いの漁師町は手造りっぽい小さな家が連なり、ロープにずらりと吊り下がった洗濯物やゴミの散乱する道路、所在無げな男たちがたむろするバールなど、リスボン周辺に(私の家の近所にも)見られる典型的な低所得者層の多い地区の風景だ。住民の多くが漁業に従事し、子供たちは親の仕事を継ぐ。この村はポルトガルでも平均年齢が最も若い自治体で子供が多く、14~15歳で出産する少女たちは社会問題にもなっている。家族の結びつきが強く、伝統を大事にし、必然的にいとこ同士など親類間の婚姻が多い。女性達の容貌やスタイルはリスボンのジプシーの女性達と似通っている。実際、漁師達のルーツはその昔の海賊やジプシーだったらしく、他の住民達との間には格差や差別があり、昔は教会でのミサでも漁師達の席はそうでない住民(特に女性)から離されていたそうだ。


a0103335_03433984.jpg


一方海岸から離れた地区は文字通り山の手の、主に農業を営んでいた家族が住んでいる所で、3日目と4日目に泊まった貸別荘は、この山の手地区にある。18世紀迄はこの辺りはオレンジ栽培が盛んで、ヨーロッパ、特にイギリスに向けて出荷され、オレンジルートと呼ばれるほど大いに栄えていた。ところが病気によりオレンジの木はほぼ全滅してしまい、代わりにサン・ミゲル島では新たな商品作物としてパイナップルが作られるようになった。この地区はかつてのオレンジ農家や果樹園の名残の高い塀や生垣で囲まれた住宅が多く、入り口には〇〇屋敷と書かれたアズレージョ(タイル)の表札が付けられている。


私が借りた家は蜜柑荘(キンタ・ダス・タンジェリーナス)といい、生垣に囲まれた小さな果樹園の中に造られた築6年の一戸建てである。車がやっと通れる細い道の奥にあり、付近にはスーパーも飲食店も何もないので、外食するにも買い出しするにも漁師町の方に降りて行かなくてはならない。


a0103335_03363048.jpg
お一人様には広すぎる3LDK


漁師町と山の手の境目に警察署とロータリーがあり、そこから幹線道路が東西に伸びる。幹線道路を西に向かって数分歩くと、テラス席のあるカフェが現れる。ヨーロッパ最貧の村で生まれたチョコレート専門店「ショコラティーニョ O Chocolatinho」である。ベルギーで修行した若者が、アソーレス産の材料を使ったユニークなチョコを製造販売し、チョコの他にケーキやサンドイッチなどの軽食も出す。ちょっとコーヒーを飲むために立ち寄ったのだが、バナナとパッションフルーツのボンボンも食べてみた。その時は特にどうって事はない、普通のチョコレートに思えたが、地場産品なのでお土産用に9個入りの詰め合わせを一箱買った。それをトランクの中に水平にせずに立てて一晩置いたら、チョコの中の液体が流れ出てしまった様で、箱とトランクがベトベトする。しょうがないなあと自分で食べることにした。


a0103335_03381479.jpg

デザインも可愛い💕



そうしたら…美味い‼︎フルーツの味と香りが口いっぱいに広がりチョコレートと溶け合い、素晴らしい調和を醸し出す。アソーレス産のミルクがフルーツやカカオの刺激をまろやかに中和する。はっきり言ってヘーゼルナッツのプラリネばかり使ったゴディバよりも、ポルトのアルカディアよりもずっと美味しい!昨日はコーヒーの味や香りにかき消されてあまりチョコの印象が残らなかったらしい。ピンクに色付けされたホワイトチョコはてっきりイチゴかと思いきや、塩味の赤いジャム状のものが入っている。アソーレス料理に欠かせないピメントの塩漬けのペーストで、何とも不思議な美味しさである。9個入りの箱はすぐ空になった。


a0103335_03394044.jpg
アソーレスはこんなに色んなものが採れるのかと感心する種類の多さ

a0103335_03394576.jpg
青いのがアソーレスバナナ、奥はパッションフルーツ

バラで売っているボンボンは一個50~60セントから。子供達もコインを握りしめて買いに来る。品質は山の手のお金持ちを満足させ、値段は漁師の子のお小遣いでも買える。リベイラ・グランデに支店があり、リスボンではバイシャ地区のアソーレス物産専門店で若干売っている。もし近くにお店があったら、毎日通っていたに違いない。チョコラティーニョのチョコレートは、私的チョコランキング第一位に輝いた。


by caldoverde | 2018-12-14 03:32 | ポルトガルの旅 | Comments(0)

夏の模様替え

ポルトガルの夏の味覚はイワシ。ほとんど真っ白になるほど粗塩を振り、青い煙をもうもうと上げて焼かれるイワシの炭火焼。そばにいると髪も洋服も臭くなりそうだが、食べ始めると全く気にならなくなるのは納豆と同じである。ガスコンロで焼くより、外で炭火で焼いた方がずっと美味しい。だからイワシの塩焼きは家ではなくレストランで食べるか、野外で食べるべきものである。

庭付きの家に住む人々はサルディニャーダ(イワシパーティ)を開き、友人や親戚を呼んでイワシをご馳走することもある。あまり台所に顔を出さない男性も鍋奉行ならぬ炭奉行を司る。

そんな訳で、私は家で魚を焼くことはほとんどなく、家でのイワシはもっぱら缶詰を食す。土産物屋にも可愛いパッケージのイワシ缶が並ぶようになったが、最近こんなものを見つけた。一見オイルサーディンのようだが実は…

a0103335_5324885.jpg

a0103335_5325024.jpg
箱を開けると薄紙に包まれて…
a0103335_5325149.jpg

イワシ型チョコレート!なかなか可愛い。ポルトのチョコレートメーカー「アルカディア」の直営店で売っている。甘党へのお土産にいかがでしょうか。

a0103335_533190.jpg
スッキリしたビフォア

引っ越した家にはほとんど飾り物がない。ミニマリズムに徹しようかと思ったけど、なんか殺風景である。絵か何かを壁に飾ろうか…と思ったら、去年か一昨年アソーレスに行った時に空港で買ったステキなポスターがあったのを思い出した。また実用面から時計もあると良い。またしてもインターネットでレトロな時計を格安でゲット。その下に養子に出そうかと考えていた猫のクッションをおいて、何となく生き物の気配のする部屋となった。

a0103335_5325334.jpg
モノが増えたアフター
a0103335_5325783.jpg
アソーレスの魚図鑑ポスター。よくレストランに貼ってあります。魚を猫たちが狙っています。時計はミッドセンチュリー・デザインの代表作、ジョージ・ネルソンの「ボール・クロック」

よく通りかかる近所の椅子張替え店のウィンドウに、面白いものが飾ってあった。ディスプレイ用のアンティークかと思ったが売り物で、しかも思ったよりも安かったので、これも購入。これは何でしょう?

a0103335_5325870.jpg

縦10cm、横30cm、高さ4cm、馬鹿げた大きさの魚の缶詰型のハンガーである。TUNNYというからマグロであるが、ちょっとだけ開けられた蓋から覗く頭はイワシにしか見えない。玄関ドアにくっつけた白い下駄箱の上に取り付けた。ますます女らしさのない部屋になった。

a0103335_1723275.jpg


a0103335_53304.jpg
左の青い壁時計はヨーロッパの駅で使われるオランダの「カールソン」の中古で、ムーブメントは台湾製。でもちゃんと動くので良し!15€。

a0103335_170470.jpg
ベッドカバーとライトもミッドセンチュリー風にしました。できればヴァザルリのポスターなど飾りたい。

by caldoverde | 2014-06-30 04:48 | 生活 | Comments(12)

猫の舌

a0103335_8472424.jpg
僕は小鳥と虫がいいなあ(ガト氏談)

ポルトガルのお土産に何が良いですか、と聞かれると正直答えに詰まる。お菓子は生ものが多く、日本のようにしっかり包装されているものが少ない。ベレンのエッグタルトなどはその場で食べるべき名物の代表である。
しばしば金平糖はどこで売っているか聞かれるが、金平糖はコインブラやアソーレスでわずかに作られている程度で、日本人の想像する金平糖はリスボンには無い。金平糖は無いんです!もうガイドブックから抹消して欲しい。
また名物にうまいものなしと言われるように、シントラのケイジャーダは正直うまいとは思わない。京都の「八つ橋」が皆好きかと言うとそうじゃないように。

a0103335_8472552.jpg
手前のお菓子はガトーキャラメルというんでしょうか、中がとろけるキャラメル状です。
a0103335_3352674.jpg

キンディンという卵黄とココナッツの生菓子もある。味は6種類、これはパッションフルーツ。
a0103335_3352836.jpg


何が一番喜ばれたか、それはどこの空港にもある「ゴディバ」のチョコだ。外れがないし、私も貰ったら嬉しい。しかし、ポルトガルに行ったという証拠を、お餞別を頂いた人や年休を取った職場に持ち帰らなくてはならないという重責はよおく理解できる。

a0103335_8472796.jpg
「アルカディア」直営店で売っている

最近、その問題を解決してくれるお店がリスボンのあちこちにできた。ポルトに本社を置くチョコレートメーカー「アルカディア」の直営店が、エッグタルトの元祖パスティス・デ・ベレンの向かい側、カンポ・デ・オリークやローマ通り、シアードにある。上品なパッケージに様々な形のチョコレートを詰めたセットや、ご当地名物ポルトワイン入り、最高級のアグアルデンテと組み合わせたの贈答用など種類も様々。自分で好きなチョコを選んでオリジナルの詰め合わせを作ることも可能だ。もちろん1個から買える。

配り用、義理チョコ用なら「リングァス・デ・ガト」(猫の舌)という名の薄い一口サイズのチョコレートはいかが?ミルク、ブラック、シュガーレスなど甘さが選べる200gの箱入りが10€〜11€、箱やセロハン袋などに小分けにしてもらうことも。
a0103335_8472882.jpg
左はミルク、右はシュガーレス


ポルトガルにしてはしっかりした箱の中に並んだ薄手のチョコは、なかなか高級感があり、オーセンティックなポルトガルのメーカーものであるので、堂々と贈ることができる。しかもゴディバほど高くない。
しかしポルトガルらしいユルさもある。無理して模様など入れなければもっと高級そうに見えるのに…
a0103335_8472934.jpg
可愛くない。
by caldoverde | 2014-04-08 08:30 | お菓子・カフェ | Comments(4)

復活祭とチョコレート

 もうすぐ復活祭(イースター)らしい。らしい、と言うのは毎年違う日付の移動祝祭日なので、いつも直前になるまではっきりした日にちが判らないからだ。敬虔なキリスト教徒なら、前年から次の年の復活祭がいつになるかちゃんとチェックし、イースター休暇の旅行の計画を立てているはずだ。異教徒の私はスーパーやカフェに卵やウサギの形をしたチョコレートが並び始めて、ようやく復活祭が近づいていることを悟る。

 観光の仕事中、お客様から「お土産に買いたいのでポルトガルのチョコレートのメーカーを教えてください」という質問を受けることがあるが、答えに窮してしまうことが多い。ポルトガルはベルギーやスイスのようにチョコレート加工生産の伝統があるわけではないし、もちろんカカオの産地でもない。それは理解している上で、せめてポルトガルに行ってきたという証拠に職場や知り合いに配る義理土産、保存が利いて持ち運びしやすく手ごろな値段のものとして、ポルトガルのチョコレートをという気持ちはよくわかる。しかし普通のスーパーや食料品店、カフェにあるチョコレートは多国籍企業の大メーカーのものがほとんどである。ポルトガル国産のチョコとなるとなかなか見つからない。どこ産のチョコでもいいから、パッケージにベレンの塔やニワトリのイラストを印刷したものをお土産屋に置いてくれれば、日本人観光客はだいぶ助かると思うのだが。

a0103335_2311898.jpg
Imparial社のアーモンドチョコRegina、卵チョコ(中は空洞)のFantasias、コインブラで今でも作られる元祖金平糖

 では、ポルトガルのチョコレートメーカーは全く存在しないかと言うと、全生産量の何割かを外国に輸出しているチョコレート工場があるのだ。北部のヴィラ・ド・コンデという町のインペリアルという会社だ。この会社はJubileu、 Regina、Fantasias等のブランド名でそれぞれ違うタイプのチョコレートを生産している。しかしこの会社のチョコが私のアパートの下にもある全国で最も多い店舗数を誇るスーパーに並ぶのは、春の復活祭と冬のクリスマスの時期だけである。(ヴァレンタインデーはポルトガルでは今のところそれほどチョコレートの需要は大きくない。)
a0103335_236145.jpg

一粒一粒個性的なポルトガルの金平糖

 さて、復活祭のお菓子というと日本の金平糖と語源を一にするコンフェイトと呼ばれるアーモンド菓子が代表的だ。砂糖やチョコレートでコーティングしたアーモンドはいかにも春らしいパステルカラー。殻付きゆで卵を練りこんで焼いたパン、フォラール・デ・パスコアや、チョコレートで出来た巨大な卵もカラフルな包装に包まれて店頭を賑わす。どれも卵型、または卵そのものを使ったものばかり。これはキリストが再び蘇る日である復活祭のシンボルが、生命の再生、誕生を表す卵であるからだそうだ。
 そしてもうひとつのシンボルはウサギである。生命の誕生や子孫繁栄を願う古代人の信仰をキリスト教が取り込んで、繁殖力旺盛なウサギを復活祭のシンボルにしたそうで、大小のウサギ型チョコレートもスーパーの特設コーナーにひしめいている。

 復活祭用のウサギ型・卵型のチョコやアーモンドチョコ、クリスマス用のサンタクロース型・ツリー型のチョコがインペリアル社の主力商品である。またこの種の商品を作る零細企業も意外と多い。したがって復活祭とクリスマスの前後はポルトガル産のチョコが比較的容易に手に入る。

 しかし、いつまでも伝統にこだわっていては新しい購買層の獲得は難しい。今年のイースターにはついに卵やウサギの以外のキャラクターが登場した。それは、ご存知Hello Kittyである!日本生まれの人気キャラクターがついにキリスト教2千年の伝統に殴り込みをかけた!しかも復活祭とは何の関係もない猫がである!幼児向けのキャラクターとして30数年前日本で誕生したキティちゃんは今やポルトガルの若い女性にも大人気で、リスボンのバイシャ地区にはサンリオショップがオープンし、こちらの携帯電話会社ではキティちゃんのケータイも売られている。チョコの卵と並んだキティちゃんの人形はれっきとしたライセンス商品。復活祭の伝統のない日本ではおそらく売っていないレア物だろう。ところがこのイースターエッグキティは英国の会社の商品で、純粋のポルトガル土産とは言えないところが難である。もっともキティファンにはそんなことは関係ないだろう。
a0103335_2354551.jpg
a0103335_236377.jpg
特別出演、近所の猫ゴルムさんとイースターキティ
by caldoverde | 2009-03-29 02:40 | お菓子・カフェ | Comments(5)

チョコレートの王子様

 リスボンの情報誌に最近変わったチョコレート屋が開店したという記事が掲載された。ゴディバのような世界中どこでも買える高級チョコレートではなくて、超希少なサントメ・プリンシベ産のチョコなのだそうだ。サントメとはアフリカ大陸の大西洋側の豆粒のような小さな島国である。サントメ(聖トメ)島とプリンシペ(王子)島という主な2つの島からなり、旧ポルトガル領で世界の最貧国のひとつである。主な産業はカカオ。このサントメ産のカカオだけを使ったこだわりの店が、プリンシペ・レアル(皇太子)公園のそばの坂道にオープンした。

このあたりは古いきれいな建物と骨董屋が多い
a0103335_2475042.jpg
 1坪ちょっとくらいの小さな店だが、入り口に小さなラグビーボールのようなカカオの実が飾ってあるのですぐ判る。ガラスケースの中のチョコレートは何か工業材料のような、平べったくてでこぼこしたタブレット状になっている。手作りと言った場合、熟練の職人技を駆使したものか、または素人が作った素朴だが味わいのあるものと言う意味合いで使われることが多いだろうが、ここまで来ると、原始的な道具とメソッドを使った、ほとんど考古学的に再現されたチョコレートといった趣きである。
a0103335_24944100.jpg
 オレンジ入り、生姜入り、カカオ%かは忘れたがとにかく純度の高いものと何種類かある。いずれもミルクは使っていない。真のチョコレート好きのためのチョコレートだ。店ではホットチョコレートも飲める。私はスペイン式のドロッとしたココアが大好きなのだがあの甘さが胃に重い。この店のは粘りが少なくさらっとしているが、深い香りとコクがある。昔は薬としても用いられていたというチョコレートの原点のようなピュアなココアだ。体がぽかぽか温まり、胃も元気になるような気がした。
a0103335_2503926.jpg
 1種類だけ中にラムレーズン入りの高級一粒チョコレートのようなものがある。そのレーズンはカカオの実の中の白い部分を発酵させたブランデーに漬けたもので、そのブランデーは古い資料を基に再現した貴重なものだそうだ。非常に美味しく文字通り有難いものである。

理科の実験室のようなそっけない店内
a0103335_2512038.jpg
 店の美しいお姉さんはそれぞれの商品に関してとても熱心に説明してくれるので、ココアを飲んだだけで帰る勇気がなくなり、生姜とオレンジのチョコを各1枚、ラムレーズンのチョコを3個買うことにした。重さを量りココアと合計した金額は、有名な高級チョコレートに匹敵するお値段だった。そのときは予定外の散財をしてしまったと後悔したのだが、1週間ほど経てこの文を書いているうち、サントメチョコの少し粉っぽい舌触り、ほろ苦さ、そして高貴な香りが口の中の感触として突如蘇った。今まで食べたブランドもんのチョコの味、あれはカカオではなく、クリームやナッツやフルーツや洋酒の味だったのだ。

右端の85番がチョコの店。典型的なリスボンの町並み。
a0103335_2554184.jpg
 はるか遠いアフリカの島国からやってきた混ぜ物のない本物のチョコレート。サントメ・プリンシペのチョコは正にチョコのプリンシペ、王子様である。私のような倹約中の食いしんぼだけでなく、世界中のお金持ちグルメから注目され、サントメ・プリンシペ民主共和国の国民がポルトガルに出稼ぎに来なくても十分生活できるようになるといいのだが。
by caldoverde | 2008-12-23 03:01 | お菓子・カフェ | Comments(10)